雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Manuel Rocheman 『 Dance Cactus 』

   ↑  2007/03/21 (水)  カテゴリー: 未分類

フランスの超絶技巧派ピアニスト,Manuel Rocheman (マニュエル・ロシュマン)の4年ぶりの新作が古巣 Nocturne から発売されました。4年ぶりとは言っても2003年の前作『 Alone At Last 』( RDC )がピアノ・ソロ集でしたので,ピアノ・トリオ盤としては前々作『 I’m Old Fashioned 』( 仏SME )以来,7年ぶりのアルバムになります。

ロシュマンは1990年のデビュー・アルバム『 Trio Urbain 』( Nocturne )以来,1作品を除き全て聴いてきました。唯一の未聴作品が例の『 幻のCD 廃盤/レア盤~ 』に掲載されたために一気に手が届かない高額商品に格上げされてしまった1996年の『 Tropic City 』 ( A-Records ) です。以前にも書きましたが,このレア盤,昔は中古店で1000円もしないで捨てられていたCDなんですよ。あぁ~,あの時,拾っておけばよかった。後悔しても仕方ありませんが 《 マニュエル・ロシュマン 》と名前を聞いただけで悔しさに身慄いします。Disk Union でも買取価格が6000円ですからね。DUは買い取り価格の倍値で店頭に並べますから約12.000円の高額商品ということでしょう。オークション・サイトで以前はウォッチしていましたが,やはり10,000円は下らない値段で落札されていました。

Steve Czarnecki の『 When I Dream Of You 』にしろ,Trio Acoustic の 『 All Of You 』にしろ,廃盤/レア盤ということで以前はえらく高かったけど,最近再発されて安く買えるようになったように,このロシュマンのレア盤も早いとこ再発してくれればいいのにね。

話がだいぶ脇道に逸れてしまいましたが,簡単にロシュマンの経歴を紹介しておきますと,ロシュマンは1964年にパリで生まれ,6歳からピアノを弾き始め,パリ高等音楽院に入学。12歳の時にはパリ在住のピアニスト,ボブ・ヴァテールの勧めでパリのジャズ・クラブでジャム・セッションなどに顔を出すようになります。その後ニューヨークに渡り,1980年にはトミー・フラナガンやジャッキー・バイヤードに出会って影響を受け,また同年には,ボブ・ヴァテールの紹介でフランス・ジャズ界の巨匠,マーシャル・ソラールに出会い,なんとソラールの唯一の弟子に受け入れられています。1989年に第一回マーシャル・ソラール国際ジャズ・ピアノコンクール最優秀フランス人ピアニスト賞を獲得し,同年,上記のデビュー・アルバム『 Trio Urbain 』を録音しています。

ちなみにその時の優勝者はJMS盤がレア盤化し人気が出たご存知 Aydin Esen ( アイディン・エッセン)でした。ついでに言うと,1998年の第二回マーシャル・ソラール国際ジャズ・ピアノコンクールでの優勝はアントニオ・ファラオ。準優勝はフランク・アヴィタブレ。三位はピーター・ビーツでした。さらには2002年の第三回のコンクールでの優勝者はバティスト・トロティニョンでした。いずれも超絶技巧の馬鹿テク人ですよね。

と言うことでやっと本作の内容についてですが,正直聴くまでは多少不安がありました。というのも年代を追うごとにロシュマンが軟弱になってきていたからです。デビュー盤『 Trio Urbain 』やムタン兄弟を従えた第二作目の『 White Keys 』の頃は水晶のように硬質で切れ味鋭い,全く隙の無いいかにもマーシャル・ソラール直系の弾き手だったのですが,最近はスタンダードに重点を置いたとっても耳障りのよいジャズに変貌してきていましたからね。もちろん1998年のアル・ファスター,ジョージ・ムラーツを従えて録音されれた『 Come Shine 』( 仏SME )などは完成度は高く,人気があるのも分かりますが,やはりロシュマンにはデビュー当時の饒舌かつ毒舌なジャズを期待しちゃうんですよね。

で,今回は恐る恐るディスクをトレーに乗せたのですが,音が出た瞬間,不安は感動に変わっていきました。これは素晴らしい出来です。まず,音圧があります。スピーカーから勢い良く音が飛び出してくる。名盤の必要条件ですね,これは。

12曲中5曲がロシュマンのオリジナルで,そこでは急速調で畳み掛けるようなユニゾン・プレイを武器に複雑なスコアを軽々こなし,往年の鋭いロシュマンの健在ぶりをアピールしてくれます。その他の楽曲では《 you must believe in spring 》,《 comrade conrad 》,《 I do it for your love 》などのビル・エヴァンスが愛した曲を取り上げているし,キース・ジャレットの《 so tender 》なども演奏しています。まあ,エヴァンスは彼のルーツですからね。

でも全てにおいて evans-style であったり,jarrett-style であったりするわけではなく,どうみてもピーターソン的であったり,フィニアス・ニューボン的であったりする部分もあるわけで,そのあたりが1964年生まれのあらゆるジャズ・ピアノを習得してきた世代特有のスタイル,ていうものがあるのでしょうね。

それにしてもエヴァンス所縁の《 comrade conrad 》,《 I do it for your love 》を取り上げているのは個人的に涙もんでして,《 comrade conrad 》なら『 We Will Meet Again 』でラリー・シュナイダーとトム・ハレルの悲哀感漂うテーマが印象的だったし,《 I do it for your love 》は『 Affinity 』のヴァーションが好きです。ロシュマンの演奏を聴きながらも僕の頭の中ではトゥーツ・シールマンのハーモニカが鳴っています。

最後になってしまいましたが,supporting musicianは Scott Colley (スコット・コリー)に Antonio Sanches (アントニオ・サンチェス)と,現在,米国ジャズ界でもっとも勢いのある 布陣で,そのあたりも本作の新鮮なコンテンポラリー感覚を持った仕上がりに寄与しているのかもしれません。本当はスコット・コリーについても話したかったのですが,長くなってしまったので,そのあたりはまた次回に。それにしてもスコット・コリーは最近いろいろな所に顔を出すな~。


関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1008.html

2007/03/21 | Comment (17) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


お久しぶりです。

体調はいかがですか?

ドナルド・フェイゲンをAORの範疇に入れていいものかどうかわかりませんが、僕、結構、AOR好きなんです。80年代をカフェバーで過ごした世代ですから。SDだけはいくら聴いても、いくら月日がたっても、全然飽きがこない。不思議です。

ロシュマンの最後の難壁、「Tropic city 」がVENTO AZUL さんのところで入荷するので、これでロシュマンはコンプリート達成です~。とはいっても全部で7枚ですけどね。

「Tropic city 」さえこれでゲットできれば、あとは楽勝ですよ。しいて言えば、ムタン兄弟がサポートした名盤「White Keys」がやや入手困難かもしれませんが。頑張ってください。

では、また。

criss to Marty |  2007/06/30 (土) 23:36 [ 編集 ] No.2622


ジャズ批評

あはようございます。
ジャズ批評、読ませて戴きました。
クリスさんが、Steely Danの「Aja」を取上げておられるのを見て、嬉しくなりました。私もこの盤には思い入れがあり、愛聴盤のひとつでした。でした、と書いたのは、今はレコードプレイヤーがないからです。
CDでは、Steely Danのベストとdonald fagenの最近作のみです。

 ところで、今月号には、Rochemanの「Tropic City」とVocalとのDuo盤の2枚が紹介されてますね。
Rochemanといえば、最近「ALONE AT LAST」を廉価版コーナーで見つけて購入しました。Joey Calderazzoは「Simply Music」だけ(サイド盤は別ですが)になったので、今度はRochemanを揃えようかな・・・。Rochemanを揃えるのは難しいかな?

Marty |  2007/06/30 (土) 08:07 [ 編集 ] No.2623


余剰在庫を

かかえると大変ですよね。
仕入れの枚数を過不足なく決定するのがプロの腕の見せ所ですね。

そのうち,在庫処分セールなんて,あるんでしょうか?

>お待たせしておりました、robert jan vermeulenも入荷いたしました。

ありがとうございます。他の注文も明日中に追加しますので,よろしくお願いします。

criss to VENTO AZUL |  2007/04/16 (月) 13:22 [ 編集 ] No.2624


本格開業、おかげさまで、一年たちました!

クリスさん、遅レスでスミマセン。
いつも応援有難うございます。
プライスに関しては、たぶん安いのもあれば、高いのもあるお思います。(笑)
ルートによって、どうしても値段って変わってくるのですよ。(仲介業者がワンクッション入ったりするとどうしても高くなることがあります。)
お買い物の時は比較検討されるのが懸命ですね。
本格的に商売を始めてようやく1年が過ぎましたが、
面白いですね。この商売。
世界がどんどん広がっています。そしてサラリーマン時代には味わえなかったスリルとサスペンスの世界の連続です(笑)
要は、支払いどうするかってことで・・・
皆様の応援のおかげで、順調にいっているのですが、ついつい仕入れすぎてしまうので、いくら売っても手元にお金が残りません(笑)
増えるは、在庫ばかりなり!
お待たせしておりました、robert jan vermeulenも入荷いたしました。
明日、明細をご連絡しますね。
これからも、宜しくお願いいたします。

VENTO AZUL |  2007/04/15 (日) 03:05 [ 編集 ] No.2625


Unknown

>レア本掲載再発、頑張りたいところですが、そう簡単にいかないのが実情なんです。

そうですよね。難しいんですよね。権利問題など複雑そうだし,自分の作品なのに勝手に再発できないなんて,いくらでも有りそうだし。

ジャズなんて,所詮,小さなパイだし。レコード会社もそんなに積極的に再発に力入れそうもないし。

早川さんのご検討を影ながら応援しております。

ということで,今週中にまた,オーダーさせていただこうと思っています。DUで買えるものも,値段が同じならできるだけ貴店で購入しようと思いますので,どうかよろしくお願いします。

criss to VENTO AZUL |  2007/04/08 (日) 21:12 [ 編集 ] No.2626


Unknown

Criss さん、頑張ります!
レア本掲載再発、頑張りたいところですが、そう簡単にいかないのが実情なんです。
レーベルものはさておき、自主系は実現させていきたいところなのですけど、掲載作以外にも山のように素晴らしい作品がたくさんあって、掘り起こし作業と再プレス希望を、どんどん要望していってます。
これを何とかしてほしいという作品がありましたら、どなたでもお気軽に私のアドレス宛てにどしどしリクエストください。

VENTO AZUL |  2007/04/07 (土) 03:32 [ 編集 ] No.2627


それは楽しみですね。

>ロシュマンの最終の契約サイン待ちのみの状況となりました。

てことは,「トロピック・シティー」が再発されちゃうということですか?実現したら凄く嬉しいです。

絶対,VENTO AZULさんのところで買わせていただきます。大変でしょうけど,ぜひ実現させてください。期待してます。

ついでに,早川さんの力で,「レア本」掲載のCDを片っ端から再発させてくださ~い。

criss to VENTO AZUL |  2007/04/05 (木) 23:44 [ 編集 ] No.2628


Tropic City

極秘情報なのですが、昨日の今日で、何というタイミングだと自分でも思っているのですが、ロシュマンの最終の契約サイン待ちのみの状況となりました。
正式に決まりましたら、ブログとショップページにてアップいたします。
本人、再発に関して物凄く乗り気なので、話が思ったよりもトントン拍子で進んでいます。
乞うご期待!

VENTO AZUL |  2007/04/05 (木) 02:35 [ 編集 ] No.2629


penta flower

遅レスでスミマセン。
マヌサルディーやジャンニ・バッソどちらも、一番売れるの分かっているのですが、在庫なしでした(泣)
再プレスを是非実現させたいとこですね!

VENTO AZUL |  2007/04/04 (水) 06:03 [ 編集 ] No.2630


え~,

Towerは2600円以上するんですか!

輸入盤でそんなに高いのは許せませんね。

でも内容,よかったでしょ。

手に入りやすいロシュマンの聴けるアルバムというと,akikoの「Girl Talk 」(20010年)が全編ロシュマンが弾いているんですよ。しかもSylvain Beufの参加しているし。なかなか良いアルバムです。
盲点でしょ。

criss to monaka |  2007/04/03 (火) 00:11 [ 編集 ] No.2631


タワーは高かった

クリスさん、こんにちは,monakaです。
クリスさんよりか高いアルバムを買いました。結局足の具合と駐車場の距離を考えると、マア少しの差はしょうがないのです。
結構面白く聞きましたが、逆にヨーロッパに帰ったら面白くなりそうなきがします。

monaka |  2007/04/02 (月) 22:29 [ 編集 ] No.2632


TBありがとうございました。

ロシュマンの旧作は「tropic city」に限らず,どれも手に入りにくくなってきているみたいですよ。

こちらからもTBさせていただきますね。

では,また。
これから送別会です。
このところ毎日,飲み会で疲労困憊です。

criss to nary |  2007/03/28 (水) 18:33 [ 編集 ] No.2633


こちらもようやくUPしました

私はマニュエル・ロシュマンは初聴きだったのですが、このアルバムはメンバーが強力だということもなり、かなり良かったです。
ロシュマンには今後も注目してみようと思います。

TBさせていただきます。

nary |  2007/03/27 (火) 17:49 [ 編集 ] No.2634


お世話になっております。

お忙しいのにコメント頂いちゃって,恐縮してます。

>A RECORDS自体既にこの作品の権利関係が契約切れで、それではってことで、ロシュマン本人から仕入れようとしたのですが、
ロシュマンも1枚しか持ってなかったです。

僕はよく権利のことなど無知ですが,ということは誰が「tropic city」の原盤権を所有しているんですかね?再発すれば,少なくとも日本では馬鹿売れするんだから,原盤権をもっている人はすぐにでも再発しちゃえばいいのに,と素人は思いますけど,そう簡単ではないのでしょうね。

>4月初旬には、Mike Petroneが再プレスされます。
これは楽しみです。ぜひVENTO AZULさんから頂きますね。

それから,robert jan vermeulen ,入荷まだのようですが,凄く楽しみにしてます。

あと,レア盤で思い出したのですが,先日も頂いたpenta flower 盤のことですが,レア本にでている,マヌサルディーやジャンニ・バッソのpenta flower盤は仕入れられないのでしょうか? フラヴィオ・ボルトロやマルコ・タンブリーニのpenta flower盤を頂けただけでも感激なのですが,欲を言えばマヌサルディーも欲しいな~,なんて思ったりしました。

criss to VENTO AZUL |  2007/03/25 (日) 21:59 [ 編集 ] No.2635


Tropic City

クリスさん、おはようございます。
この作品、私は、それこそDUで、690円か980円くらいで入手した口です。
最近この作品引っぱってこようと、問い合わせたのですが
A RECORDS自体既にこの作品の権利関係が契約切れで、それではってことで、ロシュマン本人から仕入れようとしたのですが、
ロシュマンも1枚しか持ってなかったです。(笑)
Czarneckiは好評のようで何よりです。
4月初旬には、Mike Petroneが再プレスされます。
これは、ちょっと時間がかかって冷や冷やものでしたが、ようやく入荷します。
こういう本に紹介された作品の再プレスはやはり、セールス的に強いのですが、日本未紹介のピアノトリオ作品にもいいものが、まだまだあるというか、どんどんリリースされている状況なのでこの辺を今、仕掛けています。

VENTO AZUL |  2007/03/25 (日) 07:37 [ 編集 ] No.2636


買うなら

石丸6階のほうがイイですよ。

disk unionは2600円ぐらい。石丸は2200円(もしかすると2400円だったかな)です。
いすれにしても石丸にあるのでそちらの方がよいのではないでしょうか。

僕は早とちりしてDUで買っちゃいましたが。

criss to monaka |  2007/03/21 (水) 22:50 [ 編集 ] No.2637


Unknown

クリスさん、こんにちは、monakaです。
このピアニスト実は聞いたことがありません。雑誌で見たら良さそうなので、チェックしていたら、クリスさんの記事、確信しました。ありがとうございました。

monaka |  2007/03/21 (水) 21:30 [ 編集 ] No.2638

コメントを投稿する 記事: Manuel Rocheman 『 Dance Cactus 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。