FC2ブログ
 

雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

このページの記事目次 (タグ: 4.0point の検索結果)

Charlie Haden Quartet West / Sophisticated Ladies

   ↑  2010/12/19 (日)  カテゴリー: bass
Charlie Haden_Sophisticated LadiesCharlie Haden Quartet West / Sophisticated Ladies
2010 Universal Music
 

Ernie Watts (ts), Alan Broadbent (p), Charlie Haden (b), Rodney Green (ds), Melody Gardot (vo,M-1), Norah Jones (vo,M-3), Cassandra Wilson (vo,M-5); Ruth Cameron (vo,M-7), Renee Fleming (vo,M-9), Diana Krall (vo,M-11), string orchestra arranged and conducted by Alan Broadbent



チャーリー・ヘイデンが中心となり、アラン・ブロードベント、アーニー・ワッツ、ビリー・ヒギンズらの西海岸で活躍する名手らと1987年に結成した クァルテット・ウェスト ( Quartet West ) の通算7作目となる最新作。前作である『The Art of the Song』がリリースされたのが1999年だから、実に11年ぶりの新作発表ということになります。前作まで参加していたドラマーのローレンス・マラブルが健康上の理由により脱退し、代わりにグレッグ・オスビーやエリック・リードのバンドで活躍する若手ドラマー、ロドニー・グリーンが新たに加入しています。

結成当時は、古きアメリカの映画をテーマにしたコンセプト作品を作ろう、ということで始まったプロジェクトでしたが、活動を続けていくうちに映画とは必ずしも関連性のない作品作りになってきています。ただし、アメリカの古きスタンダードを主体にした洗練さを兼ね備えたノスタルジックなサウンドは今まで終始一貫して変わっていません。

拙ブログを古くからご覧の方は御存じと思いますが、僕個人的にはチャーリー・ヘイデンがあまり好きではないので、殆どアルバムを所有していないのですが、このクァルテット・ウェストは大好きなアラン・ブロードベントとアーニー・ワッツが参加しているということで、チャーリー・ヘイデン関連では唯一大好きな企画で、昔から好んで聴いていました。

クァルテット・ウェスト名義で制作された作品は現在までに下記の6作品です。いずれも Verve から発売されています。

『 Quartet West 』( 1987 )
『 In Angel City 』 ( 1988 )
『 Haunted Heart 』 ( 1992 )
『 Always Say Goodbye 』 ( 1993 )
『 Now is the Hour 』 ( 1996 )
『 The Art of the Song 』 ( 1999 )

また2007年には『 The Best of Quartet West 』というベスト盤も発売されているようです。

この作品群の中で評論家の評価が最も高いのは最後の『 The Art of the Song 』のようですが、個人的に最も愛聴しているのはグラミー賞にもノミネートされた第三作『 Haunted Heart 』 です。レイモンド・チャンドラーにインスパイアされて制作された完全なコンセプト・アルバムで、《 The Long Goodbye 》、《The Lady in the Lake 》、《 Hallo, My Lovely 》 など、チャンドラー作品名を引用したオリジナル曲を配しています。また、ジョー・スタッフォードが歌う《 Haunted Heart 》や、ジェリ・サザーンが歌う《 Ev'ry Time We Say Goodbye 》 や、ビリー・ホリデイが歌う《 Deep Song 》などを、クァルテット・ウェストの同曲の演奏の最後にコーダ的に継ぎ目なくごく自然に繋いだりして挿入するなど、凝ったギミックもあってなかなか素敵な作品です。

閑話休題。さて、待望の最新作ですが、今作は現在活躍している著名な女性ジャズ・ボーカリストへのオマージュ作品です。本格的なボーカル作品はクァルテット・ウェストとしては初めての試みです。一応、前作 『 The Art of the Song 』 の続編という位置づけのようですが、、、。ジャケットのアートワークがいい薫りを放ってます。50年代から60年代のキャピトルの女性ボーカル作品を彷彿とさせるデザインですね。

収録曲12曲中半分の6曲がボーカル入り。しかも1曲ごとに歌い手が違う豪華仕様。参加ボーカリストは、メロディ・ガルドー、ノラ・ジョーンズ、カサンドラ・ウィルソン、ダイアナ・クラール、ルネ・フレミング、そしてルース・キャメロンという超豪華。

ルース・キャメロンはチャーリー・ヘイデンの奥様です。ヘイデンの名曲に《 First Song 》というのがありますが、あれはこのキャメロンさんに捧げた曲だということは知っていましたが、彼女の歌声を聴くのは僕は今回が初めて。他のボーカリストがかなり濃いお声をしているので、その中にあっては一服の清涼剤的役割を演じていて安らぎました。けっこう好きな歌声です。

それから、ルネ・フレミングという歌い手はジャズファンにはあまり馴染みがないかもしれませんね。この人、本職はソプラノ歌手です。最近人気急上昇中らしいのですが、もともとはジャズ・シンガー志望だったようです。2005年にはフレッド・ハーシュ、ビル・フリーゼルらのサポートを得て『 Haunted Heart 』を、2006年にはブラッド・メルドーとのデュオ作品『 Love Sublime 』をリリースしています。後者は本業のソプラノを披露していて当時聴いた僕は思いっきり興覚めしてしまいましたが、前者は発声法を完璧に変えて、ジャズ・ボーカリストとしても何ら遜色ない素晴らしい歌声を披露しています。

本作をプロデュースしているのは、90年代からヘイデンの作品に関わってきた現フランス・ポリドール社長でもあるジャン=フィリップ・アラール (Jean-Philippe Allard ) 氏。ヘイデンの『 Beyond The Misssouri Sky 』も『The Montreal Tapes 』のシリーズも、それから前述したクァルテット・ウェストの『 Haunted Heart 』や『 The Art of the Song 』 もみんな彼の作品です。




Clip to Evernote 
スポンサーサイト



関連記事

この記事に含まれるタグ : 4.0point アメリカ 西海岸 くつろぎ  

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1426.html

2010/12/19 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Christoph Erbstösser / Vive Les Etrangers

   ↑  2010/11/13 (土)  カテゴリー: Jazz
christoph erbstosserChristoph Erbstösser / Vive Les Etrangers
( amazon.co.jp )
2001 W.E.R.F. 


Christoph Erbstosser (p)
Jos Machtel(b)
Dre Pallemaerts(ds)
recorded: Köln on Aug.8 and 9, 2001


ドイツ人ピアニスト、クリストフ・エルブストッサー ( Christoph Erbstösser, Cologne, 1965~ ) の2001年に録音されたデビュー作。とは言ってもその後アルバム制作した気配がないので、今のところこのデビュー作が唯一の作品なのでしょう。本作が日本の輸入盤店の店頭に並んだ今世紀初めの頃は、ちょうど杉田 宏樹氏の『 ヨーロッパのJAZZレーベル 』が発売された時期でもあり、日本でも俄に欧州ジャズが流行はじめたころでもあります。記憶は確かではありませんが、ディスクユニオンの店頭にも並んでいて、そこそこヒットしていたように思います。その当時はこんな超マイナーピアニストまで買う余裕がなかったのでスルーしてしまいましたが、このブログを初めて間もない2006年11月に、SUIZOKUKANさんという拙ブログの読者の方からこの作品をあらためて教えていただいたのをきかっけに購入した作品です。

すごく巧いとか、美メロ満載とかいうわけではないのですが、なんだかたまにムショウに聴きたくなるアルバムで、この5年近く、夜な夜な棚から引っぱり出しては聴いていた僕の “ こっそり愛聴盤 ” です。ず~と廃盤になっていて中古で偶然出会わない限り、手に入れるのは困難な作品だったのですが、今年の夏頃、突然再プレスされ手に入るようになりました。さすがに現在はどこの輸入盤取り扱い店でも在庫切れのようですが、amazon.co.jp のマーケットプレイスで今も手に入るようですので、思わずここでご紹介させていただきました。

クリストフ・エルブストッサーはドイツのケルンに生まれていますが、まもなくベルギーに移住し、その後の音楽生活もベルギーを拠点に行っていたため、一般的にはベルギーのピアニストとして紹介される機会が多いようです。日本の輸入盤店のポップもすべてベルギーのピアニストといて扱われていますし、ベルギー・ジャズに関するサイト『 Jazz in Belgium 』 の人名カタログにも掲載されています。幼少期からピアノを習い始め、1986年にオランダのヒルフェルスム( Hilversum)音楽院に入学し1992年に “ cum laude ” で卒業。卒業と同時にニューヨークに渡り、リッチーバイラークやジムベアードに師事。帰国後はベルギーのアントワープを拠点に音楽活動を行う傍ら、王立音楽院などで教鞭もとっていました。

また、欧州を代表するビッグバンド、Brussels Jazz Orchestra に参加していた時期もあり、彼の演奏は Moonks Jazz Must 150 でも取り上げられた名盤『 The September Sessions 』(1999 De Werf) ( 前項参照 ) や『 Music of Bert Joris 』( 2002 De Werf ) で聴くことができます。なお現在は生まれ故郷のドイツに戻っているようです。

彼はアフリカ音楽に影響を受けたジャズミュージシャンと紹介されていますし、本作のアートワークがそのことを物語っているわけですが、この作品を聴く限り、アフリカ土着系の匂いは皆無です。わずかにアフロ・リズムを採用した楽曲もありますが、あくまで装飾程度の引用です。ただしブルース・フィーリングは見事に彼の音楽に織り込まれており、甘口一辺倒の匿名的欧州ピアニズムとは一線を画す存在感があります。11曲中6曲が彼のオリジナルですが、どれも見事なまでに上質で、アドリブも無駄をそぎ落とした明瞭、明快なフレーズで構成され、聴いていて非常に心地よい。だから永きに渡り聴き続けられるわけですね。スタンダードもやっていますが、これもまたすばらしく、《 I'm Old Fashioned 》なんか、原曲のメロディーラインと齟齬のないよう配慮された美しいフェイク・ラインが実に見事で、エレガンス&クールなまさに欧州叙情派スタイルの見本のような演奏です。

余談になりますが、本作でドラムを叩いているのは先日、バティスト・トロティニョンのトリオでも来日していたドレ・パレメンツ ( Dre Pallemaerts, Antwerp, 1964~ ) だったんですねぇ。さっき、初めて気がつきました。トロティニョンのライブを観ていた西山瞳さんも、あのドラマーは巧い!とおっしゃってました( by Twitter )。 聴いているぶんにはあまりピンときませんが、手さばき足さばきを直接観ているとかなり小技を効かせて高度なことをやってましたよ。






Clip to Evernote
関連記事

この記事に含まれるタグ : ベルギー ドイツ 4.0point 廃盤 こっそり愛聴盤 

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1397.html

2010/11/13 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Amina Figarova / Sketches

   ↑  2010/11/07 (日)  カテゴリー: piano
amina-figarova-sketches2Amina Figarova / Sketches ( amazon )
2010 Munich Records 


Amina Figarova ( p )
Ernie Hammes ( tp )
Marc Mommaas ( ts )
Bart Platteau ( fl )
Jeroen Vierdag ( b )
Chris "Buckshot" Strik ( ds )


アゼルバイジャン共和国出身の女性ピアニスト、アミーナ・フィガロワ( Amina Figarova ) の通算11作目となる最新作。前作『 Above The Clouds 』  ( 前項参照 ) の冒頭曲《 A Dance 》がMOONKSTYLE で取り上げられていため、一部のファンには知られるようになりましたが、それでも日本ではまだまだ認知されているとは言い難い存在です。僕個人的には、女性ピアニストという括りで言うなら、ナタリー・ロリエ、リン・アリエールらと並んでもっとも好んでい聴いているピアニストです。

フィガロワは母国の首都バクーにあるバクー音楽院でクラシック音楽を学び、その後、オランダのロッテルダム音楽院を経て、バークリー音楽院に進学しジャズを習得しています。 CDデビューは1994年の『 Attraction 』で、その時には既に現在の夫君であるフルート奏者バート・プラトーも参加しています。このバート・プラトーはフルート奏者としてだけではなく、プロデューサーとしても彼女の全作品に参加し、公私にわたって彼女をサポートしてきました。

デビュー後間もない時期の作品などを聴くと、ライトタッチなフュージョンをやったり、比較的オーソドックスで匿名的なピアノ・スタイルの作品を作ったりしていましたが、途中から3管ないし4管のアンサンブルを重視した作品作りへ移行していきました。その頃から彼女の非凡なアレンジ能力が発揮されはじめ、極めて個性的で現代的な楽曲を書くようになってきたように思います。



Clip to Evernote
関連記事

この記事に含まれるタグ : オランダ 4.0point 女性 アンサンブル  

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1392.html

2010/11/07 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Jef Neve Trio / Imaginary Road

   ↑  2010/10/31 (日)  カテゴリー: piano
Jeff Neve_Imaginary RoadJef Neve Trio / Imaginary Road ( amazon )
Universal Music 2010


Jef Neve (p)
Teun Verbruggen (ds)
Ruben Samama (b)







ジェフ・ニーヴの通算5作品目、Universal Music 移籍後3作目となる最新作。本作はこのところ僕が密かに愛聴している好盤です。

ジェフ・ニーヴは1977年、ベルギーのフランダース地方の街、チュルンフートに生まれています。中世以降、地理的な好条件に恵まれ海運や貿易などを通じて発展し、またヨーロッパ文化の十字路として、多くの有名芸術家を輩出してきたフランダースは、ベルギーのジャズを語る上でも非常に重要なキーワードとして機能しています。

たとえば、ジャズ・ハーモニカの巨匠トゥーツ・シールマンスをはじめ、今やベルギー・ジャズの要として大活躍中のトランペッター、バート・ヨリス、さらにはDeWerf の諸作品でお馴染みのテナー奏者イェルーン・ヴァン・ヘルゼーレや、あるいは、フランドール出身のミュージシャンによって設立された欧州を代表するビッグバンド Brussels Jazz Orchestra ( 前項参照 ) など、多くの優秀なミュージシャンを輩出し、ベルギー・ジャズの発展に貢献しているのです。

フランダース地方出身のミュージシャンに通底するものは、翳りを内包しながらも知的な薫りを放つ美意識です。それは時に官能的ともいえる程、魅力に満ち溢れた感性で、ベルギージャズの本幹をなすものだと僕は思っています。

簡単に彼の経歴を記しておきます。レーヴェンに所在するレマンス音楽院に進学したニーヴは、同院在学中にブラッド・メルドー、マーシャル・ソラール、ビル・キャロザーズ、ケニー・ワーナー、ブルース・バースらのマスター・クラスを受講しながら音楽家としての腕を磨いていきます。非凡な才能を開花させたニーヴはわずか13歳で同院のジャズ科とクラシック・ピアノ科の修士号を取得し、great distinctionで卒業。その後はフリーのピアニストとして、劇場やスタジオのセッション・プレーヤーとして活動を開始する一方、、ファンク、ポップからクラシックまで、幅広い分野のアーティストと共演を重ね、ベルギー国内でその確固たる地位を築きあげてきました。今では同国のイヴァン・パドゥアをも凌駕する人気ぶりだとの噂もあります。

CDデビューは2003年。デビュー作『 Blue Saga 』はいきなりベストセラーとなり、世間の注視を集めました。翌年の2004年リリースのセカンドも、ベルギー国内の “ Best Solid Jazz Album ” に選定されるなど、新人としては順調なスタートを切っています。2006年には Universal Music と契約、第三作目となる『 Nobody Is Illegal 』で晴れてメジャーデビューを果たしています。

収録曲は全11曲。すべてニーヴのオリジナルかメンバーとの共作曲。今作では、デビュー以来の活動を共にしてきたベーシストのピート・ベルビストが抜け、新メンバーとしてニューヨークを拠点に活躍中の若手、ルーベン・サママ ( Ruben Samama , 1985~ )が加入しています。ドラマーは引き続きテューン・フェアブリュッヘンです。

プロローグ的な短い冒頭曲。ここでは幻想世界に鳴り響く鐘のようなシンセサイザーの音色が使われています。この深遠なるシンセサイザーの効果音はこの一曲だけにしか使われていないのですが、作品全体を通奏低音のように支配しています。総体としては今までの作品を踏襲する作風です。つまりクラシック音楽の香りを強烈に漂よわせた曲作りで、彼の出自を色濃く感じさせる作品です。

彼のジャズには、4ビートを基調としたスウィンギーな伝統芸能としてのジャズの要素など微塵も感じられません。ビバップの狂騒感とは対極に位置するサウンドです。

M-2《 The Space Road 》に見られる、非4ビートで紡んでいく危く仄暗い叙情的スタイルは、ニューヨーク・コンテンポラリー系のピアニスト、例えばアーロン・パークスあたりを彷彿とさせるものです。ちなみにこの曲ではドラムスがオーバーダブでツイン・ドラムのように演奏しています。

M-8 《 For The People 》は7/8拍子のポップな楽曲です。彼の基本はクラシック音楽であることは前述した通りですが、ポップやロックも演奏できるヴァーサタイルな才能の持ち主であることは、この曲を聴いただけでもよくわかります。

新加入したベースのルーベン・サママはまだ20代半ばと若いのですが、そのテクニックには目を見張るものがあります。エッジの立った切れ味鋭い音で、しかもしなやかにグルーヴして楽曲を盛り上げます。エコーをかけた美しいボーイングを披露したり、Loop Station でソロをとったりするあたりなど、いかにもアクチュアルな生きのいいミュージシャン、ってな感じで今後が楽しみです。






Clip to Evernote
関連記事

この記事に含まれるタグ : ベルギー 4.0point 

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1389.html

2010/10/31 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Silje Nergaard / Tell Me Where You're Going

   ↑  2010/06/01 (火)  カテゴリー: vocal
Silje Nergaard_ tell me where.jpg
Silje Nergaard / Tell Me Where You're Going ( やさしい光につつまれて ) ( amazon )
1990 EMI/Lifetime Records

Silje Nergaard (vo)
Nils E. Vinjor (g)
Reidar Skar (p,synth)
Neal Wilkinson (ds)
Knut Reiersrud (g,mandorin, harmonica)
Audun Erlien (b)
Pat Metheny (electric and acoustic guitar on 11)


セリア・ネルゴードの新譜のことを書いたので、ついでに彼女の作品の中から個人的な愛聴盤を一枚ご紹介しておきます。先日もこちらで書きましたが、一番好きなアルバムは2000年にリリースされたかなりジャズ寄りの作品『 Port of Call 』なのですが、その次に好きなのがこの1990年のデビューアルバム『 Tell Me Where You're Going 』です。

本盤の話題は何と言ってもパット・メセニーの後押しで制作されたアルバムであり、メセニーもタイトル曲に参加していることで話題になりました。メセニー・ファンならたぶん持っている方も多いでしょう。僕も当時はセリアのことなど知らずにメセニー参加に惹かれて購入しました。たとえセリアの名前を知らなくても、このタイトル曲を聴けば誰しもが思い出すのではないでしょうか。90年当時、FM ラジオ(特にJーWave などが多かったかな ) から頻繁に流れていました。セリアは当時はおそらくイギリスで音楽活動をしていたのだと思います。僕の中では、ワークシャイ ( Workshy ) やシャーデー (Sade ) などと同列として、おしゃれな英国 AOR と捉えて愛聴していました。よく女の子とドライブするときに利用させてもらったので、今聴いてもその頃の甘酸っぱい思い出が蘇ってきます、、、(#^.^#)。

メセニーとセリアの出会いは80年代末のことでした。セリアがメセニーに『 Tell Me Where ~ 』のデモテープを送り、それを聴いたメセニーが気に入り、メセニーのバークレー音楽院時代の友人である音楽プロデューサーであるリチャード・ナイルズ ( Richard Niles ) を紹介したのが始まりだったようです。この曲のどの部分がメセニーの琴線に触れたのか、ちょっと理解に苦しみますが、確かにポップでフックに富んだ展開もあり、ヒット性のある楽曲ではあります。一度聴いたら耳に残りますよね。

彼女は17歳の時にジャコ・パストリアスの《 World of Mouth Band 》 のフェスティバル・ライブのセッションに飛び入りしているらしいのですが、このエピソードも何故そんな突拍子もないことが起きたのか、理解に苦しみます。なぜなら、その頃の彼女の歌声は決してジャズ的ではなかったからです。ハスキー・ボイスで躍動感があり、フォルセット域になると突然澄み渡る美しい声に変調するあたりは確かに魅力的ではありますが、だからと云ってジャズ・ファンを魅了するような特性を身につけているわけではありませんからね。彼女はデビュー当時から作曲は自らが行っていましたが、いま聴くと同時から既にジョニ・ミッチェルの影響が作曲に現れていたようです。フォーキーで何処か牧歌的な雰囲気が漂う曲を書いています。

このデビュー作、現在はなんでも入手が困難な模様。amazon でも4,000円ぐらいの高値で売られていますね。国内盤も確か出たと思うのですが、知らないうちにそんなにレアになっちゃったのか~。意外にこういうCDって、ブックオフでロックに仕分けられて500円ぐらいで売っていたりしてね。

関連記事

この記事に含まれるタグ : スウェーデン 4.0point 90' 旧譜 

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1337.html

2010/06/01 | Comment (0) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。