雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Laxman L-570 修理

   ↑  2005/08/07 (日)  カテゴリー: audio
やっと修理にだしていたラックスマンのアンプL-570が昨日戻ってきた。左チャンネルにノイズがのるため修理に出したが、ラックスマンではノイズが見られないとのことで、2回送り返された。結局3回目の依頼でやっとノイズが認められ、コンデンサーを交換して戻ってきた。そのたび修理代は請求された。ちょっと納得がいかないが、まー直ったことだし良しとしよう。

それよりも納得のいかないのは購入先のダイナミックオーディオの方で、「13年も前の製品だと今回修理してもまたべつの箇所が壊れるから、新しい製品を買ったほうが良いんじゃない。」と言われた。これまたひどい話ではないか。

早速、サウンドチェックを数枚のレコードとCDで行う。今日も蒸し暑いのでちょっと意味は違うがスタン・ゲッツの『 STAN GETZ AND THE COOL SOUNDS 』verve。
僕のお気に入りはTony Fruscella (Tp) が参加しているB面。Getz も Fruscella も力が抜けて気負いのないクール・サウンドが体感温度を2度程下げてくれそう。{/beer/}
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-125.html

2005/08/07 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : プロとしての仕事?
この前の記事 : 綺麗なお姉ちゃん(3)

Comment

コメントを投稿する 記事: Laxman L-570 修理

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : プロとしての仕事?
この前の記事 : 綺麗なお姉ちゃん(3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。