雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

SWR Big Band feat. Phil Woods 『 Jazz Matinee 』

   ↑  2007/09/10 (月)  カテゴリー: 未分類

前回に引き続きフィル・ウッズのビッグバンド作品のお話をいたします。
本作はフィル・ウッズがドイツの名門、SWR ビッグバンドと共演した96年の作品です。ドイツ人集団らしい重厚で硬質なアンサンブルをバックに、ウッズが自からがアレンジしたオリジナル曲を中心に吹きまくる快作です。

ところでドイツにはARDと呼ばれるドイツ公共放送連盟という公共放送局の組織があり、地方の放送局とネットワークを形成しています。つまり、南西ドイツ放送協会(SWR)、北ドイツ放送協会(NDR)、西ドイツ放送協会(WDR)、ナイエルン放送協会(BR)、ヘッセン放送協会(HR)、中部ドイツ放送協会(MDR)、ベルリン・ブランデンブルグ放送協会(RBB)、ザールランド放送協会(SR)、ブレーメン放送(RB)の計9つの地方放送局と連合を組んでいるのです。そしてその中の多くが放送局独自の交響楽団やビッグバンドを所有しているですね。

交響楽団はブレーメン放送(RB)以外の8つの地方放送局に存在しますが、ビッグバンドはそれほど多くはありません。南西ドイツ放送協会(SWR)、北ドイツ放送協会(NDR)、西ドイツ放送協会(WDR)、それにヘッセン放送協会(HR)ぐらいどと思います。(誤っていたらお教え下さい)

最も国際的に有名なのは WDR Big Band でしょうか。最近ではジョー・ザビヌルの『 Brown Street 』やランディー・ブレッカーの『 Some Skunk Funk 』でも共演したりと、その知名度を上げてきています。WDRは9つの地方放送局中、最大規模の放送局でもあります。

ちなみにDR Big Band というのがありますが、これはドイツ放送局専属のビッグバンド、というわけではなく、Danish Radio Big Band の略称です。また、BR Big Band というのは、ブレーメン放送局ビッグ・バンドではなく、Buddy Rich Big Band のことですので、お間違えなく。

閑話休題。僕の手元にあるSWR Big Band の作品は本作以外にJens Winther をフィーチャーした『 Jazz in Concert 』(1995 hanssler )しかありませんので、SWRのサウンドをここで語るには情報量不足ですが、 『 Jazz Matinee 』でのスタイルは、ウッズの楽曲だけにコンテンポラリー度は低めで、オーソドックスなモダン・スタイルですので、万人受けする作品かと思いますが。

SWR Big Band のメンバーで有名なミュージシャンでは、ピアノのクラウス・ワーゲンライターとアルトのクラウス・グラーフ、それにテナーのピーター・ウェニガーぐらいでしょう。クラウス・ワーゲンライターは“ Trio Concepts ”のピアニストとして有名ですよね。ピーター・ウェニガーは教則本なんかも出している教育者(どこかの教授だったような気がします)で、私はサックス・トリオの『 Legal Paradizer 』( 2003 Skip )しか所有していませんが、何処となくジョシュア・レッドマンみたいなつかみどころのない、切れそうで切れない、不思議なフレーズを朗々と吹く人です。
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1066.html

2007/09/10 | Comment (22) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Joe Zawinul / Brown Street
この前の記事 : SWR Big Band feat. Phil Woods / Jazz Matinee

Comment


Unknown

>こちらも、近所対抗で、毎年、イルミネーション合戦が繰り広げられます。もみの木も、お店で一斉に売られています。

やはりドイツでもイルミネーションを競う家が多いんですか。日本も凄いですよ。我が家の近所でも、ある一角がそんな状態で、毎年楽しみにしているのですが、今年は世の中がオイルショック以来の不況にも関わらず、今までになく華やかなイルミネーションが輝いています。

我が家はとりあえず、先週末に室内にツリーやクリスマス・グッズをレイアウトしましたが、ベランダの電飾は今週末になりそうです。

我が家のマンションは、もともと、ベランダに電気の配線がないのですが、どうしても電飾をやりたかったので、ベランダの給湯器の配線に細工をして(本当はいけないのですが)、ベランダ電飾を実現しました。

ということで、実はブログを引っ越ししました。
ブックマークの変更をお手数ですがお願いします。

新しいブログは
http://jazzlab.blog67.fc2.com/" target=_blank>http://jazzlab.blog67.fc2.com/

です。

では、また。

criss to Laie |  2008/12/16 (火) 08:57 [ 編集 ] No.2822


DVD

DVDはPCでしか御覧になれなかったようですね。でも、全て鑑賞されたとはビックリです。

united jazz & Rock ensembleですか。。全く覚えていないのですが、目玉となってくれた演奏が録画されていて良かったです。(苦笑)

アダムの写真、中々グットですよね。今日は、PCの方に、彼からクリスマスカードが届いていました。
私も、何枚か書かないといけないので、焦っています。。(汗、汗)日本の年賀状からは、すっかり遠のいています。日本に居る時は、当選番号を必ずチェックしてました。

ベランダのイルミネーションの写真、是非アップして下さい。楽しみにしています♪こちらも、近所対抗で、毎年、イルミネーション合戦が繰り広げられます。もみの木も、お店で一斉に売られています。

Laie |  2008/12/13 (土) 17:51 [ 編集 ] No.2823


感謝多々

Laie さん、こん●●わ。

DVD4枚ともPCで観られました。DVDプレーヤーはまだ買ってないのですが、お正月には買えそうです。なにしろ、年末はいろいろと出費が多くて、金欠状態なもので。

それより、SWR の番組のDVDに、
な、な、なんと、united jazz & Rock ensembleのライブが入っていました!!

大感激です。これ、凄いです。
こればっかり繰り返して観ています。

イアン・カー、ケニー・ウィーラー、マンゲ、
ダウナー、、、と、たまりません。

ほんと、ありがとうございました。
こんな凄い映像が日々、テレビで放映されて
いるとは、信じられません。

あと、アダムの写真も大笑いしちゃいまいした。
1,2才ですよね、これ。この頃にはスティックを
握っていたとは、驚きですが、あの顔が
妙に老けていて、笑えました。

宝物として飾っておきます。

今日は日曜日で、室内掃除+クリスマスの飾り付けを少ししました。ベランダのイルミネーションは今日は疲れてできなかったので、また来週の日曜日になりそうです。
完成したらブログにアップしようかと、思ってます。

では、夜も遅いので、そろそろ寝ます。
お休みなさい。

criss to Laie |  2008/12/07 (日) 23:04 [ 編集 ] No.2824


DVD

クリスさん

メール頂きました。そのお返事をしましたので、またお時間のある際に読んで下さいね。

メールにも書いたのですが、まずはDVDを喜んでもらえて良かったです。御自宅のDVDの機械で観れましたでしょうか?

それから、先日アダムの誕生日だったのですが、彼から、何とも言えない写真が届いたので、クリスさんにも添付しました。今とあまり変わらないような気がしますが。。(笑)

ドイツはこの時期クリスマス市が至る所で見られます。もう午後4時になると暗くなるこの時期、寒い中、クリスマス市でホットワインを飲むのが慣わしになっています。自宅でボトルを買って温めれば良いのですが、寒い、寒い、と言いながら飲むのが良いのかもしれませんね。

Laie |  2008/12/06 (土) 03:46 [ 編集 ] No.2825


見ました!

メールだったのですね。
てっきり、写真も航空便かと思ってました。

いま、拝見させていただきました。
アダムが映っているのも驚きですが、
ご主人、失礼かもしれませんが、
可愛いですね。
もちろん、Laieさんも美しくてお若くて、
なんとなくイメージしていた感じと
一致しました。

>NDR Bigband Feat. Nils Landgrend です。途中、彼のインタビューが入っていて、アクセントはあるもののドイツ語で話していたので、何処の国の人だろうと思って調べてみたら、スエーデン人でした。トロンボーン奏者で歌も歌うのですね。歌声は優しそうな感じが出ていました。


ニルスはこの前、スウェーデンのビッグバンドと一緒に来日し、僕も観にいきましたよ。
歌、巧いでしょ。

拙ブログの2008.8.17に、彼の作品を
取り上げています。
anywhere FMで曲も聴けるようにしてあります。

こちらです。
http://blog.goo.ne.jp/crissmorgan/e/59b45393966ee568a58fa9b13ee7015f" target=_blank>http://blog.goo.ne.jp/crissmorgan/e/59b45393966ee568a58fa9b13ee7015f

スウェーデンの重鎮です。トロンボーンは
最高に巧いし、日本でもかなり人気ありますよ。

というわけで、今、日本は午前1時12分。
今日も朝早くから仕事なので、このあたりで
失礼します。

あとで、メールもします。
では、お休みなさい。

criss to Laie |  2008/11/21 (金) 01:13 [ 編集 ] No.2826


Jazzline

日本ではイタリアのジャズが人気なのですね。どうも自分の中では、イタリア、ドイツと聞くと未だにクラシック音楽のイメージがあります。

クリスさんは、ドラムのスティックにまで精通されているのですね。今度、アダムでもビリーでもツアーに来た際には、彼らの小道具を全て見せてもらおうと思います。

今まで、ドラムになんて全く興味ゼロでしたが、足さばき、手さばきを間近で見れたので、これからは少し親近間が持てそうです。(苦笑)

そうそう、終了後、ジェイさんの楽譜を見せてもらいました。何だか楽譜というより、数字の配列で埋め尽くされていました。いわゆるコード進行だと思うのですが、あれで演奏していたのを思うとすごいなあ。。と感心しました。ちなみに、彼は、日本のラーメンが大好きだそうです。

昨晩、ジャズラインを録画しました。NDR Bigband Feat. Nils Landgrend です。途中、彼のインタビューが入っていて、アクセントはあるもののドイツ語で話していたので、何処の国の人だろうと思って調べてみたら、スエーデン人でした。トロンボーン奏者で歌も歌うのですね。歌声は優しそうな感じが出ていました。

先日のアダムとの写真は、以前頂いたメルアドに14日に添付しました。
アダムのカメラで彼が撮ってくれたものです。直ぐに添付してくれました。お時間がある時に、見て下さいね。

DVDは、PALのままでお送りすることになってしまいます。。。今週中に郵送します。

Laie |  2008/11/19 (水) 17:20 [ 編集 ] No.2827


とう

先週後半は、めちゃくちゃ忙しくなって、
まったくネットを見られず、返信が今頃に
なってしまい、すみません。

今日あたりからやっと落ち着きまして、
さっそく、これからライブに行く予定でいます。日本ではやはりドイツのジャズより、イタリアのジャズの方が断然人気があります。今日観るのもイタリアの元気のいいハードバップです。

>内容ですが、全体的にあまり変化がないような感じで、一言で言うと心地よい感じ。。BGMに最適なフィーリングという感覚でした。

その感想、よ~く、わかります。みんな同じように聞えるわけですよね。本当は緩急つけて観客を飽きさせないステージ演出をするのが、
よいミュージシャンだとおもうのですが、
意外に単調なライブをやるミュージシャンって
多いです。でもフィルはもともと控え目でノーブルなジャズをやる人ですから、それが彼の
持ち味かもしれません。

>変わったスティックを初めて見たので、演奏終了後、一旦しまった道具をまた出してもらって見せてもらいました。割り箸の長い感じの棒が、10本ぐらい束になっているスティックでした。

ブラシ・スティックの特殊型ですね。通常はワイヤー・ブラシといって、細いワイヤーの束を使いますが、たまに太い棒状(この棒の太さにもいろいろある)のブラシを使い人いますね。


>それから、アダムの耳元で、ドラムにペダルがあるのを知らなかったを伝えたら、少しビックリしていましたが

アダムもそんなこと言われたの初めてだったんじゃないでしょうか。アダムが温厚な方でよかったですね。
足を使わない太鼓たたきは、通常、パーカショニスと呼び、区別していますよ。


写真、とっても楽しみです。大切な宝物になると思います。ほんとうにありがとうございます。

criss to Laie |  2008/11/17 (月) 17:02 [ 編集 ] No.2828


Foto with Adam

別便メールで、先日の写真を添付致しました。アダムのカメラで撮ってくれたもので、昨日添付してくれました。場所はハウスの中にあるラウンジ内です。

Laie |  2008/11/14 (金) 22:41 [ 編集 ] No.2829


Konzert in Köln

行って来ました!

主人も会社を4時前に退社して、そのままケルンへ直行。。ハウスに着いたらまだ、誰も来ていないので、近くのイタリアンで食事。。その間に、彼のサウンドチェックも終了していたようで、彼らが食事をしているレストランへ。。

昨夜が、今回のヨーロッパツアーの初日だったのですが、何と、同日に到着したようで、アダムもかなり疲れていたようでした。他の二人を紹介してくれて、渡す物を渡して、その場を退散。。演奏後に会う約束をしました。

無料チケットは今回は期待していなかったのですが、アダムのメッセージを受けたハウスマネージャーから、直接もらいました。Danke!

前回、背骨とおしりが痛くなるほどの心地悪い椅子だったので、今回は、毛布を持参したのですが、何と会場全体が、クッション入りの座席に整備されていました。

座席は、円形状の座席で、アーチストが全て見渡せる前列のド真ん中を確保。例の心臓医の彼とその同僚も誘って、4人で鑑賞しました。

内容ですが、全体的にあまり変化がないような感じで、一言で言うと心地よい感じ。。BGMに最適なフィーリングという感覚でした。ドラムへの距離は、自分の席から1m。普段見えない足さばきや、シンバルの弱音までハッキリ聞く事が出来ました。

休憩中、アダムが、ドラム寄りではなく、ピアノ側に移動するように言っていたので、後で聞いて見たら、音量の加減をかなり心配していたと話していました。個人的には、もっとバンバン叩くシーンもあって良かったかな。。と思いました(笑)

変わったスティックを初めて見たので、演奏終了後、一旦しまった道具をまた出してもらって見せてもらいました。割り箸の長い感じの棒が、10本ぐらい束になっているスティックでした。

それから、アダムの耳元で、ドラムにペダルがあるのを知らなかったを伝えたら、少しビックリしていましたが、>うん、これがないとドラムは成り立たないんだよぅ。。>>えっ、だって、いつも正面から眺めているから、気付かなかったんだよね。。>そうか、じゃあ、今日は、良い勉強をしたね。。

頭ごなしに、えっ、知らないのか?何て言われたら、嫌ですけど、ここがアダムの良いところ。。。決して無知な私を馬鹿にしないので、嬉しい限りです。(笑)

終了後、隣のバーで他のフィルさんも、ジェイさんも同席して、皆で20分ほどお喋り。。ジェイさんはとても気さくな感じで、日本にも何度も行っていると話していました。フィルさんとはほとんど話しませんでしたが、体調が少し悪かったようです。

アダムとも今回はゆっくり話せたので良かったです。お互いのカメラで写真を撮ったので、映りが良さそうだった、後で別便で添付しますね。

あっ、主人が、私の知らない間に、フィルさんから直接最新アルバムのCDを購入していました。帰りの車の中で、二人でまた彼らのジャズを聞きながら、帰宅しました。

Laie |  2008/11/13 (木) 17:24 [ 編集 ] No.2830


Unknown

>どうも文章を書くのが苦手なので、文章が書ける人を文句なしに尊敬しちゃいます。

いや~、僕だって典型的な理科系人間なので、
文章を書くのは大の苦手です。

僕が大学入試をしたころは、共通一次試験って
いうのだったのですが、1000点満点で、
910点をとって、なんとか新潟大学の医学部に
入ったのですが、失点の90点のうち、
実に60点が国語による失点だったのですよ。


国語さえなければ、おまえはどこの大学にでも
はいれるぞ、と担任によく言われたものでした。

>主人が録音してくれたようです。(笑)管の小編成見たいです。

いや~、このメンバー、凄いです。
僕はとくにCraig Handyが大好きです。
ほとんど彼のCDは持ってます。
この人はもともとはビッグバンドで
活躍していた人です。

ということで、また。

criss to Laie |  2008/11/09 (日) 17:27 [ 編集 ] No.2831


Jazzline

雑誌に定期的に原稿を提供されているのですか?すごいですね。。いつか日本へ帰国した際に、その雑誌を手にして拝見させて頂こうと思います。

ドイツ語も英語もかなり適当ですが、最近は日本語の単語もパッと口に出てこないことも少なくないです。(苦笑)どうも文章を書くのが苦手なので、文章が書ける人を文句なしに尊敬しちゃいます。

この火曜日にジャズラインの放送があったのですが、自分はすっかり忘れていましたが、主人が録音してくれたようです。(笑)管の小編成見たいです。

****The Cookers****
Eddie Henderson(trum)
David Weiss(trum)
Craig Handy(sax&flute)
Billy Harper(sax)
Kirk Lightsey(piano)
Cecil Macbee(bass)
Billy Hart(drum)

18日にも放送予定ですが、この放送分を録画してから、DVDをお送りする予定です。番組予定表には、この二人の名前があがっています。

Nils Langren & Susi Hyldgaard

アダムからメールが入りましたので、間違いなく今回も再会が果たせそうです。また、感想をお知らせしますね。

Laie |  2008/11/08 (土) 17:26 [ 編集 ] No.2832


たのしんできてください。

今日は11月3日、文化の日です。
今、朝の7時45分ですが、明日締切の原稿を
書いています。
Laie さんはもちろんご存じないと思いますが、
日本のジャズ雑誌「ジャズ批評」に
2~3年前から、拙ブログの記事を掲載して
もらっていて、
その原稿(今回はジャズ・ヴォーカルがテーマです)の締め切りが明日なのです。

気持ちのいい早朝からジャズ・ヴォーカルと
いうのも、なんだか合わないのですが。

>廃盤のCDをめぐって、取引されているなんて、隠れファンが多いということなのでしょうね。

日本のジャズ・ファン、というかマニアは
「廃盤」という言葉にめっぽう弱くて、
特に3年前に、「幻のCD レア盤・廃盤」という
本が出てからは、一層、廃盤市場が活気ずき、
数年前に発売されたCDが、単に製造枚数が少なかったことと、内容がそこそこいいというだけで、法外な値段で取引されるようになっています。

最近はややそのブームも下火ですが、でもまだまだこの流れは続きそうです。

このフィルの「 In The Woods 」も良い作品ですが、驚くほど良いわけではありません。

ということで、また、原稿書きにもどります。

criss to Laie |  2008/11/03 (月) 07:58 [ 編集 ] No.2833


楽しんできてください。

今日は11月3日、文化の日です。
今、朝の7時45分ですが、明日締切の原稿を
書いています。
Laie さんはもちろんご存じないと思いますが、
日本のジャズ雑誌「ジャズ批評」に
2~3年前から、拙ブログの記事を掲載して
もらっていて、その原稿の締め切りが明日なのです。

気持ちのいい早朝からジャズ・ヴォーカルと
いうのも、なんだか合わないのですが。

>廃盤のCDをめぐって、取引されているなんて、隠れファンが多いということなのでしょうね。

日本のジャズ・ファン、というかマニアは
「廃盤」という言葉にめっぽう弱くて、
特に3年前に、「幻のCD レア盤・廃盤」という
本が出てからは、一層、廃盤市場が活気ずき、
数年前に発売されたCDが、単に製造枚数が少なかったことと、内容がそこそこいいというだけで、法外な値段で取引されるようになっています。

最近はややそのブームも下火ですが、でもまだまだこの流れは続きそうです。

このフィルの「 In The Woods 」も良い作品ですが、驚くほど良いわけではありません。

ということで、また、原稿書きにもどります。

criss to Laie |  2008/11/03 (月) 07:56 [ 編集 ] No.2834


楽しみです♪

そうでしたか。。フィルさんも、ジェイさんもビックバンドで活躍している方達だったのですね。廃盤のCDをめぐって、取引されているなんて、隠れファンが多いということなのでしょうね。フィルさんのホームページでは、CDが自動的に流れるようになっていて、とても素敵です。

ホームページでは知り得ぬ情報はとても貴重です。有難う御座いました。

トリオを生で見るのは、初めてなのでどんな具合なのか今から楽しみにしています。場所は一度訪れたことのあるケルンのハウスなのですが、座席の背もたれが鉄の棒のみで、とても座り心地が悪いので、今回は、毛布を持参する予定です。

Laie |  2008/11/02 (日) 16:14 [ 編集 ] No.2835


はいはい、

もちろん知ってますよ。

フィル・マコーヴィッツもジェイ・アンダーソンもボブ・ミュンツァー・ビッグ・バンドのメンバーで、長く在籍している人たちです。

ちょうど、最近、ボブ・ミュンツァーの新作がでたので、レビューを書こうと思っていたところです。

ビッグバンドというとホーン・セクションばかり目立って、ピアノは脇役ですが、このバンドでのフィルの役割は大きく、ソロ・スペースもけっこう与えられています。抒情系の美しいピアノを弾くんですよ。

僕が持っているフィル・マコーヴィッツのCDは「in the woods 」という作品だけですが、これもすっかり廃盤でなかなか手に入らないレアものなのですが、彼の旧作はどれも廃盤状態で、かなり高値で取引されていますよ。

ジェイ・アンダーソンはときどき名前は聞きますが、個人的にはあまり思い入れはないです。

できたら今週中にアップして、anywhere FMで聴けるようにしますね。

たんぶ、ジャズを普段聴かない人でも、それなりに美しいと感じられるライブになると思いますよ。

ってなところで、また。

criss to Laie |  2008/10/27 (月) 19:20 [ 編集 ] No.2836


またまたビックリ。。

えっっっ?そうでしたか。。また、主人と一緒に驚いています。これから、この番組に出て来るアーチストは一線で活躍している有名人だと思って間違いなさそうですね。

あっ、来月のアダムのトリオで、見に行く予定なのですが、もしも他2人の情報を御存知でしたら、是非、教えて頂きたいです。個々のサイトはチラッと覗き済みです。どんな感じとか雰囲気程度で結構です。

宜しくお願い致します。

Phil Markowitz piano
Adam Nussbaum drums
Jay Anderson bass

Laie |  2008/10/25 (土) 19:29 [ 編集 ] No.2837


ちゃんと

みんな知ってますよ。

Damien Schmitt は先日、僕のブログでも触れました。ちょっとしたブームになってますこの人。

Joris Teepe もCD持ってます。いい作品を作ってます。

PontyもRaschied Ali も超有名です。

ということで、楽しみにしてます。
すみません。お手数おかけして。

criss to Laie |  2008/10/22 (水) 22:47 [ 編集 ] No.2838


WDR Jazzline

クリスさん

昨日深夜、ジャズラインの放送があったので録画してみました。興味のあるアーチストが入っていれば良いのですが。。無名の人達ばかりかも。。

--Jean Luc Ponty & His Band--
Jean Luc Ponty(violin)
William Lecomte(piano)
Guy Nsangue Akwa(bass)
Damien Schmitt(drum)

--Rashied Alie Quintet--
Raschied Ali (drum)
Lawrence Clark(sax)
Josh Evans(trumpet)
Greg Murphy(piano&keybord)
Joris Teepe(bass)

Laie |  2008/10/22 (水) 20:39 [ 編集 ] No.2839


ありがとうございます

今、空きベット待ちの状態です。
個室希望なので、なかなか空きません。

手術でも終われば落ち着くのでしょうが、
まだまだ不安な日々が続きそうです。

そんなこと言っても仕方ないので、
できるだけ明るく過ごそうと思ってます。

東京も急に寒くなってきました。
コートを着ている人もちらほら見られます。

3日前から風邪をひいてしまい、
体調がすぐれません。

今日は職場の飲み会だったのですが、
パスして帰ってきて、久しぶりにブログの
更新なんかしちゃいました。

そちらも寒いでしょうね。
お体に気をつけてお過ごしください。

では、また。

criss to Laie |  2008/10/20 (月) 21:19 [ 編集 ] No.2840


ヘッセン

お父様、その後、様態は如何ですか?落ち着いた状況だと良いのですが。御回復の兆しがありますよう、心よりお祈り申し上げます。

ヘッセンにジャズバンドが存在していたなんて全く知りませんでした。ヘッセンと聞くと、田舎~。くらいにしか思っていなかったので、本当に意外でした。なるほど、WDRの方が知名度があるのですね。

休暇は、スペイン領土の島で、マヨルカ島へ一週間行って来ました。デュッセルドルフから飛行機で2時間です。観光客は、ドイツ人とイギリス人が大半でした。天気の悪い国の人種が太陽の光りを求めて休息に来ていると言った感じでした。

11月の中旬頃くらいまで、演奏会とそれに付随するリハーサル等が立て続けに入っているのですが、それが一段落したら、DVDをまとめてお送りしたいと思っています。

お父様の事で、色々と大変な毎日かと思いますが、どうぞクリスさん御自身の体調にもお気をつけてお過ごしくださいませ。

Laie |  2008/10/18 (土) 16:09 [ 編集 ] No.2841


お返事が遅くなってすみません。

実は、3年前に直腸癌で手術した父が、肺と肝臓に再発してしまい、先月下旬よりバタバタしてしまって、しばらくBlogどころではなかったのです。明日、今までの検査結果から、手術をするか、あるいは化学療法をするか決めるのですが、まあ、かなり厳しい状況であることには変わりありません。

ですので、これからいろいろと忙しくなりそうですので、ブログの更新も少なくなると思いますが、閉鎖することはないと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

ドイツの放送協会のビッグバンドに関しては、あまり日本では話題になりませんが、最近になりやっとWDRあたりがジャズファンに間でも浸透してきたみたいです。個人的には、ヘッセンのHR bigband が好きです。最近ではクリームやトニー・ウイリアムス(と言ってもLaieさんはご存じないかも)で有名なジャック・ブルースとの共演盤を出しています。

まあ、こんなの聴いているのは、日本で100人もいないでしょうか。マニアックですけどね。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/2656366" target=_blank>http://www.hmv.co.jp/product/detail/2656366

criss to Laie |  2008/10/09 (木) 17:53 [ 編集 ] No.2842


ARD und WDR

わあ。。。すごい!もう既にこんなに詳しく紹介されていたのですね。
そうですか。。WDRのビックバンドは特に有力なんですね。MDRでもNDRでも地方局ぐらいにしか思っていなかったので、びっくりしちゃいました。日本語の分からない主人もかなり驚いていました。

先日のJazzlineは、録画しました。タイマーセットして寝るだけなので、全く問題ないです。ただ、8日の分が、バカンスで一週間留守にするので録画ができないので残念です。この番組は、結構同じプログラムを再放送するので、またいつか流れると思います。またその時に録画したいと思います。

クリスさんが録音して下さったオリジナルのCDですが、もっぱらアイロンをかける時と週末の夕食時間に主人と一緒に聞いています。ゆっくりめの曲で楽譜が出てればと思って検索したのですが、販売されていないようです。。もうちょっと検索してみるつもりです。リニーのCDは、車の中で聞かせてもらっています!

Laie |  2008/09/27 (土) 15:45 [ 編集 ] No.2843

コメントを投稿する 記事: SWR Big Band feat. Phil Woods 『 Jazz Matinee 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Joe Zawinul / Brown Street
この前の記事 : SWR Big Band feat. Phil Woods / Jazz Matinee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。