雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

November 20, 2008

   ↑  2008/11/20 (木)  カテゴリー: 未分類

 新ブログhttp://jazzlab.blog67.fc2.com/もご覧ください。

今日は毎年楽しみにしているボジョレヌーヴォーの解禁日。というのは嘘で、ワインには全く疎い僕にとってはボジョレヌーヴォーのどこがいいのか、正直わからない。最近は随分少なくなったが、以前は接待で嫌という程、高級ワインを飲ませてもらったので、高いワインなのか、そうでないワインなのかだけは一口飲めば分かるようになったつもりでいる。

そんなわけで、ボジョレヌーヴォーの味には興味はないものの、近所のイトーヨーカドーの可愛い売り子さんの笑顔に負けて、アルベール・ビショー社のハーフ1780円のワインを買ってきた。

飲みながら聴いているのはやっぱりフランスがイイだろうということで、Orchestre National De Jazz の『 In Tempo 』。 Laurent Cugny が指揮を務めていた1996年の作品。この時期の同バンドには、ステファノ・ディ・バティスタ、ステファン・ギローム、フラビオ・ボルトロ、それにステファン・ウシャールなど、驚くほど豪華なメンバーが在籍していた。「バティスタはサイドメンで起用した方が生きる」、という仮説を見事に証明した傑作だ。
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1226.html

2008/11/20 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Modern Art Trio / Progressive Jazz
この前の記事 : November 18, 2008

Comment

コメントを投稿する 記事: November 20, 2008

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Modern Art Trio / Progressive Jazz
この前の記事 : November 18, 2008
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。