雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

火曜日のジャズ日記

   ↑  2008/07/08 (火)  カテゴリー: 未分類
 新ブログhttp://jazzlab.blog67.fc2.com/もご覧ください。

昨日から小雨が降ったりやんだりで、暑くはないのにとってもじめじめして蒸しています。
家に帰って湿度計を見ると、相対湿度68%でした。
以前、除湿器を使用していた時、一日経つと除湿器のタンクがいっぱいになるのを見て、ぞっとしたことがあります。
確か、気温30℃で相対湿度100%とした場合、1?に30gの水蒸気を含んでいる、と記憶してます。ですので、僕の部屋、約100㎥とすると、気温27℃、湿度70%として、ざっくり言って部屋の中に2リットルの水が溶けていることになるわけで、こりゃ凄いことです。

どこかで読みましたが、日本より湿度の高いフィリピンでは、除湿した水を飲料水に変換する電化製品も売られている、とのこと。本当かな?

そんなわけで、今、エアコンの除湿をかけてやっと快適になり、ビールを飲みながら久しぶりにブログ更新しているとことです。

新譜も買っていないわけではないのですが、なかなかイイのに巡り合えません。なので、今日も聴いているのは旧作の愛聴盤、ということになります。

      
Eydie Gorme  /  Blame It On The Bossa Nova  1963 CBS/Sony
カサンドラ・ウイルソンの新譜もよかったけど、やっぱり暑い夏はな~んにも考えずにボッサ・ボヴァがいい。夏の定番、イーディー・ゴーメの代表作。先ほどから、夏の夜風を感じならがベランダで聴いておりました。これ、一生聴き続けるんだろうな~。

      
Claus Ogerman Orchestra / Gate of Dreams  Warner Bros. 1977
ダニーロ・ペレスとの共作盤で、隅々まで美意識が張りつめたドラマティックなアレンジを提供したクラウス・オガーマンですが、誰しもが思い出すのは、マイケル・ブレッカーとの85年作品『 Cityscape 』ではないでしょうか。今日聴いている『 Gate of Dreams  』はさかのぼること7年前の77年に制作されたオガーマン名義の作品です。トミー・リピューマ=クラウス・オガーマン=マイケル・ブレッカーの人脈がここで生まれた作品でもあります。リピューマのお気に入りのアーティスト、ジョー・サンプル、ジョージ・ベンソン、デヴィッド・サンボーンらもソロをとっています。『 Cityscape 』ほどの完成度はありませんが、オガーマンの音世界を味わえる隠れた秀作です。

      
Michiel Borstlap / Body Acoustic  1999 emarcy
最新作『 Eldorado』 でクラブ・ジャズ路線のファンク・ビートでファンの度肝を抜いたミケル・ボルストラップですが、思いのほか気に入り、特に通勤時の愛聴盤として大活躍しています。今日聴いているのは99年に制作されたウェザー・リポートのカヴァー集です。ジェシ・ヴァン・ルーラーや、山本隆氏推薦の『レトロなバス』でおなじみ、エルンスト・グレールム( b )とハン・ベニンク( ds )も参加しています。

      
Uri Caine / Sphere Music  1993 Bamboo
デイヴ・ダグラスやフランコ・アンブロゼッティのバンドでの切れ味鋭いピアノが好印象だったので、以来、彼のリーダー作を収集しています。今日聴いているのは93年の初リーダー作です。この人、最近の人かと思っていましたが、56年生まれとのことですから、もう52歳になるんですね。キャリアを覗くとハンク・モブレー、ミッキー・ローカー、ジョニー・コールズらとの共演歴もあるらしく、かなり古くから活動していたみたいです。この初リーダー作にはゲイリー・トーマス、グレアム・ヘインズ、ドン・バイロンと、とんがり君達が勢ぞろいして、いかにもそれ風の曲が並んでいます。ラルフ・ピーターソンの狂暴なグルーブに乗って、みんな荒れ狂っていて実に面白いです。これ、かなりお勧めです。

7月08日の歩数 : 7987歩 体重 : 67.9kg
7月07日の歩数 : 8143歩 体重 : 68.1kg
7月06日の歩数 : 8282歩 体重 : 67.0kg
7月05日の歩数 : 2538歩 体重 : 68.0kg

関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1173.html

2008/07/08 | Comment (12) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


ありがとうございました。

急いでいませんので、あまり無理なされないで
くださいね。
でも、まあ、9月の沖縄旅行に持っていきたいのでですが、、。

では、よろしくお願いいたします。

criss to Laie |  2008/07/15 (火) 23:50 [ 編集 ] No.3318


アドレス

クリスさん
メールアドレスの方に、メールしましたので、宜しくお願い致します。ロジェのコメントを近いうちにお聞きできるのを楽しみにしています。

Laie |  2008/07/14 (月) 02:46 [ 編集 ] No.3319


ほんとうに

よろしいのでしょうか。
Mänersachenは4500円もして買えないので、
送っていただければ、それはそれは嬉しいです。

もしよければ、まずはヤフーの
vya02277kanon@yahoo.co.jp
まで、メールいただければ、折り返し
こちらから住所等、メール致します。

連絡付き次第、このコメントは削除させて
いただいます。

>ロジェのお父さんは、Eugen Cicero(カタカナ読みで、オイゲン・キケロと読まれているかもしれません)というジャズピアニストだったのですが、御存知でしたでしょうか。

え~、そうだったのですか。オイゲン・キケロは有名です。ただ、クラシックばかりを題材にしていたので、ちょっとジャズの主流からは外れていて、あまり評価はされていないのですが、誰しも一度は聴いたことのあるミュージシャンです。そんな人の息子さんだとは、驚きですね。

ということで、お言葉に甘えて、よろしくお願い致します。

criss to Laie |  2008/07/13 (日) 22:43 [ 編集 ] No.3320


CD

そうですか。早速申し込まれたのですね。3週間もかかるのですか。。。

昨日、エッセンで買い物ついでにCDコーナーへ言ってみたら、MänersachenのCDがなんとも山済みに!値段は、たったの4,44ユーロでした。ので、買っちゃいました。もしも、送り先に関して、ネット上で、双方解決できれば、お送りできます。

あっ、それから、ドイツでもアメリカでもそうなんですが、新譜のCDでも、ケースを保護する外側のセロファンがないことが少なくないです。このロジェのCDもセロファンがありませんでした。もしも、それで宜しければということになりますが。。。

ブログにも何度もお邪魔させてもらっていますし、色々と教えて頂いてもらっていますので、(これからも色々と宜しくお願い致します)日頃のお礼ということで、差し上げられればと考えています。

それから、ロジェのお父さんは、Eugen Cicero(カタカナ読みで、オイゲン・キケロと読まれているかもしれません)というジャズピアニストだったのですが、御存知でしたでしょうか。クラシックをジャズ化にして演奏して有名になったそうです。特に、1965年に、バッハの作品をジャズにアレンジしたのが有名だそうです。

私達は、勿論、知りませんでした。(苦笑)

Laie |  2008/07/13 (日) 05:02 [ 編集 ] No.3321


どうもありがとうございます。

>もしも、御興味があって、日本では手に入りづらいということでしたら、個人的には、自分のCDをコピーするなり、新しいCDを購入してお送りしても構いませんが。

ほんと、どうもありがとうございます。
実は、amazonで買えるんです。ただし、Männersachenは4500円もしますので、しばらく中古を探してみます。
買えるのはボサノバの追加曲が入っているBeziehungweiseとDie Listeの2枚でしたので、
すでに申込しちゃいました。

でもUKからの輸入なので3週間以上かかりますが。

とりあえず2枚聴いてみて、よかったら別のCDも探してみます。

ボサノバの曲も良かったです。
やっぱり、ドイツの歌手は、いくら上手くても
日本に紹介されることはまずないですからね。
貴重な情報ありがとうございました。

あ、それから、ビリーの来日、やっぱり19日の土曜日でした。楽しみです。

では、よい週末を。

criss to Laie |  2008/07/13 (日) 00:49 [ 編集 ] No.3322


追加です

ロジェの曲追加です。ボサノバ風でしょうか?クリスさん、お好きかなあ、と思いました。

http://www.youtube.com/watch?v=9IEGeHeMJjU" target=_blank>http://www.youtube.com/watch?v=9IEGeHeMJjU

これから主人、エッセン市へ買い物に出かけて来ます♪

Laie |  2008/07/11 (金) 20:51 [ 編集 ] No.3323


roger cicero

ロジェの曲を気に入ってもらえて嬉しいです!私みたいな素人には、とても聞きやすいです。(苦笑)彼の、頭の後ろから抜け出るような声が、たまらないです。喋る声も甲高く、笑う声もとても魅力的なんですよぅ。。

もう1曲添付させて下さい。こちらは、素人さんが録画したようなので、画像も良くないし、曲も最初が切れてしまっていますが、曲は、サンバ調?で、また違った側面が聞けると思いましたので。。

http://www.youtube.com/watch?v=oZ5TETAD39Q" target=_blank>http://www.youtube.com/watch?v=oZ5TETAD39Q

日本から、手に入りづらいCDなどは、通常、どうやって仕入れていらっしゃるのでしょうか。時間がかかっても予約するのか、アマゾンなどで個人輸入されるのか。。

今、手元彼のCD2枚あります。Männersachen(Wenn Sie Dich Fragt入りです)と、Beziehungweise です。どちらも彼が人気が出てからの新しいCDです。

もしも、御興味があって、日本では手に入りづらいということでしたら、個人的には、自分のCDをコピーするなり、新しいCDを購入してお送りしても構いませんが。。Männersachenの方は、何処かのお店で、9ユーロくらいに既に値下がっていたような。。

彼の他にもう一人ファンのドイツ人ジャズマンがいます。また、別のトピックで是非、御紹介させてもらえればと思います。。

クリスさんと少しジャズのお話をしているのでしょうか?だったら嬉しいです。。

ビリーは、17日ですか?19日からだと思っていました。。日程が変更

Laie |  2008/07/11 (金) 15:16 [ 編集 ] No.3324


あ!

言い忘れました。
僕の部屋、100?ではなく、100㎥の間違いです。
100?は、我がマンションの広さです。トホホ

criss to Laie |  2008/07/10 (木) 22:02 [ 編集 ] No.3325


Unknown

uri は、winter&winter からのクラシック系の作品より、やっぱりモード系の本作のような作品のほうが俄然好きです。


僕も中古でみつけたのですが、これはホント、イイ作品でした。

criss to monaka |  2008/07/10 (木) 19:59 [ 編集 ] No.3326


ロジェ・チチェロ

Laie さん、聴きましたよ。
ジャズじゃないですか~。凄くイイです。
ビッグバンド物もよかったけど、
≪ Wenn Sie Dich Fragt ≫っていうボッサ調の曲が気に入りました。
日本でも手に入るかどうか、先ほどググってみたのですが、どうも難しそうです。
もうちょっと調べてみます。
なんとかこの曲がはいっているCD手に入れたたいと思ってます。

なかなかドイツ語って語調が強くて、ジャズに馴染まないんじゃないか、という先入観がありますが、この人の歌い方はいい意味でドイツ語を感じさせない歌い方で、聴きやすいです。

どうもありがとうございました。

あ、それから、17日、ビリー・ドラモンドのライブ、行けることになりました。

ということで、また。

criss to Laie |  2008/07/10 (木) 19:29 [ 編集 ] No.3327


私も何時も気にしています

クリスさん、こんにちは、monakaです。
ユリは私もとても気に入って、何時も中古屋さんで名前を探します。
このアルバムからキラキラしているように思うので記事にしていました。TBさせていただきます。
Michiel Borstlap は私はいまいちでしたので、記事にはしたのですがTBやめます。

monaka |  2008/07/09 (水) 20:32 [ 編集 ] No.3328


ボーカル

彼女のボーカルは文句なしに素敵!だと思いました。私好みです。高音が順次に上昇するテクニックも素晴らしいです。何度聞いても飽きないような歌声だと思います。

ボーカル関連ですが、個人的に好きなロジェ・チチェロという人の曲の抜粋を添付します。

http://www.youtube.com/watch?v=EuWkH11yWU4" target=_blank>http://www.youtube.com/watch?v=EuWkH11yWU4
http://www.youtube.com/watch?v=5ZHGX2I5BXg" target=_blank>http://www.youtube.com/watch?v=5ZHGX2I5BXg
http://www.youtube.com/watch?v=e3aGH25bN3s" target=_blank>http://www.youtube.com/watch?v=e3aGH25bN3s


年に一度、ヨーロッパビジョン音楽コンテストというのがあるのですが、昨年(一昨年だったかな)、ドイツ代表でエントリーしたグループですが、結果は、ほとんど最下位で終わりました。順位は、実力があったとしても、一般の視聴者が投票するのでかなり良い加減ですが。

ただ、彼の人気がその後、徐々に上がり、今では、ドイツではかなり人気があります。私も彼のファンの一人です(笑)。歌詞がドイツ語なので、日本では全く知られていないと思いますが、敢えてご紹介したいです。取りあえず、バラードタイプの曲と典型的なビックバンドの曲を添付致します。お時間のある際に、是非、お聞き下さい。

クリスさんのお部屋は100平米もあるのですか。すごく広いですね。。我が家は、地下一階に、地上3階ありますが、平米に直すとそんなに広くないと思います。3年前までは、45平米で、ベランダもないとアパートに住んでいたので、それから比べると今は、天国ですが。。(苦笑)

コーラ何だか怪しそうですね。。

ビリーの演奏を見に行かれるのですね。東京も何箇所かで演奏するようなので、こちらから、何処かのクラブにビックリ電話でも入れようかと企て中です。(笑)冬のソナタのCDを催促しなくちゃ!

Laie |  2008/07/09 (水) 17:48 [ 編集 ] No.3329

コメントを投稿する 記事: 火曜日のジャズ日記

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。