雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Belmondo Quintet @ Apple Store, Ginza

   ↑  2008/08/25 (月)  カテゴリー: 未分類

 新ブログhttp://jazzlab.blog67.fc2.com/もご覧ください。

8月29日から3日間、恒例の『 東京JAZZ 2008 』が東京国際フォーラムで開催されます。それに先立ち8月から、関連イベントである 『 東京JAZZ CIRCUIT 2008 』 が丸の内エリアで開催されています。特に今年は、日仏交流150周年にあたり、それを記念してフランス人ミュージシャンが数多く出演する 『 FRENCH JAZZ QUARTER 』 というプログラムが、丸の内の丸ビルや銀座の Apple Store などで今週月曜日から開かれています。 『 東京JAZZ 2008 』 に出演する大物アーティストよりも、このフレンチ・ジャズのイベントの方が個人的には興味をそそられるというのが、正直なところです。 というわけで、今日は仕事帰りに銀座に寄り道して、ベルモンド兄弟のライブを観てきました。場所は銀座松坂屋の向かいにある Apple Store の3階イベント・フロアです。ベルモンド兄弟は、“ フランスのマルサリス兄弟 ” などと呼ばれ、母国ではかなり有名らしいのですが、日本ではほとんど知られていません。兄のリオネルはテナー、クラリネット、フルートなどを操るマルチリード奏者。弟のステファンはトランペット奏者です。ステファンは去年の銀座・インターナショナル・ジャズ・フェスティバルにエリック・レニーニのカルテットで来日しています。 ライブは午後7時開演。開始前に会場を見渡すと70席ほどの半分ほどしか埋まっていません。すいているのはうれしいのですが、これじゃあまりにミュージシャンが可哀想です。スタッフの方が部下に、「店先でライブ・イベントがこれからありますよ~と、宣伝してこい」と指示していました。とにかく、Apple Store の1階フロアには全くライブ・イベントの掲示がされていませんでしたので、僕も不安になり店員に本当にライブがあるのかどうか聞いたくらいです。これじゃ、通りがかりの音楽ファンは獲得できません。もうちょっとアピールすればいいのにな~。 メンバーの事前アナウンスはありませんでしたが、驚いたことにピアニストはShaiの幻盤『 Secret Mood 』で一気に知名度をアップさせた Laurent Fickelson ローラン・フィッケルソン!!でした。ベースはシルヴァン・ロマーノ、そしてドラムはバート・ヨリスやバティスト・トロティニョンらとの共演が記憶に新しいドレ・パルメルト! なんと贅沢なメンバーなんでしょ。ベルモンド兄弟は最近、ミルトン・ナシメントと新作を発表しているので、そこからの楽曲を演奏するのかと思いきや、やはりナシメントのヴォーカルがないと演奏できないようで、実際に演奏したのは40分にも及ぶ組曲形式の曲でした。基本的にはモード系ハード・バップですが、コルトレーン後期や60年代のマイルス、あるいはハンコックの『 処女航海 』あたりを彷彿とさせるテイストを持った楽曲でした。アンコールは≪ Round About Midnight ≫ を演奏してくれました。 スタイル的には決して新しいわけでもなく、また別段驚くほどの技術力の持ち主ではありませんが、二人とも優しさのなかに芯の強さを秘めた音色、メロディーは十分鑑賞に堪えうるものを持っていたと思いました。また、ローラン・フィッケルソンの随所に散りばめられた硬質的な美フレーズにも理屈抜きに惹かれるものがありました。
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1195.html

2008/08/25 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


Unknown

あれだけ徹底的にPRしないとこみると、
Apple としてはあまりこのライブに
積極的になれない理由があったのかと、
勘ぐってしまいますね。

それに対して、丸ビルの方は、1階の広場という
こともあり、大勢の観客が集まっていました。

Apple Store のエリック・レニーニは
ほぼ満席の状態でしたが、やはりその日も
ベルモンド兄弟の日と同様、ストアの一階には
なんの掲示もありませんでした。

そんなわけで、今日は東京JAZZの初日です。
仕事を早々切り上げて、これから国際フォー
ラムに行ってきます。

では、また。

criss to monaka |  2008/08/29 (金) 16:39 [ 編集 ] No.3449


良くありませんね

monakaです、このようのなのよくありませんよね。もちろんコレに向けて行ったかは解りませんが、情報を集めることが上手くない年寄りにははずしてしまいますよね。空いている席がわかっているなら、かなり行く人多くなりますよね。
銀座JAZZは当日滅茶苦茶人が多いので少し考えて欲しいと思うフェスティバルです。

monaka |  2008/08/27 (水) 20:56 [ 編集 ] No.3450

コメントを投稿する 記事: Belmondo Quintet @ Apple Store, Ginza

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。