雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

The Nuttree Quartet 『 Standards 』

   ↑  2008/02/21 (木)  カテゴリー: 未分類

ブログもご覧ください。

John Abercrombie、Jerry Bergonzi、Adam Nussbaum、Gary Versace ら4人によるユニット “ The Nuttree Quartet ”の第一弾。発売はスイスに本部を構える新興レーベル“ Kind of Blue ”。このレーベルは、≪ 世界最高位のスタジオで世界最高位のミュージシャンによる演奏 ≫をモットーに、2トラックライブ録音に拘った品質本位の作品を制作しています。発足は2006年で、現在(2008年2月)までに25作品をリリースしていますが、個人的に記憶に残っている作品としては、2006年のフィル・ウッズの『 American SongBook 』、2007年のマーク・ソスキン『 One Hopeful Day 』や Los Angels Jazz Ensemble 『 Expectation 』 などでしょうか。どれも格調高い内容、抜群の音質、そして丁寧に作り込まれたパッケージで、所有することの喜びを味わえる素晴らし作品でした。

さて、本作ではゲイリー・ヴェルサーチはピアニストではなく、オルガニストとして参加しています。ジョンアバもバーゴンジーもオルガン大好きアーティストであるのはご存じだと思います。ジョンアバは90年代にジョンアバ=ナスバウム=ダン・ウォールのオルガン・トリオでECMに3作品を残していますし、バーゴンジーも同時期にバーゴンジー=ナスバウム=ダン・ウォールという全く同じ布陣で数多くのオルガン・トリオ作品をDouble Timeに残しています。そしてジョンアバは昨年あたりにジョンアバ=ナスバウム=ヴェルサーチのトリオでギグっていますし、さらにはジョンアバとバーゴンジーは昨年リリースされたバーゴンジのリーダー作『 Tenorist 』(Savant)(前項あり)で共演しています。“友達の友達はみな友達”といったところでしょうか。たぶんそんな経緯もあって、今回のカルテット結成に至ったと思われます。

タイトルが示すようにスタンダードやジャズメンのオリジナルを10曲演奏しています。聴くまではハードでファンキーかつグルービーな演奏を予想していましたが、やはりダン・ウォールではなくヴェルサーチがバッキングすると全体の音の印象がだいぶ変わるものです。スタイル的には似ていますが、ヴェルサーチの方がより洗練されていてクールにソロを決めるタイプです。右手のスピード感はウォールに軍配があがりますが。もともとヴェルサーチはピアニストだったので、やはり左手のベースラインはちょっと輪郭がぼけていま一つコード感が希薄な感じがします。同じピアニスト出身のオルガニストでも,ラリー・ゴールディングスあたりは左手も強力ですけどね。ただ、ジョンアバの浮遊系、スペース系の音響には非常に相性が良いようで、気持ちのいいノリを演出しています。バーゴンジーはいつもの調子でブリブリ・ゴリゴリの極太フレーズを連射し、なかなか良いのですが、90年前後の一連のRed Records作品あたりの凄さを知っている耳には、やはり少々物足りなさを感じてしまいます。バーゴンジーとジョンアバって、技術的には超一流なのに、日本ではあまり人気はありませんが、思うに,これぞバーゴンジーのキメのフレーズ、これぞジョンアバのキメのフレーズ、といったものがほとんどないんですよね。いわゆる盛り上がったところでの独特のストック・フレーズみたいなものが皆無なのが、彼らの印象を希薄にしているのでしょうか。つまりは、ストック・フレーズや手癖に頼らず、常に真剣に即興に取り組んでいるということなのでしょう。パット・メセニーでも、信じられないくらい巧いけど、ストック・フレーズの連結でソロを乗り切っている節がありますものね。バーゴンジーは近年、Savantから『 Tenor of The Times 』(2006)(前項あり),『 Tenorist 』(2007)と2作品をリリースしましたが、単純に好き嫌いで言い切ってしまうと、今回の最新作が一番好き、です。最後に、2月25日にヴェルサーチの新作がCriss Crossから発売になるみたいです。タイトルは『 Outside In 』。ドニー・マッカスリン(ts)を加えたオルガン・カルテットのようです。

関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1118.html

2008/02/21 | Comment (14) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 金曜深夜のジャズ日記
この前の記事 : The Nuttree Quartet / Standards

Comment


スティーブ・キューン

>ビリー曰く、スティーブさんは、アメリカでは人気はないけど、日本では人気があると話していました。

え~,アメリカで人気がないなんて信じられませんね。
日本では,かなり人気ものですよ。まず,日本人はピアノ好きですからね。それから,日本で今一番人気のあるレーベル,Venusから沢山リーダー作を出しているので,その影響もあるかと思います。いくら,腕が良いミュージシャンでも,国内盤が出ていないとどうしても人気はでませんからね。

>日本で、以前に、青山のジャズハウス(名前は忘れてしまいました)に、ビリーを尋ねに出向いたことがあります。

ビリーが出演するような青山のライブハウスといえば,Blue Note Tokyo でしょうね。僕の一番のお気に入りのライブハウスです。来月も2回,行く予定です。

ということで,仕事も一段落ついて,こうして,仕事の合間にメール打てるようになりました。
では,また。

criss to Laie |  2008/04/30 (水) 10:19 [ 編集 ] No.3041


スティーブキューン

只今、帰省中です。。。

こちらこそ、お忙しい中、レスを有難う御座います。

日本で、以前に、青山のジャズハウス(名前は忘れてしまいました)に、ビリーを尋ねに出向いたことがあります。
その際に、スティーブ・キューンという名のピアニスト他、トリオのプログラムでした。ビリーと写真を一緒に写真と撮ろうとしたら、ビリーが、スティーブとも一緒に撮ろうよ、と促されて、写真を撮った思い出があります。大分、前になりますが。。それから、このスティーブさん、煙草がお嫌いなようで、演奏中は、煙草は遠慮するようにと聴衆に話していたことも思い出しました。ビリー曰く、スティーブさんは、アメリカでは人気はないけど、日本では人気があると話していました。国によって、受ける奏者が違うのも、面白いですね。

この7月に、ビリーは、来日するのですね。そうそう、ビリーのサイトで、演奏予定の項目があるのにも関わらず、アップデートされていないので、聞いて見たところ、ただ単に、コンピューターに座って作業をするのが面倒くさいのだそうです。良く皆にも聞かれると話していました。それから、写真も大分若い写真なので、替えなくちゃ!とも言っていましたが、いつのことになるやら。。。(笑)

それから、これも大分前の話しですが、韓国ドラマで有名になった冬のソナタ(Winter Sonata)というCDで、ビリーがドラムを叩いているようなので、これについても聞いてみたのですが、彼自身、覚えていないとのこと。。200枚以上のレコーディングがあったから、と言われました。ドイツに来た際に、コピーして持ってきてもらおうとしたのですが、彼の手元にもないのだそうです。ピアニストのゲーリー・ベルサーチに頼んで送ってあげるね、と言われ、今現在に至っています。(笑)

なるほど。。テナーサックスとソプラノサックスは、キーが同じだったのですね。勉強になりました。

ジャズに関しては、あまりお話が出来ないと思いますので、別のトピックで、また、参加させて頂ければと思います。

う・・・ん。日本の食べ物は本当に美味しいですね!主人は、昨日、初のお好み焼きに挑戦。信じられないくらい美味しいと、言葉にならなかったようです。

とてもお忙しい御様子ですが、お身体には、くれぐれもお気をつけて下さいね。

Laie |  2008/04/28 (月) 13:42 [ 編集 ] No.3042


返事が遅くなって

すみませんでした。
4月から仕事場が変わって、殺人的スケジュールに
おわれ、ほとんどブログを見る時間もなくて、、、。

>シュタイフのテディベアは、ドイツでもすごく高いです!いくつも購入されたなんて。。。すごいです!!

うちの大学の教授がテディーベアの収集科で、大学内で仕事をしているときは怖い親父なのですが、テディーベアを手にとって物色している姿がとっても優しそうで、意外な一面をもっている人なんですよ。その教授がドイツで買うと安いからいっぱい買っとて、と勧めるものだから、4,5体まとめて買っちゃいました。以後、一年に一体づつ買うようにしています。

>そうそう、開演前に、ビリーと3人で、楽屋で一時間ほど話したのですが、ベース奏者だったでしょうか、レイ・ドラモンドという人がいるのですが、彼の親戚かどうかも聞いて見たら、全くの赤の他人だそうです。皆さんに良く聞かれると言っていました。

ビリー・ドラモンドとレイ・ドラモンドが他人であることは、ジャズ・ファンなら常識(笑)なんですよ。ビリーの奥さんは有名なリニー・ロスネスという美人ピアニストですが、ビリー、レイ、リニーの三人でトリオを組んで、数多くの作品を制作しています。通称「ドラえもんず」と呼ばれています。
ビリーはたびたび来日してますし、7月にもスティーブ・キューンのトリオで来日する予定です。僕も観にいこうと思ってます。

>私達は、主人の横に座ったアンディさんに、楽器について聞いて見ることに。。主人曰く、ソプラノサックスと主張。私は、テノールサックスだと予想。答えは、テノールサックスでした。

アンディー・シェパードは日本ではあまり人気はありません。デビュー当時はそれでもいくらか話題になりましたが、今では話題にのぼることはほとんどないといってもよいでしょう。でも、僕は結構好きで、たまに聴いています。彼はソプラノもテナーも吹きますよ。テナーとソプラノはキーが同じなので、両方をかけもちする吹き手は多いですよ。

カーラ・ブレイは最近、新譜を出しましたので、Laieさんの聴かれたライブも新作発表のツアーだったのでしょうね。カーラもあまり人気はありませんね。技巧派を尊ぶ日本人には彼女のようなコンポーザー・タイプのミュージシャンは受けがあまりよくありません。残念なことです。昔は僕もよく聴きましたが、最近はご無沙汰です。

ということで、また、お暇でしたら、ドイツならではのコメント、入れて下さいね。

今回は、貴重なお話、ありがとうございました。

criss to Laie |  2008/04/26 (土) 15:59 [ 編集 ] No.3043


Ihr Deutsch ist ganz super!

クリス様

ドイツへいらしたことがおありだったのですね。ハンブルクは、私達も一度だけ3日ほど滞在したことがあります。でも、あまり好感の持てる都市ではありませんでした。私達は、日本人の多く住むデュッセルドルフからそれほど遠くない中都市に住んでいます。ちなみに、日本人は私だけです。(苦笑)

シュタイフのテディベアは、ドイツでもすごく高いです!いくつも購入されたなんて。。。すごいです!!

ビリーのファンなんですね。ビリーは、私の知る限りとても温厚な性格です。昨年の10月末にエッセン市に、The lost chord と言うCDのメンバーが全員来て、演奏しました。

カーラ・ブライという女性のオリジナルが多い中、1曲だけ私達にも知っている曲が、と言うより、会場皆さんも絶対知っている曲を演奏してくれました。演奏後、ビリーを訪ねに、楽屋へ。。彼が、カーラさんに私達を紹介してくれたついでに、あの有名な曲のタイトルを聞いてみたところ、ラ・パロマだったことが判明。なるほど。。ドイツだから、ドイツの曲だったのですね、と言ったら、ドイツの曲かしら?でも、世界的に有名よね、と言われてしまい、私達共に恥ずかしくなってしまいました。(苦笑)

カーラさんの髪の毛がカツラかどうかは、ちょっと聞けませんでした。(笑)

その後、メンバー全員と私達、それから、関係者何人かで、ホール横のレストランへ移動。私達は、遠慮しようとしたのですが、スティーブ・スワロー(ギター)が、皆で行くぞ~!と言い、結局お供することに。。ビリーとも久久に、色々と話がしたかったのですが、隣に座っていたジャズジャーナリストが、ビリーを独り占め。周りの空気の読めないドイツ人でしたね。ジャーナリストなら、他のジャズメンもインタビューすれば良いのに。。そのせいか、スティーブさんや、サックスのアンディ・シェパードさんは、かなり退屈していました。ビリーも何だかうんざりしていたのが一目瞭然。せっかくの食事が進まないのを目にしたので、私達は、主人の横に座ったアンディさんに、楽器について聞いて見ることに。。主人曰く、ソプラノサックスと主張。私は、テノールサックスだと予想。答えは、テノールサックスでした。

私達のジャズの知識は、この程度のものなんです。(苦笑)

そうそう、開演前に、ビリーと3人で、楽屋で一時間ほど話したのですが、ベース奏者だったでしょうか、レイ・ドラモンドという人がいるのですが、彼の親戚かどうかも聞いて見たら、全くの赤の他人だそうです。皆さんに良く聞かれると言っていました。

それから、ドラモンドは、芸名かどうかも一応尋ねてみたら、本名だそうです。ドラマーだから、ドラモンドでピッタリだと思った、と言ったら、別にビリー・ハープシコードでもOKだよ!とジョークを飛ばしていました。

彼も、私達がジャズに詳しくないというのは、良く承知しているので、話の内容はこんなことばかりです。(笑)次回の再会までには、もう少し、ジャズやドラムの話でも出来れば良いなあ、と思っています。

何だか、余談ばかりになってしまって、すみません。。。

実は、今週の金曜日に主人と一緒に帰国するのですが、St.Luke病院(聖路加病院)の展望台へ、主人が行く予定です。カメラが趣味で、色々な角度から、写真を撮りたいんだそうです。他にも、都庁、貿易センター、丸の内ビル、浜離宮などなど。。東京は、色々と見るところがありますね。

あっ、ビリー曰く、同じジャズメンでも、アメリカで人気があっても、日本では、全く人気のないアーチストも少ないそうです。カーラさんもその一人だそうです。サックスのジェリーさんもきっとそうなのかもしれませんね。

Also bis nächstes mal!






Laie |  2008/04/16 (水) 02:49 [ 編集 ] No.3044


Guten Abend, Frau Laie!

>あっ、私、ドイツに住んでいます。ちなみに、主人は、ドイツ人です。

そうでしたか~、凄いですね~。
こうして、ブログでお話していると、そんなに遠くに
感じないから不思議です。ネットって、あらためて凄いと思っちゃいますね。

ドイツは僕も一度、行ったことありますよ。
6~7年前かな? 僕は消化器外科の医師をしているのですが、「国際消化器外科学会」がハンブルグで開かれた際、うちの教授と一緒に参加したんです。

教授はドイツ留学経験があり、たいそうドイツが好きで、いろいろ蘊蓄をたれながら、方々、レンタカーで引きずりまさされました。

フランクフルトに降りたち、10日かけてレンタカーで北上し、学会会場のハンブルグにはたった1日だけ滞在し、帰ってきました。学会といってもほとんど遊びのようなものです(笑)。

シュタイフのティディーベアーが安くて、たくさん買ったのを覚えています。

>そうですか、このメンバー4人は、地味な演奏をする方達なのですね。

確かに地味ですが、マニアにかなり人気があります。玄人受けするミュージシャン達ですね。それにしてもすごいジャズメンとお友達なんですね。うらやましい。

僕、ビリー・ドラモンドはめちゃくちゃ好きです。

ということで、また機会があれば、コメント残して下さいね。

Tschus!

criss to Laie |  2008/04/15 (火) 23:15 [ 編集 ] No.3045


お言葉に甘えて。。

クリス様、お返事有難うございます!
そうですか、このメンバー4人は、地味な演奏をする方達なのですね。

あっ、私、ドイツに住んでいます。ちなみに、主人は、ドイツ人です。

ジャズの好きな方のブログにお邪魔するのは、今回が初めてです。クリス様の個々のコメントに脱帽です。すごい!の一言です。

ジャズに全く詳しくない自分ですが、縁があって、個人的にドラムのアダム・ヌスバウムや、ビリー・ドラモンドなどと少し御縁があり、ドイツに巡業(近くの都市であれば)に来る際には、ジャズを聞きに行くというより、彼らに会いに行きます。(図々しいのですが、チケットをプレゼントしてくれるので。。)

先日は、サックスのジェリーさんにも久久ににお会いしたのですが、相変わらずの紳士でした。あれだけ、吹くのには、相当の肺活量が必要なのだろうなあ。。とつくづく感心しました。

ギターのJohnは、アンプ?の音量の具合が悪かった(音量不足)みたいで、終始御機嫌斜めのようでした。

彼らと御縁があるのにも関わらず、ジャズについて話したことや聞いたことがなかったので、今後は、お言葉に甘えてさせてもらい、クリス様に色々と御意見を頂戴頂ければと勝手に思っています。

また、宜しくお願い致します。

Laie |  2008/04/13 (日) 23:38 [ 編集 ] No.3046


はじめまして。

>先週、ベルゴンツィ、ゲリー、アダム、ジョンのカルテットを見に行きました。

え、来日していたんですか?
それとも国外にお住いですか?

普段、あまりジャズを聴かない方が、彼らの演奏を
聴いても、ピンとこなかったんじゃないですか。
結構、みんな地味めなプレイする人ですからね。

またお暇なときにでも遊びにきてください。
遠慮はいりませんから。
何かご質問があれば、知っているかぎり、
お答えします。

では、また。

criss to Laie |  2008/04/13 (日) 22:21 [ 編集 ] No.3047


初めまして

クリス様、こんにちは。

こちらのCDを買おうかどうかと思っていまして、ヤフーで検索したら、こちらへ辿り着きました。

私自身、全くのジャズの知識がないので、こちらに投稿して良いのかどうかも躊躇しています。。(苦笑)

先週、ベルゴンツィ、ゲリー、アダム、ジョンのカルテットを見に行きました。
彼らのオリジナルばかりで、知っている曲がなかったせいか、私には、難しかったです。ただ、最前列中央でジャズが聞けて、大満足でした。

Laie |  2008/04/10 (木) 05:11 [ 編集 ] No.3048


TB ありがとうございます。

中年音楽狂さん、こんばんわ。
TB ありがとうございます。

最近のバーゴンジーは老境の域に
達したのか、90年代のようなバリバリ
吹きまくる強さが感じられず、少々寂しいです。
この作品も、酒の肴にはうってつけですが、
興奮はしませんよね。

≪ Israel ≫は確かにそう言われると、
バーゴンジとのユニゾンテーマのが良かった
ようにも、感じますが、アルバムの流れに変化をつけるためにも、サックスレスで一曲、というのは、あり、かとも思います。

criss to 中年音楽狂さん |  2008/03/19 (水) 22:38 [ 編集 ] No.3049


TBさせて頂きます

crissさん,こんばんは。中年音楽狂です。

遅れ馳せながら私もこのアルバムの記事をアップしましたので,TBさせて頂きます。最近テナーサックス・プレイヤーの皆さんとお付き合いがあり,Bergonziの人気は根強いものを感じさせます。

確かにもうちょいブリブリ吹いてもいいようには思いますが。

中年音楽狂 |  2008/03/17 (月) 22:49 [ 編集 ] No.3050


やっぱり

ジョンアバって,アウト系の例えばジョンスコやブルフリに比べたら人気ないんじゃないのかな~,って,勝手に今まで思ってたけど,そう言われる自信ないです。少なくとも,僕の周りにはジョンアバの話をするジャズ友いませんです。まあ,そういう意味ではブルフリ好き!という友達もいませんが。

>クリスさんは、オーベ聴きに行かないの?
4月から病院変わるそうだから、ムリなのかなあ。。

もちろん,行きますよ。Body & Soul の方かな,たぶん。前月の1日から予約開始なので,忘れずに電話しようと思ってます。Body & Soul は小さいので,Blue Noteのようにいつでも予約できるわけではありませんから。

それから,4月からは港区の勤務なので,むしろ,今までよりはライブ行きやすいです。Ble NoteやBody & Soul など,目と鼻の先ですから。「仕事帰りにちょっと寄ってく?」ってな感じで行けそうです。

criss to suzuck |  2008/02/24 (日) 22:55 [ 編集 ] No.3051


ヴェルサーチは

criss crossから出ているJoe Magnarelli の
『 Hoop Dreams 』にピアノで参加していますが,
これが単音主体で洗練美溢れるフレーズ満載の
素敵な演奏でした。
個人的にはピアノ弾きのヴェルサーチが俄然好きです。
それと,バーゴンジーはやっぱり昔が良かったですわ。やっぱり。

TBありがとうございました。
こちらからもTBさせていただきます。

criss to monaka |  2008/02/24 (日) 22:44 [ 編集 ] No.3052


ちょっととまどい

クリスさん、こんにちは、monakaです。
イメージとちょっと違って困っていましたが、クリスさんの記事を見て私も書いて見ました。

monk |  2008/02/23 (土) 17:37 [ 編集 ] No.3053


わあ。。

買う買う。(^^ゞ

ジョンアバって、人気ないの?ホント?
わあ。。自分好きだから人気ものかと思ってたあ。。(^^ゞ

クリスさんは、オーベ聴きに行かないの?
4月から病院変わるそうだから、ムリなのかなあ。。

すずっく |  2008/02/23 (土) 17:21 [ 編集 ] No.3054

コメントを投稿する 記事: The Nuttree Quartet 『 Standards 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 金曜深夜のジャズ日記
この前の記事 : The Nuttree Quartet / Standards
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。