雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

このページの記事目次 (カテゴリー: Around Jazz

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Frank Zappa / Jazz from Hell

   ↑  2011/09/12 (月)  カテゴリー: Around Jazz
frank zappa jazz from HellFrank Zappa / Jazz From Hell ( amazon.co.jp )
1986 (原盤) Barking Pumpkin

All compositions executed by Frank Zappa on the Synclavier DMS with the exception of “St. Etienne”.
“St. Etienne”: Frank Zappa (lead guitar), Steve Vai (rhythm guitar), Ray White (rhythm guitar), Tommy Mars (keyboards), bobby Martin (keyboards), Ed Mann (percussion), Scott Thunes (bass), Chad Wackerman (drums)



1986年、フランク・ザッパ ( Frank Zappa, 1940~1993 ) が当時発売されたばかりのシンセサイザー、シンクラヴィア ( Synclavier ) だけを用いて、まるまるアルバム一枚を作ってしまった画期的な宅録作品。シンクラヴィアにはサンプラー、シーケンサー機能も装備されており、しかもおそらく当時では唯一のハードディスクレコーディングが可能な楽器だったと思います。今で言うところのDAWみたいなシステムだったのでしょう。新し物好きな先進的ミュージシャンがこぞって自身の作品に用いた楽器でした。スティービー・ワンダーとかハービー・ハンコックとか、日本だと小室哲哉などが使ってましたが、シンクラヴィアだけで一枚作っちゃったのはザッパ大先生ぐらいじゃないでしょうか。

この『 Jazz from Hell 』はテクノっていうのかな? よくわからないけどとっても心地よいピコピコ音なんですよね。ザッパらしく複雑怪奇な音列が一見無秩序に並んでいるように感じるサウンドなのですが、でもやっぱりいい加減に打ち込んでいたら絶対作れない緻密な幾何学模型のようなサウンド・スケープ。何言っているかわかりませんが、とにかく誕生したばかりのまだまだ不安的で発展途上にあったシンクラヴィアでここまでのサウンドを作り上げるのは流石ザッパ!と唸ってしまう作品です。決してザッパの代表作でも名盤でもありません。むしろ彼の経歴のなかでは異色作といってよい作品ですが、なぜか愛着のわく作品です。

このアルバムは88年のグラミー賞の最優秀ロック・インストゥルメンタル賞を獲得しています。普通なら喜ぶべき受賞ですが、多くのザッパファンにとっては決して諸手を挙げて喜べない受賞です。それまでのアルバムはなんだったの!? 『 Sheik Yerbouti 』や『 One Size Fits All 』がグラミー獲れていないのに何故『 Jazz from Hell 』が獲れちゃうの? ザッパ自身も笑い泣きしていたはず。

ザッパって前立腺がんで53歳の若さで亡くなったんですよね。シンクラヴィアだけでこれだけのサウンドを創作できる人ですから、今生きていたらどんな音楽を聴かせてくれたか。ホント惜しい天才を僕らは失ってしまった。せめてタバコをやらずに、人間ドックを毎年きちんと受けて、PSA ( 前立腺特異抗原 ) を測定していれば死なずに済んだのに。まあ、ザッパが毎年ドックを受けている姿なんで想像できませんけどねぇ。

スポンサーサイト

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1499.html

2011/09/12 | Comment (3) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Mats & Morgan Band

   ↑  2009/05/05 (火)  カテゴリー: Around Jazz





欧州圏の中ではスウェーデンは昔からジャズが盛んであったが、プログレッシブ・ロックの視点からみても多くのミュージシャンを輩出している国としてその方面のコアなファンには知られている。その筆頭に挙げられるのが超絶テクニカル・バンドのMats / Morgan Band だ。

盲目のキーボーディスト、マッツ・エーベリーと変態ドラマー、モルガン・オーギュレンの級友2人が核になり80年代前半に結成したバンドで、キング・クリムゾンやフランク・ザッパがアイドルだったらしく、変拍子と複雑な曲構成、諧謔味を帯びたユーモラスなメロディーなどを特徴としている。88年にはフランク・ザッパのストックホルム公演の前座としてステージに立ったこともある。

昨年2月にライブ音源を収めたCD 『 Heat Beat Live / Tourboock 1991-2007 』 がリリースされているが、これには過去91年から07年までの様々な映像が収められたDVDも付属していて超お買い得。久し振りに先ほどから観ているが、あらためてその馬鹿テクぶりに感動している。

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-379.html

2009/05/05 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

V.A. 『 This Is Discotheque 』

   ↑  2008/01/13 (日)  カテゴリー: Around Jazz
V.A.  『 This Is Discotheque 』
Blue Note Tokyo のライブをピックアップして放映する音楽番組『 Speak Iin Music 』が昨年の10月からBSフジで始まっています。毎週土曜日の23時30分からの30分間番組で、少々物足りないのですが、毎週ジャズのライブ映像、しかもBlue Note Tokyoの映像がみれるのですから、それだけで感謝です。スポンサーのパイオニアさん、どうもありがとうございます。で、昨夜のプログラムは Average White Band (アヴェレージ・ホワイト・バンド)でした。11月のこのライブも観に行きたかったのですが、仕事の都合がつかず涙をのんだライブだったので、こうして映像が観れるなんてホント嬉しい限りです。もう、テレビに噛り付いて深夜にも関わらず大音量で観てしまいました。

この番組は5.1ハイビジョン放送であり、かなり本気になって制作されていることは事前に知っていたのでですが、実際に観てみて驚いたのは、ライブ会場内になんとクレーンカメラを持ち込んで撮影されていることなのです。ステージ向って右側のちょうどサイド自由席あたりを取っ払ってクレーンカメラを設置していると思われる映像です。上下左右、遠景近景を舐めるように移動するクレーンカメラ独特の動きにより、かなり高級感があるライブ映像が撮れています。

で、このAWBですが、72年にスコットランドで結成され、74年には渡米し、セカンド・アルバム『 AWB 』から≪Pick Up The Pieses ≫が大ヒットして一躍有名になっった白人バンドです。ホーン(テナーとアルト)を加え、リズムギターがツイン(ひとりがカッティング・ギターで、もうひとりが単音リフ)を特徴とするバンドで、70年代~80年代の米国ブラス・ロック界の一翼を担う存在でした。個人的にはTower of Power、Chicago、BS&T、Chase などとともに、最も好んで聴いたブラス・ロック(ほかのバンドほど、ブラス的ではなかったけど)でした。

僕がAWBを聴いたのはほとんどが70年代のAtlantic時代のもので、徐々にAOR風の軽いサウンドに変化していってからは自然と聴かなくなってしまいましたが、聴かなくなったのは僕だけではなかったようで、80年代に入ると人気に陰りが見え始め、82年には解散してしまいました。しかし、90年代に入り黒人2人を加え再結成され、何度か来日も果たしているようです。

思い出の作品としては、≪Pick Up The Pieses ≫が収録されている74年のセカンド・アルバム『 AWB 』や、≪ Cut The Cake ≫75年の『 Cut The Cake 』あたりですが、今でも大事に手元に置いてあるアルバムが写真の『 This is Discotheque 』 なのです。これは、75年にAtlantic から発売されたオムニバスで、ハービー・マンをはじめ、スピナーズ、ベンE・キング、メジャー・ハリス、シスター・スレッジ、ジーン・ペイジなどなど、Atlantic専属のアーティストのヒット曲を寄せ集めた作品なのですが、この中にAWBの最大のヒット曲であるこの≪Pick Up The Pieses ≫と≪ Cut The Cake ≫が収録されています。この屑盤とも言える誰にも語られることのないLPですが、当時の心情、風景などとあまりにも強くリンクしていて、30年近く経った今でも捨てられずにいる思い出のアルバムです。

とまあ、今日はどうでもいい話になってしまいましたが、そう言えば、昨年の今日、1月13日に惜しくも亡くなられたマイケル・ブレッカーも、AWBの70年代Atlanticの作品に何度も参加してたんですよね。知ってました?

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-149.html

2008/01/13 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

南 佳孝 『 夏の終わりに僕は君を失う 』

   ↑  2008/01/01 (火)  カテゴリー: Around Jazz
南 佳孝 『 夏の終わりに僕は君を失う 』
明けまあしておめでとうございます。本年もお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

さて、昨夜は遅ればせながら年賀状書きをしながらNHKの紅白歌合戦を観るとはなしに見ていましたら、なんと寺尾聰が出演していたので、嬉しくなり見入ってしまいました。曲は当然≪ルビーの指輪≫。そして更にびっくりしたことにバックバンドが超一流スタジオ・ミュージシャンがずらりと勢揃い。

井上鑑(kb)、高水健司(b)、山木秀夫(ds)、今剛(g)、クリストファー・ハーディー(per)、菅坂雅彦(tp)、村田陽一(tb)、近藤和彦(as)と、よくも大みそかの生番組にこれだけの面々を集められたもんだと感心してしまいました。

≪ルビーの指輪≫を収めた81年のアルバム『 Reflections 』は当時バカ売れした名盤ですが、そこには伝説のバンド、PARACHUTE(パラシュート)が全面サポートしていましたからね。寺尾聰にはそのあたりのこだわりがあるのでしょうか。今回の紅白歌合戦にも当時と同じく井上鑑(kb)と今剛(g)が参加していたのがその手のファンには涙悶!です。25年という月日の間に、林立夫が山木秀夫に、土岐英治が近藤和彦に、向井滋春が近藤和彦に交代していますが、今剛が今も第一線で活躍していることは嬉しい限りです。欲を言えば、盟友である松原正樹とのツイン・ギターで復活してもらえれば言うことなしだったのですが。

ところで、松原正樹が多くの自己リーダー作品を制作しているのに対して今剛はたった一枚しかリーダー作を出していません。その唯一のリーダー作『 Studio Cat 』(1980 AGHARTA ポニー・キャニオン)は昨年8月に紙ジャケ仕様で再発になっています。以前にもCD再発された作品ですが、一度店頭から姿を消すとなかなか手に入らないレア盤ですから、興味のある方は今のうちに手に入れておいた方がよいかも。

で、日付もかわって元日の深夜に、80年代に浴びるように聴きまくったジャパニーズ・ポップス、AORがムショウに聴きたくなって、レコード棚からパラシュートの『 HAERE MAI 』やら松田聖子の『 Pineapple 』 、松原正樹の『 SPINER 』 、それから、さだまさしの『 夢供養 』(この中の≪サナトリウム)という曲での松原のソロは名演です)などなど、きりがないくらい次々と思い浮かぶまま聴いて夜を明かしてしまいました。

ということで、これから、家族で栃木県の実家に車で帰省するのですが、この70~80年代郷愁路線の熱き思いを引きずって、まずは南佳孝の『 夏の終わりに僕は君を失う 』をCDチェンジャーに挿入して行くことにしました。本作は76年から93年までのバラード・セレクションです。「バラード」というキー・ワードで彼の曲を“抽出”すると、結構ジャズ風のコンピレーション作品に仕上がるんですね。なかなか素敵なアルバムです。

ドラムでは石川雅春、林立夫、渡嘉敷祐一、高橋幸宏。ギターでは鈴木茂、松原正樹、故・大村憲司。ベースでは細野晴家臣、岡沢章。キーボードでは久米大作、坂本龍一などなど。超豪華メンバーのサポートによる珠玉のバラード集です。

FC2スレッドテーマ : 音楽 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-144.html

2008/01/01 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Marc Jordan 『 Blue Desert 』

   ↑  2006/11/19 (日)  カテゴリー: Around Jazz
marc jordan

前項でジェイ・グレイトン,ディーン・パークス,エイブラハム・ラボリエル,などなど,懐かしい名前が出てきたので,思わずCD棚からこんなものを引っ張り出してきてしまいました。ジャズではありません。いわゆるAORです。70年代から80年代のAORブームを体験した人はご存知でしょう。Marc Jordan (マーク・ジョーダン)の 『 Blue Desert 』は1979年のアルバムですが,ジェイ・グレイトンが丁度,売れ出した頃の飛ぶ鳥も落とす勢いの時期にプロデュースした作品です。そして翌年1980年にはジェイ・グレイトンはデヴィッド・ホスターと有名なAIRPLAYを結成するわけです。

まあ,このあたりの話をし出すと,芋づる式にどんどん話が拡大していってしまいますので止めますが,兎に角,この頃はジャズを聴く一方で,主におねえちゃんと会う時のBGMでかなりAORにお世話になっていましたでの,それなりに今でも愛着があります。

マーク・ジョーダンは本作で一躍有名になりましたが,その後は泣かず飛ばずだったようです。本作は丁度,ジェイ・グレイトンが同時期にプロデュースしたAl Jarreau の 『 Jarreau 』のロック版的なサウンドが聴こえてきます。ひたすらクリアで爽やか。これらのサウンドを支えたのがエイブラハム・ラボリエル,ディン・パークス,マイケル・オマーティアン,ジェフ・ポカロ,ジム・ケルトナー,etc であったわけです。いや~,凄腕スタジオミュージシャン達が名を連ねていますね。アーニー・ワッツも参加していました。ルカサーも叫んでいますし,それにも増してジェイ・グレイトンが完全に切れまくっています。主役を完全に食ったバック・ミュージシャン。冷静に聴くととっても妙なアルバムですが,そこがジャズ魂を刺激したりして。

なんとなく,20年以上手放せないでいる,甘酸っぱい香りを含んだ愛聴盤です。

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-180.html

2006/11/19 | Comment (1) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

捨てられないアルバム

   ↑  2005/08/15 (月)  カテゴリー: Around Jazz
松田聖子の「 Pineapple

なんで「JAZZ」のカテゴリーで「松田聖子」なんだ。とお叱り受けそうですが、僕の中では「JAZZ」とリンクする「ポップス」が結構あります。ほとんど個人的体験に基づく連想なのですが、南佳孝やオリジナルラブとかもまさに「ジャズの周辺音楽」かな、と感じてしまうんです。

この松田聖子の「 Pineapple 」は1982年のアルバムで、作詞は全曲、はっぴーえんどの松本隆が担当。一方作曲は、財津和夫、松任谷由実、来生たかおと、豪華顔ぶれが並び、そしてなんと原田真二が2曲提供しているんです。既にこの頃から親密な関係だったのでしょうか。

サポート・ミュージシャンは、岡沢章(b)、高水健司(b)、松原正樹(g)、吉川忠英(g)、松任谷正隆(key)、斉藤ノブ(per)らがサポートしています。たかが新人アイドルのアルバムに、これほどまでのエリートを集結させるとは、恐るべし松田聖子。

大学時代の軽音楽部の志賀高原合宿では、ハンコックなどの曲を練習する一方でこの「 Pineapple 」を休憩時間によく聴いていたので、僕の中ではどうしても「Jazz」を連想させる「J-POP 」になっているんです。 いずれにしても本作は、松田聖子というアイドル性と日本のエリートミュージシャンの音楽性を高い次元で融合させた「J-POP 」史上、稀にみる完成度をもった傑作だと思うのです。(ちょっと大袈裟。)

FC2スレッドテーマ : 音楽 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-222.html

2005/08/15 | Comment (4) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。