雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

LTC+Mark Turner 『 Hikmet 』

   ↑  2006/02/24 (金)  カテゴリー: tenor
LTC+Mark Turner 『 Hikmet 』
1月30日のマイ・ブログで,マーク・ターナーの『 In This World 』を紹介した際,ブログ「週末ジャズのページ」のVENTO AZULさんからOAM+マーク・ターナーや,LTC+マーク・ターナー盤があることを教えていただき,早速LTC+マーク・ターナー盤を購入しました。ただしOAM+マーク・ターナー盤は探せませんでしたが。

LTCとは,Pietro Lusso (p), Lorenzo Tucci (ds), Pietro Ciancaglini (b) から成るユニットで各人のイニシャルからとったユニット名です。ピエトロ・ルッソとロレンツォ・トゥッチは以前はロザリオ・ジュリアーニのレギュラーでしたね。ロレンツォ・トゥッチは今,イタリアで一番人気のドラマーに成長し,ファブリツィオ・ボッソやhigh Fiveのドラマーとして活躍中です。そんなイタリアのヤング・ライオンがなんと米国のしかもブルックリン系,スモールズ系の先鋭,マーク・ターナーとコラボレーションするというのも,なんとも不思議です。ジャズ界もグローバル化が進んでいるんですね。ちょっと想像しがたい組み合わせかと思いましたが,これがなかなかイイです。なにしろマーク・ターナーが素直にハード・バップしているんですね。ワーナーからの自己のリーダー・アルバムでは,なんとなく元気のない,相変らずの変態ウネウネ・クロマチック・フレーズでしたが,やはりゲスト出演という立場もあるのか,用意されたLTCのメロッディク・ハード・バップ的なオリジナル曲に素直に反応して,豪快にブローしています。ルッソとシアンカグリーニのオリジナル曲が半分を占めているのですが,これらがとってもメロディアスでリズミックな名曲揃いで,ターナーも歌いやすかったのでしょう。その他の曲では,ビル・エバンス+ジェレミー・スタイグの演奏で有名な哀愁バラード<スパルタクスの愛のテーマ>でもターナーには珍しく,美旋律を丁寧に編みこんでいくような手法で聴き手を魅了します。M-4はサルバトーレ・ボナフェデの曲ですが,ここでもデクスター・ゴードンばりの雄雄しいトーンでオールラウンダーぶりを発揮しています。これはマーク・ターナーの名演間違いなし。気に入りました。ターナーを聴くならこの一枚からはじめるのが正しい聴き方。そう自信をもって明言できる傑作ではないでようか。こうなると,より激しいプレイが期待できるOAMとの競演盤が欲しくなってきます。あ~,欲しい。

ちなみにこのアルバムはイタリアのレーベル,VIA VENETO JAZZからのリリースですが,最近ではHigh Fiveの『 Jazz for More 』,『 Jazz Desire 』や,ダニエル・スカナピエコの『 Never More 』などの素晴らしい作品を出しているレーベルです。HPを覗いてみましたが,レーベル設立が1993年のわりには,発表したアルバムが60作品程度ですので,寡作なレーベルといってよいでしょう。でもカタログを見ると内容はかなり充実しています。1994年のアレサンドロ・ガラティーの『 Traction Avant 』(VVJ007)などは永久不滅の名盤ではないでしょうか。

LTC+Mark Turner 『 Hikmet 』2005 VVJ055
Pietro Lusso (p)
Lorenzo Tucci (ds)
Pietro Ciancaglini (b)
Mark Turner (ts)
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-100.html

2006/02/24 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : LTC+Mark Turner 『 Hikmet 』
この前の記事 : Akiko 『 mood indigo 』

Comment

コメントを投稿する 記事: LTC+Mark Turner 『 Hikmet 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : LTC+Mark Turner 『 Hikmet 』
この前の記事 : Akiko 『 mood indigo 』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。