雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Michiel Borstlap 『 Eldorado 』

   ↑  2008/05/26 (月)  カテゴリー: 未分類

 新ブログhttp://jazzlab.blog67.fc2.com/もご覧ください。

オランダ人ピアニスト、Michiel Borstlap ミケル・ボルストラップは、日本では過小評価されているアーティストの一人だ。ハービー・ハンコックやウェイン・ショーターらから称賛される逸材であるにもかかわらず、話題になることは少ない。そんなミケルの最新作がひっそり発売させた。これがなんとクラブ・ジャズというから驚いた。

こういう音楽をクラブ・ジャズと言うのかどうかは、そっち系には全く疎い僕にはわからないのだが、CDのキャプションにそう書いてあるからそうなのだろう。今やアコースティックとエレクトリックを同時進行形で遂行していくアーティストは珍しくないが、エレクトリックがここまで飛躍しているとミケルのファンとしては戸惑いを隠せない。やはり近年のBill Brufordビル・ブラフォードとのデュオはこの新作への伏線だったのかもしれない。

ハンコック激似ぶりはここでも健在で、ヘッドハンターズ以降のハンコックを彷彿とさせる作風だ。楽器構成はピアノ・トリオ+ちょっとだけヴォーカル。ドラムは打ち込み。この時点でミケルのファンの10人中9人は逃げ出す。しかし実際に聴いてみたら何と心地よいことか。

特にmp3プレヤーに落として屋外に持ち出したときに妙にその良さが実感できる。東京メトロとの相性は抜群だ。彼にとっては≪ セロニアス・モンク・コンペティション作曲家部門優勝 ≫ という肩書はあまり意味を持たないのかもしれない。


2 songs upload by criss
1) Happy Mummy
2) My Old Piano

今日の歩数 : 7328歩 体重69.8kg 
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1151.html

2008/05/26 | Comment (7) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Miles Davis / Four & More
この前の記事 : Michiel Borstlap 『 Eldorado 』

Comment


ダンパ

踊れるジャズ、と聞いて、ダンパを思い出すとは、
年がばれちゃいますね。
僕も大学の軽音楽部のころは、バイトでダンパの演奏なんかもやりました。学生にしてはけっこうなお金をもらった記憶があります。懐かしですね。

>『クラブ』って狭いイメージがあって・・・アングラジャスですかね、簡単に言うと。

そうですよ。アングラですよね、たぶん。
都内に点在する小さなクラブという閉鎖空間で完結してしまう音楽。やはりアングラでしょう。

>リズムのことでもないらしいし、曖昧なかんじですよね。
ジャンルでもリズム・フォーマットでもないのですね。「俺がその楽曲の中にジャズを感じたら、それがクラブ・ジャズだ!」というノリです。

criss to サマンサさん |  2008/05/30 (金) 23:56 [ 編集 ] No.3190


ご丁寧に・・

たわいもない質問をブログに取り上げて頂いてありがとうございます。

踊れるって言葉には、一般化してきたジャズダンス的な要素ってあるんですかね。ジャズ→踊ると言うイメージは私たちの世代ではダンパ(ダンスパーティー)大手町の読売ホールでハイソ(私は早稲田ではありませんが)にいたときによく行った覚えがあります。あれってそうだったんだろうか?とふと思いました。

しかしこだわるようで申し訳ありませんが『クラブ』って狭いイメージがあって・・・アングラジャスですかね、簡単に言うと。


栗栖さんのブログより飛んで聞いてみましたがリズムのことでもないらしいし、曖昧なかんじですよね。

次のブログで決定的なお言葉を楽しみにしております。


サマンサ |  2008/05/29 (木) 09:18 [ 編集 ] No.3191


クラブ・ジャズ

>あの。。クラブジャズってジャンルですか?

いや、ジャンルでもないし、決まったフォーマットも持たない音楽なんですよ。

>若い子は、よく口にするけど、好きな音楽;クラブジャズ なあ~んて書いてあるんだけど、フュージョンとかと同じことですか?


クラブ・ジャズの名付け親でもある沖野修也氏が、昨年に『 クラブ・ジャズ入門 』という本を出しまして、クラブ・ジャズの定義を、「踊れるジャズ」と「ジャズの影響を受けたダンス・ミュージック」の両方を含めた総称である、としています。

それぞれをレア・グルーブ以前の旧譜と、レア・グルーブ以降の新譜にわけ、よって、全体で4分類して論じています。

ちょっと、このスペースでは書ききれないので、改めて記事にしようかと思いますので、そちらをご覧ください。

結局、ここまでがクラブ・ジャズのフレームだ!という厳密な区分けはないようです。

沖野氏が「僕がその音楽の中に、ジャズを感じさえすれば、それがクラブ・ジャズだ」みたいなことを言っていますので、かなり言葉の使い方は曖昧さを含んでいるようです。

所詮、そんなに真剣に聴く音楽ではありません。

criss to サマンサさん |  2008/05/28 (水) 21:52 [ 編集 ] No.3192


ありがとうございます。

ブックマークに入れていただき、ありがとうございます。

実は今回のことで、初めてrhodiaさんがブログを
書かれていることを知りました。

今まで、コメントを頂いた際、rhodiaさんのブログのリンクを貼っていらっしゃいしたっけ?
ちょっと記憶になんですが。

今日、初めてrhodiaさんのブログを拝見させていただいたのですが、そういえば、以前に何かの検索でrhodiaさんのブログがヒットし、知らず知らずのうちに、訪問していたようです。

それから、はじめて、rhodiaさんが女性であることを知りました。これまたびっくりです。

そうそう、TOPは観にいけませんでした。僕の仕事の都合はついたのですが、我が愚妻が風邪でずっとダウンいsていて、さすがに「ライブいってくるね」とは言い出せず、諦めた次第です。まあ、なんども観ているので、いいのですが。

ということで、これからも宜しくお願いいたします。ちょくちょくお邪魔しますね。
では、また。

criss to rhodia |  2008/05/28 (水) 20:28 [ 編集 ] No.3193


こんにちは

人生を、さらに豊かで濃厚なものにしていくご提案です。

是非ご検討下さい。

http://bbnn.x0.com/success" target=_blank>http://bbnn.x0.com/success

資料請求コード:1084831

maru |  2008/05/28 (水) 10:55 [ 編集 ] No.3194


いまさらきけない・・・

あの。。クラブジャズってジャンルですか?

若い子は、よく口にするけど、好きな音楽;クラブジャズ なあ~んて書いてあるんだけど、フュージョンとかと同じことですか?

ちょっと音楽関係者には教えてと言えないのでクリスさんに質問します。

サマンサ |  2008/05/27 (火) 14:12 [ 編集 ] No.3195


リンク貼らせていただきました

crissさん

こんにちは。
リンクをブログに貼らせていただきましたので、ご報告です。いつも拝読していてよく考えるとヘビーリーダーなので(笑)

今後ともよろしくお願いいたします

Tower of powerには行かれましたか?

rhodia |  2008/05/27 (火) 12:34 [ 編集 ] No.3196

コメントを投稿する 記事: Michiel Borstlap 『 Eldorado 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Miles Davis / Four & More
この前の記事 : Michiel Borstlap 『 Eldorado 』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。