雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Eli Degibri Trio / Live at Louis 649

   ↑  2008/12/18 (木)  カテゴリー: tenor
eli degibri trio

世界の国々の中でも、中東諸国ほどジャズに無縁な地域はないのではないかと以前は思っていました。でも最近はNY界隈で活躍する中東出身のミュージシャンの名前を耳にする機会も増え、特にコンテンポラリー・ジャズの領域でのイスラエル系ミュージシャンの活躍が目立つようになりました。

たとえば、1997年にチック・コリアのバンド“ Origin ” のメンバーに抜擢されて以来、目覚ましい活躍を見せているベーシストのアヴィシャイ・コーエンなどは最も成功したアーティストでしょう。それ以外でもトランペットのアヴィシャイ・コーエンや、OAM Trio のベーシスト、オマー・アヴィタルもコアなファン層を中心に支持されています。

今年に入ってからもその勢いは留まることを知りません。2005年欧州ギブソン・ギター・コンテスト優勝の経歴を持つ Gilad Hekselman ( ギラッド・ヘクセルマン )、クレイトン=ハミルトン・オーケストラの常任ピアニストを務める Tamir Hendelman ( タミール・ヘンデルマン )、ロックや映画音楽などジャズ以外のフィールドでも活躍しているピアニスト、Omer Klein ( オマー・クライン )らが、挙ってCDデビューを果たしています。

そんなイスラエル・ジャズ・ブームの中、待ちに待ったイーライ・デジブリの4作目にあたる新譜が届きました。今年の夏に、アル・フォスター・クインテットのCD 『 Love, Peace and Jazz 』や DVD 『 The Paris Concert 』で素晴らしソロを聴かせてくれたのも記憶に新しいところですが、今回は自己のトリオでのライブ録音盤です。メンバーは、ここにきて急激に露出度をアップさせてきた知性派オルガニスト、Gary Versace ( ゲイリー・ヴェルサーチ )と、現在 Tony Grey ( トニー・グレイ )のサポート・メンバーで来日中の馬鹿テクドラマー Obed Calvaire ( オーベッド・カルヴェール )。

とにかく、不思議なエキゾ風味漂う情熱的なソロが炸裂する凄盤です。魂が音に乗り移っているかのようです。激情的な女性はちょっと苦手な私ですが、ジャズに関しては彼のような激情型のミュージシャンが大好きです。特にテナーはやっぱり熱くならなきゃねぇ。イーライの音色は雄々しく豪快そのものなのですが、スタイル的にはかなり現代的でジョシュア・レッドマンあたりを彷彿させます。そういえば、ショジュアのエラスティック・バンドも似たようなテイストを持ったオルガン・トリオでしたね。また、イーライに輪をかけて熱いのがドラムのオーベッドで、手数の多さもさることながら、奔放かつ複雑な絡みでフロントを煽るところなど、かなり聴き手を高揚させてくれます。

2008年も残すところあと2週間。そろそろ今年の『 極私的愛聴盤20選 』でも考えようかなと思ってますが、イーライの本作は間違いなくその中の1枚でしょう。今まで彼の作品を聴いたことのない方にも絶対おすすめです。

≪ Biography ≫
ブルガリア人とペルシャ人の血を引くエリ・デジブリはイスラエルで生まれ育った。7歳でマンドリンを始めたが,10歳の時に観たジャズ・コンサートに感銘を受け,サックスを始めた。そして16歳の時には母国のジャズ・バンドでプロとして始動する早熟ぶりをみせた。1997年には全額奨学金を得てバークリー音楽大学に留学。1999年にはハービー・ハンコックのsextetのメンバーに抜擢され,世界ツアーに同行した。その後はアル・フォスター,ミンガス・ビック・バンド,エリック・リード,ロン・カーター・カルテットなどにも参加している。

≪ Discography ≫
2003 In The Beginning ( 前項あり )
2006 Emotionally Available ( 前項あり )
2006 One Little Song ( with Kevin Hays )
2008 Live at Louis 649 ( 本作 )

星1つ星1つ星1つ星1つ




Pum-Pum - Eli Degibri

≪ ブログ仲間さんの関連記事 ≫
JAZZとAUDIOが出会うと 』    http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/54837305.html
My Secret Room 』   http://plaza.rakuten.co.jp/mysecretroom/diary/200810170000/

関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-114.html

2008/12/18 | Comment (15) | Trackback (3) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Dave Holland / Pass It On
この前の記事 : Alfio Origlio / Passeggiata

Comment


Eli Degibri

素晴らしいですよねぇ。
暫く、このアルバム旅に出ていたのですが。。
また、聞いてみます。

>激情的な女性はちょっと苦手な私ですが、ジャズに関しては彼のような激情型のミュージシャンが大好きです。

そうですねぇ。
私、、表面はクールで、、実は非常にホット、ッテ人に弱いです。
不思議な香りと魅力の持ち主ですよね。


トラバしたんだけど、届いてないかしら。。


Suzuck |  2008/12/19 (金) 09:05 [ 編集 ] No.13


ブログの引っ越しお疲れ様です

こちらからもTBさせていただきましたが、一発で入ったのでホッとしてます。
FC2とgooはけっこう相性が良さそうな感じですね。

確かにイスラエルの人たちの活躍ぶりがよく目立つようになりました。
このデジブリの本作もライブ盤ということも相まってかなり良かったです。
私は今年のベスト6でしたが(ベスト10に入ること自体が凄いです)、crissさんが何位に持ってくるのかもとても楽しみです。

nary |  2008/12/19 (金) 17:52 No.15


トラックバック。。

こんばんは。
あ、、、ナリーさんがいる!!

トラックバックは二回してみましたが。。駄目ね。
残念です。URLを貼り付けてしまおう。。
http://plaza.rakuten.co.jp/mysecretroom/diary/200810170000/

Suzuck |  2008/12/19 (金) 23:00 [ 編集 ] No.16


TBさせていただきます。

今年のEli Degibriと言うと、al foster盤がヨカッタという記憶を呼び起こされるんですが、このリーダ作のほうが飽きが来るのはかなり遅そうです。

TBできてなさそうなのでURLも..
http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/54837305.html

oza。 |  2008/12/20 (土) 07:24 [ 編集 ] No.17


Re: Eli Degibri Trio / Live at Louis 649

suzuckさん、おはようございます。

僕のほうからもTBしたんですけど、
反映されないみたいです。
いま、もう一回トライしてみましたが、
いかがでしょうか。

ozaさんのyahooブログからもできないみたい
です。FC2はすごくいいなあと思って
たけど、こんなところでこけてしまいました。
いろいろ調べてみますね。なんとかしたいです。

仕方ないので、ブログ記事内にリンクはって
おきます。

今日はよく晴れた日曜日で、朝から大掃除を
しています。
これから窓ふきです。子どものプラレール、
ゴーオンジャー遊びにも付き合わなければ
ならないし、落ち着いてPCの前に座って
あれません。

では、また。

criss to suzuck |  2008/12/21 (日) 11:05 No.18


Re: Eli Degibri Trio / Live at Louis 649

ozaさん、おはようございます。

一昨日だったかな?
一度、TBしたんですけど、反映されてないですね。ozaさん側からもダメだったみたいだし、なんだかFC2 とYahooの相性悪いみたい
ですね。ちょっとショック。
なんとかこちらも調べてみますが、
お手数ですが、これに懲りず、またTBして
ください。今回だけ、たまたまできないだけ
かもしれませんので。

criss to oza |  2008/12/21 (日) 11:09 No.19


crissさん こんばんわ
ちょっと古い記事ですが、発見しましたのでTBさせてください、よろしく。
この盤は私的上位にランクしていたものなので、ブログにUP必要ありと思っていたものですが、今年に入ってからのブログ開始ということで、遅ればせながらのUPとなりました。
Degibri, Calvaireも良いのですが、私としてはVersace参加ということで迷わず購入の一枚でした。では、また。

J works |  2010/05/31 (月) 21:04 No.4022


J worksさん、こんにちは。

ベルサーチは都会的でスカしたオルガン弾きますよね。
J worksさんはオルガンを集中的に聴いていましたものね。
ベルサーチ好きなんですね。僕も好きですが、
やっぱり僕的にはイーライに耳が釘づけですね。
   
でもず~と聴いていなかったから内容忘れちゃいました。
これから寝る前に久しぶりに聴いてみようかな。

criss to J Works |  2010/06/01 (火) 20:06 No.4024


周回遅れですが・・

crissさん、こんばんは。
このライブはデジブリのハイテンションさが凄いですね。
カルベールのドラムスも負けじと叩き込んできて、燃えてきます。その二人と比べるとベルサーチはなかなかバランスをとってさっぱりした味わいで、これはこれでよかったと思います。
カーター&メルドーとの新作の話題が面白い昨今で、今更ではありますが記事にしましたのでTBさせていただきたいと思います。

とっつぁん |  2010/07/18 (日) 18:41 No.4148


とっつぁん、こんばんわ。

>カーター&メルドーとの新作の話題が面白い昨今で、今更ではありますが記事にしましたのでTBさせていただきたいと思います。

いえいえ、旧作を思い起こすチャンスになります。なにかきっかけがないと旧作を聴き返すことがなくなりますから。
ここでのヴェルサーチ、雰囲気がいいですよね。

こちらからもTBさせていただきます。

criss to とっつぁん |  2010/07/19 (月) 20:05 No.4153


お手すきでしたら・・

crissさん、こんばんは。
ヴェルサーチって響き、JAZZっぽくなくて新鮮な名前ですね。
デジブリとか響きからもやっぱりどろっとしてますもんね。
ところで、まだ拙blogのほうにTBが届いていないようなので、お手すきの時にお願いしますです。
既にお送り頂いていて、届いてないとしたらYahooブログ側の問題かもしれないので、こちらで調べてみます。

とっつぁん |  2010/07/20 (火) 21:02 No.4157


とっつぁん 、こんばんわ。

>ところで、まだ拙blogのほうにTBが届いていないようなので、お手すきの時にお願いしますです。

あれ、どうでしたか。ココログとの相性も以前から悪く、最近はgooともちょっと怪しくなってきているので、さらに
Yahootとも駄目となると、なかりストレスですね。

これから、もう一度、トライしてみます。

criss to とっつぁん |  2010/07/21 (水) 23:48 No.4161


うまくいかないですねえ

crissさんこんばんは。
どうもいかんようですね。それではcrissさんの記事のURLを勝手ながら記事の末尾にご案内しておこうと思います。

とっつぁん |  2010/07/23 (金) 00:47 No.4165


とっつぁん、こんにちは。

駄目ですか~。ココログはずっと前から相性悪くて、最近はyohooやgoo とも時たまTBできないことが
あります。なんとか解決策はないものかと調べたのですが、今ひとつよい回答が得られなく困っています。

もしなにかわかりましたら教えてください。困ったものです。でも無料で使わせもらっているサーバーなので、
文句は言えませんけどね。でも困った。

criss to とっつぁん |  2010/07/23 (金) 10:00 No.4167


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

 |  2015/10/23 (金) 11:13 No.4546

コメントを投稿する 記事: Eli Degibri Trio / Live at Louis 649

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback


この記事にトラックバックする

Eli Degibri Trio/Live at Louis 649

Eli Degibri(Ts,Ss) Gary Versace(Hammond B3) Obed Calvaire(Ds) Rec. August 27-28,2007,NY (Anzic ANZ3001) イスラエル出身でNYで活躍中のエリ・デジブリ(ディジブリ?、イーライ・ディジャイブリ?)は、最近めきめきと頭角を現してきた感のあるテナー&ソプラノ奏

Jazz&Drummer 2008/12/19

Live at Louis 649 / Eli Degibri

Eli Degibri (ts, ss) Gary Versace (org) Obed Calvaire (ds) Recorded August 27-28, 2007 ANZ-3001(ANZIC)   Gary Versace参加の Degibri 盤ということで、迷わず購入の一枚...

前向きに Jazz! 2010/05/31

Eli Degibri Trio / Live at Louis649

Eli Degibri (ts & ss)[[attached(1,left)]] Gary Versace (b3) Obed Calvaire (ds) Rec:August 27-28,2007 ,Louis 649 N.Y. Rel:2008 Anzic Records イスラエル出身サックス奏者Eli Degibri(イーライ デジブリ)の2008年作品です。 何年も"お気に入りリスト&...

とっつぁんの日記帳 2010/07/18
この次の記事 : Dave Holland / Pass It On
この前の記事 : Alfio Origlio / Passeggiata
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。