雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Francois Faure Trio / That's All

   ↑  2010/02/02 (火)  カテゴリー: piano

That_s_All_Denis_Fournier_Fran_ois_Faure_That’ allFrancois Faure Trio / That's All  ( Tower Records )
2010  Gulle Records ( 1992 オリジナル )



Francois Faure ( p )
Philippe Lacarrière ( b )
Denis Fournier ( ds )









市場価格は真の価値を示す尺度ではなく、需要供給の関係、すなわち、相対的な希少性による 市場での交換価値を示す。

フランス人ピアニスト、フランソワ・フォーレ ( Francois Faure Bordeaux ) の92年作品 『 That's All 』 。毎度おなじみの 『 廃盤レア盤掘り起こしコレクション』 で紹介され、中古市場では数万円で取引されていた超レア盤だそうですが、今回めでたく復刻されました。

もともとプレス数が極端に少ない自主制作盤の中から、そこそこ出来の良い作品を掘り起こし、現物がすっかり市場から姿を消したころを見計らって 『 世界で○○枚しかプレスされなかった超レア盤 !!』 みたいな煽りコピーで消費者の購買意欲を掻き立て、さらには○○氏達のような有名人にちょっと取り上げてもらい、更にジャズマニアの下心を刺激したことろで一気に復刻盤を市場に投入・・・という販売戦略は、 『 希少性の原理 』『 権威の原理 』 を巧みに利用した古典的商法であることは十分承知しているのですが、でも結局は買っちゃうわけで、我ながら自分の浅はかさにうんざりしてしまいます。

売れなかったから廃盤になった ≫ と、どうして冷静に判断できないんだろうなぁ。

さて、Francois Faure というピアニストはどんな人なんだとうと思いググってみると、多くの日本語サイトがヒットしますが、ほぼすべてがこの希少性をアピールした宣伝コピーで、彼の経歴などに触れた日本語サイトは皆無です。これだけ持ち上げておきながら彼の素性について無関心なのは、どう考えてもおかしいでしょ。という訳で、ごくごく簡単ですが、彼の経歴を紹介しておきます。(実はフランス語のサイトをググっても、ほとんど彼の情報は得られませんでしたが。)

フランソワ・フォーレはボルドー生まれで、年齢は不詳。地元のボルドー音楽アカデミーでクラシック音楽を学び、一方で早い時期からジャズにも興味を持つようになり、地元ボルドーを拠点に30年にわたり活動している典型的なローカル・ミュージシャンです。実は本業はコンピューター・プログラマーだそうです。影響を受けたアーティストとしては、ビル・エバンスはもちろんのこと、ハンプトン・ホーズ、マイルス・デイヴィス、ジョン・コルトレーンらの名前を挙げています。81年には、現在も活動を共にしているベーシスト、フィリップ・コッカリエール と 『Direction Sud-Ouest 』 を制作し、レコード・デビューを果たしています。そして92年には本作 『 That's All 』 を発表、昨年には17年ぶりとなる第三作 『 Emily 』 をリリースし、日本でも話題になりました。

実は僕、この 『 Emily 』も買っています。だって、Disk Union のコピーがこれですよ、これ。

もう大変です。仕入れても仕入れてもあっという間に売り切れてしまいます。
フランスのピアノトリオ極上盤が再入荷しました!

でも、これが、え!?? ってな感じの拍子の抜けた作品で、即刻段ボール→DU逝き、だったのです。まあ、イニシャル・ドーズというか、イニシャル発注数が50枚なのか100枚なのかわかりませんが、たぶん極少量の仕入れなのでしょうね。だからすぐに売り切れる訳。

少量ずつ複数回に分けてバック・オーダーするという手法は、余剰在庫という販売店にとっては致命的なリスクを回避しつつ、一方で、「売り切れ」という希少性をアピールするには最良の戦略な訳です。マニアおよびコレクターの世界では、希少性を自慢し合うのが至福の喜びとされていますからね。うまくできてますよね。

だいぶ前置きが長くなりましたので肝心の内容の話に移ります。

収録曲は全9曲。スタンダード ≪ But Beautiful ≫、≪ Round Midnight≫以外はすべてオリジナルという構成です。

彼のスタイルは一言で云うならば、クラシックの音楽的素養をたっぷり吸いこんだエレガントなエヴァンス系。ただし正直に云えば、エヴァンスの緊張感漂うナイーヴな音世界には程遠い散漫な演奏だなぁと感じました。ベースとドラムの力量もやや不足しているため、トリオ全体としてのダイナミズムの振幅も小さい。

でもまあ、流石にクラシックで鍛えられただけあって指はそれなりに正確に動くので、聴いていて不快感はありません。むしろボ~とBGMとして聞き流すには最適かも。 たとえば、青山や代官山のおしゃれなカフェ で流れていても何ら違和感のないジャズだと思う ( 行ったことはないけど )。

そして、ジャズ・ファンのなかにはこのようなピアノの世界を愛し、心地よしと感じる人も大勢いることは確かで、僕は決してそれらを否定するつもりはありません。ただし、どんなに好意的にみてもこのCDが数万円の価値がある盤には思えないんだけどね。




関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1237.html

2010/02/02 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Anna Callahan / It's Just The Rain
この前の記事 : Georges Paczynski Trio / Presences

Comment


Re: Francois Faure Trio / That's All

crissさん、おはようございます、monakaです。
神奈川の駐車場は雪ダルマが出来るぐらいは積もっていました。
車の雪を払って会社に出てみると雪ほとんどないですね。
自宅から45分ですが、その間でなくなったみたいです。

このアルバム盛っていませんが、『Emily』は買おうかとだいぶ悩みました。買わないでよかった。

monaka |  2010/02/02 (火) 08:19 No.3618


Re: Francois Faure Trio / That's All

monakaさん、おはようございます。

都内は家の屋根にうっすらと積っているだけで、路面には全然ないですね。
もう永久に東京では雪がつもることはないのでしょうかね。

>『Emily』は買おうかとだいぶ悩みました。買わないでよかった。

『Emily』のほうがスイングしてます。『 That's All 』は完全にエバンスのスタイルです。どちらも没個性的で、印象に残りませんね。
でもまあ下手ではないので、BGMとして活用できるかもしれません。あれだけガンガン弾いているにも関わらず、印象薄いのは、ある意味、うまいのかも。

criss to monaka |  2010/02/02 (火) 09:25 No.3619


こんばんわ。

こんばんわ。 
やはり、このピアニストはダメでしたか。僕のまわりでは前作を買ってすぐに売った人が多かったので、僕は買いませんでした。去年同じように復刻されたオーストラリアのピアノトリオを買い、苦汁をなめたのも理由としてあげられます。 
自主制作盤などで極端に数が少ない作品の中にはすばらしい作品(西山瞳など)があるのはわかるのですが、だいたいはレコード会社の商品にならないひどい内容の物なのでしょうか?(人によると思いますが) などと考えていたら視野が狭くなるばかりなのでクリスさんのブログなどを見て情報収集してから購入しています。 
そういえばNICOLE HERZOGとルカ・マヌンツァ届きました。NICOLEはとても良かったです。やはりバックの演奏の音が分厚く、アレンジがカッコいいのでちょっと可愛い系のNICOLEの声でも聴きごたえのある作品になってますね。ルカに関しては音はエッジが立っていて良いのにアレンジがやはり残念でした。
VENTさんでレザボアがセールになっているのでJOE PUMAも一緒に買いました。なんだかんだ言っても安全パイばかり買っている気もしますがこれからも色々教えて下さい。
 ちなみにパッチンスキーは一応これまでの作品はひととおり聴きましたが、リーダー自体が僕の苦手な前衛的なノリの人なので、誰かから借りて聴くつもりです。でもyoutubeでみてみようかな。 それではまた。

札幌少年 |  2010/02/03 (水) 01:19 [ 編集 ] No.3625


Re: Francois Faure Trio / That's All

札幌少年さん、こんばんわ。

>僕のまわりでは前作を買ってすぐに売った人が多かったので、僕は買いませんでした。

そうでしたか。前作よりはこのレア盤のほうがまだましかと思いましたが。「 Emily 」は中川ワニさんが気にいっていたと書かれていましたが、なんとなくその感じはわかるような気がしました。彼が好きなのもの中には共感する部分も多いのですが、半分ぐらいはものたりない作品なんですよね、僕的には。

>そういえばNICOLE HERZOGとルカ・マヌンツァ届きました。

NICOLE HERZOGを買われたんですね。店頭で目にするとどうしても手にとってみたくなるジャケットですよね。ジャケットから受ける印象とはまた違った内容ですよね。もちろん内容もいいのですが。

>VENTさんでレザボアがセールになっているのでJOE PUMAも一緒に買いました。なんだかんだ言っても安全パイばかり買っている気もしますがこれからも色々教えて下さい。

僕もVAさんのサイトでレザボアのセールを見ました。レザボアってけっこういい作品覆いですよね。でも、だいたいすでにもっているんですよね。

ということで、こちらこそよろしくお付き合いのほど、よろしくお願いします。

criss to 札幌少年さん |  2010/02/04 (木) 23:52 No.3632

コメントを投稿する 記事: Francois Faure Trio / That's All

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Anna Callahan / It's Just The Rain
この前の記事 : Georges Paczynski Trio / Presences
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。