雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Simon Spillett 『 introducing Simon Spillett 』

   ↑  2007/03/24 (土)  カテゴリー: 未分類

昨年暮れから今年初めにかけて,買う新譜がことごとくはずれてしまい,意気消沈していたのですが,最近になりやっと運気が上向いてきました。この全く無名の Simon Spillett (サイモン・スピレット)のデビュー盤もかなりイケる作品で大当たりでした。

サイモン・スピレットは1974年,イングランドのバッキンガムシャー州に生まれ,10代後半にはディック・モリシーやスパイク・ロビンソンらに弟子入りし,地方のクラブに参加。その後イギリスの伝説的サックス奏者でありクラリネット奏者もであるヴィック・アッシュに2年半師事したようです。プロとしてのデビューは1996年で,当時21歳だった彼は既に自分のバンドを持ち,一方でデュオから大編成のバンドまで手がけ,ロンドンのロニー・スコットをはじめ,数多くのクラブで活躍していたようです。

本作は,彼がロニースコットで演奏していた時のバック・メンバーと一緒に制作したワン・ホーン作品です。スタイル的には完全にBebopやHard Bopです。全くBebop 言語から逸脱することがないのですが,兎に角,Bebopの常套句をこれでもかというくらい超高速で連発していき,もうその饒舌さには唖然とします。古い言語ではありますが,ここまで極めればこれはこれで立派です。音数の多さ,迫力はエリック・アレクサンダー並みです。もちろんエリアレの方がずっとフレーズは新しいですけどね。

“ a fiery saxophonist in the mold of the late Tubby Hayes ”と称されるように,タビー・ヘイズ直系の吹き手で,半世紀の時空を超えて現代に蘇ったタビー・ヘイズ,と言ったところでしょうか。1曲だけですが,タビー・ヘイズの《 Off The Wagon 》も取り上げているあたりも彼への敬意が感じられます。ジョニー・グリフィンやスタン・ゲッツあたりが好みの方には,絶対気に入ってもらえる作品だと思いますよ。

Simon Spillett 『 introducing Simon Spillett 』 2006 Woodville WVCD116
Simon Spillett (ts)
John Critchinson (p)
Andrew Cleyndert (b)
Martin Drew (ds)

Simon Spillett Official Website はこちら
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1009.html

2007/03/24 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Simona Premazzi / Looking For An Exit
この前の記事 : Manuel Rocheman 『 Dance Cactus 』

Comment


お久しぶりですね~。

お元気ですか。

>先日HMVにてかかっていて、「おっ、Tubby Hayes?」と思ったらこのアルバムでした(笑)

ボクもこの機会に棚からタビー・ヘイズの1962年だったかな?のロニースコットのライブ盤2枚を聴き返してみましたが,やっぱり気迫みたいなものは本家は凄いですね。最近,タビーの再発盤も出てきているし,買ってみようかと思っています。

そうそう,なおきさんの記事みて知ったのですが,milestoneて,まんが本置いているんですか? むか~し,行った時には無かったような。記憶が曖昧ですが,滅多に高田馬場には行く機会はなくなりましたので,最近はすっかり忘れてました。まだ健在なんですね。

criss to なおき |  2007/03/30 (金) 18:54 [ 編集 ] No.2639


おひさしぶりです

ご無沙汰しております。
先日HMVにてかかっていて、「おっ、Tubby Hayes?」と思ったらこのアルバムでした(笑)
新しさはないけれどここまでやってくれると爽快ですね。

なおき |  2007/03/29 (木) 00:20 [ 編集 ] No.2640

コメントを投稿する 記事: Simon Spillett 『 introducing Simon Spillett 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Simona Premazzi / Looking For An Exit
この前の記事 : Manuel Rocheman 『 Dance Cactus 』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。