雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

アトリエ澤野コンサート2007@すみだトリフォニーホール

   ↑  2007/12/16 (日)  カテゴリー: 未分類

新ブログhttp://jazzlab.blog67.fc2.com/もご覧ください。

12月8日(土)に年末恒例のアトリエ澤野コンサートを、錦糸町のすみだトリフォニーホールに聴きに行ってきました。

師走の慌ただしい生活の中、格調高い同ホールに逃げ込み、心静かに一年を振り返り、そして感謝しながら澤野のジャズを聴く。そんな素敵な時間を過ごせるコンサートとして、毎年楽しみにしている私的風物詩です。

今年で5回目となるアトリエ澤野コンサート2007は、一昨年にも出演したキヨシ・キタガワ・トリオと、澤野の看板アーティストであるウラジミール・シャフラノフ・トリオの2部構成でした。僕は仕事の関係で前売り券を前日の7日にしか買えなかったので、S席とはいっても2階のバルコニー席でした。5時30分開演にぎりぎり間に合い着席。ホール全体を見渡すと1階の後ろ1/4ぐらいは空席。2階もほとんど空席。1800人収容の同ホールですが、おそらく1000人程度しか入っていないのでしょう。澤野ブランドとは言えどこの程度なのですから、やはりジャズは音楽産業の底辺、あるいは末梢領域であると言わざるを得ません。悲しい限りです。

さて、恒例の澤野社長の挨拶から始まりましたが、なんと社長、ウラジミール・シャフラノフ・トリオのドラマーの名前を失念してしまい狼狽し、会場は爆笑というハプニングがありました。

第1部はキヨシ・キタガワ・トリオ。今年はピアニストがケニー・バロンから、新進気鋭のダニー・グリセットに交代しています。個人的には今回のコンサートで一番楽しみにしていたのがこのダニー・グリセットです。昨年Criss Cross からリリースされた初リーダー作『 Promise 』( 2006 Criss Cross Jazz 1281 ) が素晴らしい出来で、今でも時々引っ張り出しては聴く、秘かな愛聴盤です。Disk Union 全店のジャズ担当者が年間ベストの1枚を紹介する「 Disk Union Jazz Ultimate Collection 」というカラーの小冊子がありますが、その2006年度版に吉祥寺ジャズ館の桜井敦氏が紹介していた作品です。

ダニー・グリセットはロサンゼルス生まれの31歳。2003年に活動の拠点をニューヨークに移し、近年はヴィンセント・ハーリング、ニコラス・ペイトン、トム・ハレルらのレギュラー・ピアニストとして幅広く活動しているようです。先日発売になったトム・ハレルの新作『 Light On 』( 2007 High Note ) やジミー・グリーンの新作『 Gifts and Givers 』( 2007 Criss Cross ) にも参加し存在感を見せつけていました。

さて、演奏は北川さんの前作『 Prayer 』と最新作『 I’m Still Here 』からの全曲オリジナルで固めた彼らしい硬派な選曲でした。北川さんって、外見からは想像つきませんがかなりロマンティックで哀愁あるメロディーを書く人で、その作曲力も彼の魅力の一つなのですが、実は僕が最も魅かれるのが彼の指使いなんですね。CDで聴いていると分りませんが、彼の右手のオルタネイト・ツーフィンガーは見ていて実に美しい。しかも右手関節が柔らかく可動し、上腕~手関節~指先の理想的な一連の動きはまるでベースを愛撫しているかのようです。それでいて意外にノン・アンプリファイな堅強な音で感心します。

ダニー・グリセットの音は繊細で現代的であり、時として欧州圏の叙情派ピアニストを連想させるフレーズを散りばめ、ほとんど黒人臭さを感じさせません。肌の色など、そんなの関係ね~、と言ったところでしょう。自身のリーダー作の方が伸び伸び演奏しているように感じられましたが、北川トリオでの演奏もなかなか聴かせてくれます。

ブライアン・ブレイドはいつもながらシンプルなセットで、信じられないくらい多彩なリズムを繰り出し、北川さんの曲をより高次元に導いていきます。リズムを刻むというよりも、リズムがうねり、リズムが流れると言ったほうが適切かもしれません。シンバル、スネア、バスドラの連携が天才的に巧いのですね。

MCなしの7曲、80分。北川さんのソウルフルでロマンティックな音世界をたっぷり堪能させていただきました。

休憩を挟んで第二部はウラジミール・シャフラノフ・トリオ。正直なところ僕にとっては第二部はおまけです。あまりにも分り易く明快なジャズで、曲目もスタンダード中心。ボサノヴァありの、アンコールは≪ Ave Maria ≫と≪ニュー・シネマ・パラダイス≫とくれば、(たぶん、かなりの数いたと思う)ジャズ・ファンでない聴衆をも喜ぶサービス満点の選曲なので、僕としてはやや疲れる演奏でありました。まあ、このあたりの≪マニアックなジャズ≫ 対 ≪大衆娯楽としてのジャズ≫をラインナップするあたりが澤野氏の狙いなのでしょうね。

終演後、ロビーで開かれているサイン会に並ぶ大勢のファンのわきをすり抜け出口へ向かいながら、素敵な一夜への感謝と来年のコンサート開催を願い、帰路につきました。


北川潔トリオ 『 I'm Still Here 』 2007 Atrlier Sawano AS071
Kiyoshi Kitagawa (b)
Danny Grissett (p)
Brian Blade (ds)
今回の澤野コンサートに先立って発売された北川さんの最新作。個人的には彼の澤野での作品中、べスドの出来栄えだと思います。57分というやや短めの録音の中に、彼の美意識に貫かれた名曲が7曲つまっています。コンサートに行けなかった方はぜひ御一聴を。


Danny Grissett  『 Promise 』 2006 Criss Cross 1281
Danny Grissett (p)
Vincente Archer (b)
Kendrick Scott (ds)
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1091.html

2007/12/16 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


ミラバッシ

>来年3月確かに来日するようですが、平日なので厳しいんですよね。。。
トリオなので、是非観てみたいところですが。

今、澤野のHP見たら東京は3月31日(月)なんですね。僕は月曜日は当直にあたることが多いのと、年度末の最後の日で、なんだかんだと忙しそうだし、僕も行けそうにもありません。レオン・パーカーのドラム、一度観たかったけど、残念。

criss to lyn2 |  2007/12/22 (土) 01:55 [ 編集 ] No.2924


Unknown

あっなんと拙ブログに訪問していただいていたのですか!
どうもありがとうございます♪

澤野ではミラバッシファン、ホント多いですよね。
僕も正直意外に思いました。
今年3月のミラバッシソロライブにも足を運びまして、ブロガーの方達5人くらいともお会いすることができたぐらいです。

来年3月確かに来日するようですが、平日なので厳しいんですよね。。。
トリオなので、是非観てみたいところですが。

crisssさんのブログは豊富なレビューですごいですね。
最近まともにレビューを書いていないので、見習わなきゃ。
今後ともよろしくお願いします。

Lyn2 |  2007/12/19 (水) 23:03 [ 編集 ] No.2925


はじめまして。

お越しいただき、感謝です。
実は、この澤野コンサートの記事を書くにあたり、
検索し、いくつかのブログ記事を拝見していたのですが、その中にlyn2さんのブログもあり、一足先に、
私の方がlyn2さんのブログを訪問させていただいていたのですよ。すっきりしたデザインで、アンプ(僕はオーディオ音痴でブランドはわかりませんが)のタイトルデザインが印象的だったので、よく覚えています。

>去年も行ったのですが、確かに空席はあったように思いました。
やはりミラバッシではなかったからでしょうか(笑)

そうですね。ミラバッシが澤野コンサートに出なかったのは今回が初めてではないでしょうかね。
僕は結構意外だったのですが、世の中にはミラバッシ・ファンが多いんですよね。僕も好きですけどね。

ミラバッシは確か来年3月頃、単独で来日するんじゃなかったかな?間違っていたらごめんなさい。

これからもどうぞよろしく。コメント待ってます。

criss to lyn2 |  2007/12/18 (火) 23:46 [ 編集 ] No.2926


Unknown

crissmorganさん、こんばんは&はじめまして。
ジャズ初心者のLyn2と申します。

僕もアトリエ澤野足を運びました~
去年も行ったのですが、確かに空席はあったように思いました。
やはりミラバッシではなかったからでしょうか(笑)

タイプの異なる、ある意味では対極にあるような両者の演奏、おもしろかったですね。

あと、crissmorganさんは銀座ジャズも行かれたのでしたよね??
僕も行ったので、意外にすれ違っていたりして(笑)

また遊びに来ますね♪
楽しみにしています。

Lyn2 |  2007/12/17 (月) 23:28 [ 編集 ] No.2927

コメントを投稿する 記事: アトリエ澤野コンサート2007@すみだトリフォニーホール

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。