雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Sidsel Storm / Sidsel Storm

   ↑  2010/02/12 (金)  カテゴリー: vocal
SidselStormSidsel Storm / Sidsel Storm (HMV )
2008  Calibrated CALI072


Sidsel Storm (vo), Morten Lund (ds), Jacob Karlzon (p),
Jesper Thorn (b,cello), Gunnar Halle (tp),
Alexander Kraglund (vln)  
 






デンマークの歌姫、シゼル・ストーム ( Sidsel Storm ) のセルフタイトルを冠した2008年のデビュー作。

デンマークの女性ヴォーカル界には、セシリア・ノービーやマレン・モーテンセンなど、モデル並みの美貌の方々がいますが、このシゼル・ストームもご覧のように彼女らに負けず劣らずのルックスの持ち主です。プルンプルンした唇の隙間から覗かせる前歯が愛らしく、思わず手にとってみたくなる綺麗なアートワークです。

 で、ここまでルックスがイイと、どうせ歌は下手なんだろうなぁ~と下種の勘繰りをいれてみたくなる心の貧しいわたくしですが、実は予想に反してこれがなかなかの美声を聴かせてくれる女性でありまして、思わず添い寝したくなるような好盤なのです。でも、ここははっきりさせておきたい大事なことですが、別にジャケットに惹かれて買ったわけじゃなく、バックでピアノを弾いているヤコブ・カールゾン買いですけどね(きっぱり)。

全11曲中、4曲が彼女のオリジナル。25歳という若さながら既に作曲にその才能を開花させています。父親がフォーク・シンガーだったこともあるのでしょうか、彼女のオリジナルはジャズというよりポップスに近いテイストを持っています。彼女の歌声には凛とした美しさが自然に漂っています。ちょうど逆浸透膜フィルターで不純物を完全に取り除いた純水のようなピュアでクリアな歌声がとっても気持ちイイです。このどこか線の細さを漂わせているところが、よい意味で北欧のヴォーカリストらしいのですが、もう少し押し出しが強くてもいいような感じもしますが。

と云うのも、曲によっては完全にバックのカールゾンに主役の座を奪われていたりするからです。M-10 ≪ My Favorite Things ≫ なんか、カールゾンのソロが凄過ぎて、誰のリーダー作を聴いているのか分からなくなってしまうような展開です。カールゾンの間奏が始まると、もう誰にも彼を止められません。歌伴をしているんだ、ということを完全に忘れているかのような暴走間奏です。まあ、そこがカールゾン・ファンにはたまらなく魅力的に映る訳ですが。

ベーシストのイェスパー・トーン ( Jesper Thorn ) も箱鳴りを生かした重厚でウッディーな生音で、なかなかの名手です。シゼルとのデュオで≪Blame it on My Youth ≫ を演奏してますが、ここでのベースソロは圧巻です。彼についての詳細はわかりませんが、マイスペを見る限りかなり若い感じです。おそらく同国のアンデルス・クリステンセン ( Anders Christensen ) ( 前項あり ) と同世代ではないでしょうか。さすがはベース大国デンマークです。つい最近までイェスパー・ボディルセン ( Jesper Bodilsen ) が若手ナンバーワンと思っていましたが、すでにその次の世代が育っているんですね。

sidsel storm _SWEDISH LULLABY
 
ということで、近日中に彼女の1年半ぶりとなる第二弾作品がリリースされる予定です。『 Swedish Lullaby 』 と題したこのアルバムでは、ヤコブ・カールゾンに代わってラーシュ・ヤンソンが参加しているので、非常に楽しみ。主役のセジルに興味がなくても、サイドメン買いで十分モトが取れそうです。

Disk Union のこちらで試聴できますし、セジルのOfficial Web Site の Top Page でもストリーミングで試聴できます。

試聴したかぎりでは、デビュー作よりもさらにポップになっているみたいです。

Sidsel Storm / Swedish Lullaby
  ( HMV )
2010  Calibrate CALI106
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1247.html

2010/02/12 | Comment (8) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Kevin Hays Trio / Live at Smalls
この前の記事 : Patrick Poladian / Comfort Me Blue

Comment


Crissさん、こんばんわ。 

Jacob Karlzonが歌伴で即買い!の自分ですが、正直、このジャケにはより購買欲を掻き立てられました(爆)

いやしかし、Jacob Karlzonのパフォーマンスには脱帽ですね。歌伴でここまで弾くか!?みたいな。これ最初聴いたときニヤニヤが止まりませんでした(笑)2曲目の正にJacob Karlzonらしいソロやバッキングなんかは最高にカッコいいです。
この歌伴には賛否両論あるとこと思いますが、自分は大賛成です!これがJacob Karlzonなんですから。
そういえば、横浜にVictoria Tolstoyと来日した時もガンガンやってましたよ~。

Sidselの次作、これまた期待大ですね。歌伴がラーシュ。ジャケもこれまたインパクト大で・・・
DUの山本さんも、これ大名盤なんじゃ!?と気合い入った紹介されてますし。

SINTETIC |  2010/02/13 (土) 00:20 No.3656


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  2010/02/13 (土) 00:28 No.3657


SINTETICさん、こんばんわ。

すみません、返事が遅くなってしまって。
先週末くらいから風邪ひいちゃって、ネットどころじゃありませんでした。
土日も仕事だったし。

以前、すずっくさんのところでカールゾンの話が出た時、
SINTETICさん、コメント入れてましたよね。
その時もシゼル・ストームのアルバムでのカールゾンが凄い、
みたいなこと、書いてませんでしたっけ?

なんだか覚えてますよ。SINTETICさんて、こんなところまで
フォローしているのかって、驚きましたもん。
カールゾン好きなすずっくさんだって、これ持ってませんよね。

>DUの山本さんも、これ大名盤なんじゃ!?と気合い入った紹介されてますし。

試聴したかぎり、大名盤!というのは言い過ぎかと思いますが。
山本氏の感性には共感する部分が多いのですが、ボーカルに関してはちょっとずれがあるんですよね~。

criss to SINTETIC |  2010/02/15 (月) 19:30 No.3661


crissさん、こんにちは。

>カンディー・ダルファーは興味ないのですが、 TOPは大好きです。
何度もライブ観に行ってますよ。大学時代はこのバンドのベーシスト、
フランシス・ロコ・プレスティアのコピーをよくやってました。
で、できればTOPは見たいな~なんて。

録画OKです!今、放送を背中で流しながら、書いています。
番組予定時間が良く分からず、キャンディー・ダルファーも一緒に入ってしまっていますが、御了承下さい。それから、3月の放送分のリクエストがなかったのと、調度、キリが良いので、今週中に郵送しますね。

主人が選んだCDですが、ジャケットも中身もCrissさんの好みではないように思えますが(小声で)、トリオの3人がドイツ人ということと、実際にこのピアニストを目の前で見たという理由から、まぁ、いいかな、と思いましたので、お時間のある時にでも、是非、聞いて見て下さい。

このトップ・オブ・パワーというグループは、かなり賑やかな感じですね~。ジャズというより、ロック?ファンク?に入るのでしょうか。ボーカルの人も中々良い声で、ノリノリで歌っています。私達には、いつもながら初耳のグループですが、どことなく、ニルス・ランドグレンの舞台とダブります。

中々、記事についてのコメントをしないことの方が圧倒的に多いですが(汗)、アップされてい女性の、マイ・フェバリット・シングですが、ロジェ・チチェロも歌っていて、なるほど。。ミュージカルナンバーも随分編曲によって変わるんだなぁ、と感心しているところです。

一昨日、昨夜も雪です。。これから、雪掻きをします。

Laie |  2010/02/21 (日) 16:42 No.3681


crissさん、上のコメントに追加です。

今、少し、キャディードルファーの演奏も見てみました。
金髪美人で、スタイルも中々で、ミニスカートがとても良く似合う綺麗な方ですね~。サックスって、どうも男性のイメージがあったので、女性の吹き手で、3拍子揃っている奏者も珍しいように思いました。音楽路線は、どちらかというと、ポップスになるのでしょうか。

主人お勧めのCDですが、
Michael Wollny(p), Eva Krusse(b), Eric Schaefer(dr)のトリオです。たまたま、バンキーグリーン氏の演奏の中に、Eva Krusseが出演していました。これは、偶然でした。今、横で、主人が、Michael Wollnyは、本当に素晴らしいピアニストだ!と言っています。

ということで、今回は3枚のDVDとCD1枚です。一枚のDVDに2時間ほどのスペースがあったのですが、経った今、ファイナライズをしました。

それでは、お手元に届くまで、少々お待ち下さい。

Laie |  2010/02/21 (日) 18:51 No.3683


Laieさん、今晩わ。

そちらも寒そうですね。ニューヨークも寒波で大変らしく、世界中がことしは寒さで凍りついているみたいですね。

いつもなら偏西風によって北極に閉じ込められている冷気が、今年は偏西風の強弱をコントロールする北極振動の異常により、偏西風が弱まり、冷気が南下してきているみたいです。

東京も2月に入って連日のように雪がパラついていました。この週末は天気が良かったですけどね。

今日はマンションの理事会が4時間もかかり、大変疲れました。4月からマンションの役員になるので、ブログをのんきに書いてられなくなるかもしれません。それこそ、理事長になったらブログはいったん休止しなきゃならないでしょうね。

いつもながら録画ありがとうございます。TOPは 『 トップ・オブ・パワー 』 ではなく、『 タワー・オブ・タワー』 です(笑)。
ジャズではなくロックでしょうかね。70年代からアメリカ西海岸のベイエリアで活躍しているブラス・ロックのグループです。日本でもかなり人気で、ブラスをやっている人にとってはあこがれのグループです。兎に角、ブラス・セクションが完璧で、色々なレコーディングにもかりだされて演奏してます。もう何度も生で観てますが、いつも観客が大興奮で、ちょっとジャズのライブとは雰囲気が違うので面食らいますが、でもたいへん興奮するライブです。

キャンディー・ダルファーは昔はほんと綺麗だったのですが、最近は年に勝てないな~と思います。二の腕なんかけっこう太くなっちゃったし、下腹部もちょっとぽってりしてきたし。まあ、年齢の割にはすいぶん綺麗ですが。

Michael Wollnyは聴いたことありません。ちょっと調べたら、ヨアヒム・キューンらとアルバム作っているくらいなので、相当のテクニックをもっていることは確かですね。ちょっとトンガリ系かな。楽しみにしてます。どうもありがとうございます。

criss to Laie |  2010/02/21 (日) 21:36 No.3684


crissさん、こんにちは。

>それこそ、理事長になったらブログはいったん休止しなきゃならないでしょうね。

もしかして、マンションの住民が、当番制、順番制とかでやらないといけないのでしょうか。実家は田舎でしたけど、隣保班というのがありました。

>TOPは 『 トップ・オブ・パワー 』 ではなく、『 タワー・オブ・タワー』 です(笑)。

かなりの自己創作でしたね~(苦笑)。。タワーが二つと覚えれば良いですね!テレビ雑誌には、タワー・オブ・パワーとあって、DVDには、そのまま、ペンで書いてしまったと思います。

ベイエアリアで活躍していたグループなんですね。この地区に5年近く居ましたが、全く知りませんでした。

今日で、2月も終りですね。実は、うるう年の29日が、主人の誕生日なのですが、今日、プレゼントを渡す予定です。毎度のことながら、現金です(笑)。

昨夜、オリンピック競技の追い抜きを見ました。決勝は、ドイツと日本ということで、食い入るように見ていました。最後、日本が勝った!と喜んだのですが、きん差で負けてしまった、残念でした。
でも、堂々の銀メダル。お見事です。

DVDですが、今週の月曜日の朝一に郵送しましたが、お手元に届いていますでしょうか。

Laie |  2010/02/28 (日) 16:49 No.3704


Laieさん、こんにちは。

>>TOPは 『 トップ・オブ・パワー 』 ではなく、『 タワー・オブ・タワー』 です(笑)。

かなりの自己創作でしたね~(苦笑)。。タワーが二つと覚えれば良いですね!テレビ雑誌には、タワー・オブ・パワーとあって、DVDには、そのまま、ペンで書いてしまったと思います。


ごめんなさい。『 タワー・オブ・タワー』じゃなくて、『 パワーー・オブ・タワー』です。自分で間違っていました。

長年、ファンやっているのに、時々『 タワー・オブ・パワー』なのか
『 パワー・オブ・タワー』なのかわからなくなるときがあります。
完全にボケが始まっているのでしょう。
まあ、力の塔でも塔の力でもどちらでも同じような意味ですけどね。

>実は、うるう年の29日が、主人の誕生日なのですが、今日、プレゼントを渡す予定です。毎度のことながら、現金です(笑)。

うちの妻も3月に誕生日です。昨日、息子と何を買おうか相談していたのですが、息子は水嶋ヒロんほ写真集がいいんじゃないかって。
最近、妻は水嶋ヒロに夢中なんですよ。Laieさんは知らないですよね。

>DVDですが、今週の月曜日の朝一に郵送しましたが、お手元に届いていますでしょうか。

あれ、まだですね。もしかすると届いているのに不在時のロッカーにはいっているかもしれません。妻がだらしなくて、ロッカーにとどいた物もなかなか取りにいかないんですよ。今日、帰ったら確認します。
大体、今までも一週間ぐらいで届いていましたからね。どうもありがとうございました。

criss to Laie |  2010/03/01 (月) 08:20 No.3707

コメントを投稿する 記事: Sidsel Storm / Sidsel Storm

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Kevin Hays Trio / Live at Smalls
この前の記事 : Patrick Poladian / Comfort Me Blue
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。