雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

KEF105/3S エッジ交換

   ↑  2007/03/28 (水)  カテゴリー: 未分類

ブログ「Sugarのちょとお寄りなさいよ」の管理人でいらっしゃるSugarさんがメインで使われているスピーカーKEF105/3Sのウレタンエッジの交換をショップに依頼されたという記事をアップされていました。実は僕も同じKEF105/3Sを2セット所有しているんですね。で,ちょっと我が家のKEF君のエッジは今どうなっているのか,いつもはネットで隠れているユニットをちょっくら外して覗いてみました。

ますは,このKEF MODEL 105/3Sについてご紹介しますと, このスピーカーはちょっと面白い構造をしていまして,一見3ユニットのバスレフ構造に見えますが,実は真ん中のユニットは同軸ツー・ウェイ(UNI-Q UNIT)で,その上下にミッド・バス・ドライバを置き,バーチカル・ツイン構造になってます。更にエンクロージャー内部には20cmウーハーが2個,金属棒で連結されツインドライブする構造になっています。全体として4ウェイ・6ユニット構造になっているわけです。定位が非常によく,解像度も優れ,スペースファクターもよく,気に入っています。難点はウーハーのエッジがウレタンなので,流石に10年以上経つとぼろぼろになります。

下の写真は僕の寝室でAV用に使用しているKEF君ですが,2年程前に何気にポートを覗き込み,エッジに触れたら,なんとも脆くウレタンが崩れたではないですか。一瞬,思いもよらない出来事にびっくりしましたが,この崩れる感触が気持ちよく,結局,全周にわたりウレタンを崩してしまったわけです。もう当然,音は出ませんからエッジ交換をするしか選択肢は無かったのですが,KEFジャパンに連絡してもエッジの交換だけは取り扱っておりませんとの返事。しかたなく,ネットで探していくつかのショップに見積もりをとってもらたのですが,一個あたり約2万前後かかるとの返事。ウーハーが4個で計8万~10万。そんなにリペアにコストはかけられないと諦め,よーし,それじゃ一か八か自分でセーム革を買ってきて修理しようじゃないかと決心。秋葉原でオーディオ用のセーム革を買ってきて1万円ほどのコストで張替えたという思い出があります。

          

下の写真がセーム革交換後の状態です。90度づつセーム革を4枚張り合わせるので,重なり部分ができでしまい,見た目は美しくありません。肝心の音は.......よくわかりません。最上の写真にあるリヴィングのKEF君は今でもウレタンのまま使用していますが,両者を聴き比べても,悲しいかな,僕の耳には同じ音に聞こえてしまうのです。マンションのため,あまり音量を上げられないので,小音量ではウレタンと革の違いははっきりしないのでしょうか。まあ,致命的なのは僕の耳が悪いということなのですが。

          

いやー,交換といっても,このスピーカーはエンクロージャー内に2個のウーハーが金属棒で固定されているので,ばらすのに手間がかかり,大変苦労したのを覚えています。ということで,リヴィングのKEF君は交換を断念し,ボロボロのウレタンをくっつけたまま,現在も泣きながら音を出しています。下の写真がリヴィングのKEF君のウーハーですが,1箇所だけですがウレタンが崩れています。おそらく,少しでも触れば,あるいは息を吹きかければ,ドミノ倒しの如く全周が崩壊することでしょう。

          

結局,ウレタンは素材としては優秀だが,僕のようなメインテナンスにコストをかけたくないというケチな人間には不向きだという事を学習し,2年程前に仕事部屋用に購入したサブ・スピーカーにはギャザードエッジであるJBL4318を購入しました。

          

はじめはギャザーだから低音の出にくいのかな,と思っていましたが,僕のようにマンションでしかも夜遅くに聴く人間にはこのくらいが丁度イイです。また,この4318は4312と違って,ウーハーをフルレンジ接続しておらず,ローパスフィルターでウーハー受け持ち域を制御しているので,低音の締まりもよく,気に入っています。

関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1011.html

2007/03/28 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


遅すぎた!

ごめんなさい。20日から23日まで沖縄に遊びに行っていて、今日(25日)にやっとネット環境に戻ってきたので、返事がいまになってしまいました。

というわけで、旅行中の22日の新聞は妻が「配達中止」を朝日新聞に伝えてあったので、読むことができない、、、と、思っていたら、間抜けな妻はすっかり新聞店に電話するのを忘れていて、ちゃんと4日分の新聞がポストにぎゅうぎゅう詰めで入っていました(笑)。

早速、読んでみました。佐藤さんという女性技術者。人は見かけで判断しちゃいけませんね~。

こういう記事読むと、我が家の腐ったKEFくんも出家させようかと本気で思いますが、なにしろ例の愚妻の許可がおりそうにもありませんのです。あ~、独身時代に戻りたい~。俺が稼いできた金だぞ! 少しは感謝して「あなた、いつも御苦労さま。最近はSACDっていう音のイイCDプレーヤーが出てるっていうじゃないの。買い換えたければ買ってもいいのよ」なんて言ってくれないものかね~。

そんなわけで、あえてオーディオ雑誌は最近は見ないようにしています。見ると無性に欲しくなるから。だから当然JBL4312の新作など知る由もなく、、、ふ~、あいつさえ、、いなくなれば、、、。

criss to Marty |  2008/03/26 (水) 02:46 [ 編集 ] No.2647


朝日新聞朝刊

クリスさん、こんにちは。
sugarさんが修理に出された「オーディオ・ラボ」ですが、本日の朝日新聞 [be on Saturday]のフロントランナーに掲載されていますね。
まさに修理の腕は、ゴッドハンドらしいです。今まで一番難しかった修理依頼は、澤野社長のスピーカー「アキシオム80」だったそうで・・・。
読ませるなぁ、この記事・・・。

そういえば、JBLの4312は新バージョンが出たようですね。

Marty |  2008/03/22 (土) 17:14 [ 編集 ] No.2648


レス遅れてすみません。

このところ,期末で送別会などが連日目白押しで,昨日はネット見る時間もなく,レスが今頃になってしまい,どうもすみません。

ちょっと,送料のことでsugarさんのブログの方でコメントしております。

それにしてもサブ・システムの聴き比べ,凄いですね。ボクにはとってもじゃないけど,ショップに行ってお願いする勇気がありません。自分の耳に自信がないとできませんね。

ということで,こちらからもTBさせていただきます。

criss to sugar |  2007/03/30 (金) 18:45 [ 編集 ] No.2649


お呼ばれして来ました(^^ゞ

クリスさん、今晩は!
呼ばれて出てきました。(^^ゞ

さて、KEF君、成り行きが同じなのはご同慶の至り。
なんせウレタンですから、JBL4343の時も、ウエザーリポートのドミノ・セオリーを聴いている時に、エッジが崩壊しました。(嘘です、すいません)
そうなんです、ちょっと壊れていると触りたくなる。で、一挙に崩壊へとなります。JBLの時がそうでした。けっこう気持ちよかったりしました(爆)。
このKEFは、本当にいい音のするSPです。超オキニなので、完全リペアを依頼しました。といいつつ5月初旬に出して、2週間ぐらいで帰ってきますが、やはり15万覚悟です。かなりチューンしてくれるお店なので、別人になって帰ってくると思います。
定位の良さと、音場感は最高です。当時60万もするスピーカーでしたから、当たり前かもしれません。ピアノの正確な表現力は、いまでも通用しますよね。
というわけで、出てきちゃいました。

Sugar |  2007/03/28 (水) 22:35 [ 編集 ] No.2650

コメントを投稿する 記事: KEF105/3S エッジ交換

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。