雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Roger Cicero / Mannersachen

   ↑  2008/09/16 (火)  カテゴリー: 未分類

 新ブログhttp://jazzlab.blog67.fc2.com/もご覧ください。

このブログを通じて知り合ったドイツ在住のLaie さんから、Roger Cicero ロジェ・チチェロ という男性ジャズ・ヴォーカリストのことを教えていただきました。しかも、教えていただいたばかりではなく、遥々ドイツから日本では手に入らないCDまで送っていただきました。ほんと、感謝の念に堪えません。ありがとうございました。

ロジェ氏はドイツでは有名な歌手であるようですが、日本では全く知られていません。近年の欧州ジャズ・ブームの中にあってもドイツは北欧やフランス、イタリアに比べると人気が薄く、さらに男性ヴォーカルですから分が悪いのも当然。日本に紹介する輸入盤バイヤーの目に留まらないのも無理はありません。

さて、Cicero と聞いてピンときた人はいませんか。そう、彼は Eugen Cicero オイゲン・キケロ のご子息なのです。クラシックとジャズの融合に取り組んだ父親オイゲンと、ポップなジャズ・ヴォーカリストとして人気を博す息子ロジェ。同じジャズを生業としても親子で目指す音楽的意匠は全く異にしているのが面白いですね。

簡単に彼の経歴を紹介しておきます。( wikipedia より )

ロジェは1970年、ベルリン生まれ。10代からテレビなどに出演するなど、プロとしての音楽活動を開始。1991年から96年までアムステルダム音楽学院で音楽教育を受け、卒業後は Jazzkantine や Soulounge といったグループのゲスト・ヴォーカルを務め、モントルー・ジャズ・フェスティバルにも出演した。一方で2003年には自己のカルテットを結成した。2006年、女性ピアニスト、Julia Hulsmann ジュリア・ヒュルスマンの『 Good Morning Midnight 』 への参加を経て、初リーダー作である本作 『 Mannersachen 』 を同年リリース。さらに2007年にヘルシンキで開催された欧州放送連合加盟の国々が参加して繰り広げられる各国対抗歌合戦である Eurovision Song Contest ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト にドイツ代表として参加している。しかし結果は42カ国中19位と、残念な結果に終わる。ところが、さすがに10億人が観るといわれるユーロヴィジョンだけあって、その出場を契機にロジェの知名度はアップし、国内での人気を不動のもにしていったようだ。第二弾『 Beziehungsweise 』 が昨年発売されている。

40年代、50年代のスイング・ジャズの流れを汲みながらも、ラテンやロックのテイストを織り込んだポップなスタイルと言えるでしょう。本来、ヴォーカルの良し悪しは、その発音の良し悪しも含めて評価しなければいけませんが、なにしろドイツ語ですのでそのあたりは無視するとしても、声質は非常に聴きやすく、高音のしなやかな伸びや中音域の豊さは実に心地よい印象を受けます。ドイツ語というと語感が硬く、あまり歌ものとの相性が良くないような先入観がありますが、彼の口から発せられる歌声はとっても柔らかく、肌ざわりが良いので全く問題ありません。楽曲のほとんどを Matthias Hass ( music ) / Frank Romond ( text ) のコンビが提供しています。どの楽曲も魅力的です。

バックを務めるのは11人編成のビッグバンドで、メンバーの中には NDR Big Band のメンバーとしても活躍したトランペッターのDirk Lentschat やアルト・サックスのUlli Orth などもいますが、全体の印象としては、可もなく不可もなくといったところでしょう。

とっくに昔に絶滅したと思われていた “ 男性ジャズ・ヴォーカル ”という種族ですが、最近になり、Matt DuskMichael buble などの登場により、やや息を吹き返してきた感があります。 「 Michael bubleなどジャズじゃないよ~」 という罵声が飛んできそうですが、この際、彼らがジャズ・ヴォーカルか否かなどの議論は脇に置いておきましょう。そもそも、男性で純粋にジャズ・ヴォーカリストとして生涯歌い続けることを許されたアーティストは、フランク・シナトラぐらいのもんでしょう。当時のその他大勢のジャズ歌手、たとえばスティーヴ・ローレンスにしろ、ペリー・コモにしろ、結局はジャズを捨てざるを得なかったわけだし。

ということで、もし興味を持たれた方はYou Tube で彼の映像を探してみてください。お勧めはファースト・アルバム『 Mannersachen 』 に収められていた ≪ Wenn Sie Dich Fragt ≫ あたりでしょうか。人気を裏付けるかのように、素人のモノマネやライブの隠し撮りなどもアップされていて、観ていて飽きません。




2007年のユーロヴィジョンに出演した時の映像です。
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1203.html

2008/09/16 | Comment (6) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Henri Salvador / Chambre Avec Vue
この前の記事 : 夏休み2008

Comment


Unknown

>CCCDと言うのですね。ジャケットを見てみたのですが、特に書いてありませんでした。購入する前に、分かれば良いのにな。。

ジャケット裏に必ず注意書きがありますので、買う前にわかります。当初から消費者の猛反対にあり、今では姿を消しましたが、中古や旧作を買う時には注意しないといけません。

>スカロボフェアを自分が歌い、主人のギターで合わせてみましたが、全く合いませんでした。お互いに相手のせいにしちゃって。。(笑)

フォーク・ギターを持つを必ず弾く曲ですよね。僕も中学の時、よく弾きました。カポタストを付けて、高音域で出すあの音は、フォークギター初心者には新鮮で、感動した記憶があります。

>テレビの番組で、WDR(日本で言うNHKローカル支局)という放送局があるのですが、月に1,2度、Jazzlineという放送を流しています。

WDRはよく知ってます。ドイツの放送局、WDR, SWR, NDR, HR などなど、みんな独自のビッグバンドを持っていて、かなりレベル高いです。

以前にそのあたりの作品を立てつづけに紹介したことあります。ちなみに代表的なエントリーは、これ。

http://blog.goo.ne.jp/crissmorgan/e/4ce597589aef201a23af8210bf657aab" target=_blank>http://blog.goo.ne.jp/crissmorgan/e/4ce597589aef201a23af8210bf657aab

WDR やNDR の音楽番組は Youtube にもよくアップされていて、時々観ています。Laie さんが紹介してくれた2つの番組のメンバーは全然知りませんでした。逆に興味はありますが、録画は大変ですから結構ですよ。あまり、お気づかいなく。

今日は秋分の日でお休みです。今から寝て、朝から子どもを連れて公園に遊びに行ってきます。

では、また。

criss to Laie |  2008/09/23 (火) 01:48 [ 編集 ] No.3497


WDR

おはようございます。

沖縄、台風で残念でしたね。でも、美味しい郷土料理がたくさん食べられたようで何よりです。

>>CCCDということですか? CCCDって、高い装置でも再生できないことありますよ。

えっ?全く知りませんでした。CCCDと言うのですね。ジャケットを見てみたのですが、特に書いてありませんでした。購入する前に、分かれば良いのにな。。

>>医学部だけのジャズ同好会って、どの大学にもありますしね。

どの大学にもあるんですか?結構メジャーな同好会なんですね。初耳です。同僚の女医さんのガッツにはとても感心です。それも学理ですか。。

>>僕は一応、ギターとベース(エレキとウッド)を弾いていました

ギターを弾かれるのですね。主人もフォークギターを少し弾きます。昨日、スカロボフェアを自分が歌い、主人のギターで合わせてみましたが、全く合いませんでした。お互いに相手のせいにしちゃって。。(笑)

テレビの番組で、WDR(日本で言うNHKローカル支局)という放送局があるのですが、月に1,2度、Jazzlineという放送を流しています。深夜放送です。今後二つの予定プログラムがあがっていますので、お知らせします。もしも、御覧になりたいようでしたら、お知らせ下さい。

9月23日分

Jan Akkerman & Band Jan Akkerman, Gitarre Jeroen Rietbergen, Keyboard Wilbrand Meischke, Bass Ton Dijkman, Drums Der niederländische Gitarrist Jan Akkerman gilt als einer der wenigen "Wunderkinder" der europäischen Pop- und Jazzszene.

10月7日分

Rigmore Gustafsson & Band, Rigmor Gustafsson (vocals), Jonas Östholm (piano), Christian Spering (bass), Johan Holgerson (drums), Eddie Gomez Trio, Eddie Comez (bass), Stephen Carlsson (piano), Dudu Fonseca (drums)









Laie |  2008/09/21 (日) 16:02 [ 編集 ] No.3498


つづき

>他の方からのレスが少し気になっていたのですが、あまり興味を持たれなかったみたいですね。(苦笑)

ね~、ちょっと寂しいけど、やっぱり男性ジャズ・ボーカルは人気ない、しかもドイツ語じゃね~、というところでしょうか。

>こちらでは、ジャズライブ会場での撮影は、可のところが多いようです。日本に比べてかなり規制が緩いのかもしれません。

そうなんですよね。だからYouTube にもライブの生撮り映像がたくさんアップされていますものね。うらやましいです。

>私のCDデッキが安物だからなのか、コピープロテクションなのか、原因不明です。

CCCDということですか? CCCDって、高い装置でも再生できないことありますよ。ほんと頭にくる規格ですよね。僕はもう、滅多なことがないかぎり、CCCDは買いません。

>主人が、お医者さんは皆音楽が好きなんじゃないかなぁ。。と言っていました。

確かに多いですよね。医学部だけのジャズ同好会って、どの大学にもありますしね。

僕の今の職場の同僚で産婦人科の女医さんは、医学部入学後、どうしても音楽を勉強したくて、東京芸大の学理に入学し卒業後、医学部に復学したという、経歴を持っています。凄い人です。僕の隣の席なので、よく音楽の話をしますが、僕はジャズしか知らず、相手はクラシックしか知らないので、うまく話がかみ合いません(笑)。

>クリスさんは、何か楽器は演奏されますか?

僕は一応、ギターとベース(エレキとウッド)を弾いていましたが、最近は全くやらなくなりました。なかなか時間がなくてね。

criss to Laie |  2008/09/21 (日) 02:17 [ 編集 ] No.3499


遅くなってすみません、。

>クリスさんは、DVD(マルチシステム)をお持ちですか?ヨーロッパはPALなのですが、もしも、お持ちでないようでしたら、日本対応用に変換してお送りできれば、と思っています。

PAL 再生機は持ってないのですが、実は、最近フランスで発売されたParis Jazz Big Band のDVDが PAL だけなので、近いうちにリージョン・フリーのDVDプレーヤーを買おうと思ってましたので、PAL で送っていただいてもいいのですが、できたら、NTSCに変換していただければ、その方が助かります。すみません、手間のかかる注文しちゃって。

>バカンスは如何でしたか?私達は、沖縄に行ったことがないのですが、ゴーヤチャンプルは、いつも食べたいなあ、と思っています

運悪く、台風がきちゃっていて、海で泳げたのはたった一日だけでした。
僕は沖縄の海も好きだけど、それ以上に沖縄料理、特にそーきそばが好きで、毎日食べてました。もちろんゴーヤチャンプルやラフティー、なども好き。おかげで4日間で2キロも太ってしまいました。今、慌ててダイエットしてます

criss to Laie |  2008/09/21 (日) 02:05 [ 編集 ] No.3500


やっと週末。。

論表は、5行くらい書いて下されば充分だったのですが、こんなに長く評してもらって本当に嬉しいです。

他の方からのレスが少し気になっていたのですが、あまり興味を持たれなかったみたいですね。(苦笑)

先日のライブで、ロジェがお父さんに捧げる曲をどんな風に演奏するか期待していたところ、彼自身がピアノを弾き語りで演奏しました。ピアノを力強く叩くように弾いちゃっていましたけど、聞かせてくれました♪ 本来のピアノ演奏者が、電子ピアノでオブリガートを入れてくれたせいか、すごく良かったです。ピアノと電子ピアノって結構合うんですね。初めての経験でした。

ユーロビジョンですが、審査方法として、一般の視聴者が、自分の住む国以外のアーチストに電話投票します。なので、ドイツ在住の人は、ロジェに投票できないんです。結果、他の国の人間には彼の音楽が受けなかったことになります。

あっ、それから、こちらでは、ジャズライブ会場での撮影は、可のところが多いようです。日本に比べてかなり規制が緩いのかもしれません。ロジェのライブでも、かなりの女性ファンが、ビデオをまわしていました。対照的に、男性人はビールでしたが。。。でも、私は、音楽を集中して聞きたいので、ビデオは今後も持参しないと思います。

それから、ここで紹介して下さったユリア・フルスマン(Julia Hulsmann)のCDも持っているのですが、これもコピーしてお送りしようと思っているのですが、コピープロテクションになっているみたいで、コピーしたCDを普通の安物のCDデッキで聞いて見ると途中で止まってしまいます。ちなみにオリジナルのCDでさえ、途中で止まってしまうんです。オリジナルの方は、車では聞く事が出来るのですが。。単に、私のCDデッキが安物だからなのか、コピープロテクションなのか、原因不明です。

先日リンクさせてもらった、ゲッツ・アルスマンですが、あのデモCDが彼の初ブルーノート製作になるようです。ゲッツは、30年以上も音楽歴があって、こちらでは、エンターテイナー兼、ショーマスター、司会者などで知られています。自分達の年齢より上の人はまず間違いなく彼のことを知っていると思いますが、14,5歳のティーンの生徒達に聞いたら、知らない、と言い切られてしまいました。(笑)ちなみに、シンディー・ローパーって誰?と聞かれた時は、さすがに世代の差を実感してしまいました。

ビックバンドのコメントについては、さすがジャズ通の方ならではの論でなるほど!と感心しました。ベースでもトランペットでも全くどのバンドでも同じ様に聞こえます(笑)

余談ですが、最近、お医者さんの生徒さんが増えました。前にお話したことのあるお医者さんも実は、歌の生徒さんなんです。今回の彼は、心臓が専門で、今年中には専門医になって、自分のプラクシスを開業すると言っていました。クリスさんも含めて、お医者さんに御縁があるかもしれませんね。

生徒さん主体の発表会を毎年行っているのですが、二人のお医者さんも今から張り切っています。主人が、お医者さんは皆音楽が好きなんじゃないかなぁ。。と言っていました。
クリスさんは、何か楽器は演奏されますか?

いつも余談が多いので、お時間のある時に、お返事して頂ければと思います。

Laie |  2008/09/20 (土) 15:52 [ 編集 ] No.3501


すごい!!

クリスさん

わぁ!ビックリしました!長く詳しくPRして下さってとても嬉しいです。ありがとうございました。

今日のステッパーのBGMは、ロジェで良い汗を掻きました。

一つお聞きしたいのですが、クリスさんは、DVD(マルチシステム)をお持ちですか?ヨーロッパはPALなのですが、もしも、お持ちでないようでしたら、日本対応用に変換してお送りできれば、と思っています。

バカンスは如何でしたか?私達は、沖縄に行ったことがないのですが、ゴーヤチャンプルは、いつも食べたいなあ、と思っています。(笑)

これから仕事なので、週末にまた、ゆっくりレスします。

ありがとうございました!!!



Laie |  2008/09/17 (水) 19:24 [ 編集 ] No.3502

コメントを投稿する 記事: Roger Cicero / Mannersachen

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Henri Salvador / Chambre Avec Vue
この前の記事 : 夏休み2008
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。