雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Stefano Di Battista  『 Volare 』

   ↑  2005/12/28 (水)  カテゴリー: alto
Stefano Di Battista  『 Volare 』
昨日は以前ドイツの学会で一緒だったメンバーで結成した「ドイツの会」の忘年会でした。六本木のドイツ料理のお店で毎年開いているのですが,こういっちゃなんですが,ドイツ料理はあまり美味しくないですね。でもワインは美味しいんですよね~。これでひとまず忘年会は全部終了です。あ~,よく飲んだものだ。

というわけで,今日は何の話をしようかと迷っていたのですが,昨日,ピエール・ドゥ・ベトゥマン(Pierre De Bethman)の話が出ましたので,その流れでステファノ・ディ・バティスタ(Stefano Di Battista)の話でもと思っています。「キャ~ッ,バティスタ様~」と,何処からか黄色い歓声が聞こえてきそうですが,それはちょっと置いといて。

「ドゥ・ベトゥマンとディ・バティスタの何処に関連があるんじゃ」とおっしゃるかもしれませんが,実は二人は競演したことあるんですよ。ジャズ批評のNo.109 「ピアノ・トリオ最前線」のp133にPrysmの3rd album 『 Time 』が紹介されているのですが,それによると,ベトゥマンは1998年,ディ・バティスタ・クインテットのメンバーとして,エリック・レニーニの代役で来日しているんですね(「巴里 ジャズ物語」というLABEL BLUEのアーティスト達によるコンサート)。バンジャマン・エノクも当時のディ・バティスタ・クインテットのレギュラーでしたから当然一緒でした。で,当時のディ・バティスタ・クインテットのアルバムが上の『 Volare 』(1997 LABEL BLUE)というわけです。このデビュー・アルバムの出来の良さに仏Blue Noteのニコラス・フルール(Nicolas Pflug)が目をつけ,1998年に同レーベルから『 A Prima Vista 』でメジャー・デビューしています。その後,『Stefano Di Battista 』(2000),『 Round About Roma 』(2002),『 Parker’s Mood 』(2004)と,リリースしていますが,僕としては第一作の『 Volare 』が目下最高傑作であると思っています。僕の中での順位は,1位『 Volare 』,2位『 Parker’s Mood 』で,あとの作品はみんな一緒かな。

『 Volare 』は12曲中5曲がバティスタのオリジナルで,その他が<Stars Fell On Alabama>,<My Foolish Heart>などのスタンダードや,メンバーのボルトロ,ボナコルゾのオリジナル,それからハンコックの<One Finger Snap>やマーギッツァの<Windows Walk>なんかも入っています。マーギッツァの<Windows Walk>はオリジナルよりスロー・テンポでボルトロのテーマにバティスタが軽くオブリガードをつけて,静かにしかし情熱的に歌い上げます。もしかするとオリジナルより名演かも。この曲はちょっと古いけど名曲ですよね。ぐ~っと心に沁みます。M-4<Funky Porcini>などは,70年代マイルスを彷彿させるロック・ビートで,バティスタ,ボルトロともキレまっくています。M-5<Stars Fell On Alabama>など,僕はキャノンボールのバージョンなど嫌いなほうですが,ここでのバティスタの歌い方はイイです。やっぱりバンジャマン・エノクのドラミングが冴えていて,全体を引き締めています。このアルバムを聴くとロザリオ・ジュリアーニよりバティスタの評価が高いというのも納得しちゃうんですよね。とにかくすばらしいアルバムですわ。

最近は,High FiveのようなEuropean Hard Bop Jazzが人気ですが,バティスタ=ボルトロの哀愁バップも,これがなかなかどうして,イイもんですよ~。


Stefano Di Battista  『 Volare 』(1997 LABEL BLUE)
Stefano Di Battista (as)
Flavio Boltro (tp)
Eric Legnini (p)
Rosario Bonaccorso (b)
Benjamin Henocq (ds)
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-108.html

2005/12/28 | Comment (5) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 2005極私的JAZZ PIANO BEST 10
この前の記事 : Stefano Di Battista  『 Volare 』

Comment


Re: Stefano Di Battista  『 Volare 』

crissさん、こんにちは。

今朝早朝の番組、録画OKです!

深夜番組の時間帯は、いつも大体好い加減で、今回も予定時刻の始まりの10分前、終了時刻は20分プラスでの時刻設定。今回は、ラッキーなことに、30分遅れの始まりで、ギリギリセーフの録画になりました。

今回は、crissさんの要望のみの録画にしています。今の時点で、ディスク1,5枚分なので、もう少し他の演奏も入れられればと思っています。

ドラムスのRoberto Gatto氏以外は、こちらの記事で取り上げられているメンバーと同じようです。経った今、流し聞きしてみました。SHオケが、良い具合にジョイントしていたように思いました。映画音楽も入っていたようです。

個別メールにて、頂いたLineageの感想と送らせて頂きましたので、お時間のある時に、覗いて見て下さいね。

以下は、録画したメンバーです。

Stefano di Battista - Saxofon
Eric Legnini - Piano
Rosario Bonaccorso - Bass
Roberto Gatto - Schlagzeug
Schleswig-Holstein Chamber Orchestra
Vince Mendoza - Leader

これから、書かれている記事を覗かせて頂きます。

Laie |  2010/01/17 (日) 19:45 No.1042


Re: Stefano Di Battista  『 Volare 』

Laieさん、こんにちは。

>深夜番組の時間帯は、いつも大体好い加減で、今回も予定時刻の始まりの10分前、終了時刻は20分プラスでの時刻設定。今回は、ラッキーなことに、30分遅れの始まりで、ギリギリセーフの録画になりました。

僕んちのレコードーなどは、画面にでる番組予定表から録画したい番組をクリックするだけで簡単録画できちゃうし、急遽、時間変更になったりしても、自動的に録画時間を変更してくれるんですよ。ドイツってどんなメーカーの家電が使われているか知りませんが、その点は日本のほうが便利ですよね。それから、録画していただいている映像を見ると、アナログ画質ですが、まだドイツではアナログ放送が一般的なんですか?

>個別メールにて、頂いたLineageの感想と送らせて頂きましたので、お時間のある時に、覗いて見て下さいね。

あまり気にされずに聴いてくださいね。感想を書かねば、と思おうとリラックスして聴けないでしょ。よかったよ、いや、あまり面白くなかったよ、ぐらいの感想でいいですよ。

自分でこうしてブログをやってて思うのは、意外に音楽をテキスト化するのって難しいし、うっとおしいですよね。

そんなわけで、これから外来です。
DVD楽しみにしてます。
来週中にでもこちらからもちょっと送ります。最近気に入っているCDからベスト盤を作って、友人に配っているので、その一枚をお送りしますね。

criss to Laie |  2010/01/18 (月) 08:20 No.1044


Re: Stefano Di Battista  『 Volare 』

crissさん、こんにちは。

>僕んちのレコードーなどは、画面にでる番組予定表から録画したい番組をクリックするだけで簡単録画できちゃうし、急遽、時間変更になったりしても、自動的に録画時間を変更してくれるんですよ。ドイツってどんなメーカーの家電が使われているか知りませんが、その点は日本のほうが便利ですよね。それから、録画していただいている映像を見ると、アナログ画質ですが、まだドイツではアナログ放送が一般的なんですか?

えっ?そうなんですか!これは画期的ですね~。さすが日本ならではの丸得という感じですが、crissさん宅のオーディオが最新の物なのか。。特に深夜の番組を予約する場合、とても便利ですね。これだったら、コマーシャルなどの無駄も省けますよね。

主人も私も、オーディオ関係に全く疎いのですが、ドイツはデジタル放送です。
録画したDVDの映りが良くなかったでしょうか。う~ん。。DVDのデッキが古いのでしょうか。。主人も何故だろう?と言っていました。デジタルのアンテナは新しく変えたばかりなので問題ないとして、DVDの本体は、6年くらい経ちますが。。何故、アナログ画質になるのか、不思議です。

>あまり気にされずに聴いてくださいね。感想を書かねば、と思おうとリラックスして聴けないでしょ。よかったよ、いや、あまり面白くなかったよ、ぐらいの感想でいいですよ。

フォローありがとうございます。新しいCDなどは、特にいつも何度か冊子も読まずに聞いて、慣れてきたら冊子を手にしてみるのですが、こうやってブログにコメントさせてもらうようになって、文字にして音楽の感想を書くという楽しさが出来ました。
ジェリーさんにしても、あんな風にCDの感想を書いて、伝えたことも今までになかったですし。。まして、サックスの話や音楽の話をしたことがなかったので、自分自身も嬉しく思っています。逆にあの程度の感想しか書けませんが(苦笑)。ちなみに、主人は私が感じたようには思えないそうです。

>来週中にでもこちらからもちょっと送ります。最近気に入っているCDからベスト盤を作って、友人に配っているので、その一枚をお送りしますね。

crissさんのベストですか!とても楽しみです♪ でも、どうぞ御無理をされませんように。。

Laie |  2010/01/22 (金) 15:51 No.1058


Re: Stefano Di Battista  『 Volare 』

crissさん、上記コメントに追加です!

頂いたもう一枚のビルエバンスですが、こちらも何回も聞かせて頂きました。テイク1、テイク2とありますが、ほとんど違いが分かりませんでした。全体的には、しっとりと、しみじみと。。マイ・フーリッシュ・ハートもいいですね~。気分転換に、弾き語りで歌う事も少なくないです(笑)。
最後のポギーベスは、オペラでも観たし、バリトンの方と遊びで、デュオを演奏したこともありました。(あっ、CDの終曲の曲ではありませんが。。)

そんなわけで、また、私のCD棚のジャズコーナーに明かりが灯りました。
有難う御座いました。今後も聞かせて頂きます!

Laie |  2010/01/24 (日) 01:23 No.1069


Re: Stefano Di Battista  『 Volare 』

Laieさん、こんにちは。

>頂いたもう一枚のビルエバンスですが、こちらも何回も聞かせて頂きました。テイク1、テイク2とありますが、ほとんど違いが分かりませんでした。

take1 もtake2も区別できない、という感覚は、いたって正常ですので、ご心配なく。僕も同じです。

だいたい、テイク違いを並べて聴きたい人なんているんでしょうか? こんなCDは本当はキライですが、こういう再発盤ってけっこう多いです。せめて、別テイクだけは最後に並べて記録してほしいです。

>マイ・フーリッシュ・ハートもいいですね~。
いいでしょ~。僕はこの曲が大好きです。多くのミュージシャンがこの曲をカヴァしてますが、この曲が入っているだけで僕は買っちゃうくらい好きですよ。

criss to Laie |  2010/01/24 (日) 12:46 No.1073

コメントを投稿する 記事: Stefano Di Battista  『 Volare 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 2005極私的JAZZ PIANO BEST 10
この前の記事 : Stefano Di Battista  『 Volare 』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。