雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

南 佳孝 『 夏の終わりに僕は君を失う 』

   ↑  2008/01/01 (火)  カテゴリー: 未分類

ブログもご覧ください。


明けまあしておめでとうございます。本年もお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

さて、昨夜は遅ればせながら年賀状書きをしながらNHKの紅白歌合戦を観るとはなしに見ていましたら、なんと寺尾聰が出演していたので、嬉しくなり見入ってしまいました。曲は当然≪ルビーの指輪≫。そして更にびっくりしたことにバックバンドが超一流スタジオ・ミュージシャンがずらりと勢揃い。

井上鑑(kb)、高水健司(b)、山木秀夫(ds)、今剛(g)、クリストファー・ハーディー(per)、菅坂雅彦(tp)、村田陽一(tb)、近藤和彦(as)と、よくも大みそかの生番組にこれだけの面々を集められたもんだと感心してしまいました。

≪ルビーの指輪≫を収めた81年のアルバム『 Reflections 』は当時バカ売れした名盤ですが、そこには伝説のバンド、PARACHUTE(パラシュート)が全面サポートしていましたからね。寺尾聰にはそのあたりのこだわりがあるのでしょうか。今回の紅白歌合戦にも当時と同じく井上鑑(kb)と今剛(g)が参加していたのがその手のファンには涙悶!です。25年という月日の間に、林立夫が山木秀夫に、土岐英治が近藤和彦に、向井滋春が近藤和彦に交代していますが、今剛が今も第一線で活躍していることは嬉しい限りです。欲を言えば、盟友である松原正樹とのツイン・ギターで復活してもらえれば言うことなしだったのですが。

ところで、松原正樹が多くの自己リーダー作品を制作しているのに対して今剛はたった一枚しかリーダー作を出していません。その唯一のリーダー作『 Studio Cat 』(1980 AGHARTA ポニー・キャニオン)は昨年8月に紙ジャケ仕様で再発になっています。以前にもCD再発された作品ですが、一度店頭から姿を消すとなかなか手に入らないレア盤ですから、興味のある方は今のうちに手に入れておいた方がよいかも。

で、日付もかわって元日の深夜に、80年代に浴びるように聴きまくったジャパニーズ・ポップス、AORがムショウに聴きたくなって、レコード棚からパラシュートの『 HAERE MAI 』やら松田聖子の『 Pineapple 』 、松原正樹の『 SPINER 』 、それから、さだまさしの『 夢供養 』(この中の≪サナトリウム)という曲での松原のソロは名演です)などなど、きりがないくらい次々と思い浮かぶまま聴いて夜を明かしてしまいました。

ということで、これから、家族で栃木県の実家に車で帰省するのですが、この70~80年代郷愁路線の熱き思いを引きずって、まずは南佳孝の『 夏の終わりに僕は君を失う 』をCDチェンジャーに挿入して行くことにしました。本作は76年から93年までのバラード・セレクションです。「バラード」というキー・ワードで彼の曲を“抽出”すると、結構ジャズ風のコンピレーション作品に仕上がるんですね。なかなか素敵なアルバムです。

ドラムでは石川雅春、林立夫、渡嘉敷祐一、高橋幸宏。ギターでは鈴木茂、松原正樹、故・大村憲司。ベースでは細野晴家臣、岡沢章。キーボードでは久米大作、坂本龍一などなど。超豪華メンバーのサポートによる珠玉のバラード集です。
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1096.html

2008/01/01 | Comment (15) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


JOE KIENEMANN

僕もvento azul さんのところに注文したところです。普段はあまり限定ものは買わないのですが、これはよさそうなので買ってみました。あと、レア盤~に載っていたpenta flowers のギド・マヌサルディーも注文したところです。

criss to Marty |  2008/01/10 (木) 00:54 [ 編集 ] No.2940


Vocalist

クリスさん、こんばんは。
徳永英明は、私も妻の影響です^^;
Vocalist3部作、全部買わされましたよ。

JOE KIENEMANN 「INTEGRATION」 は注文中なのですが、Misha Piatigorsky 「Pure Imagination」は思案中です。XX枚限定プレスに弱いですねぇ(笑)

正月早々に届いたのは、徳永とEagles, Bruce Springsteenの新作でした。一緒に注文したAlan Pasquaは在庫切れで、第2便で届く予定です。

では、おやすみなさい。

Marty |  2008/01/10 (木) 00:32 [ 編集 ] No.2941


そうか~、

コメントのタイトルがドラマのタイトルだったのね。
「明日の喜多善男で 」って、何かと思いましたよ。

>しかし今聴いているのは、徳永英明「Vocalist」です。
僕も徳永好きですよ。というか、昔から妻がファンで、僕もだんだん好きになってきました。

Alan Broadbent「Over The Fence」は、今週末にも買おうかと思ってます。

ステート・トゥルーパーは僕も好きでしたが、ちゃんとした歌詞を意識して聴いたことがなかったので、なるほど~と感心しながら読んでいました。ハルキって、いろんなところに住んでいたんですね。驚きです。

criss to Marty |  2008/01/10 (木) 00:15 [ 編集 ] No.2942


ドラマ?

なんというタイトルのドラマですか?
教えてくれませんが。気になりますね~。

>「finger and toes」を購入したら、ライナーノーツの裏側にサインがありました。これって、直筆

僕も先日,平岡正明の「毒血と薔薇」を買ったら,彼のサインがしてありました。でもこれが本物なのかどうか,確かめようがありませんね。しかも,誰でも書けるような普通の字体なので。

「村上ソングズ」を昨夜読んでましたが,半分以上,知らない曲ななので,今ひとつピンとこなかったです。CD付属で販売してくれればもっとよかったのにな~。

criss to Marty |  2008/01/09 (水) 09:13 [ 編集 ] No.2943


謹賀新年

遅ればせながら,今年もよろしくお願い致します。

>それにしても、crissさんがジャパニーズ・ポップスをお聴きになっていたとは意外です。

それほど今となっては聴きませんが,松任谷,山下達郎,南佳孝などは今でもよく聴きますよ。あと一年に1,2回はさだまさしも聴いちゃったりします。あまり大きな声で言えませんが。このあたりは青春の思い出と深くリンクしているので,かなりパーソナルな趣味ですけどね。

>えーと、こことは関係ない話題で恐縮ですが、
■BOHUSLAN BIG BAND / PLAYS ZAPPA
ようやくゲットできましたぜ。
アーティチョークさんは探すのに苦労されたようですが,東京では,たとえば,新宿DU,お茶の水DU,それから秋葉原石丸ジャズ館などでもつい最近見ていますので,入手は容易です。

最近BBBの新譜がないですよね。NDRやWDRなどが勢いがイイので,そろそろBBBも新譜情報が欲しいところです。

criss to アーティチョークさん |  2008/01/09 (水) 09:06 [ 編集 ] No.2944


明日の喜多善男で

クリスさん、こんばんは。
今晩から始まったドラマを見るともなく見ていたら
ピアノトリオが出てきたので、誰かな?と思ってたら
最後のテロップで、小曽根真、大坂昌彦、井上陽介の
トリオでした。
来週も出るのかどうか不明ですが、びっくりしました。
ところで、一昨年クリスさんのお勧めのSai Ghoseの
「finger and toes」を購入したら、ライナーノーツの裏側にサインがありました。これって、直筆?
中古で買ったので、ちょっとびっくりしました。

では、また。

# やっと、「村上ソングス」を入手しました!!

Marty |  2008/01/08 (火) 23:24 [ 編集 ] No.2945


明けましておめでとうございます

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

南佳孝の名前はきいたことありますが、顔がまず思い出せません。曲も知らないです(えらい、すんません)。寺尾聰の顔と≪ルビーの指輪≫は、知ってます。
紅白は、小林幸子の歌うとこだけ、たまたま見てました(笑)
それにしても、crissさんがジャパニーズ・ポップスをお聴きになっていたとは意外です。

えーと、こことは関係ない話題で恐縮ですが、
■BOHUSLAN BIG BAND / PLAYS ZAPPA
ようやくゲットできましたぜ。

アーティチョーク |  2008/01/06 (日) 23:47 [ 編集 ] No.2946


初聴き

明けまして、おめでとうございます。
昨年に続き、今年もどうかよろしく。

初聴きがバーニー・ケッセルのpoll winners ですかぁ~、イイですね。東京の元旦の空は清々しい青空でしたから、このpoll winners などぴったりですよね。個人的にはバーニー・ケッセルはあまり好きではないのでけどね(笑)。

僕の初聴きは、大みそかに寺尾聡なんぞを聴いてしまったものだから、押入れの段ボールから古いフォーク、ポップスのLPを出してきて聴き入っていたため、除夜の鐘が鳴り渡る頃には、なんと、さだまさしの『うつろひ』を聴いていました。恥ずかし~。

criss to lyn2 |  2008/01/03 (木) 01:34 [ 編集 ] No.2947


あけまして

おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

元旦に栃木の実家に帰省し、日光東照宮に初詣に行き、先ほど帰ってきたところです。

>南佳孝は歌えませんでした。

僕の20代前半の青春は浜田省吾と南佳孝に侵されていましたから、よくカラオケでも歌いましたよ。今じゃ、カラオケすら行くことがなくなりましたが。

criss tomonaka |  2008/01/03 (木) 01:28 [ 編集 ] No.2948


プリズム

mic さん、はじめまして、でしょうか?

>いつも楽しく読まさせていただいております。
ほんと、どうもありがとうございます。
いつ終わるともわからない拙ブログですが、どうか、お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

>懐かしいといえば、12月の末にプリズムを久しぶりに聴きにいきました。
現在のメンバーは和田晃(ギター)、岡田治郎(ベース)、木村万作(ドラム)にゲストととしてオリジナルメンバーの久米大作(キーボード)が加わっていました。

プリズムって、まだ活動していたのですね、知らなかった。僕はやっぱり森園が入っていた初期が好きですね、やっぱり。それからベースは渡辺健でないと、どうしてもプリズムって感じが出ないな~。

大学の時、一度だけ渡辺健のレッスンを受けたことがあって、健さんに「まずは好きなラインを弾いてみて」と言われ、いきなりスラップ(当時はチョッパーって呼んでいましたが)を弾きまくって、健さんに「うまいけど、僕はチョッパーやらないんだよね~」と困惑させてしまったことを覚えています。健さんのyamaha BB2000 懐かしな~。

criss to mic |  2008/01/03 (木) 01:23 [ 編集 ] No.2949


今年も

よろしくお願いします。
僕も今年は金銭的な理由というよりは、時間的余裕が今までよりも増してなくなりそうなので、まあ、気楽にマイペースで更新していきますので。

>そういえば昨年のTV放送で、ビニー・カリウタが叩いているのにもビックリしましたです。

え! 寺尾聡のバックにカリウタですか? そんなテレビ放映があったのですか。観たかったな~。

criss to nary |  2008/01/03 (木) 01:15 [ 編集 ] No.2950


Unknown

あけましておめでとうございます~

紅白での寺尾聡の演奏、僕も観ていました♪
思わず聴き入ってしまいましたョ。
バックの面々は数人名前だけしか存じ上げていなかったのですが、すごい方たちだったのですね^^;

Lyn2 |  2008/01/03 (木) 01:08 [ 編集 ] No.2951


おめでとうございます

クリスさん、明けましておめでとうございます。
monakaです。
紅白のこれはみませんでしたが、寺尾のアルバム買いました。何度かはカラオケで歌った覚えがあります。南佳孝は歌えませんでした。

monaka |  2008/01/02 (水) 16:28 [ 編集 ] No.2952


明けましておめでとうございます

いつも楽しく読まさせていただいております。
南佳孝、懐かしいですね。
学生の頃よく聴いていましたよ。
懐かしいといえば、12月の末にプリズムを久しぶりに聴きにいきました。
現在のメンバーは和田晃(ギター)、岡田治郎(ベース)、木村万作(ドラム)にゲストととしてオリジナルメンバーの久米大作(キーボード)が加わっていました。
あいかわらず、和田晃のギターは衰えておらず驚異的な
うまさでした。
岡田治郎のベースもなかなかのものでしたよ。
名曲ラブミーも演っていただいて大満足の年の瀬でした。

mic |  2008/01/01 (火) 23:37 [ 編集 ] No.2953


明けましておめでとうございます

本年もよろしくお願いします。
私も昨日の紅白は寺尾聰が歌っているところだけ偶然観てました。
バックが目茶苦茶カッコよかったですね。
そういえば昨年のTV放送で、ビニー・カリウタが叩いているのにもビックリしましたです。

nary |  2008/01/01 (火) 14:30 [ 編集 ] No.2954

コメントを投稿する 記事: 南 佳孝 『 夏の終わりに僕は君を失う 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。