雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Antonio Farao 『 Woman's Perfume 』

   ↑  2008/01/26 (土)  カテゴリー: 未分類


ブログもご覧ください。

2005年の『 Takes on Pasolini 』(前項あり)に続くアントニオ・ファラオのCAM JAZZからの第4弾。今回は、イタリア映画音楽の巨匠、アルマンド・トロヴァヨーリへのオマージュ作品です。前作もイタリア映画の監督兼脚本家であるパオロ・パソリーニを題材にいた企画物でしたが、これら近年のアントニオの作品をリリースしているCAM JAZZは、もともと映画のサウンドトラックを45年以上にわたり4800作品も制作してきた会社、C.A.M. Group のジャズ部門であるため、やはりイタリア映画に関するジャズ作品に力を入れているのでしょうね。

CAM JAZZ作品では、例えばサルバドーレ・ボナフェデの『 Journey to Donnafugata 』はニーノ・ロータの「8 1/2 」にインスパイヤーされて作られた作品でしたし、エンリコ・ピエラヌンツィの『 Play Morricone 』もエンニオ・モリコーネの映画音楽を題材にした作品でした。

さて、この新作の話題は何と言ってもドミニク・ディ・ピアッツァ(b)とアンドレ・チェカレリ(ds)という豪華ミュージシャンの参加ということでしょう。特にピアッツァという超バカテク・エレクトリック・ベーシストの起用がファラオの音楽にいかなる化学変化をもたらすか。発売前からその点に非常に興味が魅かれました。しかし結果的には、期待していた程のピアッツァ効果は見られませんでしたが。

しかし、まあ、これがなかなかいい感じの出来栄えで、近年のCAM JAZZ作品、特に『 Encore 』以降のイタリア回帰路線に少なからず否定的であった僕でも、かなりハマって連日、聴きまくっています。いや~、美しい世界です、ホント。

もともと、『 Black Inside 』(1998)や『 Next Stories 』(2001)などのEnja作品でファラオのファンになった僕としては、やはり彼には≪アメリカ・ジャズへの挑戦≫を旗印にガンガン鍵盤を叩きつけて、モード路線を突っ走ってもらいたいと期待していましたが、この新作を聴くにつけ、こんなのも悪くないな~と、思ったりしています。いづれにしても、ファラオの巧さは昔も今も変わりませんしね。

イタリア映画に疎い僕は、本作で取り上げられているアルマンド・トロヴァヨーリの原曲を全く聴いたことがないのですが、どの曲も瑞々しい輝きを持った美曲ばかりで、あらためて全ての音楽の魅力とは≪メロディーのもつ求心力≫だよな~と、感心させられてしまいました。たぶん、トロヴァヨーリの曲はジャズのリズムと非常に相性が良いのでしょうね。もちろんファラオのトランスレイト能力があってのことですが。

無限の美しさを放つ甘酸っぱい旋律。確かな余韻を残すから、また、聴きたくなる。ファラオは大好きだったけど、この作品で更に好きになったみたいです。『 Black Inside 』から始まったファラオを巡る旅は、『 Next Stories 』、『 Encore 』、『 Takes on Pasolini 』を経て、今まさに更なる高みへと到達した、と言いきってよいでしょう。

Antonio Farao 『 Woman's Perfume 』 2007 CAM JAZZ OMCZ-1026(国内盤)
Antonio Farao (p)
Dominique Di Piazza (el-b)
Andre Ceccarelli (ds)

関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1109.html

2008/01/26 | Comment (6) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Franco Ambrosetti / Close Encounter
この前の記事 : Antonio Farao 『 Woman's Perfume 』

Comment


お久しぶりです。

>次にどうなるかまた解らない人です。

そうですね。まだまだ若いから、これからもしっかり追っかけしていきますよ~。

おそらく、イタリアのピアノ界では、エンリコ・ピエラヌンツィの次の世代を担う最右翼でしょうね。

criss to monaka |  2008/02/09 (土) 00:42 [ 編集 ] No.2996


いつも次が解らない

クリスさん、こんにちは,monakaです。
もちろん買って来ましたよ。私としてはパゾリーニのアルバムのイメージが強く、また「アンコール」の1曲目にインパクトがあるので、このアルバムは悪くはありませんが、強烈ではなく、変化点みたいな感じです。
軽く流さずに時々聴いていくと良い感じになりそうですね。
次にどうなるかまた解らない人です。

monaka |  2008/02/04 (月) 20:49 [ 編集 ] No.2997


far out

naryさん、こんばんわ。
僕もボブ・バーグの入った『 Far Out 』好きですよ。
ボブ・バーグの最後の録音物ですよね。
これ、僕のブログの一番初めに紹介した作品です。
今読むとすごく恥ずかしい幼稚な文章ですが

このところ、naryさんの記事にTBできずにいたので、
やっとTBできてうれしいです、はい

criss to nary |  2008/01/29 (火) 00:52 [ 編集 ] No.2998


こちらからもTBさせていただきます

わたし的には前作の方が良かったのですが(かと言って何度も繰り返して聴いているわけでもないですが)、まあその辺のところは人それぞれの好みで変わってくるでしょうね。
Cam Jazz作品としてはやっぱりボブ・バーグとの共演盤が一番好きですな。
それでも本作にもう少しハードな曲が何曲か入っていれば、評価の方はグーンと高くなっていたと思います。
何せこれだけのメンバーなのですから悪いハズがありません(笑)

nary |  2008/01/28 (月) 15:24 [ 編集 ] No.2999


たぶん

monakaさん、気に入ると思いますけどね~。
Cam Jazzになってから、作風が変わりましたが、
本作はその中では一番気に入りました。
本作で初めて感じたのですが、
ペトルチアーニになんだか似てるんですよね。
naryさんは三つ星評価だったけど、
僕は、四つ星半かな。
もし、このCDがレア盤・廃盤で10000円の値が
ついていても、買うだろうな~、きっと。
そのくらい良かったです、はい。

criss to monaka |  2008/01/27 (日) 21:41 [ 編集 ] No.3000


まだ買っていない

クリスさん、こんにちはmonakaです。
このアルバム、聞きたいと思っているのですが、まだ入手していません。クリスさんの記事からすると私に向いている感じですね。naryさんの記事からもそう感じました。
ほかにもまだまだ欲しいアルバムがあって、資金難です。

monaka |  2008/01/27 (日) 06:36 [ 編集 ] No.3001

コメントを投稿する 記事: Antonio Farao 『 Woman's Perfume 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Franco Ambrosetti / Close Encounter
この前の記事 : Antonio Farao 『 Woman's Perfume 』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。