雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ジャケ買いコレクション

   ↑  2007/05/09 (水)  カテゴリー: 未分類


昨年から 『 ジャズ批評 』 誌に僭越ながら私の駄文を掲載させていただいているのですが,最新号 No.137 『 特集 ジャケ買いコレクション 』 でも拙ブログの記事( p174 )ならびにジャケ買いしたアルバムの紹介記事( p36 )を掲載させていただきました。

気ままなブログ記事とは違い,字数制限もあり,ひとたび出版されてしまえば修正不能な紙媒体への掲載は,私にとっては非常にストレスな作業ではありましたが,反面,憧れの-当然自分の記事が掲載されるなんて夢にも思わなかった-同誌への掲載は,僕にとって貴重な経験でしたので,毎回楽しく書かせていただきました。

今回は 『 ジャケ買い 』  というお題で,僕も 『 脱・美女ジャケ宣言 』 などという少々ジャズ批評社の方々を当惑させたであろう記事を書いております。その冒頭で,

《 音楽の記録媒体がレコードからCDに移り変る中,ジャケットデザインへの興味は激減していったように思う。更には長年ジャズに接していると,当然のことだが,肝心なのは収録されている音であり,外装は内容の優劣とは何ら関係ないと思い至る。だから最近は滅多にジャケ買いをしなくなった。》

などと,もっともらしい醒めたことを述べ,更には最近の国内盤に氾濫する「 美女ジャケ」(本来ならエロジャケと書きたかったのですが,エロという下劣な表現が同誌の品位を損ねることを危惧し,あえて美女ジャケという表現を使用しました。)への嫌悪感をも露に,偉そうなことを書いてしまいました。

でもね,本当は,LPがまだ主流だった80年代にはジャケ買いをよくしましたし,むしろ周囲のジャズ仲間達よりも 「美女ジャケ」 というものへの執着は強かったように思います。

というわけで, 『 ジャケ買い -番外編- 』とも言える,雑誌への掲載は憚れるけど,ブログだから書けちゃう昔のジャケ買い作品を,2, 3枚,引っ張り出してきましたので紹介します。

1) Jess Stacy & The Famous Sidemen  『 Tribute to Benny Goodman 』 ( Atrantic 1225 )
上のジャケットは,ベニー・グットマン楽団の全盛期のピアニストであり,一時期,リー・ワイリーの旦那でもあったジェス・ステイシーのBGトリビュート作品です。清楚で可憐な女性の華奢な二の腕がたまりません。オリジナルの分厚い紙質とコーティング。視覚と触覚に影響されて内容も秀逸に聴こえてしまいそうですが,残念なことに内容は凡作です。長い間所有していますが,今だ2,3度しか針を落としたことがありません。

          
2) Priscilla Paris  『 Priscilla Loves Billy 』 happy Tiger 1002
60年代に活躍したポップ・ボーカル・グループ Paris Sisters のリード・ボーカルを務めていたプリシラによるビリー・ホリデイのカバー集。耳元を舐めるような吐息で聴かせる悩殺ボーカルです。これも完全なジャケ買いでしたが,意外に声質が僕のタイプで,しかも後で知ったのですが,ピアノがジミー・ロウルズだったので,今でも愛聴盤です。何とも言えないざらついた感触のジャケ紙で,写真じゃわかりませんが,(多分)実写ではなく,油絵なんですよ。これ。

          
ジャズ批評誌は,前号の 『 ジャズジャケット・ディスク大賞 』といい,今月号の 『 ジャケ買いコレクション 』といい,作品の内容よりもジャケットのエロティックさが話題になり, 肝心の内容の色気,エロさ,などには触れていませんでしたが,1982年の41号では『 ジャズとエロティシズム 』という題目で,著名な寄稿者らが鋭い筆をふるった特集を組んでいました。松坂編集長の提示した『 ジャズとエロス 』という,非常に難解なテーマに,どうみても “ こじ付け記事 ” としかとれないような投稿もありますが,しかし,どれも読み応えのある内容でした。中にはキワドイ内容の記事,たとえは志田佐和夫氏の 『 フリー・ジャズの勃起度 完全なる結婚のためのフリー・ジャズ 』のように,よくぞボツにならなかったものだと感心するような仰天記事もあります。それにしても昔の同誌は腰が据わっていたんですね。

関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1026.html

2007/05/09 | Comment (7) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Enrico Rava Quintet @ Blue Note Tokyo
この前の記事 : ジャケ買いコレクション

Comment


PRISCILLA PARIS

花村様もお持ちですか。
僕はジャケ鑑賞用にと2枚所有しています。
バタ臭い感じがタマリマセンです,ハイ。

>この時代を凌駕できたら・・の思いを胸に日々精進せねば・・

そうですね。でもまあ,あの頃の時代性もあったからあのような重い内容も受けたのでしょうが,今,あんな評論書いても,だれも読んでくれないのでは,,,という思いもあります。

それにしても,あの頃,「ジャズ批評」に登場していた方々は,皆さん今,どうしているのですしょうか。あの頃の「ジャズ批評」を時々めくるたびに,そんなことばかり考えてしまいます。



criss to 花村圭様 |  2007/05/22 (火) 23:36 [ 編集 ] No.2711


紙ジャケ

wani さん,こんばんわ。

>せっかくの素晴らしいデザインのものであっても興ざめです。できるだけ紙ジャケを選んでいます。

僕は紙ジャケが嫌いでして,棚に並べるとプラケースよりも大きいからつんつんと頭が出ちゃうでしょ。あれが嫌でして。

特に,最近よく見る,「オリジナル仕様」みたいな,E式ぺらジャケなど,貧相すぎて買う気にもなりません。まだプラケースのが良いかな,って思っちゃいますが。

一番好きなのは,欧州盤では昔から見られたデジパックです。あれはイイです。大きさもプラケースと同じだしね。

criss to wani |  2007/05/22 (火) 23:31 [ 編集 ] No.2712


PRISCILLA PARIS賛!

お持ちでしたか・・矢張り・・・
また1mm程、好みの重なりを確認?
間違いなく・・油彩のイラストです(挫折した絵描き崩れの元デザイナーが保障します・笑)何時かの機会に引っ張り出すつもりでしたのに・・先越された!
に、しても・・No.41お読みでしたか・・もう完全にマニアックじゃないですか・・参りました。
そうですね・・この時代を凌駕できたら・・の思いを胸に日々精進せねば・・お力添え、よろしく!

花村 圭 |  2007/05/18 (金) 06:50 [ 編集 ] No.2713


エロスでいいんだ

スズックさん
コメントありがとうございます。

本題のエロスについてですが、
私は、ジャズについてはむしろ硬派なもの、スピリチュアルな形而上学的なものってとらえなきゃならんのかと思っていましたが、スズックさんの言われる様に、(男性の)私は女性ボーカルなどゾクッとくることありますもんね。スタンダードなんてほとんど恋愛を語っていますよね。やっぱりアリなんですね。初心者としては、ちょっと安心する次第です。
それと、クリスさんジャズ批評早速買いますね。

wani |  2007/05/12 (土) 20:26 [ 編集 ] No.2714


戻ってきましたぁ。

凄く、下世話な言い方で申し訳ないのですが、(戯言だとおもって聞いてください。)
ジャズを演奏するモチヴェーションの中に、「愛」、ってのがあるとおもうのです。
人類愛なんかじゃない、男女の愛。
ミュージシャンだって、男と女の二方いますからね。
自然な感情の発生でしょ?
この愛するゆえの心の高まりが、演奏のモチヴェーション高める大きな要素みたいなものになってるものもあるのだろうなぁ、、っておもいます。
だから、ジャズとエロスの繋がりは有りでーーす。
ただし、これをどうどうと、、公に理由にしちゃうと、結構つまんない作品かも。
人の恋愛なんてどうどうと見せられて面白いものは少ないのです。
でも、隠れエッセンスにすると、それは心の襞になっていいのかも。
女性ヴォーカルのバックで、良い男のやたら良い演奏がきける一つのポインとはこれだと思ってる下世話な私。(話半分でね)
美しき歌姫に捧げるそのお気持ち。
叶っても、叶わなくても、、それは、それで。
まぁ、全然そんなん関係なく、音楽の神が降臨してる人達もおりますけど。
それも、それで。

女性の私、、
男性のジャケットでどきどきする筆頭は今でもコルトレーンです。
ハンサムといわれてる、チェットやペッパーではない。
コルトレーンの遠くを見つめる瞳は女心を惑わせます。。
あなたの疲れた心と体を、そっと、休ませてあげる女になりたい。
なんて、思わず、、思いを寄せてしまいます。。。
そんなジャケット、ロリンズにも何枚かありますが、、
圧倒的にコルトレーンが多いのです。
喋っていて、、恥ずかしくなってきちゃった。
で、ちょっと、頬が、、熱い。。(#^_^#)

waniさん
はじめまして。。
ええと、最近、ヨーロッパのCDは、プラケースでないのもおおいですよね。
私も、プラケースの安っぽい感じ、、嫌いなものが、、おおいです。

すずっく |  2007/05/10 (木) 18:27 [ 編集 ] No.2715


Unknown

ご無沙汰してます。
いつも楽しく拝見し、参考にさせてもらってます。
さて、ジャケットについてですが、Venusさんの美女ものや、澤野さんの抽象画ものもいいものもありますが、食傷気味かな。
ところで、私はCDのあのプラケースがどうしても納得いきません。20数年前にCDが登場以来、何の工夫も改善もなされていないのが残念でなりません。せっかくの素晴らしいデザインのものであっても興ざめです。できるだけ紙ジャケを選んでいます。
つい、グチってしまいました。

wani |  2007/05/10 (木) 17:40 [ 編集 ] No.2716


さすがぁ!

とりあえず、トラバ。
あとで、また、きま~~す。

すずっく |  2007/05/10 (木) 12:30 [ 編集 ] No.2717

コメントを投稿する 記事: ジャケ買いコレクション

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Enrico Rava Quintet @ Blue Note Tokyo
この前の記事 : ジャケ買いコレクション
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。