雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ジャズ批評

   ↑  2007/11/18 (日)  カテゴリー: 未分類

 

新ブログhttp://jazzlab.blog67.fc2.com/もご覧ください。


Jazzジャーナリストでもあり、現役の整形外科医でもいらっしゃる小川隆夫氏の運営するブログ、『 Keep Swingin’ 』の1115日付けのエントリー記事にこんな件がありました。勝手に引用させていただきますが、お許しください。

≪ ぼくのことが雑誌に掲載されたり、本が出たりすると一番喜んでくれるのが母親です。年老いて、普段は生きる気力もないようなことを口にする母親ですが、それでもぼくのことが紹介された雑誌や本を見ると、数日間は元気になります。
取材をするのは得意でも、受けることに違和感を覚えるぼくですが、母親の喜ぶ顔が見たくて、せっかくのチャンスは有り難く受けることにしています。単行本を節操なく出し続けている一番の理由も同じです。極私的なことにつき合わされる読者のかたは迷惑でしょうが、母親あってのぼくなので、ご勘弁ください。
12月は、お陰で彼女の嬉しそうな顔が連続して見られることでしょう。楽しみはいろいろあるんですが、こういうのもぼくの中では結構大きいんですよ。≫

拙ブログにおいでの方は既にご存知とは思いますが、僭越ながら数か月前より拙ブログ『雨の日にはJAZZを聴きながら 』を『 ジャズ批評 』誌で紹介していただいております。また、特集記事についてもわずかながらですが駄文を掲載させていただいております。

“ criss ”などと言うふざけたペンネームで、しかも無責任極まりないなブログという形態で書かれた記事を、由緒あるジャズ批評誌に掲載させていただいている訳で、この上なく有難いことだと感謝しております。しかし、感謝する気持ちがある一方で、ものすごく恥ずかしい気持ちでいっぱいですし、本当にこんなブログ記事を載せちゃっていいのだろうか、という疑問も湧いてきます。

僕の手許には古いジャズ批評誌が沢山ありますが、たとえば1969年の5号を棚から引っ張り出してその執筆者を見てみますと、そこには今では信じられないくらい錚々たる著名な評論家達が名を連ねていることに気づきます。相倉久人氏、植草甚一氏、平岡正明氏、それに最近惜しくも亡くなられた清水俊彦氏、などなど。現在、音楽業界にはびこる似非ジャズ評論家達とは違い、真のジャズ評論ができる面々が、わずか70ページ足らずの紙面に各々が熱き持論を展開しているのです。無駄な論評など一字たりともありません。そんなまさに超高密度の評論雑誌であった頃の同誌を読むにつけ、「次号はお断りしよう」と思うのですが、実は、僕の同誌への掲載を僕以上に楽しみにしている人がいるのです。

それは
小川隆夫氏と同じく、僕の両親なのです。毎回、ジャズ批評を栃木の実家に郵送してあげるのですが、それを本当に楽しみにして待っていてくれるのです。音楽に全く興味のない両親ですが、僕の書いたマニアックな難文を、母が父に読んで聞かせてあげているそうです。母66歳。父69歳。父は2年前に直腸癌にかかり手術を受けました。今のところ再発はありませんが、いつ再発してもおかしくない状態です。

僕も
40歳を過ぎ、子供ができ、やっと親のありがたみが分かる歳になりました。こんな些細なことですが、僕の記事を読みながら二人でニコニコ笑い、お茶をすすっている両親を思い浮かべながら、「依頼があれば、もう少し書かせてもらおうかな」って、思っている今日この頃であります。

P.S. ジャズ批評5号の中で、清水俊彦氏が執筆しているそのタイトルが凄いですね。「ニュー・ジャズとニュー・ロックの相互浸透とラリー・コーイエルの反バートン的局面について」ですよ。ラリー・コーイエルって、何だと思ったら、ラリー・コリエルのことでした。反バートン的って、何かの物理の法則かと思ったら、ゲイリー・バートンのことなんですね。それにしても清水俊彦氏の評論は難解です。彼の著書は我が書棚に今でも鎮座していますが、一生かけても理解できないだろうな。

関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1086.html

2007/11/18 | Comment (13) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : ジャズ批評
この前の記事 : Nathalie Loriers 『 Nympheas 』

Comment


パソコンが壊れると

めちゃくちゃ憂鬱になりますよね~。
僕は、根がいい加減な性格なので、
定期的にバックアップなどとっていないもの
だから、一度クラッシュすると家出したくなりますよ。

まあ、何度もトラブル起こしているので、
最近はできるだけソフトを詰め込まないように
して、シンプルなシステムで稼働させています。
どうせ、メールとブログぐらいしか、最近は
使用していないもので。(大学辞めてから、
めっきり学会活動が減ったので、エクセルや
パワーポイントを使わなくなりまして)

「楽園人」は書店で立ち読みで済ませちゃいました。
確かに面白い情報は皆無でしたね。

>島田奈央子は往年のアイドル島田奈美って知ってました?
いや~、知りませんでした。島田奈美と言われてすぐに顔が思い浮かばなかったので、ネットで検索してみましたが、youtubeにたくさん映像がアップされていて
懐かしく見入ってしまいました。

今見ても美形ですね。現在の彼女のサイトも覗いてみましたが、意外に今でも若々しく、奇麗でした。
イイ女、ですね。

改めて、スイングジャーナルの彼女のレビューを
いくつか読み直してみましたが、まあ、それほど
大した内容ではないですね、やっぱり。
でもあのアイドルが、ジャズのレビュアー、と思うと、なんだか少しばかり意味不明な興奮を覚えたりして。

criss to Marty |  2007/12/02 (日) 02:20 [ 編集 ] No.2898


「楽園人」のジャズの特集

クリスさん、こんばんは。
パソコンが壊れて、気分も滅入っています。
さて、11/24発売の雑誌「楽園人」はジャズの特集は期待外れでしたね。当初の企画ではジャズ喫茶や隠れた名盤紹介があるらしいと聞いていたのですが、原稿があつまらなかったのか第二特集で、内容もイマイチでしたね。
ところで、Swing Journalや本誌の名盤紹介の島田奈央子は往年のアイドル島田奈美って知ってました?
ではでは。

Marty |  2007/11/25 (日) 19:40 [ 編集 ] No.2899


そっか~,

見れないんですね。
了解しました。
早速,今日,mailさせていただきます。
早く復旧願ってます。
今日は,11月22日で“夫婦の日”だそうです。
なのに,昨日から子供の受験のことで我が家は
険悪なムードです。
まだ,これから幼稚園というのに,
妻はすでに小学校受験のことを考えているみたいで。
なんだか憂鬱です。

criss to suzuck |  2007/11/22 (木) 09:03 [ 編集 ] No.2900


写真みれませーん。

ブログによって違いますが、グーブログは写真だめ。
写真みれるブログもありますけど。。
ちさとくんの写真、送ってぇ。
あと、あれ、すごすぎます。おもしろかったです。
あの、ライブの記事ライナーがわりに印刷して使いますからよかったら、一緒にメールでコピペして送ってくださあい。m(__)m

すずっく |  2007/11/20 (火) 22:30 [ 編集 ] No.2901


いつも

拝見してはいるのですが、オーディオに
興味が薄い僕には、突っ込みを入れるチャンスが
なくて、すみません。

ロバート・パーマーは僕も好きですが、
僕が好きなのは初期の作品ですね。
「スニーキン・サリー」や「ダブル・ファン」
なんか、学生のころ、よく聴きましたよ。

ミーシャ・マイスキーも好きでね~、
というかですね、お恥ずかしい話ですが、
チェロを短期間だけですが、習っていたもので、
今でもこの部屋の隅にチェロが置いてあります。
何年も開けていませんが。

criss to ITSUNIRE |  2007/11/19 (月) 23:06 [ 編集 ] No.2902


ありがとうございます。

>とにかくご両親への孝行はここ数年と思いますので頑張ってください。

ホント、あと数年だと思うと悲しいです。

我が子を抱いて、昔、父親に抱かれて泣いていたことを思い出し、

我が子の手を引いて散歩しては、昔、父親に手を引かれて公園に遊びに行ったことを思い出し、

我が子とお風呂に入って、水鉄砲で遊んで、昔、父親と風呂に入り、水鉄砲で父親の顔に水をかけたことを思い出しております。

我が子が、昔、父親と過ごした時間を蘇らせてくれるのですね。

今週末の連休に、一日だけですが、栃木の実家に帰ろうと思ってます。


criss to monaka |  2007/11/19 (月) 22:57 [ 編集 ] No.2903


ござ

>とにかくご両親への孝行はここ数年と思いますので頑張ってください。

ホント、あと数年だと思うと悲しいです。

我が子を抱いて、昔、父親に抱かれて泣いていたことを思い出し、

我が子の手を引いて散歩しては、昔、父親に手を引かれて公園に遊びに行ったことを思い出し、

我が子とお風呂に入って、水鉄砲で遊んで、昔、父親と風呂に入り、水鉄砲で父親の顔に水をかけたことを思い出しております。

我が子が、昔、父親と過ごした時間を蘇らせてくれるのですね。

今週末の連休に、一日だけですが、栃木の実家に帰ろうと思ってます。

criss to monaka |  2007/11/19 (月) 22:56 [ 編集 ] No.2904


ダメなの?

パソコンまだ駄目なんですか~
早々の復帰、願ってます。

ところで、携帯からは僕のブログの画像は見れますか?11月4日に久しぶりに子供の写真をアップしたのですが、ご覧なりました? 親ばかですが、カワイく育ってます。

>私はどんな崇高?な雑誌でも、四コマ漫画や息抜きコーナーはありますから、私はジャズ批評のお笑い部門担当だと思ってます。

いや、ぼくもね、ジャズ批評からの投稿依頼が初めてあった頃は、「ジャズ批評の歴史をぶっ壊すような過激な内容のものを書いてやる~」なんて思っていたけど、根が小心者なので、結局つまらない文章になってしまっています。特に前回のブログ紹介なんか、どこかの売れない三流ライターのような陳腐な記事になってしまっていて、情けないです

criss to suzuck |  2007/11/19 (月) 22:49 [ 編集 ] No.2905


お久しぶりです。

涙ちょちょぎれそうな有難いお言葉、
どうもありがとうございます。

でも、なんとか2年4か月、続けてきましたが、
ホント、ジャズのブログを続けるのって難しいですね。

僕も他人のジャズ・ブログを数多く観察しているのですが、ほとんどが短期間のうちに閉鎖されてますからね。

ジャズは好き。でもそれだけでは書けない。
最近つくづく感じます。

> ところで、11/24発売の雑誌「楽園人」はジャズの特集らしいです。

いつもいつも書籍関係の情報、ありがとうございます。僕は書籍についての情報に疎いので大変ありがたいです。

criss to marty |  2007/11/19 (月) 22:41 [ 編集 ] No.2906


大切は大切に

クリスさん、こんにちは、monakaです。
この貴殿の記事はとてもストレートな気持ちが伝わって感じいります。父上のお病気は以前に知っていましたのでお元気なのは何よりです。私の父は87まで生きましたが8回ぐらいがんの手術を受けた人でした。父をなくした後母は生存していますが、かなりぼけています。
掲載された記事を見せたら喜ぶのでしょうか。考えたこともありません。
ちなみにクリスさんのblogは私にとって真ん中、信頼できる的確な表現で、感性だけの私の記事に比較してとても信頼できるものだと思っています。データ量ではバブさんが併走していますね。
とにかくご両親への孝行はここ数年と思いますので頑張ってください。

monaka |  2007/11/18 (日) 22:00 [ 編集 ] No.2907


困ったなあ。。

クリスさんが辞退するなら、もっと、辞退しなくてはならない人が此処にいます。。
私は何度も言ってますが、スマートだけど、時々熱くなるクリスさんの文章は大好き(*^_^*)

偉い方々の文章と比べても遜色ないけど、クリスさんはクリスさんで素敵だけどなあ。。

因みに、私はどんな崇高?な雑誌でも、四コマ漫画や息抜きコーナーはありますから、私はジャズ批評のお笑い部門担当だと思ってます。
パソコンは駄目やまま。これは携帯から。。

すずっく |  2007/11/18 (日) 16:13 [ 編集 ] No.2908


雑誌掲載

お久しぶりです、ITSUNIREです。

雑誌に、執筆した文なりブログに書いたことが載るということは、自分のため、雑誌社のため、読者のためではありますが、ご両親のためにも書かれるというのは、とても真っ当なことかと思います。

不躾で言葉足らずになってしまいますが、crissさんのスタンスには好感を持ちました(何だか上手く表現できないのでこそばゆいですが)。

ITSUNIRE |  2007/11/18 (日) 12:46 [ 編集 ] No.2909


エール

クリスさん、おはようございます。
私もクリスさんの記事とblogを楽しみにしている一人です。名だたる批評家の文もそれなりに参考にはなりますが、その方が自腹でCDを買ってるかどうか、文章を読めば何となく判るようになってきました。私自身、学生時代、本とCD(レコード)だけは借りずに、自腹で買わないと、血にも肉にもならないと教えられました。そう言った意味では、クリスさんの文章は、御自身の経験とジャズへの愛情に溢れていて、我々読者の心に響くものがあります。
これからも楽しみにしてますので、頑張って下さい。

# ところで、11/24発売の雑誌「楽園人」はジャズの特集らしいです。

Marty |  2007/11/18 (日) 10:22 [ 編集 ] No.2910

コメントを投稿する 記事: ジャズ批評

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : ジャズ批評
この前の記事 : Nathalie Loriers 『 Nympheas 』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。