雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

横濱ジャズプロムナード2007

   ↑  2007/10/09 (火)  カテゴリー: 未分類

爽やかな秋晴れに恵まれた今週の日曜日、恒例の横濱ジャズプロムナード2007に出かけてきました。今年は待望のクリスチャン・ジェイコブが来日するということで楽しみにしていた同フェスティバルでしたが、逆にジェイコブ以外はわざわざ横浜まで行かなくても普段観られるバンドばかりだったので少々残念でした。

さて、今年はこんな感じでプロムナードしてきました。

12:00 ~ MAYA with 松尾明 Trio ゲスト:森里子(vln)( ランドマークホール)
13:50 ~ 早坂紗知(as) MINGA( 横浜赤レンガ倉庫 )
15:40 ~ ティネカ・ポスマ・カルテット( 横浜赤レンガ倉庫 )
17:30 ~ クリスチャン・ジェイコブ・トリオ( 横浜赤レンガ倉庫 )
19:20 ~ 宮間利之とニューハード( 横浜みなとみらいホール)

意外に良かったのが早坂紗知のMINGAというバンド。ドイツ人、セネガル人、そして日本の大宜見元さんら3人のパーカッショニストが参加したアフリカン・リズムなどを取り入れた民族音楽色豊かなサウンドでした。何しろパーカッションが3人もいるとサウンドがカラフルです。早坂紗知さんもコルトレーンっぽいフレーズでガンガン吹きまくるし、こんな情熱的な女性吹き手が日本にいたなんで今まで知りませんでした。ちょっと私、勉強不足だったようで、これからしっかりチェックしていこうと思いました。

さて、お目当ての横浜赤レンガ倉庫で開かれたジェイコブ・トリオのライブですが、しっかり3列目に席を確保。しかもジェイコブの手がしっかり見られるポジションということで、昼からレンガ倉庫のあの固い即席座席で待った甲斐がありました。17時30分丁度、ジェイコブ・トリオのメンバーがステージに登場です。ジェイコブが簡単にメンバー紹介した後、1曲目が静かに始まりました。ピアノとベースのユニゾンでテーマが奏でられる美しい曲。これは Jule Styne の ≪ Time After Time ≫ です。それにしても美しい音色です。早坂紗知のバンドのピアニスト、新澤健一郎、そしてティネカ・ポスマのバンドのロブ・ヴァン・バヴェルと同じピアノを使用しているのに、音色がみんな違うんですよね。もちろんジェイコブの音色がずば抜けて素晴らしのですが。同じ楽器でこれほど音色に違いがでるのは不思議です。

1曲目が終わり、ここでジェイコブのMC。

Tune is a ≪ Time After Time ≫ from my CD 『 Styne & Mine 』.
And now here is a new tune with jazz starting to play called
≪ It never entered my mind ≫.

≪ It never entered my mind ≫ は今まで録音歴がなかったと思います。

ついで3曲目が始まるのですが、MCがないので曲名がわかりません。50年代のウエスト・コーストのアルバムで何度か聴いたことのあるスタンダードだったと思うのですが。アート・ペッパーの音が頭に浮かんできますが、曲目までは思い出せません。

そして、3曲目終了後にまたジェイコブのMC。

This is a first time in Japan with the trio ,and we were very exciting to come ,so I thought I would do something special, so I asked a friend of mine from L.A. who is Japanese person. And I said what is melody something that every Japanese person knows. And so we came up with four seasons ….HANA….. I can’t ~.NATSU NO OMOIDE, YUKI NO HURU MACHI WO ~.

最後のほうはよく聞き取れませんでしたが、要は、日本の四季にちなんで、春、夏、秋、冬の名曲をアレンジして演奏します、と言って、< 春のうららの隅田川~ >で始まる滝廉太郎の ≪ 花 ≫。< 夏が来れば思い出す、遙かな尾瀬、遠い空~ >で始まる名曲 ≪ 夏の思い出 ≫。< 夕焼けこやけの赤とんぼ~ >の童謡 ≪ 赤とんぼ ≫。そして最後は ≪ 雪の降る街を ≫ で締めくくりました。どの曲のアレンジもロックビートやモード的アプローチなどで味付けされた素晴らしい曲に仕上がってして感激しました。おそらくこの4曲は、10月12日の Tokyo TUC のライブでも披露され、CDに収録されるのではないでしょうか。ぜひ、もう一度聴いてみたいものです。

8曲目は彼のオリジナルのようでしたが、よく聴きとれず曲名不明。9曲目は最新作『 Contradictions 』から、ペトルチアーニのオリジナル曲、≪ My Bebop Tune ≫ を演奏し、ひとまずステージは終了しました。当然、割れんばかりのアンコールの拍手(僕の隣に座っていた品のイイおじさんまで、脚を踏み鳴らし、叫んでいてビックリしました)に答えて、≪ Just In Time ≫ を演奏してくれました。もうこの≪ Just In Time ≫のイントロが流れだしたときは、心の中で、「やった~」と叫んでいしまいました。ジェイコブの演奏の中で一番好きな曲ですからね。このアレンジはかっこいいですよね。レイ・ブリンカーの素晴らしいアイディアが光った名曲です。


               つづく。
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1075.html

2007/10/09 | Comment (8) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Stefano Di Battista / Trouble Shootin'
この前の記事 : Tal Wilkenfeld 『 Transformation 』

Comment


お~、すぐ前ですね。

お久しぶりです。ジェイコブのライブでは僕のすぐ前にいらっしゃったんですね。

2列目というと、ジャズフェスのTシャツを着た中年の方とその連れの女性、そしてその二人の間に空席(友人の席を確保していたようですね)がありましたよね。なおきさんはもう少し左でしたか?

monakaさんもすぐ近くだったし、やっぱりジェイコブの手を見たいと思うと、左側の前列になっちゃいますよね。

ところで、沖縄行かれていたのですね。僕も沖縄、特に西表が好きで、何度も行ってます。最近は西表にも快適なホテルができましたからね。今度はぜひ沖縄からのツアーではなく、西表に泊まられるといいですよ。星が凄いですから。感動的です。

僕は今年は沖縄本島に行ってきました。こどもがまだ小さいのでプールのあるリゾートホテルじゃないとダメなので。

ということで、こちらからもTBさせていただきます。

criss to naoki |  2007/10/16 (火) 00:07 [ 編集 ] No.2859


ありがとうございます。

3曲目の「Too Close For Comfort」は一足先にSugarさんに教えてもらったのでわかったのですが、8曲目の「State Of Mind」はわからなかったので、助かりました。なんとなく state of mind と言っていたのは聞きとれたのですが、今迄の彼の作品の中にはなかったので、聞き間違えかと思ってました。

tsutsumiさんのブログも拝見させていただきました。メナード・ファーガソンの大ファンなんですね。僕もビッグバンドは大好きですが、メナード・ファーガソンはあまり聴いてはいないんですよ。ライブは一度だけ見たことがありますが。

ブログに掲載されていたジェイコブ、若いですね~。貴重な写真、ありがとうございます。

criss to Yutaka Tsutsumi |  2007/10/15 (月) 23:46 [ 編集 ] No.2860


横浜

Peopletimeのなおきです。ご無沙汰しております。
遅ればせながら横浜の様子、upしましたのでTBさせて頂きます。

僕はJacob、ステージ左側の2列目でした。多分至近距離にいたのでしょう(笑)

ここのところblogになかなか時間が割けない状況ですが、マイペースで記事を追加していきますので、今後とも宜しくお願い致します。

なおき |  2007/10/15 (月) 00:55 [ 編集 ] No.2861


横浜の曲

初めまして。
横浜での演奏曲ですが、3曲目は「Too Close For Comfort」、8曲目は「State Of Mind」でしたよ。

Yutaka Tsutsumi |  2007/10/14 (日) 09:47 [ 編集 ] No.2862


そうか~,

3曲目は《 too close for comfort 》だったんですね。思い出しました。さびの部分が ~too close for comfort ~っていう歌詞ですものね。ありがとうございました。

>惜しむらくはベースのヘンリーは、アンプリファイド・ベーシストなこと。一時期のエディ・ゴメス風の音でとても残念です

確かに僕もそう思いますが,最近はアンプリファイド・ベーシストでない人を探すのが苦労するくらい,ゴリゴリ・ベーシスとが少なくなりましたね。ピックアップやマイクが進化したことによる弊害ですね。

本当は12日のTokyo TUCにも行きたいのですが,仕事で無理かな。

criss to sugar |  2007/10/11 (木) 20:56 [ 編集 ] No.2863


ニューバードは,

正直,つまらなかったですよ。テクニック的にまず

これ以上,赤レンガのあの折りたたみ椅子に座っているのが辛かったので,みなとみらいホールの豪華な椅子に座りたくて移動してしまいましたが,失敗でした。

ビッグバンドは常々,個々のテクニックは二の次と思っていましたが,最低ラインのテクニックがないと,やっぱりつまらないですね。

criss to monaka |  2007/10/11 (木) 20:49 [ 編集 ] No.2864


本日J Bratで

10日第1部を聴いてきました。もちろん12日も行きます。(^^ゞ
分からない曲というのはたぶん、トゥー・クロース・フォー・コンフォートかと。little bit arrengeと言ってましたが、相当編曲された演奏でした。斬新ですよね。この解釈。かなりビックリです。
ピアノ・ソロは、タイム感覚が乱れないですね。ジェイコブは。驚きです。
4部作の春と夏の想い出は第1部で、その他は第2部でやりました。ライブ盤に入れるか、次の新作に回すか、思案中とのこと。
本日は予行演習ということで、12日の演奏の7割をここJ Bratで演奏しました。
惜しむらくはベースのヘンリーは、アンプリファイド・ベーシストなこと。一時期のエディ・ゴメス風の音でとても残念です。
取り敢えずエンジニアの常磐さんが、どこまで修正してくださるか。それも楽しみです。

Sugar |  2007/10/10 (水) 23:33 [ 編集 ] No.2865


ニューハード

赤レンガの後はニューハードへ回られたのですね。場所を変えるならニューハードだなと思っていましたが、座れないと困るから、そのまま一番前の席まで行ってしまいました。
銀座当たったら教えてください。

monaka |  2007/10/10 (水) 18:26 [ 編集 ] No.2866

コメントを投稿する 記事: 横濱ジャズプロムナード2007

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Stefano Di Battista / Trouble Shootin'
この前の記事 : Tal Wilkenfeld 『 Transformation 』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。