雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Daniele Scannapieco 『 Lifetime 』

   ↑  2008/06/17 (火)  カテゴリー: 未分類

 新ブログhttp://jazzlab.blog67.fc2.com/もご覧ください。

04年にHigh Five Quintet のセカンド『 Jazz Desire 』が日本に紹介されて以来、彼ら及びその周辺の一挙手一投足が気になってしょうがないイタリアン・ジャズ・ファンは多いのではないか。僕もそのひとりだが、昨年のマリオ・ビオンディとの共作盤(前項あり)を別にすれば、彼ら単体での新作は04年以降、制作されていない。その点が非常に残念なのだが、メンバー全員が超売れっ子となってしまった現在では、スケジュール調整が難しいのであろうことは容易に想像できる。

そんな中、ファブリツィオ・ボッソの女房役として、絶妙なカウンター・バランスを保ってHigh Five Quintet のサウンドに貢献しているサックス奏者、Daniele Scannapieco ダニエレ・スカナピエコの待望の第3弾が発売になった。

しかも今回も前作にもましてメンバーが凄い。 ステファノ・ディ・バティスタ ( ss&as )、フラヴィオ・ボルトロ ( tp )、アンドレ・チェカレリ ( ds )らに加え、High Five Quintet のピアニスト、Julian Oliver Mazzariello ジュリアン・オリヴァー・マッツァリエロを招いており、否応なしに期待が膨らむ。

それから興味深いのは、今回の発売元であるPicanto Records というイタリアの新興レーベルだ。バティスタ、ボルトロ、それからボッソまでがBlue Noteに移籍する中、スカナピエコは逆に無名のこのレーベルを選んだ。Picanto Records は僕は全然知らなかったが、Vento Azul さんのHPをみると、このレーベルからすでに10枚ほど仕入れているようだ。よく見るとスカナピエコと一緒に買ったDominique Di Piazza ドミニク・ディ・ピアッツァの新譜もこのレーベルの作品だった。 カタログを見る限り、日本では全く無名なアーティストばかりが名を連ねており、知られざるジャズの一大鉱脈がまだまだイタリアには眠っていることを実感させられる。

本作は全9曲。スカナピエコのオリジナルが中心だが、バティスタも3曲提供している。メンバーだけみると3管フロントのハード・バップかと想像されるが、実際にボルトロが参加しているのは2曲だけなので、ほとんどがバティスタとスカナピエコの2管編成の曲だ。一聴して何となくどこかで聴いたことのあるようなアルバムだな~と思っていたら、M-4 ≪ dark light ≫、M-5 ≪ dede’s mood ≫、M-7 ≪ fenomeno ≫ の3曲は、彼のファースト『 Daniele Scanapieco 』(前項あり)で、M-8 ≪ waiting for d. ≫ はHigh Five Quintet の『 Jazz For More… 』で演奏されていた曲であった。ちょっと使い回しし過ぎではないかな。

本作でのバティスタの起用は特に重要だ。作品がきりっとしまってダレない。バティスタを軸にメンバーが刺激し合い、活性度を高め、より高次な世界に昇華していく。4 beat と non 4 beat の楽曲がうまく配置されており、曲調も多彩で一気に聴き終える。ダンサブルな曲を必ず挟み込むのは、最近のクラブ系ジャズの影響なのだろう。

イタリアン・ジャズの魅力は、解りやすい平易な語法、元気と熱気、そしてカンツォーネの血から生み出される哀愁メロディーではないかと思う。米国の60年代ハード・バップへの憧憬に端を発するイタリアン・ハード・バップは、本家がすっかり忘れ去ってしまったジャズ本来の熱気、スイング感、歌う喜びをいまだに持ち続けているのだ。本作にもその精神は生きており、決して新しさがでていて凄いとは思わない作品だが、純粋に無条件で楽しめる。

本当は、五つ星の称号を与えても良いくらいの出来だが、そうするとHigh Five Quintet の作品との差がなくなるから、あえて四つ星半、としておく。

僕の場合、ジャズ・ジャーナリズムにより、いいとか悪いとか裁断されるジャズから縁遠くなって久しいが、こういった自分だけの名盤を地道に拾っていくことが、ジャズを聴く一番の楽しみなんだよな~と、あらためて実感する作品であった。

Daniele Scannapieco  『 Lifetime 』 2008 Picanto Records PIC011
Daniele Scannapieco ( ts )
Stephano Di Battista ( ss & as )
Flavio Boltro ( tp )
Julian Oliver Mazzariello ( p )
Dario Rosciglione ( b )
Andre Ceccarelli ( ds )

 2 songs upload by criss

今日の歩数 : 11566歩 体重 68.6kg
昨日の歩数 :  8399歩 体重 69.5kg

関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1165.html

2008/06/17 | Comment (20) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Dominique Di Piazza / Princess Sita
この前の記事 : Daniele Scannapieco 『 Lifetime 』

Comment


TB

ありがとうございます。

なんだかお久しぶりですね。
naryさんのところに入るozaさんのコメントは
よく拝見させていただいていますが。

>Stefano di Battistaがヨカッタです。
最近のリーダー作より、コッチって感じですね(^^)

バティスタは確かにサイドでの演奏のが良かったりしますよね。同感です。

criss to oza |  2008/08/03 (日) 09:08 [ 編集 ] No.3247


TBさせていただきます。

遅まきながらの記事アップです。

Stefano di Battistaがヨカッタです。
最近のリーダー作より、コッチって感じですね(^^)

oza。 |  2008/08/01 (金) 06:36 [ 編集 ] No.3248


おそくなって

すみません。
仕事に忙殺されていまして、しばらく
ブログから遠ざかっていました。

今回は上手くTBできましたので、
ご安心ください。

これからもどんどん欧州系、いきますので、
どうかよろしく。

criss to 中年音楽狂さん |  2008/07/04 (金) 15:12 [ 編集 ] No.3249


TBさせて頂きます

crissさん,こんにちは。このアルバム大変楽しめました。

これも偏にブログメイツの皆さんのおかげです。

TBさせて頂きます。今度はうまくいきますかね。

中年音楽狂 |  2008/07/02 (水) 10:48 [ 編集 ] No.3250


みなさんが

同様の症状であるなら、やっぱり
マスターの問題なので、交換してもだめ
でしょうね。

先日、石丸行った時に、店員に症状を
話したところ、今のところそのような
クレームは入っておらず、またメーカーからも
何も聞いていないとのことでした。

持ってきてもらえば交換はしてくれるようですが、
マスターの問題ならどうしようもないとのこと
でした。(そりゃそうだ)

まあ、そういうわけなので、あきらめるしか
ないようですね。イイ作品なだけに、
残念です。

criss to Umidori & Rhodia |  2008/07/01 (火) 21:44 [ 編集 ] No.3251


私もです

Umidoriさん
crissさんのブログ内で失礼します(はじめまして)。
私のlifetimeも、同じ現象が起きます。なんでしょうか。

rhodia |  2008/06/30 (月) 15:04 [ 編集 ] No.3252


LIFETIME

クリスさんはじめまして
つぎはぎのジャズ知識しかない私にも、わかりやすく解説された記事、
楽しみに読ませていただいています。
ところで、CDは交換されましたか?
私のCDも8曲目、5'm12's位のところから右の音が消えるので、アレ?と思っていました。
せっかくの作品なので残念に思っていましたが一部のCDだけだったのでしょうか、
はじめてのコメントにこのような質問ですみません。

Umidori |  2008/06/30 (月) 14:59 [ 編集 ] No.3253


Unknown

>crissさんのいうように、一つ評価をひかえるところは、全体的な勢いのところでしょうか。

やっぱり、ボッソではなく、ボルトロだったのが、マイナス半星ですかね。

ボルトロって、フレーズは早くて上手いのですが、歌心がいまひとつなんですよね。

ということで、TB返し、させていただきます。

criss to monaka |  2008/06/27 (金) 17:15 [ 編集 ] No.3254


きっと説明してくれると思っていました

crissさん、こんにちは,monakaです。
このアルバムが出るのを知って、ずっと待っていました。皆さん評判のプレーヤー(私も遅まきながら確認している)を良くご存知のcrissさん、きっと上手い説明をしてくれると思っていました。
手に入れてどう記事にしようと思っていたら、あっという間に皆さん書いてくれて、書く事なくまりました。
良いことには変わりませんが、crissさんのいうように、一つ評価をひかえるところは、全体的な勢いのところでしょうか。

monaka |  2008/06/26 (木) 23:46 [ 編集 ] No.3255


了解しました。

すずっくさんのブログのコメントにもトラックバックURLを書いておきますね。

僕のCDは、何曲目だか今忘れましたが、片方のチャンネルの音が消えてしまう、という不良品なので、今週中に交換しに石丸電気にいってこなくてはなりません。
駄盤ならそこまでしないのですが、これ、すごく良かったから、ちょっとしたプレスミスも気になってしまうんですよね。


ということで、風邪でふらふらしながら、ブログ更新してしまった。ほんと、ばか。
もう寝ます。

criss to suzuck |  2008/06/25 (水) 23:01 [ 編集 ] No.3256


やっと、、

ブログにあげましたあ。
たしかに、既存の曲は、並ぶと、使い回しぽくなるかも。。

でも、バティスタも活躍していて、お気に入りの一枚となりました。

とらばしたいのです。
宜しくお願いします。m(__)m

すずっく |  2008/06/25 (水) 21:30 [ 編集 ] No.3257


お疲れ様でした。

なんだか、あっという間に終わっちゃいましたね。
それにしても、jazzeyesのプロデューサーにお会いし、サンプル盤までもらっちゃうなんて、ラッキーでしたね。

デヴィッド・マレーまで聴かれてくるとは、意外ですが、いろいろな種類のジャズが一度に聴ける(場合によっては普段は興味ないジャズまで)のがジャズフェスの醍醐味ですからね。

スカナピエコのスペル、注意はしていたのですが、やっちゃいました
すぐさま、訂正しておきます。

criss to rhodia |  2008/06/25 (水) 20:48 [ 編集 ] No.3258


rhodiaです

crissさん

ロチェスターの記事、アップできておらずすみません。。ネットのつながらない実家に帰省もしてまして、あとからどんどんアップするのでお待ちください!!それと、今発見してしまったのですが、スカナピエコのスペル、scanna~ でnが2つなんです。。ご修正ください。(ってごめんなさい、こんな場所で指摘を>_

rhodia |  2008/06/23 (月) 18:05 [ 編集 ] No.3259


Unknown

>2作目は買ったときに一度聴いただけなのですが、はたしてこんなに良かったかどうか、あとで時間があったら再聴してみようと思います。

2作目もよかったですよ~。

ピアッツァの新譜は、まあ、それほどでもなかったです。

ベーシストのリーダー作って、かなり勝率低いです。
やっぱり、作曲センスに長けたベーシストって、なかなかいませんよね。

でも、バカテクぶりは健在です。もう、バカです。そんなに手が動くなら、ギターでも弾いたらどう、ってな感じで、ベースの意味、全然無視してます。

そのうち、アップしようかと思ってますけどね。

criss to nary |  2008/06/20 (金) 16:57 [ 編集 ] No.3260


ご無事でなによりです。

返事が遅れてすみませんでした。
昨日、一昨日と、仕事に忙殺され、ブログどころでは
ありませんでしたので。

rhodiaさんが、コメントくださったのは、すでにロチェスターに到着してかれでしょうかね?

無事に到着されたようで、なによりです。

なんだか、すごくうらやましいです。
宝くじでもあったたら、仕事を明日にでも辞めて、
ジャズ・ライブ三昧の余生を送りたいのですが、、、

逐一、ライブ情報してね。
よろしく。

criss to rhodia |  2008/06/20 (金) 16:49 [ 編集 ] No.3261


こちらからもTBさせていただきました

本作はメンバーがいいので聴く前からかなり期待していたのですが、予想を上回る出来栄えだったです。
2作目は買ったときに一度聴いただけなのですが、はたしてこんなに良かったかどうか、あとで時間があったら再聴してみようと思います。
ところでドミニク・ディ・ピアッツァも同じレーベルだったんですね。
私もHMVに注文中なのですが、すでに「入手困難」となっているので、なんか諦めなければならないような感じですよ(苦笑)。

nary |  2008/06/19 (木) 00:12 [ 編集 ] No.3262


お待ちしてました

crissさん
crissさんもlifetimeの記事も楽しみにしていました。
naryさんもlifetimeのCDを取り上げてくださっていますね。
壮快で最後までスピード感をもって聴けるアルバムに仕上がっていて、とても好きです。メンバーも言うことなし、ですし。
このまだ新しいレーベルのPicanto Recordsが売れてくれればいいのですが。。。私が注目しているMAX IONATAも同じくPicanto Recordsから出しています。是非マイスペでお聴きになってください。

rhodia |  2008/06/18 (水) 13:03 [ 編集 ] No.3263


Unknown

秋葉原の凄惨な無差別殺人事件があっても、その数時間後には、何事もなかったかのように、あの交差点を人々は行き来しています。

スヴェンソンが死んでも、こうして僕らは次の日には新しいジャズを聴いています。

人が死ぬことよりも、人が死んでも世の中が全然変わらず日々営まれていくことが、とっても怖いです。

>一度でいいから、ライヴを見ておきたかったなぁ。
いや~、ほんと、同感です。
毎年、日本に来ていたのに、いつでも観れると、高を括っていました。

criss to Marty |  2008/06/17 (火) 23:50 [ 編集 ] No.3264


購入しました

スヴェンソンの死も癒えぬ内ですが、私も「lifetime」を購入しました。未だ聞いてませんが・・・。
「When EveryOne Has Gone」を聴き終えた後、「Viaticum」をネットで注文しました。
一度でいいから、ライヴを見ておきたかったなぁ。

Marty |  2008/06/17 (火) 23:07 [ 編集 ] No.3265


購入しました

クリスさん、こんばんは。
スヴェンソンn

Marty |  2008/06/17 (火) 23:03 [ 編集 ] No.3266

コメントを投稿する 記事: Daniele Scannapieco 『 Lifetime 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Dominique Di Piazza / Princess Sita
この前の記事 : Daniele Scannapieco 『 Lifetime 』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。