雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Paolo Di Sabatino / Atelier of Melody

   ↑  2008/12/13 (土)  カテゴリー: piano
paolo di sabatino atelier of 1111

2004年に High Five Quintet の『 Jazz Desire 』が発売されるや否や、輸入盤店を中心に火がついたイタリアン・ジャズ・ブームですが、一過性のブームと思いきや然に非ず。4年経った現在でもしっかりとファンの心を掴み、ジャズ界における新潮流を形成するに至っていると言っても過言ではありません。最近ではジャズ雑誌で特集を組まれることも珍しくなく、伊ジャズメンが来日すればライブ会場はいつも満員で熱気に溢れています。そんな状況を見ていると、ジャズ界の中心軸は少しづつ米国から欧州に移動しているのでは、と思えて仕方ありません。

さて、イタリアの技巧派ピアニスト、Paolo Di Sabatino ( パオロ・ディ・サバティーノ 、1970 ~ ) の新譜が発売されました。すでに10枚以上のリーダー作を吹きこんでいるサバティーノですが、今回は何と Atelier Sawano からのリリースです。今までサバティーノを聴いてきたファンは、サバティーノと澤野工房の組み合わせに違和感を感じるかもしれません。彼はラテン気質全開の熱いプレイで聴き手を魅了するタイプでしたから、優雅な抒情性を重んじる澤野の理念にはそぐわないのでは、と思っていました。でもそこは流石に両者ともプロ中のプロです。情熱と抒情のミクスチャー感覚が絶妙の、素晴らしい作品に仕上がっています。伊ジャズ・ファンにも、澤野ファンにもアピールできるサウンドです。

全13曲で収録時間70分。平均5分程の短めの曲ですが、どれもアレンジ、構成が非常に凝っていて、ジャケットのアートワークのように色彩感豊かな楽曲が並ぶ密度の濃い作品です。全くダレることなく最後まで一気に聴かせる魅力があります。5曲が彼のオリジナルで、その他はスタンダードやジャズメン・オリジナルなどです。ベースは Marco Siniscalco 、ドラムは Glauco Di Sabatino という方ですが、両者とも僕は初聴です。でも二人ともなかなかのツワモノです。サバティーノの右手から綺羅星のごとく繰り出される音連射は、ヴィヴィッドに聴き手の心を揺さぶるでしょう。

最近の澤野工房にマンネリ感を抱き、食傷気味な方にも、きっと満足していただける秀作です(キッパリ)。個人的には2008年Atelier Sawano のベストです。(ちなみに2位はロバート・ラカトシュの『 You and The Night and The Music 』。3位はトヌー・ナイソーの『 For Now and Forever 』。)

paolo+di+sabatino_convert_20081213175857
Paolo Di Sabatino / Paolo Di Sabatino  2001 Around Jazz

手許にあるサバティーノのコレクションは、澤野の最新作を含め以下の計7作品。『 Foto Rubate 』、『 Introducing Paolo di Sabatino 』、『 Threeo 』、『 Italian Songs 』、『 Paolo di Sabatino 』、『 ARK Trio 』。

とりあえずこの7作品の中でベストを選ぶとすると、やはり幻本にも紹介されたセルフ・タイトルの『 Paolo di Sabatino 』でしょう。本作はHigh Five Quintetの一連の作品にも負けずとも劣らないハード・バップの傑作ではないかと。ステファノ・ディ・バティスタ、ヤヴィエル・ジロット、ダニエレ・スカナピエコと、伊国の超ツワモノ達が参加しています。この三者が一堂に会するわけではなく、基本的には1管フロントのカルテット編成です。

これを聴いていると、ルカ・マンヌッツァには申し訳ないけど、High Five Quintetにサバティーノが加入していれば、より完成度の高い究極のバンドになっていただろうにと、思うのですが.....。

関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-12.html

2008/12/13 | Comment (2) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Igor Prochazka / Easy Route
この前の記事 : Chet Baker & Enrico Pieranunzi / Soft Journey

Comment


Paolo Di Sabatino / Atelier of Melody

これも、良かったですねぇ。
昨年の澤野ベスト1、って解る気がします。
お忙しそうなので、これで。

あ、、今日、、着きました。
どうも、、ありがとうございました。
すごく、嬉しくて、声あげちゃった!

Suzuck |  2009/01/14 (水) 17:34 [ 編集 ] No.73


Re: Paolo Di Sabatino / Atelier of Melody

>昨年の澤野ベスト1、って解る気がします。

もで、最近、やっぱりトヌー・ナイソーやロバート・ラカトシュの作品もいいな~なんて思ってます。そう、ラカトシュの最近出た澤野のソロも良かったですわ。絶好の入眠導入CDです。

>あ、、今日、、着きました。
どうも、、ありがとうございました。
すごく、嬉しくて、声あげちゃった!

よく●●されているでしょ。ベース音が結構大きいので、もし不満なら SoundEngine Free で直してくださいね。

では、また。

criss to Suzuck |  2009/01/14 (水) 23:04 No.80

コメントを投稿する 記事: Paolo Di Sabatino / Atelier of Melody

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback


この記事にトラックバックする

AtelierOfMelody/PaoloDiSabatinoTrio

寝室のベランダから見上げると褐色の冴え渡った空に浮かぶ月。冷え冷えとした夜空に凛と輝く。。でも、夜空は半分は厚い雲に覆われた漆黒の闇。風に流れ飛ばされた雲から顔を出した月の光は、澄んだ空気を一気に飛び越えて手元に届く。透徹な月の美しに、みすずの詩が浮か...

MySecretRoom 2009/01/14
この次の記事 : Igor Prochazka / Easy Route
この前の記事 : Chet Baker & Enrico Pieranunzi / Soft Journey
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。