雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

縫合不全は医療ミスなのか?

   ↑  2005/08/02 (火)  カテゴリー: medicine
医療過誤の記事は毎日のように見かけますが,最近見かけた下記の記事には非常に驚きました。


がん手術の縫合ミスで死亡 遺族が6200万求め提訴


 宇都宮市の栃木県立がんセンターで、胃がんの手術を受けた市内の男性=当時(57)=が死亡したのは術後の処置を誤ったのが原因として、妻と娘2人が20日までに、県に約6200万円の損害賠償を求める訴訟を宇都宮地裁に起こした。

 訴状によると、男性は1999年8月3日、胃と脾臓(ひぞう)を摘出し、腸と食道をつなぐ手術を受けた。手術後の縫合不全で出血し、同19日に再手術したが止まらず、輸血を続けた結果、10月26日に肝不全で死亡したという。

 遺族側は「細心の注意を払い縫合部分の処置を行う義務を怠り、再手術後の処置も誤って肝臓が悪化した」と主張。県医事厚生課は「訴えを真摯(しんし)に受けとめ、県の立場は法廷で主張していきたい」としている。


縫合不全は手術を数多くこなしていれば,必ず起きうる合併症であり,決して医療ミスではないのです。最近,なんでもかんでも「ミス」と見出しが付いてしまう事に憤りを感じています。

縫合不全でいちいち訴えられていたら,私たちは手術などできないのです。
現在,外科医が減少してきています。安い給料でこんなリスキーな仕事など誰もやりませんよ。

裁判の行方に注目していきたいと思います。

FC2スレッドテーマ : 医療・病気・治療 (ジャンル : 心と身体

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-120.html

2005/08/02 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 縫合不全は医療ミスか。
この前の記事 : Jeff Lorber / In The Heat Of The Night

Comment


Re: 縫合不全は医療ミスなのか?

3年以上前のエントリーですが、
裁判の行方はどうなったんでしょうか?

>最近,なんでもかんでも「ミス」と見出しが
付いてしまう事に憤りを感じています。

ほんとですよね~・・・。
福島県大野病院事件が無罪になったことで、
歯止めになってくれればいいのですが。
(私らから見れば、当たり前の判決です。)


25-25 |  2009/02/04 (水) 08:56 [ 編集 ] No.124


Re: 縫合不全は医療ミスなのか?

それがどんなに調べても、提訴後の進展について
書かれている資料が見つからないんよ。

医療事故で、提訴したとか、告訴したとか、
報道されることがよくありますが、その後、どうなったか
についてフォローされないことが多くて、困りますね。

大野病院事件(事件という言葉自体、おかしいのですが)が無罪になったのは、当然ですが、
あのようなことで裁判になること自体が、
全くおかしな話で、理解に苦しみます。

まあ、この話をし出すときりがないので、
僕はできる限り、このブログでは医療問題には
触れないようにしています。

criss to 25-25 |  2009/02/09 (月) 11:34 No.133


Re: 新幹線事故の報道、納得がいかん!

すみません、このブログの雰囲気にそぐわないのは
じゅうじゅう承知なんですが、なんとも納得がいかないので、
書かせてください。

21日(土)の朝、新幹線新大阪駅で人が列車の
屋根に乗り上げた事故、ご存知でしょうか?

    ↓
http://news.tbs.co.jp/20090221/newseye/tbs_newseye4067741.html

動画で、ホームでインタビューに答えている
大阪弁の強面のオッサン、
どこかで見たことあるなと思ったら、
高校の一年後輩の整形外科医でした!!

動画を観る限りでは、彼は目撃者として居合わせたかのような
印象を受けるのですが、
後で話を聞いてみると実際には
「医師はいませんか?」の呼びかけに応じて手を挙げ、
レスキュー隊と一緒に率先して屋根に上がって救助し、
点滴のラインを確保するなど適切な応急処置をこなし、
救急隊に然るべき搬送先まで指示したんだそうです!

然るに、マスコミはこの事実を一切、報じていない!!

「駅員らによって救助」と書いてあるだけです。

もし逆に不幸な結果に終わったら、後輩の実名入りで
報道されたに違いない、とこれは100%に近い確信を
持っています。

インタビューでは、
「救出にかかわった整形外科医です。」と名乗っているのに、
そこは見事にカットされた、と言っていました。

「居合わせた整形外科医が率先して陣頭指揮し、
応急処置を施したおかげで、救出、搬送が
速やかに行われました。」ぐらい、
報道してもいいでしょうに。

25-25 |  2009/02/24 (火) 09:26 [ 編集 ] No.209


Re: 縫合不全は医療ミスなのか?

>このブログの雰囲気にそぐわないのは
じゅうじゅう承知なんですが、なんとも納得がいかないので、
書かせてください。

全然、大丈夫です。本当は僕も医療問題を含め、いろいろと書きたいこともあるのですが、ブログの方向性があいまいになってしまうのが嫌なので、極力書かないようにしているだけです。

特に医療問題はデリケートな問題ですから、昨今。

ニュースを拝見いたしました。これじゃ、まったくこの整形外科医の先生がだだの通行人扱いですよね。近年のマスコミ(特に毎日新聞)は、医療業界叩きに精を出しているし、それに洗脳された一般人も医療に不信感を抱いているので、なかなか医師の善行に目を向けてくれませんね。悲しいことです。

マスコミが医療崩壊を招いている、という事実を、もっと世間は知るべきですよね。

criss to 25-25 |  2009/02/25 (水) 22:52 No.214

コメントを投稿する 記事: 縫合不全は医療ミスなのか?

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 縫合不全は医療ミスか。
この前の記事 : Jeff Lorber / In The Heat Of The Night
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。