雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Luciana Souza 『 The New Bossa Nova 』

   ↑  2007/10/14 (日)  カテゴリー: 未分類

ニューヨークを中心に活躍するサンパウロ生まれのボサノヴァ/ジャズ・シンガー、Luciana Souza (ルシアナ・ソーザ)。最近ではハービー・ハンコックの『 River 』やマリア・シュナイダーの『 Sky Blue 』(前項あり)にも客演し、12月には来日も予定( Cotton Club ) されている彼女のVerve移籍第一弾、通算7作目となる最新作がリリースされました。

プロデューサーは彼女の夫君でもあるLarry Klein (ラリー・クレイン)。彼はジョニ・ミッチェルの元・夫君で、昔は夫婦で組んで数多くの作品をヒットさせました。最近ではマデリン・ペルーやティル・ブレナーらのプロデュースでも大成功をおさめた凄腕プロデューサーです。

前作ではホレロ・ルバンボ(g)をはじめ4人のギタリストとのデュオ形式で、ポルトガル語でのブラジルの優しい風を届けてくれたソーザですが、本作ではスティーリー・ダン、ジェームス・テイラー、スティング、ブライアン・ウイルソン、マイケル・マクドナルドなど、70年代~80年代のPOP/ROCK の名曲をボサノヴァにアレンジしてカヴァーし、移籍第一弾にふさわし新境地を切り開いています。

全編英語で歌っているためサウダージ感は希薄ですが、彼女の優しく深い感情のこもった歌声で綴られる懐かしい美メロは、極上の安らぎを与えてくれます。しかし単なる能天気な癒し系ボサノヴァ作品ではなく、ニューヨークの洗練されたインテリジェンスが漂うボサノヴァ作品に仕上げるところが流石です。

サポート・ミュージシャンも盟友ポレス・ルバンボはもちろんのこと、以前から共演しているエドワード・サイモンや、クリス・ポッター、スコット・コリー、アントニオ・サンチェスらなど、超豪華なジャズ・ミュージシャンを揃えるあたりもルシアナとラリーの本気度の高さがうかがえます。

ところで、僕が初めて彼女の歌声を聴いたのは、95年のジョージ・ガゾーンの傑作『 Alone 』(前項あり)でした。一曲だけですが≪ How Sensitive ≫で澄んだ透明感のある歌声を披露していたのです。その一曲で完全に彼女の魅力にとりつかれてしまった僕は、以来彼女を追っかけているのですが、02年のギターとのデュオ作品『 Brazilian Duos 』、03年のブレッド・ハーシュ、エドワード・サイモン、ブルース・バースらのピアノ・トリオをバックに歌った『 Norte E Sul ( North and South ) 』と並んで、本作も愛聴盤になること間違いなしの出来の良さだと感じました。

ただし、真摯なジャズ・ファンにはちょっとお勧めはできないかもしれません。むしろ、非ジャズ・ファンの方々に支持される可能性の方が高いかもしれません。なにしろ、先天性音楽受容体欠損症を患う我が愚妻が、「この人、バーシアみたいで素敵ね~」とか評していましたので。


Luciana Souza  『 The New Bossa Nova 』 2007年 Universal Music France / Verve 0602498485392

Down To You ( Joni Michell )  !!!
Never Die Young ( James Taylor )
Here It Is ( Leonard Cohen / Sharon Robinson )
When We Dance ( Sting )
Setellite ( Elliot Smith )
Where You Blind That Day ( Walter Becker / Donald Fagen )
Love Is For Strangers ( Walter Becker / Larry Klein )
You And The Girl ( Luciana Souza / Larry Klein )
Living Without You ( Randy Newman )
I Can Let Go Now ( Michael McDonald )
God Only Knows ( Braian Wilson / Tony Asher )
Waters Of March ( Antonio Carlos Jobim ) 

Lciana Souza の Official Web Site はこちら
  ≪ Here It Is ≫などの録音時ビデオ・クリップが見られます。


バカヤロという罵声が飛んできそうですが、前述のバティスタの新譜と並べて眺めると、俄然、バティスタの目線がイヤラしく見えてくるもんですね。

関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1077.html

2007/10/14 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Matt Dusk 『 Back In Town 』
この前の記事 : Stefano Di Battista 『 Trouble Shootin' 』

Comment


はじめまして。

こんな辺境ブログまでお越し頂き、ありがとうございます。

じつはnanmo2 さんのブログに最近、お邪魔したことがあるんですよ。

バーバラ・ディナリーンとローダ・スコットを検索していてヒットしたのがnanmo2さんのブログでした。タイトルが印象的だったので覚えています。

nanmo2さんもブログこそ、個性的で面白いですよ。

またお暇なときにお越しください。
待ってます。

criss to nanmo2 |  2007/10/15 (月) 23:31 [ 編集 ] No.2877


初めまして

初めまして、クリス・モーガン?さん。
nanmo2と申します。

グーグルで偶然引っかかりました。
読み応えありそうなブログですね。
家とは大違い(^_^;)
今回紹介してるルシアナさん、知りませんでした。
やっぱり、ボサノヴァはポルトガル語でしょう。
英語は味気ありません(^^ゞ

これからも未知なるミュージシャンの情報お願いします。
先ずはお初ということで、足跡ペッタン、ペッタン。

nanmo2 |  2007/10/14 (日) 08:50 [ 編集 ] No.2878

コメントを投稿する 記事: Luciana Souza 『 The New Bossa Nova 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Matt Dusk 『 Back In Town 』
この前の記事 : Stefano Di Battista 『 Trouble Shootin' 』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。