雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

このページの記事目次 (カテゴリー: Apple

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

アップルが 『 iTunes からの特別な発表 』 を事前告知 ! 日本時間11月17日午前0時に発表

   ↑  2010/11/16 (火)  カテゴリー: Apple
itunes 特別発表告知2

本日、アップルの公式サイトならびにiTunesの トップページを開くと、『 明日、いつもと同じ日が、忘れられない一日となります。iTunes からの特別な発表を、明日ここで行います。お見逃しなく。』という事前告知が表示されるようになりました。大変興味をひかれる思わせぶりなコピーで、すでにネット上では色々な憶測が飛び交っているようです。

以前から噂にあったクラウド型の配信事業が開始されるのではないかとか、ソニー ( SME ) の楽曲配信が始まるのではとか、さらには話が大きくなってソニーを買収したのでは、とか、いろいろ。定額性配信の話もありますね。

僕個人的には “ サブスクリプション型のストリーミング音楽配信 ” という予想に一票投じたいところですが、まああり得ないだろうなぁ。先日お話にでた日本初のサブスクリプション型音楽配信サービスとして登場した ナップスターが4年半という短命に終わってしまったわけですが、あれ、すごく便利だったのですけどね。最近はかなりの部分で音楽はノン・パッケージでいいや、みたいな感じに僕はなってきたので、定額性で湯水のごとく洋楽を聴けるナップスターのようなサービスを アップルがやってくれれば、言うことないのです。

というわけで、今日は朝からいろいろ妄想しながら仕事していたのですが、そうしているうちにかなり信憑性の高い情報が入ってきました。

やはり “ ビートルズの楽曲がiTunesで販売開始される ” というのが本当のようです。


Apple Finally Snares Beatles ( The Wall Street Journal, Nov.16, 2010 )

The Beatles reportedly coming to iTunes: Do you care? ( Los Angeles Times, Nov.15, 2010 )


でもね、盛り上がってるところに水を差すようで申し訳ないのですが、ビートルズの楽曲が itunes Store で買えるようになることがそんなに嬉しいことなのでしょうかね。僕なんか既にヴァイナル盤からリマスターされていない初期のCDから最近のリマスター盤などなど、あれやこれやの手口で散々散財させられてきた世代なので、いまさら何言ってんの、みたいな気持ちがしますけど。


Are the Beatles on iTunes a big deal02

EMI もこれ以上は流石にパッケージでビートルズを売るのは無理、と判断したのでしょうね。 破竹の勢いをみせるアップルに便乗して最後のしぼり汁を売り切ってしまおう、とするシタタカなEMI 側の思惑が見え見えです。

というわけで、個人的にはあまり興味のない話なのですが、よい意味で予想を裏切るビックサプライズがあることを期待しつつ、今晩午前零時を待つことにしよう。


11月17日 0時21分追記 : やっぱり予想範囲内の発表でした。サプライズはありませんね。しかもダウンロード価格はアルバム一枚2000円と通常よりも高めに設定。先日最新リマスターで再発された『 赤盤 』『 青盤 』なんてそれぞれ3000円。CDならその半値で買えるのに。誰が買うんだろう、こんなの。



itunes beatles2


Clip to Evernote
スポンサーサイト

FC2スレッドテーマ : Mac (ジャンル : コンピュータ

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1400.html

2010/11/16 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

新しい“ MacBook Air 11-inch ” を衝動買い (2)

   ↑  2010/10/27 (水)  カテゴリー: Apple
Macbook Air+NEX5_01


その容姿の美しさに惚れ込んで付き合ってみたら、思いのほか中身も魅力的でますます好きになってしまった、みたいな恋愛感情に似たものを、この新生 MacBook Air には感じてしまいました。薄くて軽量、アルミ削り出しの美しい外装にばかり目がいってしまう MacBook Air ですが、実際に使用してみるとスペックから想像するよりも遥かに快適に動いてくれます。やはりSSDの恩恵は計り知れないものがありますね。これからのPCはすべて、このような光学ドライブレスのSSDストレージ搭載マシンへ移行していくのでしょうか。HDDや光学ドライブが過去の遺産となる日もそう遠くはないでしょう。


僕が買った Core 2 DUo 1.4GHz の MacBook Air 11インチモデルですら快適なのですから、1.86GHzの13インチモデルならどのくらいのパフォーマンスを発揮してくれるのか、興味があるところですが、すでに Macworld『 11-and 13-inch MacBook Air ( Late 2010 ) 』 と題した記事で、旧MacBook Air とベンチマークを比較検討しています。

MacBook Air Apeedmark Macworld03.jpg

このテストによると、新型 13-inch 1.86GHz の Air は、2.4GHz の旧( Mid 2010 ) Air に匹敵するパフォーマンスをたたきだしています。新型 11-inch 1.86GHz の Air だって、旧 ( Mid 2009 ) Air を遥かに凌ぐスピードです。

Dark局長さんのブログ『 Apple NOIR 』 でも、 『 新旧MacBook Airの起動速度ほかを比較 』 と題したエントリーの中で、旧 ( Mid 2009 ) Air と新( Late 2010 ) Air の起動速度の比較をされていらっしゃいますが、そこでもやはり新型の方が旧型よりも10秒ほど速い、という結論を得ているようです。


FC2スレッドテーマ : Mac (ジャンル : コンピュータ

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1387.html

2010/10/27 | Comment (6) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

新しい“ MacBook Air 11-inch ” を衝動買い

   ↑  2010/10/26 (火)  カテゴリー: Apple
MacBook Air keyboard photo02のコピー

日本時間10月21日 AM 2:00 から行われた Apple のスペシャルイベント "Back to the Mac" で、予てから噂にあった MacBook Air の新製品が披露されました。削り出しのアルミ外装の美しさと未来的なフォルムに以前から強く惹かれながらも、発熱問題やバッテリー問題などで今一歩、購入に踏み切れないでいたのですが、今回の新作ではついに11インチサイズの MacBook Air がラインナップに加わったことで、購買欲が抑えきれなくなり、思わず発売翌日に買ってしまいました。それにしても Mac を使うのは久しぶりです。iPad やiPod を別に知れば、最後に Mac を買ったのは iBook G4 以来だから実に6年ぶりということになります。

購入したのは 11inch 128G SSD モデル。10万8800円。RAMメモリは2GB ですが、購入時に4GB までアップグレードできます。僕は「メモリぐらい足りなければあとで付け足しすればいいや」ぐらいの気軽な気持ちでデフォルトの2GBで購入してしまったのですが、あとでGIZMODO の記事 『 MacBook Air 分解速報レポート 』 を読んで愕然。なんとRAMメモリーはロジックボードに半田付けされていて、購入後の個人でのアップグレードは不可能とのこと。「迷わず最初から4GBで購入しておくとこをお薦めしますよ~」ですって。僕は全然迷わず2GBで買ってしまった(-_-;)

既にネット上ではこの新製品の話題で持ち切りですが、いわゆる Apple Addict さん達の間では、評価はしながらもいくつかの理由で今回は静観姿勢をとっている方も多いようです。その理由としては、
1) バッテリーの短さ。最大5時間、実質3時間程度。
2) クロック数が11inchモデルで 1.4GHz。13inchモデルでも 1.86GHz と、いずれも非力。
3) SSDの容量不足。せめて256GB は欲しい。

などなど。アップル関連のブログを運営しているような熱心なアップル・ファンには確かに今回の新作は思った以上のサプライズはなかったのかもしれません。でもまあ、僕のような素人には十分すぎるスペックです。クロック数も1.4GHz の割にはサクサク働いてくれるし、11inchというサイズも、仕事場をあちこち移動しながら、隙間時間でテキストを作成したり、ネットを閲覧するぐらいにしか使わない僕としてはちょうど良いサイズ。で、なによりも薄くて美しいフォルムと質感は僕の所有欲を十分満たしてくれます。このアルミボディの冷やりとした質感は思わず頬ずりしたくなるほどです。もしかして触覚フェチかも。

今回のリビジョンで大きく変更されたのがその記憶媒体。従来のHDD から全てSSD へ変更されています。11inch モデルではプラス2万円でSSD 64GB から128GBにアップグレードできるオプションがあります。データは Dropbox や Evernote などのクラウド側に預けるとしても、流石に64GBじゃブートキャンプも厳しそうなので、ここはケチらず128GBにしました。それにしてもこのSSDっていうやつ(厳密にはフラッシュストレージと言って、SSDではないらしい)の速さと静かさには感動しました。

起動するのに約10秒ぐらいですぜ。僕の自宅のメインマシン( Windows Vista ) など起動に5分近くもかかるというのに。もうこれだけで買って良かったって思っちゃいますね。しかも、当たり前だけどディスクの回転音がしないから、全くの無音稼働。冷却ファンも小さいのが付いているようですが、まったく回っている気配がありません。フラッシュを見ていても至って静かだし、さらには若干心配していた発熱も僅かです。

フラッシュ ( Adobe の Flash のことね)といえば、この 新型 MacBook Air で初めてフラッシュ動画を含んだサイトにアクセスしたところ、なんとフラッシュ動画があるべきスペースに無常にも「プラグインがありません」の文字が。 iPhone や iPod Touch それから iPad にはフラッシュプレーヤーが搭載されていないことは事前にわかっていたから驚かなかったけど、今回は予想していなかっただけに一瞬ドキッとした。まさか MacBook ではもうフラッシュが見られないのか?ジョブスと Adobe の確執も遂にここまで来たか!! で、恐る恐る Adobe のサイトに行ってフラッシュプレーヤーをダウンロードしたら、ちゃんとフラッシュは再生可能でした。せめて「 フラッシュプレーヤーをダウンロードしますか?」ぐらいの誘導が欲しかったなぁ。




だらだらと明日に続く...





FC2スレッドテーマ : Mac (ジャンル : コンピュータ

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1386.html

2010/10/26 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。