雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Gordon Goodwin's Big Phat Band / Act Your Age

   ↑  2008/11/01 (土)  カテゴリー: 未分類

LA の売れっ子スタジオ系ミュージシャンにより結成された超馬鹿テク集団 Big Phat Band の二度目の来日コンサートが来週に迫っています。作曲兼編曲を担当するのは主にテレビや映画音楽のフィールドで活躍されている Gordon Goodwin ( ゴードン・グッドウィン )。有名どころでは『 Mr. インクレディブル 』や『 スピード 2 』などがあります。ディズニーリゾートで売られているCDにもクレジットされているのを見たことがあります。グラミー賞1回とエミー賞3回を獲得しており、名実ともにアメリカ西海岸を代表するアレンジャーです。

このバンドは18人編成で、リード・アルトは昔チック・コリア・エリクトリック・バンドで活躍した Eric Marienthal ( エリック・マリエンサル )、リード・トロンボーンは Andy Martin ( アンディー・マーティン )、そしてビッグバンドの要、リード・トランペットには西海岸で最も多忙なトランペッターと呼ばれている Wayne Bergeron ( ウェイン・バージェロン )を擁しています。

バンド・スコアやマイナスワンCDなどのラインナップも充実していて、アマチュア・ビッグバンドの世界では絶大なる人気を博しているようです。

結成は2000年とまだ新しく、現在までに計4枚のCDをリリースしており、最新作『 Act Your Age 』は先月に発売されたばかりです。日本ではまだまだ知名度は低いですが、ビッグバンド・ファンの聖地、銀座山野楽器では、以前からポップ付き面置きで売られており、知る人ぞ知る存在ではありました。最近では特設コーナーまで設けて大々的に売り出しているくらいです。

さて、11月4日から8日まで、Blue Note Tokyo でライブが行われます。今年の1月にパティー・オースチンをゲストに迎えて来日した時は、残念ながら聴けませんでしたので、今回は絶対観にいこうと思ってます。というわけで、予習も兼ねて、土曜日の長い夜、デビュー盤から順に聴いてみようかと思っています。

    2 songs upload
『 Swingin' For The Fences 』  2000 SILVERLINE 282002-2

2000年のデビュー作。一糸乱れぬアンサンブルとはこういうことを言うのだろうか。針の穴を通すような精度で超高速フレーズを聴かせてくれる。ハード・エッジでクリアなサウンドはひたすら爽快で気持ちがイイ。ジャズの持つ人間臭さをうまく排している。現代のビッグバンドはややもするとソリスト重視で、アンサンブルが希薄になりやすい傾向になるが、このバンドの素晴らしいところは、あくまでアンサンブルで聴かせるバンドであること。アルトゥーロ・サンドヴァル ( tp ) やエディ・ダニエルズ ( cl ) がゲスト参加している。のちにメンバーとなるエリック・マリエンサルやアンディー・マーチンもこの頃はまだゲスト・ソリストとしての参加だ。ブランドン・フィールド ( as ) がソロで参加しているのも、個人的には嬉しい。


   2 songs upload
『 XXL 』  2003 SILVERLINE  281206-2

2003年のセカンド。このアルバムからエリック・マリエンサル、アンディ・マーティン、さらにはトランペットのボブ・サマーズらが正式メンバーとして加わり、ほぼ現行の主要メンバーがそろった形となった。いつも豪華ゲストを迎えて制作しているゴードンだが、今回はマイケル・ブレッカー(1曲のみソロ)、 Take 6 、ジョニー・マティスら、大物を招き、ラテン、クラシックのカヴァー、スタンダードと、多彩な楽曲を演奏している。ちなみにゲスト扱いではないが、ピーター・アースキンが5曲叩いている。メンバーがそれそれ売れっ子スタジオ・ミュージシャンなのだから、それほどリハーサルの時間もとれないだろうに、どうしてこんなに音が気持よく合うのか、不思議で仕方無い。純粋に音楽的に凄いのか、と聞かれると何とも言えないが、少なくとも超高速でアンサンブルなどをキメられると、ちょうど鍛え上げられたアスリート選手の演技を観ているときのような理屈を超えた快感を覚えるのは確かだ。



    2 songs upload
『 The Phat Pack 』  2006  IMMERGENT  284404-2

2006年の3枚目。個人的には一番好きな作品。カヴァーは最低だけど。今回はデヴィッド・サンボーン、Take 6 、ダイアン・リーブスらがゲスト参加している。前作を踏襲する作風ではあるが、スピード感のある楽曲がやや多めなので車の中でよく聴いたCD。デヴィッド・サンボーンのフィーチャーされた曲、エリック・マリエンサルをフィーチャーした曲を聴き比べると、何度聴いてもマリエンサルの方が巧く聴こえるのだか….。この作品にはボーナスDVDがついていて、全曲の5.1 サラウンド・ヴァージョンをはじめ、レコディング風景、ライブ演奏などの動画、譜面などなど、盛りだくさんの内容である。


     2 songs upload
『 Act Your Age 』  2008  IMMERGENT  281147-2

先月発売されたばかりの最新作。メンバーはほとんど前作と同じ。そして今回のゲストは超豪華! チック・コリア、デイヴ・グルージン、パティ・オースティン、そしてリー・リトナー。リー・リトナーはプロデューサーとしてもクレジットされている。そして、パティー・オースティンの歌う E.W.& F. の≪ September ≫ 、チック・コリアがピアノを弾く ≪ Senor Mouse ≫、デイヴ・グルージンとリー・リトナーがフューチャーされた ≪ Punta Del Soul ≫ 、さらには、昔のアート・テイタムのピアノだけを抜いて、それに彼らがアンサンブルを加えたヴァーチャル共演曲 ≪ Yesterdays ≫ など、ものすごく話題豊富な内容だ。でも、う~ん、洗練されすぎるのもいかがなものか。万人受けする聴きやすさは確かに増したのかもしれないが、アンサンブルが炸裂する元気な楽曲が少なめなのがちょっと残念。本作にもボーナスDVDがついている。

全部まとめて聴きたいときはこちら→
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1216.html

2008/11/01 | Comment (8) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Kelly Eisenhour / Seek and Find
この前の記事 : Gordon Goodwin's Big Phat Band / Act Your Age

Comment


Unknown

>司会者が閉会を告げると、会場を管理している事務の女性が蛍光灯をパッ、とつけてしまい、
あっけにとられました。

たぶん、その司会者は悪い人ではないけれど、
音楽に無関心だったのかもしれませんね。
うちの愚妻がまさにそのタイプですから、よくわかります。

僕は秋が一番好きですが、今頃になると寒さが厳しくなり、ちょっとつらくなります。
ジャズを聴くにはイイ季節ではあります。
僕も先週はずっと風邪をひいていて、ダウンして
いましたが、やっと今日あたりは元気になりました。
でも、咳をたくさんしていたため、のどの
奥が切れたみたいで、食べたり飲んだりすると、凄く浸みます
とにかく、風邪をひいたらひたすらウガイを
することです。
朝、晩ではなく、4時間おきに水道水でよいので
ひたすらウガイです。これが一番だと、
内科の先生が言ってました。

criss to ひまわりさん |  2008/11/12 (水) 22:57 [ 編集 ] No.3537


ヨークの秋

 今日は朝早くからボランティアで音楽会のお手伝いをしました。
キャンドルと薄明かりの中で温かい音と会食を楽しんで見える方を見て、私も癒されました。
 ただ、司会者が閉会を告げると、会場を管理している事務の女性が蛍光灯をパッ、とつけてしまい、
あっけにとられました。
多くの人がガックリしたでしょうが、きっと、本人は悪気はなかったのでしょう。
 もし、ブルーノートが演奏後、すぐに蛍光灯になったなら、私はライブの楽しさが半減以下になります。

 街はすっかり冬に向かっていますね。
私は、今の季節が一番寂しい気持ちになります。
風邪もひきやすく、私の周りも全滅ですから、
私も時間の問題でしょう。
でも、面白い事に、イギリス人のかっての英語の先生は、この季節が一番好き!
と以前言っていました。
生まれ故郷のヨークに似ていると。
さらに、霧雨のような雨が降ったら、まさにヨーク、傘はいらない、頬に濡れる感じが心地いい、って、うれしそうにしていました。
それから、この季節は、ヨークの秋、と考えて送るようにしています。

お子さんが元気、いいですね。
私は子供の頃、とても弱かったので、元気な子はそれだけでも、親孝行です。

 私の先生の御主人が音楽全般のレコード時代の作品を書いて、本も出版されてました。
世代は70歳代だと思います。
本も数冊頂きましたが、とても専門的で、感想が書けなかったので、ためになりました、としか言えなかったのが、悔やまれます。
地下室に膨大な数のレコードがある、と伺っているので、どこかで、クリスさんとも繋がっているかもしれませんね。
古き時代を知る人の話を時々聞きながら、今のJAZZを書ける人になって下さい。

 松木さん、見ましたよ!
またまた綺麗な方でした。
清潔感のある、品位のある方ですね。

ひまわり |  2008/11/09 (日) 20:57 [ 編集 ] No.3538


日曜の朝、

いかがお過ごしですか。
なんだか、空は鉛色に薄暗く、
気分爽快とはいきませんね。

妻も風邪をひいてしまい、元気なのは
子供だけです。

なので、妻と子供は、妻の実家に帰って
療養しているので、今日は僕一人で家にいます。

今日も本当なら父の病院にお見舞いに
行く予定でしたが、すでに退院してしまった
ので、その必要もなくなりました。

ジャズ批評という雑誌は、昔はそれはそれは
格式の高い難解な雑誌で、著名な評論家達しか
寄稿できないような専門雑誌だったのです。
それが最近は、僕のようなアマチュアまで
書けるようになり、往年のファンからは
批判も多いようです。
昔と違い、ジャズを聴く人は極端に減り、
マニアだけをターゲットにした紙面作りでは
商業的に無理なので、こうして僕らのような
アマチュアにも協力を要請せざるを得ない、
ということでしょう。
また、きびしい台所事情もあり、
僕らならノーギャラでも喜んで書くので、
双方の利害が一致している点も大きいでしょうね。

ということで、石原江里子さん、
顔は好きでも一度も聴いたことがありません。
こんなんじゃ、彼女に申し訳ないと、
さっそく、中古盤を買いに今日、
行ってこようと思ってます。

ちなみに、僕が今、一番好きな女優はこの方です。

http://jp.youtube.com/watch?v=SPuigKrxwsU" target=_blank>http://jp.youtube.com/watch?v=SPuigKrxwsU

criss to ひまわりさん |  2008/11/09 (日) 10:42 [ 編集 ] No.3539


体に優しいJAZZ

 今朝は爽やかなJAZZを聴きながら朝を楽しんでいます。
丁度、ニューヨークに行った時、ホテルのロビーに繋がるレストランで、このような音楽を聴きながら、朝食をいただきました。
クラシックでもないし、JAZZかなー?
と思いながら、ピアニストが目の前にいるのに、食器の音や会話が聞こえてきて、生演奏なのに、申し訳ない、
と思いながら、ピアニストの方をなるべく見ながら、静かにお食事をいただきましたが、
その時の音楽が、同じジャンルだと思います。
JAZZも本当に範囲が広いですね。
ifの演奏はすごいテクニックです。
くまんばちが飛ぶ?の過酷な練習を思い出しました。

 ジャズ批評の寄稿は是非お続け下さい。
物を書く作業は、絶対反対意見もあり、真実を書いても言われ、やんわり書いても言われますが、読者は、いろんな角度からの記事を待っていると思いますよ。

 お父様の退院、良かったですね。
肺の手術はまだ先のようですが、手術をしたら良くなる、手術に備えて力をつけよう、希望がもてますよね。
以前、御家族が集まられてバーベキューをした、と書かれてましたが、実際そういう日々は本当に幸せが重ならないと出来ないことで、
生まれてきた意味は、そこにあるように感じます。
 
 石原江里子さん、綺麗な方ですね。
笑顔がすてき!
国音はたくさん知り合いいます。
校風も良いし、学食も美味しい、構内も四季折々の自然があり、なんと言っても図書館が充実しています。
ただ、近い将来校舎を建て直しするので、中庭がなくなるらしい、と出身の友人は残念がっていました。

ひまわり |  2008/11/08 (土) 10:40 [ 編集 ] No.3540


Unknown

>男性はやはり、こういう観点でもアーティストを見ているのね?と。

いやいや、ジャズに男性も女性もありませんが、単純に、どういう修正や撮影技術を駆使したら、あんな顔がとれるのだろうと、
不思議に思っただけです。

今、日本では女性・若手ジャズミュージシャンがもてはやされていますが、
ビジュアルだけで言うと、石原江里子さんが、
一番タイプですが。

こんな感じです。
http://www.genplanning.co.jp/ishihara/" target=_blank>http://www.genplanning.co.jp/ishihara/

父は今日、退院したみたいです。
まだ、肺の手術があるので、しばらくは
落ち着きませんが、まあ、気分的には
ひと段落つきました。

>趣味の延長のお仕事をされているなんて、羨ましい、と言われませんか

仕事ではありませんよ(笑)。
すでに、2年以上、寄稿しているので、
そろそろ止めようかと思ってんるんです。
やはりアマチュアが出しゃばっちゃいけないと
思うし、何かと風あたり強いので。


criss to ひまわりさん |  2008/11/07 (金) 14:38 [ 編集 ] No.3541


うふっ

 クリスさん、西山瞳さんの4枚の写真
ちょっと、可愛いかったです!
男性はやはり、こういう観点でもアーティストを見ているのね?と。
私も、クリス ボッティはハートマークでしたから、人のこと言えませんが。

でも、良かったです。
クリスさんがお元気なら、お父様にも、パワー送れますね。

確かに、実際実物に会うと、違う、ちがう!!
って、ありますよね。
きっと、自然体に輝いていたということは、
実力があるのでしょうね!
実力のあるミュージシャンは絶対媚びませんから、より自然で好感が持てます。

 ジャズ批評かかれてみえるのですね?
趣味の延長のお仕事をされているなんて、羨ましい、と言われませんか?
ボーカルは、前に、カランドラのことも、書かれてましたね。
最近、陽が短くなりましたが、夜道を歩く時、カサンドラの声が聴こえてきたら、スリル満点です。
やはり、恐怖シリーズです。




ひまわり |  2008/11/06 (木) 19:41 [ 編集 ] No.3542


Unknown

おはようございます。
今日は文化の日で祭日だというのに、
朝、5時に起きてジャズ・ヴォーカルのCDを
片っぱしから聴いています。
ひまわりさんはご存じないと思いますが、
隔月で発売されている「ジャズ批評」という
専門誌に毎回、拙ブログの記事を掲載して
もらっているのですが、
今回はそれとは別に、最近のヴォーカルについても書くことになって、その締切がなんと明日!
ぎりぎりになって、今頃あせって書き出しています。

僕の父は先週の水曜日に肝臓の切除を行い、
昨日は栃木までお見舞いに行ってきました。

すでに食事もして、歩いてトイレまで行けるようになっていて、思いのほか、元気でした。

肺の手術は年明けになるかもしれません。

再発の告知を受けた際はかなり落ち込みましたが、時間とともに受け入れられるようになってくるものです。ある意味、諦めもなるのでしょが。

実際に臨床の現場で、数多くのがん患者の家族を診てきて思うことは、
人は、時間とともに、死を受け入れられるようになる、ということです。
がん告知をした直後は誰しもショックで崩れ落ちますが、時間とともに、ゆっくり、それらを受け入れられるようになるものです。
時間が最も大切だと、思います。

義父さんの色素沈着は、ある程度は仕方ありません。おそらくTS-1 (もしかすると5FUかも)を使用されているのだと思いますが、
よく効く一方で、副作用もかなり出ます。
ある程度の副作用は仕方ないと思ってください。

一日も早く、元気になられることをお祈りしております。

では、また、仕事?に戻ります。

criss to ひまわりさん |  2008/11/03 (月) 07:40 [ 編集 ] No.3543


Unknown

 朝から、クリスさんお薦めの作品を聴きながら、書き物をしています。
毎日更新されてみえる、と言う事はお父様の状態も良好なのですね。
ガンとは、本人はもとより、家族にとっても試練が続きますね。

 昨日、半月振りに義父のお見舞いに行ったら、様子が一変、皮膚の色素沈着がさらに進み、皮膚は一部ただれ、少しのことで皮膚が傷つくし、治らない、手足が冷たくて、靴下、手袋をしている、と言ってました。
左目も腫れ、主治医の話では、抗がん剤さえ辞めれば治る、と言われたそうですが、来年の6月まで、続く計画です。
友人がブラジル産のプロポリスが利く、と言っているので、
今日は、午後からプロポリスを分けてもらう予定でいます。
歳を重ねると言うことは、自分も含めて死を受け入れ、老いを認めることなのでしょうね?
 
 ただ、音楽と触れている時は、
歳を重ねれば重ね程、充実感が増して行き、生の喜びを感じます。
こんな人もいた、こんな演奏もある、と思うと、じっとしていられないです。
 

ひまわり |  2008/11/02 (日) 11:38 [ 編集 ] No.3544

コメントを投稿する 記事: Gordon Goodwin's Big Phat Band / Act Your Age

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Kelly Eisenhour / Seek and Find
この前の記事 : Gordon Goodwin's Big Phat Band / Act Your Age
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。