雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

このページの記事目次 (カテゴリー: best CD

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

2008年再発・初CD化の6選

   ↑  2008/12/31 (水)  カテゴリー: best CD

2008年再発盤6選(縮小) 

今年もまたおびただしい数の再発盤が店頭に並びました。長らく廃盤となっているため再発されるならまだ納得がいくのですが、やれ未発表曲追加だ、やれ紙ジャケ化だ、やれリマスター盤だ、やれ高音質CDだと、手を替え品を替えて消費者に散財させようと画策してくる企業努力には頭がさがりますね。でもまあ、そんな中に再発は再発でも、CD化されずに放置されていた隠れた名盤なんかが人知れずこっそりCD化されて混じっていることがあるので、全く無視するわけにもいきません。今年も個人的に一日千秋の思いでCD化を待ち望んでいた作品が僅かながらですが初CD化でお目見えしました。そんな思い出のCDをちょっと引っ張り出してきました。



  1)  Franco ambrosetti  /  Close Encounter 

フランコ・アンブロゼッティの78年に録音された代表作。2006年夏にEnja原盤使用権を獲得したWARD records が始めた≪ WARD/Enja 名盤復刻シリーズ≫の第7弾としてめでたく初CD化された。当時、米ジャズ専門誌『 Downbeat 』で四つ星半を獲得している傑作。 


  2)  Modern Art Trio  /   Modern Art Trio  

フランコ・ダンドレアが70年にVADTTEというレーベルに当時の先鋭達と吹き込んだとトリオ作品『 Progressive Jazz 』が、パオロ・スコッティ総帥率いる Deja Vu Recordsから発売になるというアナウンスがあったのは2008年の春のこと。その後まったく音沙汰なく、暮れになりいきなり店頭に並んでいた作品。前述したアンブロゼッティと同様、いかにも70年代欧州のフリー~モード系のアグレッシブで硬質なジャズが聴かれる。


  3)  Giovanni Tommaso  /  To Chet 

ジョヴァンニ・トマッソ ( b ) の88年録音の作品。すでに数年前にCD化されていたが廃盤となっていた。今回、再プレスされたようだ。私はすでに所有しているので買わないが、かなり出来はイイ作品なのでお勧め。フロントはフラヴィオ・ボルトロ( R ch )とパオロ・フレス ( L ch ) 。ピアノはダニーロ・レア。


  4)  Dreams  /  Dreams 

ブレッカー・ブラザーズ結成前のブレッカー兄弟、マハヴィシュヌ・オーケストラ加入前のビリー・コブハムら、錚々たるミュージシャンが参加して70年に結成された幻のブラス・ロックバンド“ Dreams ”。僅か2年間の活動期間中に本作『 Dream 』と『 Imagine My Surprise 』 ( 前項あり ) をリリースしているが、後者がすでにCD化されていたにもかかわらず、本作は今までCD化されていなかった。今回、SMEより『 Super Premium Series Vintage in 70’s 』で晴れて初CD化された。内容は極平凡なブラス・ロック。BS&T やシカゴなんかの方がずっとカッコいい…と冷静に思えちゃうくらいだから、やっぱり売れなかったんだろうね。


  5)  Jeff Lober  /  Jeff Lober Fusion 

ジェフ・ローバーが77年にInner City に吹き込んだ幻のファーストが遂にCD化された。これにより僕のジェフ・ローバー・コレクションはコンプリート達成!(パチパチ) で、こんな誰も買わんような屑盤を世に送りだしてくれたのが、リイシュー専門レーベルではダントツに光り輝いている Wounded Bird !!!! もう、このレーベル凄すぎ。以前にも書いたことがあるが、ジョン・クレマーの『 Finesse 』(『 Magnificent Madness 』とのカップリング盤)を筆頭に、エリック・ゲイルの『 blue Horizon 』(『 Island Breeze 』とのカップリング盤)や、ジョーザビヌルの『 Concert Retitled 』などを再発してくれている有難いレーベルなのだ。つまりは、痒いところに手が届く、消費者の気持ちを分かってらっしゃるお方という訳。最近では、やはりジョン・クレマーの『 Touch 』や L.A.Express の『 L.A.Express 』&『 Shadow Play 』なんかまで出してくれているので、思わずのけ反ってしまう。要チェック!


  6)  Chet Baker & Enrico Pieranunzi  /  Soft Journey

エンリコ・ピエラヌンツィチェットが仏レーベルIDA に吹き込んだ一連の作品はいずれも超レアであったが、ここにきてEGEA が一枚づつ小出しに再発してきている。2008年5月にはソロの『 Parisian Portrait 』が、年末になりチェット・ベイカーを加えたクインテット作品『 Soft Journey 』が再発された。残るはただ一つ、マーク・ジョンソンとデュオ『 The Dream Before Us 』のみ。

スポンサーサイト

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-202.html

2008/12/31 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

2006年極私的愛聴盤 トランペット篇

   ↑  2007/01/02 (火)  カテゴリー: best CD
2006年極私的愛聴盤 トランペット篇

トランペットに関しての昨年最大の収穫は,ドナルド・バードとジジ・グライスの JAZZ LAB 名義の録音が3枚組みで再発されたことでした。その中には長年CD化を一日千秋の思いで待ち焦がれていた『 New Formulaz From The Jazz Lab 』が含まれていて,僕としては涙もんです。このcomplete3枚組みを発売したのはバルセロナの再発レーベル,Lone Hill Jazz というところなんですよ。このレーベル,結構面白いので最近ウォッチしています。

1)Orbert Davis 『 Priority 』 3Sixteen Records
昨年,VENT AZUL Records の早川さんに「何かハード・バップで面白いのないですか?」とお聞きしたところ,このアルバムを紹介されました。兎に角,ぶりぶり吹きまくる熱情的プレーに心底痺れました。ジャズ・メッセンジャーズの『 Freedom Rider 』を初めて聴いた時の興奮に近い感じ。テナーのアリ・ブラウンも聞き慣れない名前ですが,こいつも凄く巧い。至福の72分を約束する名盤。彼の Official HP で試聴できます。

2)Roy Hargrove 『 Nothing Serious 』 verve
1991年のデビュー盤 『 Public Eye 』以来,ずっとファンなので,多少の出来の良し悪しは関係なく今でも愛聴しています。Hip Hop系のユニット,The RH Factor 名義のアルバムはあまり好きではありませんけどね。この最新作で競演しているアルト,ジャスティン・ロビンソンも凄腕で,ハーグロープとの息もぴったりです。往年のハーグロープ=ハートのコンビを彷彿させます。やっぱりあの朴訥としたハーグロープ節ってイイんですよね。

3)Jim Rotondi 『 Iron Man 』 criss cross
ジミー・グリーンとの双頭フロント+スティーブ・ネルソン(vib)。criss cross らしい三ッ星アルバムです。まあ,ロトンディー=グリーンのアンサンブルが聴ければそれだけで幸せって思えるファン(僕)向きの好盤。

4)jens Winther 『 Concord 』 stunt
リーダーのジェンス・ウインザーって知らなかったけど,アントニオ・ファラオとデジャン・テルジクが参加しているので買ってみたらなかなかの出来でした。でもやっぱり鋭い切れ味いの超絶技巧のファラオが一番光ってたな。

5)Braian Lynch 『 Spheres of Influence Suite 』 ewe records (2006年4月4日UP
以前に比べてラテン色を強めてきた感のあるリンチ。2004年の『 Conclave 』も良かったですが,本作負けず劣らずの秀作です。ミゲル・ゼノン(as),コンラッド・ハーヴィン(tb),グレイグ・ハンディ(ts)らが参加してのカリビアン・ジャズの祭典です。

上記以外では,Ron Horton 『 Everything In A Dream 』,Valery Ponomarev 『 Beyond The Obvious 』,Joe Magnarelli 『 Hoop Dreams 』,それにPaolo Fresu 『 Things 』などもよく聴いた。

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-200.html

2007/01/02 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

2006年極私的愛聴盤 アルト篇

   ↑  2007/01/01 (月)  カテゴリー: best CD
2006年極私的愛聴盤 アルト篇

昨年一年間を振り返ってみると,意外にアルトサックスの作品を買ってなかったことに気付きます。大好きなステファノ・ディ・バティスタやロザリオ・ジュリアーニらも2004年の作品以降,新作がないし,最近老いて更に活動盛んなフィル・ウッズも昨年は新作がなかったので,ちょっとアルト・サックス界は寂しい一年でした。そんな中,個人的に一番嬉しかったのは,長年CD化を待ち望んでいたフィル・ウッズの傑作『 Live From The Showboat 』がやっと発売されたことです。リイシューなのでここでは取り上げませんでしたが,2006年最大の収穫でした。

1) Fredrik kronkvist 『 Maintain 』 Connective Records (2006年2月27日UP
つい前日,クロンクヴィストの最新作『 In The Raw 』が同レーベルから発売になりましたが,これがサックス・トリオ編成で,個人的にはちょっと退屈な作品だったので,仕方なく2005年の『 Maintain 』を取り上げます。彼の古い作品やRene Sandovalの作品,Miriam Aida とのライブ盤なども聴いてきましたが,やっぱりこの『 Maintain 』が一番熱いです。極寒のスウェーデンにこんなにも熱く語れるアルティストがいたとは。これからも追っかけます。

2)Kenny Garrett 『 Beyond The Wall 』 Nonesuch (2006年9月15日UP
結局,昨年一番聴いたアルトの作品はこれだった。何度聴いても格好いい。飽きない。個人的にはケニー・ギャレットの作品の中,ベストと思っている。

3) Phil Woods 『 American Songbook 』 Kind of Blue
昨年発売になったウッズのアルバムは本作だけ。でもこれ,2002年の録音で新譜というにはちょっと古すぎます。どういうわけか4年間お蔵になっていたのですが,刺激的なアレンジはないものの,内容はなかなか充実しています。ブライアン・リンチとの2管フロントでスタンダードを演奏しています。2005年のベンジャミン・コッペル,アレックス・リールとの作品『 Pass The Bebop 』 も出来が良く,よく聴いた。

4) Francesco Cafiso 『 happy Time 』 Cam Jazz (2006年4月2日UP
あまりにも上手すぎて,流暢すぎて,面白みにやや欠ける。というのが最近の個人的な感想です。と言うわけで『天国への七つの階段』(venus)は買いそびれてしまいました。この『 happy Time 』は2005年の銀座プロムナードで観たライブの時期に録音されたもので,カフィーゾの彼女のために書いた《 She Loves Me 》がお気に入りです。でもライブの方がずっとエキサイティングな展開でしたけどね。

5) Miguel Zenon 『 Jibaro 』 marsalis music
凄く愛聴しているというわけではないけど,あまりにも日本で人気がないのであえて取り上げました。この人,歌心のあるラテン調の曲や変拍子の曲,さらにM-ベースやコンテンポラリー感覚なども上手く消化した,かなりの凄腕だと思うのですが。SF JAZZにも参加してますし,チャーリ・ヘイデンのバンドにも参加しています。

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-199.html

2007/01/01 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

2006年極私的愛聴盤 テナーサックス篇

   ↑  2006/12/31 (日)  カテゴリー: best CD
2006年極私的愛聴盤 テナーサックス篇

1) One for All (tenor: Eric Alexander )『 The Lineup 』 sharp nine
高品質安定型の正統派ハード・バップを提供し続ける One for All ですが,彼らのデビュー当時からのファンである僕も,最近はやや食傷気味。でも,つい聴いちゃう。しかし,好きな曲だけ。ジム・ロトンディー作の《 Dountown Sounds 》と《 Express Train 》が好き。昔からOne for All のイイ曲は彼の作曲が多いような気がします。

2) Jimmy Greene 『 True Life Stories 』 criss cross (2006月5月26日UP
僕の描く2管ハード・バップの理想形に限りなく近いジャズです。これは心底,ほれ込んでいるジミー・グリーンのcriss crossの最新です。ザヴィア・デイヴィス(p),ルーベン・ロジャース(b),エリック・ハーランド(ds)と,これ以上のメンバーは望めません。

3) Bob Reynolds 『 Can't Wait For Perfect 』 FSNT (2006年8月7日UP)
アーロン・ゴールドバーグ参加に惹かれて購入した新人サックス吹き手。これが予想外に僕の好みでした。ジョシュア系というか,ふにゃふにゃ,うねうねの掴み所のないフレーズを綴っていくスタイルですが,マーク・ターナーやジョシュア好きな人にはお薦めです。エリック・アレクサンダーやグラント・スチュアートなどの腰のすわった正統派好きにはお薦めできません。

4)Eli Degibri 『 Emotionally 』 FSNT (2006年9月18日UP
本作よりも2003年のデビュー盤 『 In The beginning 』の方が実は好きです。でも本作もなかなかですよ。あまり大きな声で賞賛してもみんなの賛同が得られなそうなので言いませんが,とっても,好きです。この感じ。

5)SF JAZZ (tenor: Joshua Redman ) 『 SFJZZ Collective 2 』 nonesuch (2006年3月28日UP
今年はジョシュアも新譜がなかったので,このSFJAZZでの演奏がジョシュアの今年のベスト・パフォーマンンスかな。最近発売になったサム・ヤエルの『 Truth an d Beauty 』でも吹いていたけど,やっぱりメインはヤエルのオルガンなので,ジョシュアは何となく控えめな感じでした。ソロ・パートも少なめだったし。でも,アルバムとしては凄くかっこよかったけどね。

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-198.html

2006/12/31 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

2006年極私的愛聴盤 ピアノ篇(1)

   ↑  2006/12/31 (日)  カテゴリー: best CD
2006年極私的愛聴盤 ピアノ篇(1)
今年も残すところ後6時間あまりなのに,慌てて今年の愛聴盤を棚から引っ張り出して並べてみました。

某ジャズ誌で高評価を得られるようなありきたりのベスト10ではなくて,ことし1年,実際に我が家のCDトレイに頻繁に乗った嘘偽りのない愛聴盤を,世間的評価を度外視して選盤してみました。厳密には今年に発売されたものではない作品も含まれますが,全て今年に購入したものです。まずはピアノ篇です。

左上から右下へ

1)Enrico Pieranunzi 『 Ballads 』 cam jazz
エンリコの数多くの作品中,最も柔らかく優しい彼の内面が表出した秀作です。録音も優れていて特にマーク・ジョンソンのベースが素晴らしい。高価な装置で聴いてみたい録音です。エンリコの入門盤としても最適かも。

2)Theo Saunders 『 Three For All 』 blue chip jazz
はじめに彼らの2枚組みライブ盤『 Live ! 』を聴いて惚れこみ,VENTO AZUL Records さんから本作も購入。切れのいいスウィング感,オリジナル曲の出来の良さなど,ピアノ・トリオ・ファンを唸らせるに十分な才能を持ったピアニストです。

3) Sai Ghose 『 Fingers and toes 』 summit records
DUの山本氏がジャズ批評No.133で紹介していた『 India Looking West 』共々,とっても楽しいB級名盤。この子供の足ジャケを真似して,我が家の息子の足を撮影した写真を以前アップしたのですが,よろしければこちらをどうぞ。

4)Paolo Di Sabatino 『 Paolo Di Sabatino 』 around jazz
サヴァティーノのアルバムではジョン・パティツーチ参加のトリオ盤『 Threeo 』も良かったけど,本作にはバティスタが参加しているのでつい手が伸びちゃう。ラテン・タッチの灼熱のハード・バップが気持ちいい。今年の夏は聴きまくった。2001年の録音なので新譜ではないです。

5) Jim Watson 『 The Loop 』 reese records
タイトル曲の《 The loop 》はもちろんチック・コリアのオリジナル。僕はこの曲がチックの曲の中では一番好きなのですが,この曲をカヴァーしているアルバムを見たことがありませんでした。チックの演奏が完璧なので,だれもカヴァーする勇気がないのでしょう。と,思っていたら,ジム・ワトソンというピアニストが大胆にもカヴァーしているではありませんか。はたして,洗練されていないちょっとドン臭い《 The loop 》に仕上がっちゃいましたが,なかなかの好演。アルバム全体としても緩急自在に巧みな技を随所に散りばめながら,しっかりした作風の快作に仕上げました。今後の活動にも期待したいですね。

6)Ivan Paduart 『 A Night In Tokyo 』 P.J.L.
パデュアの最新盤はGatsからの『 My French Heart 』ですが,フランスのヒット曲集という企画物で,個人的には今ひとつの出来でした。このBody&Soulでもライブ盤は彼のオリジナル美曲満載のパデュアを知るには恰好の名盤。ちゃんと《 Igor 》も入ってるし。この1曲で泣いてください。やっぱりパデュアはエエな~。

7) Jean-Philippe viret 『 L'indicible 』 atelier sawano
ベーシスト,ジャン・フィリップ・ヴェレのリーダー作で,ピアノはエドゥアール・フェルレ。ややアブストラクトで守備範囲外かと当初は思いましたが,聴き込むうちにツボにはまり,今では近年の澤野盤では一番のお気に入りです。澄んだ星空を見上げながら,ビール片手に聴いているとホント,幸せな気分になってきます。

8) 西山 瞳 『 I'm Missing You 』 自主制作盤(2006年11月7日UP
Spice of Life から今年発売になった『 Cubium 』よりも,この自主制作盤の方が好きになってしまいました。仕事のBGM, ベッドの中(もちろん眠る時ですけど),運転中,と今年一番聴いたピアノ・アルバムかもしれません。《 Passato 》に彼女の類稀なるメロディー・センスを感じます。超美麗歌。

9)Baptiste Trotignon 『 Flower Power 』 naive(2006年12月29日,30日UP)
昨日紹介したばかりですが,このところ毎日聴いているアルバムで,すっかりはまってます。やっぱりエルトン・ジョンの《 your song 》がベストですね。これ1曲だけでも聴いて欲しいな~。

10) Aaron Goldberg 『 Worlds 』 sunnysaide communications(2006年7月11日UP
アーロン・ゴールドバーグとしてはOMA Trioとしての作品の方が好みですが,まあ,本作もゴールドバーグの“静”の側面が窺える好盤です。

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-197.html

2006/12/31 | Comment (7) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。