雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

金曜深夜のジャズ日記

   ↑  2008/02/29 (金)  カテゴリー: 未分類


 新ブログhttp://jazzlab.blog67.fc2.com/もご覧ください。


The Classical Jazz Quartet  『 Play Rachmaninov 』 2006 Kind of Blue 10004
ケニー・バロン、ステフォン・ハリス、ロン・カーター、ルイス・ナッシュのカルテットによるクラシックを題材にしたシリーズは本作のラフマニノフ以外にも、バッハとチャイコフスキーがあります。もともとは2002(3)年にVertical Jazz Lebel から発売になったシリーズですが、2006年にKind of Blueからリマスターとして蘇りました。ラフマニノフのピアノ協奏曲2番をボブ・ベルデンがアレンジ。現代盤MJQとも呼ぶべき4人が気品に満ち溢れた素晴らしい演奏を繰り広げます。ラテン・タッチのアレンジなので、最初はちょっと倒れそうになりましたが、聴き込むうちにすっかり魅了されてしまい、今ではすっかり愛聴盤化しています。リマスターを謳うだけあって録音も実に素晴らしい。


Rachmaninov  『 Piano Concertos No.2&3 』 1994 Grammophon
ラフマニノフは最も好きな作曲家の一人で、特にこのピアノ協奏曲第2番が一番好き。本作はアバド指揮のベルリンフィルで、ピアノはリーリャ・ジルベルスタイン。個人的にはアシュケナージよりもこちらがお気に入りです。


Franco Ambrosetti  『 Grazie Italia 』  2000 enja 9379 2
拙ブログにもたびたび登場するアンブロゼッティですが、彼の最高傑作は?と聞かれたら迷わず本作だと答えるでしょう。それくらい素晴らしい。カンツォーネの哀愁を帯びたメロディーに身も心も揺さぶられます。瞠目すべきはダド・モロニとアントニオ・ファラオの演奏です。2人とも信じられないくらい巧い。


Orchestre National de Jazz  『 Monk Mingus Ellington 』 1993  Label Bleu
 Ambrosetti の 『 Grazie Italia 』を聴いていたら、無性にビッグバンドを聴きたくなってきた。久し振りにONJでも聴くか。と、CD棚を眺めながら今日はDenis Badault の三部作の中から 『 Monk Mingus Ellington 』 を引っ張り出してきました。流石に午前1時を回っているのでヘッドホンで聴くことにしましょう。お~、この変態アレンジはたまりません。多少酒が入っているからなおさらです。摩訶不思議な桃源郷へ誘うに魅惑の世界。ユーホリックに満たされ、あ~極楽極楽。


Hal Galper  『 Children of The Night 』  1997 double time records
ヘッドフォンをつけて超絶爆音でONJを聴いていたら、もう一枚爆音で脳髄直撃してくれそうな盤を聴きたくなり、Micheal & Randy Brecker が参加しているHal Galper の本作を取り出して聴いています。本作が録音された78年といえば、ブレッカー・ブラザーズの『 Heavy Metal Be-Bop 』が制作された年でもあるわけで、結構、意外な感じがします。ご存じのようにソースは『 Redux'78 』と同じニューオーリンズでのライブですが、個人的には本作のM-1≪ Speak With A Single Voice ≫の鬼気迫るブレッカーとギャルパーのソロが好きなので『 Redux'78 』よりも聴く機会が多いです。膨大なマイケル・ブレッカー参加作品の中でも傑出の出来の良さではないかと思うのですが。


Mike Ledonne  『 Night Songs 』 2005 savant SCD2067
マイク・ルドンは大好きなピアニスト。90年代のcriss crossに残された諸作品にも愛着がありますが、近年のものでは本作が愛聴盤です。いつでも安心して聴ける質の高い娯楽性が魅力ではありますが、なんとなく、ジャズに対しての一本筋の通った職人気質の姿勢に、理屈抜きに魅力を感じてしまうんですよね。実に味のあるピアノを弾くミュージシャンです。

関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1121.html

2008/02/29 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


ルドン

ルドンのオルガンって、僕は『 On Fire 』しか持ってませんが、かなりオルガンも巧いですよね。全くオルガニストとしては知られていませんが。

エリアレとバーンスタインが入っているのですが、確か、エリアレ抜きのカルテットで、バーンスタインがソロをとる曲、良かった記憶があります。ちょっとCD棚探したのですが、見つからないので確かではありませんが。

地味ながらしっかり固定ファンを持っているピアニストですね。

criss to rhodia |  2008/03/02 (日) 00:21 [ 編集 ] No.3055


!もってます

こんにちは。
私も、このアルバム持ってます。お気に入りです。
ハモンドオルガンの彼も好きですね。
丁寧でまじめ、なピアノを弾きますよね。そこが好きです。

rhodia |  2008/03/01 (土) 16:05 [ 編集 ] No.3056

コメントを投稿する 記事: 金曜深夜のジャズ日記

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。