雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

このページの記事目次 (カテゴリー: Progressive Rock

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Gentle Giant / Octopus

   ↑  2011/09/07 (水)  カテゴリー: Progressive Rock
GENTLE GIANT Octopus2Gentle Giant / Octopus ( amazon.co.jp )
1972 Vertigo

Gary Green ( g, perc )
Kerry Minnear ( key, vib, perc, cello, Moog, lvo )
Derek Shulman ( vo, as )
Philip Shulman ( sax, tp, mellophone, vo)
Raymond Shulman ( b, vl, g, perc, vo )
John Weathers ( ds, perc, xylophone )

刺身にしても、酢モノにしても、あるいはから揚げにしても美味しい日本人の大好物、ミズダコ。しかしその生涯の最後にとても切なく、そして感動的なドラマを孕んだ生き物だったのです。先日、息子にせがまれて映画館に観に行ったBBC製作の自然ドキュメンタリー映画 『 ライフ- いのちをつなぐ物語』でそのドラマが綴られていました。

ミズダコは生涯に一度だけ産卵をします。オスとの交接(精子を受け取る)後にメスは岩穴や岩礁の陰で産卵します。そして驚くことに孵化するまでの半年間、メスタコは何も食べずにひたすら新鮮な水を漏斗から送り込みながら卵を育てるのです。半年後、孵化して泳ぎ去っていく子供達を見届けながら、メスタコはその場でひっそりと一生を終えます。その稚タコを見つめるメスタコの目が、心なしか微笑んでいるようで美しい。

たかがタコ。されど、なんという究極の犠牲愛。タコの映像で目頭が熱くなるなんて予想もしていなかった。命をつないでいくこと、そのことこそが生物の唯一にして最大の使命、なんだということを、タコから教わった気がした。タコも僕ら人間も生きることの目的は一緒。この地球上に住む全ての生物の目的は子孫を残すことであり、親から受け継いだDNAを子供に受け渡すことなんだと改めて認識させられた。というか、おそらく、子を生み、命をつなぐことを最終目的としない生物は、自然に淘汰され、現在の地球上には生存していない、と考える方が自然かも知れない。

仕事に忙殺され、家に帰って飯食って、ひたすら寝て、朝起きてまた汗だくで仕事に励む。仕事のために生きているのか、それとも、生きるために仕事をしているのかわからないまま、毎日があっという間に過ぎていく。人生の目的なんて考える暇などないくらい慌ただしく日々が過ぎていくけど、ふと立ち止まって人生の目的を考えてみたとき、それはなにも出世することでも、デカイ家に住むことでも、大好きな音楽をたくさん聴きまくることでもなく、ただ一つ、子供を作り、育むことこそ、人生の唯一の目的であり、最大の喜びなんだと、このタコの姿をみて思った。

タコのDNAの最終章に、あんな劇的な儀式がプログラムされていたなんて、、、。あのミズタコははじめから知っていてたのだろうか。この数日間、そのことが頭から離れない。繰り返すけど、たかがタコなんですけどねぇ。息子のおかげでとってもイイ映画を観させてもらいました。この究極の親子愛はきっと息子の心の奥深くにも刻まれたことでしょう。

でもあれですな、この映画観ちゃうと、迂闊にタコ焼きも喰えなくなりますな。

gentle giant octopusということで、タコジャケの作品を一枚。真っ先に思いだされるのがこのジェントル・ジャイアントの1972年リリースのサード・アルバム『 Octopus 』 でしょうか。初期の作品のなかでは一番好きかな。ドラマーがこの作品からジョン・ウェザーズに交代しているんですが、そのことが功を奏しているように思えます。リズムが躍動的になり、またどんな複雑な変拍子やアンサンブルでもしっかりキマっています。管やバイオリンやビブラフォンなどの多彩な楽器編成とジャズや中世音楽のマナーを導入、唯一無比な不思議な音世界に聴き手を誘ってくれます。どの曲も短めでプログレ特有の長尺な曲は一曲もないけれど、アルバム総体としてやっぱりプログレ的なドラマ性、ストーリー展開が感じ取れる名盤だと、思います。

オリジナルのUKジャケは上掲のロジャー・ディーンのアートワークが採用されていますが、US盤では左のように瓶詰めタコのジャケに変更されています。僕個人的にはこのUS盤の方が好みですね。



33分00秒~35分54秒 : ミズダコのチャプターです。厳密には映画と違いますが、大体同じ内容です。

スポンサーサイト

FC2スレッドテーマ : ロック (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1497.html

2011/09/07 | Comment (0) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Yes / Fly from Here

   ↑  2011/08/19 (金)  カテゴリー: Progressive Rock
Yes_fly from hereYes / Fly from Here ( amazon.co.jp )
2011 Frontiers Records


Chris Squire ( Bass & Vocals )
Steave Howe ( Guitar & Vocals )
Alan White ( Drums )
Geoff Downes ( Keybords )
Benoit David ( Lead Vocals )



スタジオ盤としては2001年のオーケストラとの共演盤『 Magnification 』以来、10年ぶりとなるイエスの最新作。

常に離合集散を繰り返しながら40年のも長きに渡りサバイブしてきたイエス。好きだ嫌いだでくっ付いたり離れたり、そしてまた仲直りしてくっ付いたりして、もう人間関係ドロドロの面々だけに、今回の新作ではどんなメンバーが集結したのか、誰しもが気になるところですが、そのメンバーとは、クリス・スクワイア、アラン・ホワイト、スティーブ・ハウのオリジナルメンバーに加え、バグルズやエイジアのキーボーディスト、ジェフ・ダウンズが参加。プロデューサーにはこれまたバグルズ組からトレバー・ホーンが起用されたいわば『イエス』+『 バグルズ』の布陣。で、ボーカルには、クリス・スクワイアが Youtube を観ていてたまたま見つけたベノワ・デイヴィッドという新人が抜擢されています。

このベノワ・デイヴィッドという、ジャズファンが聞いたら吹き出しそうな名前のカナダ人の歌い手は、“ Close to Edge ” というイエスのモノマネバンドで歌っていた人らしいです。

プログレ・ファンならご察しの通り、メンバーはイエスの歴史の汚点とも云うべき80年リリースの『 Drama 』時と全く同じ。違いはボーカルがトレバー・ホーンからベノワ・デイヴィッドに代わっただけ。どうして今頃『 Drama 』の続編的な作品に拘泥するのかわかりませんが、あの『 Drama 』って当時、ファンから大顰蹙を買ったアルバムだったですよね。それまでのイエスのファンからはこんなのプログレじゃないし、ジョン・アンダーソンがいないイエスなんてイエスじゃないぞと罵られ、若い世代の音楽ファンからも時代遅れだとソッポを向かれたアルバムでした。元凶はトレバー・ホーン加入だということになり、ライブではステージにモノが飛んできたこともあるとかないとか。

僕個人的には決して悪いアルバムではないし、ちゃんとプログレ的な展開も見られる秀作だと今でも思っていますが、当時の評価はそうじゃなかった。そんなわけで、クリス・スクワイアにとっては『 Drama 』の不当な評価がず~と喉に刺さった小骨のように気になっていたのでしょう。

今では英国プロデューサー界の重鎮として各方面から高い評価を受けているトレバー・ホーンであっても、あの『 Drama 』で受けたトラウマは拭いきれず、いつかはあの屈辱を晴らしたいと思っていたのかもしれません。そのためにはメンバーもあの時と同じで制作しよう、ということになったのかな。ジョン・アンダーソンが喘息の悪化で入院したことをいいことに、クリス・スクワイアはアンダーソンに内緒で前述した新人ボーカルを加入させ、2008年ぐらいからツアーまでやっていたというじゃありませんか。アンダーソンもそりゃ怒るわな。ホント、この人たち、ミュージシャンとしては一流だけど、メンタリティはどうなの? これじゃまるで子供の喧嘩だね。多少の齟齬があっても大人なんだから我慢しなくちゃ。

それはさておき、肝心の内容ですが、メンバー構成から想像できるようにバグルス組のポップ感覚と70年代イエスの変拍子&複雑展開をうまく折衷したようなサウンドです。トレバー・ホーンらしく音響的には重厚で立体感がありますが、曲想のせいかどうもスピード感がなくキレもない。アルバムタイトルにもなっている24分にも及ぶ6部構成の組曲《 Fly From Here》は、トレヴァー&ジェフのバグルズ組が『 Drama 』用に用意していた曲《 We Can Fly From Here》がオリジナル。『 Drama 』のセッションでは演奏されましたが、アルバムには残念ながら収録されなかった。そんなこともあり今回は数分のオリジナル曲を24分にリアレンジしてリベンジ再演です。この曲も含め半分以上がバグルズ組の楽曲のため、トレヴァー&ジェフ主導のポップな仕上がりになってしまっているのが往年のイエスファンにとっては残念ですが、まあそこはマーケットをどうしても意識せざるを得ない彼らの置かれた厳しい状況を考えれば、百歩譲ってやむを得ないとしても、どうしても許せないのがベノワ・デイヴィッドという新人ボーカリスト。

イエスの肝は、ベースのクリス・スクワイア、ギターのスティーヴ・ハウ、そして “ YES of VOICE ” ことジョン・アンダーソンの3人だと個人的には思ってます。ドラムはアラン・ホワイトでなくてもいいし、キーボードだってリック・ウェイクマンじゃなくたってトニー・ケイだってパトリック・モラーツだって立派にイエス・サウンドは成立する。しかし、スクワイア、ハウ、アンダーソンの3人のうち一人でも欠けたらイエス・サウンドはあっけなく崩れてしまうし、イエス度数は激減する。特にアンダーソンの離脱したイエスなんて・・・。もうイエスとは別物です。まあ、世の中広しと言えど、アンダーソンの代役なんかそう簡単に見つからないでしょうが、それにしてもこのベノワ・デイヴィッドというボーカリストによって本作の魅力のかなりの部分をスポイルされているように思います。決してヘタではないのですが、胸にぐっと迫ってくるものが感じられない。高音域もアンダーソンにくらべちゃうとね~。だったら、トレヴァー・ホーンが自ら歌えばよかったのに!! なんで歌わなかったのだろう。もう高齢で高い声域が出ないのだろうか。そりゃそうだりょな、還暦過ぎているもんな。

そんな訳で、ネット上ではこの新作についてけっこう好意的な意見が体勢を占めているようですが、僕個人的には微妙な評価であります。少なくとも元となった『 Drama 』の方が好みですね。


フライ・フロム・ヒア【限定盤 SHM-CD+DVD】
マーキー・インコーポレイティドビクター アーチスト:イエス 価格:3,690円 評価:★★★★★

スペシャル・パッケージ (初回生産限定盤)
【SHM-CD + DVD】

2大特典
●ロジャー・ディーンのイラストによる ポスター(パッケージ封入)
●アルバム・メイキング映像を収録した ボーナスDVD付き

日本盤のみボーナストラック1曲収録



Fly from Here
Frontiers Records アーチスト:Yes 価格:6,168円 評価:★★★★★

Limited box set includes CD, DVD, vinyl LP, large T-shirt, lithograph and poster. 2011 album from the Progressive Rock legends. Mixing the best elements of their '70s and '80s work, Fly From Here is an excellent return to form for the band. Longtime band members Chris Squire, Steve Howe and Alan White are joined by former keyboardist (and Asia/Buggles member) Geoff Downes and new vocalist Benoit David. Produced by Trevor Horn.


FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1479.html

2011/08/19 | Comment (4) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

PROGRESSIVE ROCK FES 2011 AUG 28th @ 日比谷野外音楽堂

   ↑  2011/07/12 (火)  カテゴリー: Progressive Rock
Progressive Rock Fes 2011プログレッシヴ・ロックの祭典 ~美しき旋律の饗宴~再びめくるめく音世界へ!!~
■日時:2011年8月28日(日)
■会場:日比谷野外大音楽堂
■OPEN:15:00 / START:16:00
前売:12,000円(税込)/当日:12,500円(税込) 全席指定 ※雨天決行
出演:カンサス / ウィッシュボーン・アッシュ / PFM


昨年に続き今年も日比谷野音で“ プログレシッヴ・ロック・フェスティバル”が開催されることになりました。嬉しいですねぇ。クラブチッタ様、それからストレンジ・デイズ様方のおかげです。感謝多々。昨年は行けなかったのですが、今年は大丈夫。既にチケットも手に入れ、今からワクワクしています。なにしろカンサスが来るんですから。死ぬまでに一度は生で観ておきたいバンドの一つだったので、めちゃくちゃ嬉しいです。

今年の出演者は、PFM、ウィッシュボーン・アッシュ、、そしてカンサスと、伊英米のプログレ・バンドが結集です。

それにしても、ウィッシュボーン・アッシュってプログレだったんだ~、とはじめて知りました。ホントに?僕も初期の三作品ぐらいしか聴いたことがないけど、プログレ的要素は見出せないなぁ。かろうじてデビュー作 『 Wishbone Ash 』 が多少インストパートがプログレしてるけど・・・。

名盤と評されている『 Argus ( 邦題:百眼の巨人アーガス ) 』 だって凄くイイ作品だとは思うし、昔は散々聴きまくったアルバムだけど、一度もプログレと思って聴いたことがなかった。

まあ、楽しみは楽しみだけど、ちょっとフェスの主旨からは外れているような、そんな気がしますね。僕個人的には、ウィッシュボーン・アッシュの代わりに YES でも出演してくれれば3マン出しても聴いてみたかったけどね。

PFM のライブを観るのは2002年以来だから10年ぶりになるな。PFMは70年代前半がベストで、その後のPFMはどうもしっくりこないし、2002年の時も懐かしさに胸が熱くなっただけで、演奏自体にはあまり感激はしなかったな。

でもまあ、カンサスもPFMも僕の青春そのものだったから、実際観たらきっと涙腺緩むんだろうなぁ。

人は10代に聴いた音楽を一生聴き続ける、って言うけれど、確かにそうだと思うよ。PFMなんか今、初めて聴いたとしたら絶対ゴミだと思っちゃうだろうな。感受性の塊のようなあの頃だからこそ感動できた、っていうことってあるよね。

関係ないけど、日比谷野音って、客席の傾斜が少ないから前の人の頭でステージがちょっと遮られちゃうでしょ。あれが嫌でねぇ。やっぱりみんな立って観るのかな?猛暑の中、3時間以上、立ちっぱなしは中年にはきついだろうな。それから夏の野音って蚊がいっぱいいるんだよね。



kansas_LeftovertureKansas / Leftoverture ( 永遠の序曲 ) ( amazon.co.jp )

1976 Kirshner

《 Carry On Wayward Son 》

全米アルバムチャート5位までいった1976年リリースの4作目。シングルカットされた 《 Carry On Wayward Son 》 はチャートで11位。難解さがウリの欧州プログレとは異なり、とっても平易でメロデックな作品。彼らの最高傑作と賞賛されている。僕は本作とその後にリリースされた2枚組ライブアルバム 『 Two For The Show 』 が大好きだった。

FC2スレッドテーマ : ロック (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1462.html

2011/07/12 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Kenso / 夢の丘 YUME NO OKA

   ↑  2009/12/17 (木)  カテゴリー: Progressive Rock

KENSO _yume no oka 




ジャパニーズ・プログレという極めてニッチな市場において、30年以上にもわたり活躍し続けている伝説のバンド、Kenso の1991年にリリースされた第5作目。1989年制作の名盤 『 SPARTA 』 が今年の夏にリマスター盤 『 SPARTA-NAKED 』 として再発されたのも記憶に新しいところだが、彼らの全活動を俯瞰してみた場合、やっぱりこの 『夢の丘 』 あたりが絶頂期だったように思えてならない。

ジャパニーズ・プログレと一言でいってもその音楽性は様々で、インストルメンタル・ヘヴィメタルのようなハードなものから、ジャズ・フュージョンとほとんど区別できないようなポップなものまであり、そのスタイルの多様性はひとつのジャンルに括って論じるには時に困難な場合も多い。

その “ ジャパグレ ” の中にあってジャズとプログレの汽水領域とも云えるフィールドで活躍してきたのが、ギタリストの清水義央が中心になって結成された Kenso だ。清水氏は現役の歯科医であり、アルバム制作やライブは仕事の合間に行っている。そのためライブも滅多に行わないし、アルバム制作も30年間で8作品と、決して多くはない。逆の見方をすれば、歯科医師としての経済的支柱があったからこそ、ここまで音楽活動を続けてこれたとも云えるのだが。

この 『 夢の丘 』 は誰もが認める彼らの最高傑作である。曲単体として見た場合、他のアルバムにもっと出来のいい曲がたくさんあると思うが、アルバム総体としてみると、この作品のコンセプチュアルなドラマ性、神秘性は群を抜いて素晴らしい。

霧煙る薄暗い高原を、草を求めてゆっくり移動していく羊たちの群れ。遠くに目を移すと霧越しに遊牧民のシルエットが浮かび上がる。モンゴルだろうか。それともトルコだろうか。アートワークに描かれた幽玄で幻想的なこの風景こそ、彼らが表現したい世界なのだろうか。本作を聴いていると次々と行ったこともない土地の風景が頭の中でフラッシュバックのように浮かんでは消える。

いかに多くのヴィジュアル・イメージを聴き手の脳内に投影できるか、それこそがプログレの本命題であると思うのだが、本作はその命題に対して真っ向から追求した傑作だと信じる。

おそらく清水は多忙な診療の合間を縫って、少しづつ楽曲を作り上げていったのであろう。その緻密な創作活動は膨大な時間を要したに違いない。そして出来上がった楽曲たちはジャズ、クラシック、民族音楽などの多様な要素を縦横に混ざり合わせて作られた実に精巧な感触を聴き手に与える。

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-538.html

2009/12/17 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。