雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Paquito D’Rivera 『 Blowin’ 』

   ↑  2008/03/12 (水)  カテゴリー: 未分類

ブログもご覧ください。

Paquito D’Rivera が81年にアメリカに亡命直後にCBSと契約しリリースした第一弾『 Blowin’ 』が、ついにSony BMG France からリマスターでリイシューされました。

既に昨年暮れには店頭に並んでいたようなので、“されました”というよりもむしろ“されていた”と過去完了形で言った方が正しいのですが、僕が知ったのは今日。仕事帰りに秋葉原のTower Records を覗いたら見つけちゃったのです。この盤、永遠の愛聴盤だったのですが、超レア盤の怒涛CDリイシュー・ラッシュが続く昨今でありながら、長らくCD化されずに放置されていました。おかげで我が家のLPは溝も擦り減り、ぼろぼろ。本作の何曲かはベスト盤などのCDで聴けるとはいうものの、やはりアルバム単位で聴きたいと願い続けて、27年。やっとこうして安心してCDで聴けるようになりました。しかもリマスターと謳われているだけあって音質最高で、今迄になくEddie Gomez の哀愁感漂うソロに鳥肌がたちます。

クラブ系の方々のディスク・ガイド『 Jazz Next Standard 』( Rittor Music )でも紹介されているので、そちらの方々にも人気があるようです。なんでも彼らに人気の曲はLPで言うところのA面一曲目≪ Waltz For Moe ≫(6/8拍子)だそうです。僕はむしろ、≪ On Green Dolphin Street ≫ から始まるB面の4曲が好きで、特にキューバに残してきた息子への思いが込められたバラード≪ Song To My Son ≫ がベストだと思っています。

惜しむらくは、この『 Blowin’ 』の翌年、82年にリリースされたCBS第二弾『 Mariel 』も一緒に再発してくれればよかったのにね。この『 Blowin’ 』と『 Mariel 』が僕にとってのPaquito D’Rivera の最大の全盛期だったと、今でも思っています。

以前に拙ブログで本盤について書いていますので、詳しくはこちらで。


関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1126.html

2008/03/12 | Comment (1) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Jeff Lorber Live @ Blue Note Tokyo
この前の記事 : Paquito D’Rivera / Blowin’

Comment


どりドリ

先っちょのドリル具合がいいって言われたw
イイ仕事になりそうだし、手術はしばらくヤメとくよヽ(´ー`)ノ
http://8e8ae.net/chinpre/NKNP2plU.html" target=_blank>http://8e8ae.net/chinpre/NKNP2plU.html

どりてぃんドリーム |  2008/03/15 (土) 13:41 [ 編集 ] No.3091

コメントを投稿する 記事: Paquito D’Rivera 『 Blowin’ 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Jeff Lorber Live @ Blue Note Tokyo
この前の記事 : Paquito D’Rivera / Blowin’
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。