雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

このページの記事目次 ( ← 2010年10月 → )

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Jef Neve Trio / Imaginary Road

   ↑  2010/10/31 (日)  カテゴリー: piano
Jeff Neve_Imaginary RoadJef Neve Trio / Imaginary Road ( amazon )
Universal Music 2010


Jef Neve (p)
Teun Verbruggen (ds)
Ruben Samama (b)







ジェフ・ニーヴの通算5作品目、Universal Music 移籍後3作目となる最新作。本作はこのところ僕が密かに愛聴している好盤です。

ジェフ・ニーヴは1977年、ベルギーのフランダース地方の街、チュルンフートに生まれています。中世以降、地理的な好条件に恵まれ海運や貿易などを通じて発展し、またヨーロッパ文化の十字路として、多くの有名芸術家を輩出してきたフランダースは、ベルギーのジャズを語る上でも非常に重要なキーワードとして機能しています。

たとえば、ジャズ・ハーモニカの巨匠トゥーツ・シールマンスをはじめ、今やベルギー・ジャズの要として大活躍中のトランペッター、バート・ヨリス、さらにはDeWerf の諸作品でお馴染みのテナー奏者イェルーン・ヴァン・ヘルゼーレや、あるいは、フランドール出身のミュージシャンによって設立された欧州を代表するビッグバンド Brussels Jazz Orchestra ( 前項参照 ) など、多くの優秀なミュージシャンを輩出し、ベルギー・ジャズの発展に貢献しているのです。

フランダース地方出身のミュージシャンに通底するものは、翳りを内包しながらも知的な薫りを放つ美意識です。それは時に官能的ともいえる程、魅力に満ち溢れた感性で、ベルギージャズの本幹をなすものだと僕は思っています。

簡単に彼の経歴を記しておきます。レーヴェンに所在するレマンス音楽院に進学したニーヴは、同院在学中にブラッド・メルドー、マーシャル・ソラール、ビル・キャロザーズ、ケニー・ワーナー、ブルース・バースらのマスター・クラスを受講しながら音楽家としての腕を磨いていきます。非凡な才能を開花させたニーヴはわずか13歳で同院のジャズ科とクラシック・ピアノ科の修士号を取得し、great distinctionで卒業。その後はフリーのピアニストとして、劇場やスタジオのセッション・プレーヤーとして活動を開始する一方、、ファンク、ポップからクラシックまで、幅広い分野のアーティストと共演を重ね、ベルギー国内でその確固たる地位を築きあげてきました。今では同国のイヴァン・パドゥアをも凌駕する人気ぶりだとの噂もあります。

CDデビューは2003年。デビュー作『 Blue Saga 』はいきなりベストセラーとなり、世間の注視を集めました。翌年の2004年リリースのセカンドも、ベルギー国内の “ Best Solid Jazz Album ” に選定されるなど、新人としては順調なスタートを切っています。2006年には Universal Music と契約、第三作目となる『 Nobody Is Illegal 』で晴れてメジャーデビューを果たしています。

収録曲は全11曲。すべてニーヴのオリジナルかメンバーとの共作曲。今作では、デビュー以来の活動を共にしてきたベーシストのピート・ベルビストが抜け、新メンバーとしてニューヨークを拠点に活躍中の若手、ルーベン・サママ ( Ruben Samama , 1985~ )が加入しています。ドラマーは引き続きテューン・フェアブリュッヘンです。

プロローグ的な短い冒頭曲。ここでは幻想世界に鳴り響く鐘のようなシンセサイザーの音色が使われています。この深遠なるシンセサイザーの効果音はこの一曲だけにしか使われていないのですが、作品全体を通奏低音のように支配しています。総体としては今までの作品を踏襲する作風です。つまりクラシック音楽の香りを強烈に漂よわせた曲作りで、彼の出自を色濃く感じさせる作品です。

彼のジャズには、4ビートを基調としたスウィンギーな伝統芸能としてのジャズの要素など微塵も感じられません。ビバップの狂騒感とは対極に位置するサウンドです。

M-2《 The Space Road 》に見られる、非4ビートで紡んでいく危く仄暗い叙情的スタイルは、ニューヨーク・コンテンポラリー系のピアニスト、例えばアーロン・パークスあたりを彷彿とさせるものです。ちなみにこの曲ではドラムスがオーバーダブでツイン・ドラムのように演奏しています。

M-8 《 For The People 》は7/8拍子のポップな楽曲です。彼の基本はクラシック音楽であることは前述した通りですが、ポップやロックも演奏できるヴァーサタイルな才能の持ち主であることは、この曲を聴いただけでもよくわかります。

新加入したベースのルーベン・サママはまだ20代半ばと若いのですが、そのテクニックには目を見張るものがあります。エッジの立った切れ味鋭い音で、しかもしなやかにグルーヴして楽曲を盛り上げます。エコーをかけた美しいボーイングを披露したり、Loop Station でソロをとったりするあたりなど、いかにもアクチュアルな生きのいいミュージシャン、ってな感じで今後が楽しみです。






Clip to Evernote
スポンサーサイト
関連記事

この記事に含まれるタグ : ベルギー 4.0point 

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1389.html

2010/10/31 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

新しい“ MacBook Air 11-inch ” を衝動買い (2)

   ↑  2010/10/27 (水)  カテゴリー: Apple
Macbook Air+NEX5_01


その容姿の美しさに惚れ込んで付き合ってみたら、思いのほか中身も魅力的でますます好きになってしまった、みたいな恋愛感情に似たものを、この新生 MacBook Air には感じてしまいました。薄くて軽量、アルミ削り出しの美しい外装にばかり目がいってしまう MacBook Air ですが、実際に使用してみるとスペックから想像するよりも遥かに快適に動いてくれます。やはりSSDの恩恵は計り知れないものがありますね。これからのPCはすべて、このような光学ドライブレスのSSDストレージ搭載マシンへ移行していくのでしょうか。HDDや光学ドライブが過去の遺産となる日もそう遠くはないでしょう。


僕が買った Core 2 DUo 1.4GHz の MacBook Air 11インチモデルですら快適なのですから、1.86GHzの13インチモデルならどのくらいのパフォーマンスを発揮してくれるのか、興味があるところですが、すでに Macworld『 11-and 13-inch MacBook Air ( Late 2010 ) 』 と題した記事で、旧MacBook Air とベンチマークを比較検討しています。

MacBook Air Apeedmark Macworld03.jpg

このテストによると、新型 13-inch 1.86GHz の Air は、2.4GHz の旧( Mid 2010 ) Air に匹敵するパフォーマンスをたたきだしています。新型 11-inch 1.86GHz の Air だって、旧 ( Mid 2009 ) Air を遥かに凌ぐスピードです。

Dark局長さんのブログ『 Apple NOIR 』 でも、 『 新旧MacBook Airの起動速度ほかを比較 』 と題したエントリーの中で、旧 ( Mid 2009 ) Air と新( Late 2010 ) Air の起動速度の比較をされていらっしゃいますが、そこでもやはり新型の方が旧型よりも10秒ほど速い、という結論を得ているようです。


関連記事

FC2スレッドテーマ : Mac (ジャンル : コンピュータ

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1387.html

2010/10/27 | Comment (6) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

新しい“ MacBook Air 11-inch ” を衝動買い

   ↑  2010/10/26 (火)  カテゴリー: Apple
MacBook Air keyboard photo02のコピー

日本時間10月21日 AM 2:00 から行われた Apple のスペシャルイベント "Back to the Mac" で、予てから噂にあった MacBook Air の新製品が披露されました。削り出しのアルミ外装の美しさと未来的なフォルムに以前から強く惹かれながらも、発熱問題やバッテリー問題などで今一歩、購入に踏み切れないでいたのですが、今回の新作ではついに11インチサイズの MacBook Air がラインナップに加わったことで、購買欲が抑えきれなくなり、思わず発売翌日に買ってしまいました。それにしても Mac を使うのは久しぶりです。iPad やiPod を別に知れば、最後に Mac を買ったのは iBook G4 以来だから実に6年ぶりということになります。

購入したのは 11inch 128G SSD モデル。10万8800円。RAMメモリは2GB ですが、購入時に4GB までアップグレードできます。僕は「メモリぐらい足りなければあとで付け足しすればいいや」ぐらいの気軽な気持ちでデフォルトの2GBで購入してしまったのですが、あとでGIZMODO の記事 『 MacBook Air 分解速報レポート 』 を読んで愕然。なんとRAMメモリーはロジックボードに半田付けされていて、購入後の個人でのアップグレードは不可能とのこと。「迷わず最初から4GBで購入しておくとこをお薦めしますよ~」ですって。僕は全然迷わず2GBで買ってしまった(-_-;)

既にネット上ではこの新製品の話題で持ち切りですが、いわゆる Apple Addict さん達の間では、評価はしながらもいくつかの理由で今回は静観姿勢をとっている方も多いようです。その理由としては、
1) バッテリーの短さ。最大5時間、実質3時間程度。
2) クロック数が11inchモデルで 1.4GHz。13inchモデルでも 1.86GHz と、いずれも非力。
3) SSDの容量不足。せめて256GB は欲しい。

などなど。アップル関連のブログを運営しているような熱心なアップル・ファンには確かに今回の新作は思った以上のサプライズはなかったのかもしれません。でもまあ、僕のような素人には十分すぎるスペックです。クロック数も1.4GHz の割にはサクサク働いてくれるし、11inchというサイズも、仕事場をあちこち移動しながら、隙間時間でテキストを作成したり、ネットを閲覧するぐらいにしか使わない僕としてはちょうど良いサイズ。で、なによりも薄くて美しいフォルムと質感は僕の所有欲を十分満たしてくれます。このアルミボディの冷やりとした質感は思わず頬ずりしたくなるほどです。もしかして触覚フェチかも。

今回のリビジョンで大きく変更されたのがその記憶媒体。従来のHDD から全てSSD へ変更されています。11inch モデルではプラス2万円でSSD 64GB から128GBにアップグレードできるオプションがあります。データは Dropbox や Evernote などのクラウド側に預けるとしても、流石に64GBじゃブートキャンプも厳しそうなので、ここはケチらず128GBにしました。それにしてもこのSSDっていうやつ(厳密にはフラッシュストレージと言って、SSDではないらしい)の速さと静かさには感動しました。

起動するのに約10秒ぐらいですぜ。僕の自宅のメインマシン( Windows Vista ) など起動に5分近くもかかるというのに。もうこれだけで買って良かったって思っちゃいますね。しかも、当たり前だけどディスクの回転音がしないから、全くの無音稼働。冷却ファンも小さいのが付いているようですが、まったく回っている気配がありません。フラッシュを見ていても至って静かだし、さらには若干心配していた発熱も僅かです。

フラッシュ ( Adobe の Flash のことね)といえば、この 新型 MacBook Air で初めてフラッシュ動画を含んだサイトにアクセスしたところ、なんとフラッシュ動画があるべきスペースに無常にも「プラグインがありません」の文字が。 iPhone や iPod Touch それから iPad にはフラッシュプレーヤーが搭載されていないことは事前にわかっていたから驚かなかったけど、今回は予想していなかっただけに一瞬ドキッとした。まさか MacBook ではもうフラッシュが見られないのか?ジョブスと Adobe の確執も遂にここまで来たか!! で、恐る恐る Adobe のサイトに行ってフラッシュプレーヤーをダウンロードしたら、ちゃんとフラッシュは再生可能でした。せめて「 フラッシュプレーヤーをダウンロードしますか?」ぐらいの誘導が欲しかったなぁ。




だらだらと明日に続く...





関連記事

FC2スレッドテーマ : Mac (ジャンル : コンピュータ

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1386.html

2010/10/26 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。