雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

このページの記事目次 (カテゴリー: daily

total 2 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

今日は息子の5歳の誕生日

   ↑  2010/04/23 (金)  カテゴリー: daily
    5歳誕生日0 5歳誕生日04 
    5歳誕生日05 5歳誕生日01  



息子よ。今日は君の5歳の誕生日だね。
ついこの間まで床の上を這って歩いていたのに
あっという間に大きくなって、顔つきまで大人っぽくなってしまって。
日々成長していく君を見ているのは僕にとっては何よりの喜びだけれども、
お願いだから、もう少しゆっくり、大きくなっていってね。
そして、楽しい思い出をたくさん作ろうね。
  
                             パパより
スポンサーサイト

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1311.html

2010/04/23 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

石丸電気 ソフトジャズ&クラシック店 4月4日で閉店

   ↑  2010/03/17 (水)  カテゴリー: daily

石丸閉店


今日、帰宅したらイシマルから閉店セールのDMが届いていました。

今年1月31日にはイシマルの 『 買取本舗 』 が閉店し、2月にはハイエンドオーディオの専門店 『 レフィーノ・アンド・アローネ 』 が閉店していたので、もしかして 『 ソフト館 』 も閉店、あるいは統合されるのではと心配していたのですが、やっぱり閉店してしました。


『 レフィーノ・アンド・アローネ 』 は、妻と一緒に一回だけ入ったことがあったけど、僕には関係のない世界だとすぐ悟り、以後、二度と足を踏み入れることはなかったなぁ。でもまあ、こんなこと云うと関係者に怒られそうだけど、 『 レフィーノ・アンド・アローネ 』 が潰れて、僕個人的にはホッとしています。500万も1000万もするスピーカーをホイホイ買い換えるオーディオ・マニアがたくさんいて、あの店が繁盛するようじゃ、困るでしょ、やっぱり。

結局、アフォーレだか、レフィーオだか、レフィーネだか知らないが、店名を覚えられないまま閉店か。

近年、CDが売れないって問題になっているけど、イシマルのソフト館の閉店、店舗統合などというニュースを聞くと、やっぱり売れていないんだな~と、あらためて実感します。ジーンズが880円で買える時代にCD一枚3000円なんて、やっぱり高いんですよね。どうしても聴きたいという作品も昔に比べて少なくなっているし。

安くしたら優秀なミュージシャンが育たない、と反論する方もいますが、CDが高かろうが、安かろうが、結局はミュージシャンの懐に入る印税なんて1%ぐらいだから、同じ。殆どの利益をJASRAC とレコード会社 が剥奪しているという構造を根本的に変えない限り、CDは売れないのでしょうね。



考えてみたら、今年に入って石丸でCDを買ったのは1回だけです。近年、石丸のジャズのフロアの品揃えがどうもおかしかったのです。Moonks 本に掲載されいてるCDのコーナーとか、寺島本掲載CDコーナー、あるいは、ジャズ批評の特集別のコーナーなど、まあ僕にはどうでもいいようなカテゴリー分けをして陳列しているので、肝心の欲しいCDがみつけにくい。しかも白人女性ボーカルに不気味なくらい力を入れだしたりして・・・。

しかも、以前は5階が国内盤、6階が輸入盤と分けていたのが、最近は楽器別にフロアを分け出して、いっそう商品を探しにくくなって、自然と足が遠のいていました。

そんなわけで、最近はもっぱらHMVのマルチを利用してCDを買うことが多くなりました。HMVやamazonに慣れちゃうと、わざわざDUや石丸に行って買うのが億劫になりますしね。しかも、DU とHMVだと、一枚で400円も500円も値段が違うから、忙しいなか、わざわざお茶の水まで行って高いCD買うのがばかばかしくなってきていまっています。

そんな訳で、CDはお店で買うのではなくネットで買う、という消費行動は必ずしも僕だけに限ったことではなく、世の中全体の流れとみてよいのでしょうね。

で、このDMをよ~く見ると、老眼鏡をかけないと見えないくらい小さい字で、

「閉店セール開始以降は、エディオンカードのポイント付与は中止させていただきます。」

とあります!! こんな大切なこともっとデカイ字で書いてくれよ~っ。

それにしても、石丸の唯一のアドヴァンテージだった「 国内盤10%ポイント」がなくなるんじゃ、もう石丸で買う理由が完全になくなったな。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1274.html

2010/03/17 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

アクセス数

   ↑  2010/03/13 (土)  カテゴリー: daily
b log 77777今日、午後9時8分、ユニーク・アクセス数が77777に達しました。別にどうでもいいことだけど、おそらく777777はないだろうから、7が揃うのはこれが最後だと思うのでスクリーンショットを撮ってみました。
これからもどうかよろしく。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1271.html

2010/03/13 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

新年あけましておめでとうございます

   ↑  2010/01/01 (金)  カテゴリー: daily

2010年賀状ブログ用


ELP  《 Twilight 》


ブログ用に年賀状を作ったのはいいけれど、これじゃ字が読みにくいですね(T_T)
しかも、Power Point によるプレゼンテーション画像みたくてカッコ悪いし(ToT)

というわけで、あらためて

あけましておめでとうごございます。

昨年中は拙ブログへのご訪問、ありがとうございました。
素敵なブログ友達に恵まれ、楽しい一年を過ごすことができました。

旧ブログ 『 雨の日にはJAZZを聴きながら 』 から引越して一年、
最近ではアクセス数が一日約200人、約600ページビューまで
順調に増えてきました。
これもひとえに皆様のおかげと感謝しております。
しかしながら、いまだに旧ブログへの訪問者数のほうが多いのは
少しばかり頭が痛いところではあります。

ジャズの新譜を話題にするというニッチなブログゆえ、
それほどアクセス数には期待はしてはいませんが、
増えると純粋に嬉しいものです。
                        
今年もマイペースで更新していこうと思っています。
そして、何かしらの共感を抱いていただける皆様と心が通じ合い、
ジャズの輪が広がっていければと思っています。

どうか今年もよろしくお付き合いのほど、お願いいたします。

                       平成22年1月1日  

新年早々、嫌な話で申し訳ないのですが、4日ほどまえに前の職場の同僚が突然、自殺してししまいまして、昨日はかなり僕自身も動揺し、大変でした。僕らの医療業界も最近は世間からの風当たりが強く、よほどのメンタリティーが維持できないとやっていけない時代になってしまいました。僕の弟は産婦人科医なのですが、昨年、若い同僚を自殺で失っていると聞きました。僕の同僚もまだ30代ですから、これからまだまだ可能性があるはずだったのに、惜しいです。

そんなこんなで、結局昨日はブログの更新どころではなかったのです。まだ2009年の愛聴盤シリーズが続くはずなのですが・・・。

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-557.html

2010/01/01 | Comment (10) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ありのみコースの紅葉

   ↑  2009/10/25 (日)  カテゴリー: daily

 091024_ありのみ_紅葉01   



091024_ありのみ_紅葉03

 

  昨日、千葉県市川市にあるフィールドアスレチック施設、ありのみコースに家族で遊びにいってきました。ロープと木材で作られた本格的な遊具がたくさんあり、けっこう大人も楽しめます。小高い丘の上にあるちびっこ広場にはトンネル滑り台や回転するシーソーなどあって、最低、半日は飽きずに遊べます。あいにく夕方から雨が降ってきたため帰ってきましたが、子供はまだまだ遊び足りないようでした。

久しぶりの自然公園散策だったので、デジイチを持って出かけたのですが、木々の葉は淡く色づき始めたばかりで、まだまだ鮮やかな紅葉とはいきませんでした。そんな中、赤く色づいた楓をみつけシャッターを切ってみました。今月末ぐらいになるともっと綺麗なんだろうな~。

このアスレチック施設の周辺には、栗拾いや梨狩り、それからタケノコ狩りやイモ掘りまでさせてくれる農家があるようなので、今度はそちらを楽しみに行きたいと思います。

ここは都心から高速を使わずに一時間たらずで行けるので大変便利ですしね。

FC2スレッドテーマ : 写真日記 (ジャンル : 日記

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-497.html

2009/10/25 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

休日はキッザニア東京

   ↑  2009/10/05 (月)  カテゴリー: daily

先週の土曜日、ららぽーと豊洲内にある 《 kidzania 》 に行ってきました。

僕ら家族にとっては初めてのキッザニアです。以前からずっと行きたいと思っていたのですが、子供がある程度大きくなって、仕事の意味や楽しさを理解できないと行っても面白くないと聞いていたので、今まで我慢していたのです。 

091003_キッザニア_kaburimono2 キッザニアとは子供が様々な仕事を疑似体験できるテーマパークです。

消防署、警察、クロネコ宅急便、モスバーガー屋さん、ガソリンスタンド、レンタカー屋さん、病院、歯科医院、などなど、実に50以上ものパビリオンが体験できます。

はじめは子供騙しのアトラクションぐらいにしか思っていなかったのですが、これが実に面白くて、子供はもちろん興奮しっぱなしだし、僕ら大人も笑いっぱなしの半日でした。

僕らは午後4時から9時までの5時間のコースだったのですが、その時間内に、消防士、歯科医師、

セールスドライバー(宅急便)、キッチンスタッフ(モスバーガー)、医師、パイロット、建設作業員の、計7つのパビリオンを回るとこができました。

待ち時間はすべて30分以内だったので助かりました。知人から1時間ぐらいは覚悟したほうがいいよ、って言われていたので、土曜日のわりには空いていたのかも。インフルエンザの影響もあるのかな?

091003_キッザニア_dental3  基本的に親はブースの中にははいれません。たとえば右の写真は歯科医に扮しているわが子ですが、この姿はガラス越しにしか見ることができないのです。

子供は親から離れ、一人で仕事に励むわけです。ダミーの人形の口の中に器具を入れて何をしているのかわかりませんが、普段は決して見ることのないわが子の真剣な眼差しに感動し、胸が熱くなります。

スタッフは、相手が子供だからといって手加減はしません。厳しい表情で仕事の内容を説明し、きびきびと行動させます。使う言葉もわざと難しい専門用語を使っているそうです。そのほうが子供達は真剣に耳を傾けるそうです。

僕が一番すごいなぁと感心したパビリオンは病院でした。僕が外科医をやっているのは子供ながらぼんやりと理解しているようで、その影響か知りませんが、「手術がしたい」と言い出し、一人でパビリオンの中に入って行きました。

091003_キッザニア_surgery2 

この手術室、なんだと思ったら、なんと腹腔鏡下胆嚢摘出術( 通称ラパコレ ) のシュミレートをしているところだったのです。

いや~、これは本格的です。驚きました。

おなかを切らずに、そのかわり3箇所ないしは4箇所から穴をあけて、そこを通してマジックハンドみたいな鉗子を使って胆嚢をとるわけです。

左の写真に写っている装置がそのシュミレーターで、正確には Virtual Endoscopic Surgery System  ( 略して VESS ) と云って、腹腔鏡などを用いた外科手術における医師の技術習得および向上の目的で、主に研修施設で使われているシステムです。

現在は多くの会社が製品化しています。よく外科系の学会にいくと、メーカーのブースでデモンストレーションをやっているのを見かけます。それと全く同じ本物を使用しているのです。お金かかってます。

おそらく数百万円するはずです。どこの製品かはわかりませんでしたが、ジョンソン・エンド・ジョンソンが協賛していたので、Lap Mentor という製品かもしれません。

うちの子も看護師さんの手助けなしに鉗子をうまく使って胆嚢を切除することができていたところをみると、このシステムは子供用にかなり易しくチューニングされてたのでしょうね。

091003_キッザニア_sonny2 
うちの子は嫌がってやらなかったのですが、ソニーが協賛しているフォトスタジオでは、なんと子供達に一眼レフを渡して、施設内で自由に写真に撮ってくる、というお仕事をさせてました。

子供は危なっかしい手つきで、体には不釣り合いな大きなSLRを抱えて駆けずりまわっていました。

転んだら一発でお釈迦になってしまうようなSLRを子供たちに預けちゃうなんて、ソニーって、なんと太っ腹なメーカーなのでしょう。

撮った写真は最後にナイスショットを自分で選択しプリントしてもらえるようです。


091003_キッザニア_street2 
そんなわけで、とっても楽しいキッザニアでした。半日でやっと7パビリオンですから、まだ体験していない仕事が40以上あるわけで、こりゃ、リピーターが増えるわけですね。

ディズニー・ランドも我が家は年に3、4回のペースで通ってますが、このキッザニアもこれから繰り返し通い詰めることになりそうです。

子供がいなくてもディズニは行けるけど、キッザニアは子供が小さいうちしか行けないので、この時期に思いっきり遊んでおこうと思います。



キッザニアで遊んでいたら、理由はわからないけど、久しぶりに岡村靖幸を聴きたくなってしまった。『 家庭教師 』 のジャケットの中央に描かれている子供の顔が、わが子にすごく似ているな~と思いながら、20年近くも前に買い集めた岡村のCDを聴きまくっています。

okamura yasuyuki kateikyoushi 
岡村って、ホント、才能豊かなミュージシャンなのに、麻薬で人生を棒に振ったことは実に悲しいことです。


最近の彼の動向はわかりませんが、今も収監されているのでしょうか。

3度目の逮捕で、今回も実刑くらってますからね。

今、あらためて聴いてみると、歌詞が当時から相当危なかったですものね。麻薬で逮捕された時は、やっぱりな~、と誰しも思ったんじゃないかな。

でも、だからと云って、彼の音楽の価値がそのことで左右されるわけでは決してないのですが。



 
 





FC2スレッドテーマ : 写真日記 (ジャンル : 日記

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-488.html

2009/10/05 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

セブ島滞在日記 2日目

   ↑  2009/09/22 (火)  カテゴリー: daily
090921_Sebu island 312_blog8

090921_Sebu island 312_blog9

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-479.html

2009/09/22 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

セブ島滞在日記

   ↑  2009/09/22 (火)  カテゴリー: daily
結婚式に一緒に参列した友人家族といっしょに、昨日からセブ島に来ています。セブ島はマニラから560キロほど南にある島で、飛行機で約1時間。世界的に有名なリゾート地です。正確にはセブ島と橋でつながっている小さな島、マクタン島に来ています。空港もこの島にあり、アクセスが良いため、セブ島本島よりもリゾート施設が豊富です。


090921_Sebu island 312_blog1

僕らが泊まっているのはシャングリラ・ホテル。ヒルトンとならび人気のあるホテルです。広大な敷地内にあらゆるレジャー施設が設けられています。でも、子供たちもまだ小さいので、結局は施設を利用しきれず、一日中、プールサイドか、浜辺で子供と遊んでいるだけですけどね。

090921_Sebu island 312_blog2

090921_Sebu island 312_blog3


090921_Sebu island 272_blog4

ホテルのプライベートビーチの浅瀬で遊んでいると、たくさんの魚が寄ってきます。現地の人の話では、毎日早朝、スタッフの方々が餌付けをしているので魚たちも人に慣れているそうです。この写真は崖の上から望遠 ( 270mm )で撮っています。偏向フィルター ( PL filter ) を使っているので、水面の反射が少なく、魚がよく見えています。こんな便利なフィルターがあるなんて、つい先日まで知らなかった。

090921_Sebu island 293_blog5

浜辺に咲いていた花も撮ってみました。まだマクロレンズを持っていないので、ズームレンズの望遠側で被写体に近づいて撮ってます。手持ちの上、風も強く、うまく撮れませんでした。絶対、マクロレンズが欲しい! 東京に戻ったら妻に内緒で買っちゃおう。

090921_Sebu island 272_blog6

シャングリラ・ホテル内にあるバイキングのお店です。この写真はデザート・コーナーの一角ですが、ここだけ見てもすごいでしょ。非常に品揃えが豊富ですが、味はちょっと微妙な感じ。若い日本人女性が群がっていました。

090921_Sebu island 312_blog7

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-478.html

2009/09/22 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

マニラ滞在日記

   ↑  2009/09/20 (日)  カテゴリー: daily
こちらの結婚式での参列者の衣装はある程度決められているようです。妻も私も事前に現地のスタッフによって仕立てられた衣装を着て参列しました。男はズボンは黒のスーツのそれを流用できるのですが、上着はスケスケの刺繍入りの白いカラード・シャツを着なければなりません。女性は赤いドレスを着せられます。ドレスといっても数千円で作ってくれるので安っぽいです。日本では着れそうにもありません。

そんなわけで、うちの家内の登場です。あまりはっきりした写真ですと、なにかとまずいので、ちょっとうつむいたピンボケ写真をアップしてみました。

090920_philippine wedding1 
メイクアップも現地の方にお願いしたのですが、おもいっきりフィリピンパブのおねえちゃん風にさせられ、本人はちょっと不満のようです。バブル期に流行った工藤静香みたいで笑っちゃいますが、個人的には嫌いではありません。


結婚式はマニラ市内のサン・アグスチン教会 ( San Agustin Church ) 教会で行われました。

090920_philippine wedding3
1606年に完成したフィリピン最古の石造りの教会だそうです。19世紀の水晶製のシャンデリアや趣向を凝らした祭壇、18世紀のパイプオルガンなどがあります。日本の教会でやる形だけの結婚式ではなく、本当にカトリック信者が集い、真剣にお祝いする儀式なので、かなり時間がかかりました。そのうえ、35度を越える暑さと高い湿度でもうグタグタ。子供は耐え切れず騒ぎ出すし、大変でした。

ちなみに写真にみられるお客のうち、手前に座っている私服の人々は、結婚する二人にまったく関係のない、普通の町の人々らしいです。フィリピンでは知人でも身内でもない人の結婚式にも参列する習慣があるとのことです。買い物帰りのおばさんや、雨宿り目的で ( 式の途中でいきなりの雨がありました ) 立ち寄る人々などが、ごく当たり前のように席について、結婚する二人を祝福しているのです。真摯なカトリック信者達だからこそ、自然にできる行為なのでしょうね。

090920_philippine wedding2

そんなわけで、ひと仕事終わり、明日はやっとお楽しみのセブ島に発ちます。早朝5時起きです。ではまた明日。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-477.html

2009/09/20 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

マニラに来ています

   ↑  2009/09/20 (日)  カテゴリー: daily
昨日は夕方まで仕事をして、夜の便でマニラに飛んできました。けっこうハードスケジュールです。今日はこれから知人の結婚式に出席します。マニラ市内の世界遺産に指定されている有名な教会だそうです。

こちらでは、結婚式の参列者は全員、同じ衣装を着せられるんですね。妻もまるでバブル期の工藤静香みたいな衣装と化粧をさせられ、笑わせてくれました。あとでアップしますね。妻も30代後半に突入し、近年、経年劣化が激しいので、わざとピンボケ失敗写真をアップしますね。


090920_philippine pan pacific4
妻に止められましたが危険を犯してプールの中にデジイチを持ち込み撮影しました。単焦点レンズ Canon EF50mm/f1.8 でシャッタースピード1/1000で撮影してみました。


090920_philippine pan pacific3
ビールを飲みながらプールサイドのジャグジーでくつろぐのが大好きな親父です。

090920_philippine pan pacific1

090920_philippine pan pacific2

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-476.html

2009/09/20 | Comment (7) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

一年ぶりの洗車

   ↑  2009/08/30 (日)  カテゴリー: daily

Benz headlight2



昔は車が好きだったけど、結婚して妻しか助手席に乗せなくなったら、とたんに車に対する興味が薄れてしまいました。結局、車好き、ではなく、女好き、なだけだったようです。

最近は滅多に洗車することもなくなり、気がつけば1年も洗車をしていませんでした。ちょうど一年前にコーティングした時以来、全く洗っていなかったので、コーティングを兼ねて近くの洗車屋に車を出して昨日戻ってきたところです。

見違えるようにきれいになり、こんなにきれいな自分の車を見るのも一年に数日あるかないかなので、記念に一枚撮影してみました。もちろん SIGMA DP2 で。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-462.html

2009/08/30 | Comment (8) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

心に残るCM

   ↑  2009/08/16 (日)  カテゴリー: daily

第一生命_父と娘の絆 


先ほどテレビを見ていたら第一生命のCMが流れていました。来年に株式会社化に合わせて制作されたCMで、 『 幸せの道 父と娘の絆 』 という題名のようです。

掃除する手を止めて、思わず見入ってしまいました。
そして、思わず込みあげてきてしまい・・・.。

「パパ、ありがとう」 という子供の言葉が、こんなにも嬉しいものだと、
子供を授かって、僕は初めて知りました。

いいCMです。

生命保険会社のCMで、やはり忘れられないのが、この明治安田生命の
『 たったひとつのたからもの 』 というCM。
今見ても、涙が止まらなくなる、CMの世界を超えた、素晴らしい作品だと思います。



FC2スレッドテーマ : CM (ジャンル : テレビ・ラジオ

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-450.html

2009/08/16 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

機動戦士ガンダム@お台場

   ↑  2009/07/12 (日)  カテゴリー: daily
SDIM0821gundam1%

お台場の潮風公園に全高18 m の実物大ガンダムが建造された ので、本日夕方、夕食ついでにお台場まで出かけてきた。息子は見る前から興奮状態。実物を見るなり、彼の想像を遥かに超えたそのスケールのデカさに大興奮し、「パパより大きい~」を連呼。周囲の人々の笑いを取っていた。これでまた息子と共通の話題が一つ増えたことがなによりも嬉しい。

SDIM0783gundam2%

ガンダム 30周年記念サイトはこちら

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-431.html

2009/07/12 | Comment (6) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

雑文 2009-07-12

   ↑  2009/07/12 (日)  カテゴリー: daily

sigma09060771blog

ぎっくり腰と過敏性肺炎の疑いでしばらく調子を崩していたけど、やっと調子が戻ってきた。ほとんど腰も痛くないし、咳も出なくなった。ブログ再開。


昨日、仕事帰りに秋葉の石丸で、ロイ・ハーグローブの ビッグバンド新作 『 Emergence 』、ピエトロ・シアンカグリーニの 『 Reincarnation of A Lovebird 』 、それから JAZZLIFE SEXTET の 『 Tall Stories 』 を買う。マックス・イオナータの新譜を買うのが目的で寄ったのに、肝心のそれがなかった。店員(アルバイトじゃないよ)に、「マックス・イオナータの新譜ありますか?」って聞いたら、首を傾げられた。レーベルはと聞かれて「アルボーレ、A. L. B. O. R. E. でアルボーレです」 と言うと、そんなの知らんといった表情で、「インディーズはわからないんですよね~」 だって。今時、インディーズを知らずにCD屋の店員が務まるのか? 理解に苦しむ。

昨日WOWOW で放映されたマイケル・ジャクソンの追悼番組を録画しておいたので、それを朝から観ていた。楽曲的にはやっぱり 『 Off The Wall 』 のころが好きだな~。あの頃、つまりまだ完成する前のマイケルのまま続けられたら今でも彼のファンでいられたのに。残念。
死因については言及されていなかったが、どう考えても薬物中毒死だろうな。デメロールって、日本ではオピスタンという商品名で出ているが、それを常用していたようだね。僕もオピスタンは毎日のように常用している。もちろん患者さんにだけど。日本では末期がんや大腸内視鏡検査などの苦痛を伴う内視鏡検査でごくふつうに使う薬。通常量でしかも高齢者でなければ死んでしまうような薬ではないんだけど。この薬、気持ちよくなるらしく、その目的で大量に使用したのであれば別だが。それからデュプリパンも眠剤として常用していたみたいだ。デュプリパン(一般名はプロポフォール)は、麻酔の導入時に使用する鎮静剤。メディアでの報道を見たり読んだりしていると、この薬剤を鎮痛剤と報道していることがあるようだが、このデュプリパンは鎮痛作用はない。単に眠くなるだけ。麻酔時に静脈注射するのだが、注射していくと薬剤の血管刺激で患者さんが「イタ~イ」って、唸ることがある。で、「痛いですか?」と尋ねるのだが、その時点ですでに眠っていて返事ができないくらい即効性がある。代謝も早いからすぐ覚める。つまり切れがいい。こんな薬で死ぬとは思えないのだが。 
 
循環器内科の同僚は、マイケル・ジャクソンの死は女性ホルモンの打ちすぎによる心筋梗塞ではないかと、疑っていた。あの高い声を維持するために彼は女性ホルモンを注射していたようだが、長期に使用すると血栓を生じ、心血管疾患の発症を招く危険があると、言っていた。

 

 

 

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-430.html

2009/07/12 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

雑文 2009-06-20

   ↑  2009/06/20 (土)  カテゴリー: daily

SDIM0422ビール 





梅雨入りしているのに今日は太陽がギラギラ照りつける暑い一日でした。

仕事を早めに切り上げて帰宅して、遅い昼食を家族と一緒にとったあと、ベランダのチェアにパンツ一枚で寝転がりビールを飲んで過ごしました。こういうのが本当に幸せだなあって思う。

そして休日の昼間に飲むビールって実に旨いもんだと思う。(そして何故かまわるのも早い)

あと、蕎麦屋で飲むビール、あれも旨い。

一番旨いビールだと個人的に思っているのは、浅草のアサビビール吾妻橋ビル22階にあるイタリアン・レストラン、ラ・ラナリータで飲む生ビール。

これが素晴らしく旨い。アサヒさんはどうしてこの味を密封して缶ビールにできないんだろう、と飲むたび思う。やっぱり鮮度ってとっても大切なんだろうね。

もともと僕は酒は好きな方なんだけど、やっぱりこの歳になると自身の体も労わってあげないといけないから、 酒は週に1回だけと決めています。

しかもビールはプリン体も多くて尿酸値が上がると怖いし、糖質も多いと中性脂肪もあがっちゃうから、できるだけビールは一杯だけにして、そのあとは焼酎のロックに切り替えるようにしています。


(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-423.html

2009/06/20 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。