雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

訃報 ハイラム・ブロック

   ↑  2008/07/28 (月)  カテゴリー: 未分類

 新ブログhttp://jazzlab.blog67.fc2.com/もご覧ください。

24丁目バンドやデヴィッド・サンボーンらとの競演を通じて日本でも人気のあるギタリスト、Hiram Bullock ハイラム・ブロックが、7月25日に喉頭癌で亡くなられたようです。昨年の東京JAZZにも出演し、大きなお腹を揺らせながら愛嬌たっぷりに観客席を走り回っていたのに....。 Rest in Peace

Hiram Bullock Late Night with David Letterman Guitarist Dies Hiram Bullock, onetime barefoot guitarist for Paul Shaffer's World's Most Dangerous Band, dead at the age of 52. Bullock had been fighting a tumor in his throat since January.  

    ( All About Jazz より引用 )

その他の記事 http://thejazznetwork.ning.com/

ハイラム・ブロックは、おそらくかなりのへヴィー・スモーカーだったのでしょう。でも、彼が本当にヘヴィー・スモーカーだったかどうかは僕は知りません。それでも「おそらくそうだった」と推測できる根拠は、喉頭癌という癌が、最も喫煙と関連が深い癌だからです。極端に言えば、喫煙しなければ罹らない癌が喉頭癌ということです。

発癌と喫煙の関連度を表す用語として“ 発癌寄与度 ”というのがあります。つまり、「その癌の発生に、喫煙がどの程度関与しているか」という指標です。その寄与度でいうならば、喉頭癌は驚くことに約95%です。逆の見方をすれば、喫煙しなければほとんどの喉頭癌は生じないわけです。一般的に喫煙との関連が問題視されている肺癌でさえ約70%ですから、いかに喉頭癌が喫煙によってもたらされているかが分かります。本当に喫煙していて怖いのは喉頭癌です。ちなみに食道癌は約50%です。

先日も忌野清志郎さんが喉頭癌の骨転移のため、FUJI ROCK 2008 など全ての公演をキャンセルするとの報道があったばかりですが、彼も長年喫煙し、それもかなりのヘヴィー・スモーカーだったようです。あるファンが「清志郎は禁煙していたのに、なぜ癌になるんだよ~」と叫んでいたのが印象的でしたが、癌には長い潜伏期というものがあるので、禁煙したからといってすぐに発癌のリスクが減るわけではありません。肺癌でいうならば、禁煙後も発癌のリスクは持続して高く、禁煙後10年でやっとリスク減少がみられると言われています。

それにしても、今年に入ってからなんだか訃報のニュースが多いと思いませんか。All About Jazz で訃報記事を検索して、リストを作ってみました。

ピート・カンドリ             1月11日没 前立腺癌     享年84歳
デニス・アーウィン         3月10日没 肝臓癌        享年56歳
ジミー・マクグリフ          5月24日没 多発性硬化症   享年72歳
ボブ・フローレンス         5月15日没 肺炎              享年75歳
エスビョルン・スベンソン 6月14日没 事故死           享年44歳
ロニー・マシューズ         6月28日没 膵臓癌           享年72歳
ジョー・ベック                7月22日没 肺癌              享年62歳
ジョニー・グリフィン         7月25日没 詳細不明        享年80歳
ハイラム・ブロック         7月25日没   喉頭癌           享年52歳

上記以外でもマイナーなところでは、ジミー・ジュフリーやセシル・ペインらも亡くなられています。

こうして見ると、ピート・カンドリは別として、みんなやや短命ですね。9人の故人の平均年齢が66歳。エスビョルン・スベンソンの事故死を除いても69歳と、70歳に満たないのですから。死因に目を向けてみると、9人中5人が癌死です。

このあたりの事実を裏付けるような論文があります。

「 Medical Problems of Perfoming Artists 」 という、音楽家の健康問題を扱うユニークな医学雑誌があるのですが、その2000年9月号に次のような論文が掲載されました。


The Longevity and Causes of Death of Jazz Musicians, 1990-1999


本論文は1990年から1998年の間に亡くなられた346人のジャズ音楽産業になんらかの形でかかわった人を対象としたスタディーで、対象をミュージシャンと非ミュージシャンに群分けして、死亡時年齢、平均寿命、死因別死亡割合などを統計学的に比較し、考察を加えたものです。

これによると、ジャズ・ミュージシャンの死亡時年齢は70歳と、非ミュージシャンに比べて4歳ほど若い。しかも平均余命を全うできた人も少ない。死因を見てみると、癌死の割合が一般にくらべて高い。などの結論を導いています。

ざっくり言って “ ジャズマンは癌に罹って早死にする ” ということでしょうかね。
なお、ウェブ上で閲覧できるのはアブストラクトだけです。

だいぶ話が逸れてしまいましたが、最後に僕が大好きなサンボーン、マーカス・ミラーらとやった≪ Love And Happiness ≫ を観ながら、彼の死を偲ぶことにしましょう。

関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1183.html

2008/07/28 | Comment (18) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 訃報 ハイラム・ブロック
この前の記事 : 日曜日のジャズ日記

Comment


ハイラムファン

昔のハイラムのビデオを見ていて、ブログ検索したらたどりつきました。TBしまてしまいました。

muu |  2008/12/27 (土) 11:39 [ 編集 ] No.3379


はじめまして

あまり僕の記事を信用しないでくださいね(笑)。嘘も多いですから。

でも、うれしいです。
久し振りの新客さんです。

>個人的にはアトランティック時代の3枚がやはり好きです。

実は、僕の知人にやっぱりK.Warwickさん同様、ハイラムのアトランティック盤が好きだという人がいます。今度、貸してくれる約束をしてます。楽しみにしているのですが、K.Warwickさんの話を聞いてますます期待が膨らみますね。

これからも気楽にコメント入れてください。

僕もそうですが、はじめてコメント入れるのって、ちょっと勇気がいるんですよね。

ということで、また。

criss to K.Warwick |  2008/08/11 (月) 23:29 [ 編集 ] No.3380


Unknown

はじめまして、
突然すみません。
実は以前より楽しく読ませていただいており、
ジャズCD購入の際の参考にさせていただいておりました。
レスは入れさせていただいたことは無かったのですが、今回はハイラムのことだったので、一言足跡残させていただきたく思いました。

個人的にはアトランティック時代の3枚がやはり好きです。ニューヨークでのライブ(DVD化されているのでしょうか?)でのセンスの悪い服、冴えないアクションでさえも許してしまうミーハーですが、その後のロック寄りのスタンスだけはちょっと好きになれませんでした。
個人的に好きなアルバムは『WAY KOOL』です。

飛び込みレス、大変失礼いたしました。
CRISS様の日記から興味を持ちBILLY CHILDを探し、やっと購入しました(さんざん探してもI've known river しか売っていなかったのですが)。まだ聴いていないのですが、これから聴くのが楽しみです。
これからもいい音楽をたくさんお教えください。ファンとして楽しみにしております。

K.Warwick |  2008/08/11 (月) 21:25 [ 編集 ] No.3381


こんにちは

>ミュージシャンって、体力あるくせにお酒もタバコもやめないのが心配ですね。ドラッグに手を出さないだけ、昔のミュージシャンよりもだいぶマシかとは思いますが。。

昔のジャズ・ミュージシャンはドラックやるよのが当たり前だったようですよね。僕の昔の知人(プロのピアニスト)も、ドラッグやってました。もちろん僕と知りあう前ですが。ちゃんと病気も貰っちゃていて、よく相談されました。

今のジャズ・ミュージシャンはさすがにそういう人生破綻者はいないようです。というか、セッション終わると、打ち上げもしないで帰っちゃうミュージシャンも多いみたいですよ。

>。「喉も肺も使う仕事じゃないの??」って感じ。
肺活量に影響ないんでしょうかね・・・@_@


肺活量って、ほとんど喫煙と関係ないんですよね。しかもサックスやトランペット吹きは、普段から吹くことで肺を鍛えているから、僕らより断然肺活量があるかもしれませんね。

でも、肺活量は衰えなくても、一秒率は落ちます。

一秒率というのは、瞬間的に吐き出す力、です。喫煙している多くの人は、慢性気管支炎に侵されているので、細い気管のために吐き出せないんですよ。喘息と同じです。

なので、長いフレーズを息継ぎせずに吹き切ることはできても、爆発的な音量の瞬間的フレーズはやはりできなくなっちゃうのかな、と想像します。


criss to rhodia |  2008/08/07 (木) 18:38 [ 編集 ] No.3382


気になりますね

ミュージシャンって、体力あるくせにお酒もタバコもやめないのが心配ですね。ドラッグに手を出さないだけ、昔のミュージシャンよりもだいぶマシかとは思いますが。。私が会ったほっっとんどのイタリア人が吸ってますもん。「喉も肺も使う仕事じゃないの??」って感じ。
肺活量に影響ないんでしょうかね・・・@_@

rhodia |  2008/08/06 (水) 16:49 [ 編集 ] No.3383


どうも、どうも

勝手にTBして、すみません。

僕もNight Music の印象が強いかな。
でも、のDONAXさんが教えてくれた「 carrasco 」なんか聴いちゃうと、リーダー作も収集したくなっちゃいますね。

皮肉にも、彼の死を契機に、彼の作品を見直してみようかと思っています。

それにしても、いつもKofnさんのブログ、賑やかですね~。流石!

criss to kofn |  2008/07/31 (木) 22:02 [ 編集 ] No.3384


こんにちは。

うっかりしてcrissさんのこの記事を見逃してました。
当ブログへのTBありがとうございます。
ハイラム・ブロックは僕にとってはリーダー・アルバムでのプレイよりもサポート・メンバーとしてのプレイやNight Musicを初めとしたセッションでの陽気な佇まいが印象に残ってます。
サンボーンとのこのライブ・ビデオは最高ですね。
ほんとに惜しい方を亡くしました。
それにしても最近亡くなってる方は確かに多いですね。デイヴ・カーペンターが先月亡くなってた事を最近知りました。

kofn |  2008/07/31 (木) 16:47 [ 編集 ] No.3385


はじめまして、

まずは、こんな越境ブログまでお越しいただき、ありがとうございます。

>以前、ジャコの伝記を読んだ時、ギグが終わると、客から薬や酒、たばこを貰うのが当たり前だったみたいなことが書かれていたので、もしかして、その時のがきてる?と思いましたが、真相はどうなんでしょうね?

たぶん、YOCさんもご覧になっていると思われますが、評論家の横井一江さんのブログで紹介されているハイラム・ブロックの訃報記事

http://www.independent.co.uk/news/obituaries/hiram-bullock-charismatic-jazzrock-guitarist-878716.html" target=_blank>http://www.independent.co.uk/news/obituaries/hiram-bullock-charismatic-jazzrock-guitarist-878716.html

では、術後の経過は良好だったけど、昔からの悪い習慣? 薬物かお酒かな? をライブの後にやり続けたために亡くなったようなことが書かれていますね。もしかすると、癌氏ではなく、オーバードーズだったのかもしれませんね。

criss to YOC |  2008/07/30 (水) 22:55 [ 編集 ] No.3386


Late Night Talk

これもよさそうです。
僕はジャケットすら見たことありません。
メンバーも渋くて、いい音が聞こえてきそうです。
ハイラム・ブロックのCDって、けっこう中古屋で安く手に入るので、根気よく探してみようかと思います。

この機会にハイラムをちょっと集めてみようかと、<Carrasco>を聴きながら思っています。

criss to Donax |  2008/07/30 (水) 22:47 [ 編集 ] No.3387


最近

初めまして。

ハイラムのことがショックで、色んな方のブログを拝見しているところです。

出身地が大阪だと知った時、今まで異常に親しみを感じていたので、余計に残念です。
ハイラムのライブは、ぶっ飛んでたので、もう観られないなんて寂しすぎます。


私も感じていたことですが、最近訃報ニュースが多いように感じます。
以前、ジャコの伝記を読んだ時、ギグが終わると、客から薬や酒、たばこを貰うのが当たり前だったみたいなことが書かれていたので、もしかして、その時のがきてる?と思いましたが、真相はどうなんでしょうね?

YOC |  2008/07/30 (水) 18:44 [ 編集 ] No.3388


Unknown

>crissさん

すみません "Carrasco"でした。
ハイラムはテクではなく精神面で卓越した音楽家だと思います。Late Night Talkも良いですよ。

リンクありがとうございます。
こちらもブックマークさせて頂きました。

DONAX |  2008/07/30 (水) 12:32 [ 編集 ] No.3389


あ、これね。

さっき、tempoさんのブログみていたら出ていました。tempoさんは買えたみたいですね。

彼、白黒浮き輪のCDも購入しているみたいだし、僕個人的に共感する部分多いです、あの方。

ジョニー・グリフィンの「Night Lady 」が好き、というのも同感。ふんふんと思いながら、いま、僕も聴いています。

criss to Marty |  2008/07/29 (火) 22:19 [ 編集 ] No.3390


Callasco

Callasco聴きましたよ。かっこいいですわ

<What You Won't Do For Love>もよかったし、なんだかイントロが野呂っぽいですね。

で、何度もさっきから聴いていて、このCD欲しくなり、HMVみたらリストされておらず、amazonにはあったものの、中古でも2750円ぐらい。マーケットプレースだから送料入れると3000円超えちゃうので、ちょっと手が出まえん。
中古屋で探してみます。

正直、いままであまりハイラムを聴いてこなかったので、意外に良くて、ちょっと驚きです。

あ、それから、いつのまにか、ブログ始められていたのですね。勝手ながらブックマークに入れさえてもらいました。

criss to DONAX |  2008/07/29 (火) 22:14 [ 編集 ] No.3391


R.I.P.

CallascoからWhat You Won't Do For Loveです。

http://anywhere.fm/donax/recommended" target=_blank>http://anywhere.fm/donax/recommended

連投すみません。

DONAX |  2008/07/29 (火) 00:38 [ 編集 ] No.3392


R.I.P.

10年前くらいですが、来日時のハイラムは幕間に必ずレモンスカッシュを2杯飲んでました。
当時かなりのメタボ体系だったこともあり糖尿じゃないかな?と思ってました。
ジャズライフで語っていた精神論が印象的でした。
Callascoが好きです→♪
joe Beckも亡くなってたのですか・・。サイン
を貰ったCD失くしてしまったのが残念です。
ご冥福をお祈りします。

DONAX |  2008/07/29 (火) 00:33 [ 編集 ] No.3393


Birds in Black

そうです。「Birds in Black」です。
彼ら自身のデッドストック150枚のみだそうです。内容が結構スィンギーで良さそうなので、惜しいことをしました。

Marty |  2008/07/29 (火) 00:07 [ 編集 ] No.3394


あら!

デイヴ・カーペンターも亡くなられていたのですか。それは知りませんでした。
僕はアラン・パスクアのトリオでの演奏しか知らないので、ほとんど思い入れはありませんが、残念です。
「The Way You Look Tonight 」は愛聴盤です。

ジョニー・グリフィンは記事内のリストにちゃんと入れてます。実は、今日、ハイラムの訃報記事を検索していたら、ジョニー・グリフィンの記事も出てきてびっくりした次第です。

この前まで、元気にライブやっていたように思うのですが、けっこう急ですね。
越智順子さんは、名前しかしりませんでした。
関西を中心に活動していたのですか?
東京のライブハウスにブッキングしているのは、見たことないように思うのですが、僕が知らないだけかも。

>Cholet - Kanzig - Papaux Trio 『 Beyond The Circle 』 を購入しました。

なかなか面白いですよ。僕は前作も欲しくなりました。今度、DUで探そうと思ってます。

>Najponkのデッドストックはタッチの差で買えずじまいでした。残念

それって「Birds in Black」のことですか?
僕は「 Autumn in NY 」を持ってますが、あまり印象になかったので、全然チェックしてませんでした。

criss to Marty |  2008/07/28 (月) 23:26 [ 編集 ] No.3395


訃報

クリスさん、こんばんは。

他にも、3名の訃報が・・・
Dave Carpenter 享年48
Johnny Griffin 享年80
越智順子    享年43

Dave Carpenterは、Alan Pasquaとのトリオで
結構好きなプレーヤーでした。
合掌。

先日モジリアニを観た帰りに、Cholet - Kanzig - Papaux Trio 『 Beyond The Circle 』 を購入しました。Najponkのデッドストックはタッチの差で買えずじまいでした。残念

Marty |  2008/07/28 (月) 22:02 [ 編集 ] No.3396

コメントを投稿する 記事: 訃報 ハイラム・ブロック

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 訃報 ハイラム・ブロック
この前の記事 : 日曜日のジャズ日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。