雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Sidsel Storm / Swedish Lullaby

   ↑  2010/02/27 (土)  カテゴリー: vocal
sidsel storm _SWEDISH LULLABY

Sidsel Storm / Swedish Lullaby ( HMV )
2010 Calibrate CALI106


Sidsel Storm ( vo ), Lars Jansson ( p, rhodes ),
Morten Lund ( ds ), Jesper Thorn ( b ),
Gunnar Halle ( tp ),  Alexander Kraglund ( violin, harm )
Carl-Oscar Osterlind ( cello ),  Peter Otto ( org )




デンマークの超美形歌姫、シゼル・ストーム ( Sidsel Storm ) の最新作。2008年のデビュー作 『 Sidsel Storm 』 ( 前項あり ) に続く第2作品目です。 清涼感溢れる美声はデビュー作で確認済ですが、今作はピアノのラーシュ・ヤンソンらの多大なる貢献もあり、文句なしの素晴らしい作品に仕上がっています。ご覧のようなルックスですのでどうしても贔屓目に見てしまいがちですが、それを抜きにしても素晴らしいアルバムです。

何度も “ 素晴らしい ” を連発すると嘘っぽく聞えてくるのであまり言いたくありませんが、ホント、聴いていてそこはかとなく幸せな気分になってくる素晴らしい作品です。これぞ、ジャズの楽園、エデンの園、あるいは極楽浄土。

全10曲で 《 All Or Nothing At All 》 や 《 Emily 》 などのスタンダードを一方に、ラーシュの書いたメロディーにストームが詩をのせた美曲が違和感なく並んでいます。コペンハーゲンを拠点にドラマー兼作詞作曲家として活躍しているヨナス・デュホルムや、本アルバムにオルガン奏者として参加しているピーター・オットらの自曲も歌われていますが、やはり圧倒的にラーシュ・ヤンソンの楽曲の出来がイイ。

僕はラーシュが大好きで、彼のピアノを聴くたびに、この美しく優しいメロディーに詩が付いたらどんな曲になるんだろうと思っていたけど、その願いがやっとかなった感じがします。ラーシュに対するそのような希求って、僕だけじゃないと思うんだけど。

楽曲のクレジットを見ていて面白いなと思ったのは、《 Emily 》 の1曲だけですが、マグナス・ヨルト ( Magnus Hjorth )がアレンジを担当しているんです。マグナス・ヨルトはコペンハーゲンを拠点に活躍している若きピアニストで、日本にも来日したことがあります。昨年リリースされた『 Old New Borrowed Blue 』 ( stant ) が輸入盤店でけっこう売れて人気が出てきました。今年2月24日には国内盤『 Someday. Live in Japan 』 が発売され、日本でもこれから注目されていくであろう若き俊英です。
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1260.html

2010/02/27 | Comment (18) | Trackback (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Magnus Hjorth Trio / Old New Borrowed Blue
この前の記事 : Peter Beets / New York Trio

Comment


これはもちろん買いですよね

ラーシュの曲で、詩をつけて歌ってるのはシーンエッグ。(読み方違ったかな?)
私は彼女のアルバムも好きです。
これも、きっと、愛聴盤になるのでしょうねぇ。

すずっく |  2010/02/28 (日) 00:31 [ 編集 ] No.3700


suzuckさん、こんにちは。

東京は今日も雨です。子供と日曜の朝、ゴセイジャーを見ながら書いてます。妻はコットンクラブでやる水島なんとかという俳優のトークショーに行くらしく、朝からやや興奮気味です。やれやれ。

>ラーシュの曲で、詩をつけて歌ってるのはシーンエッグ。(読み方違ったかな?)

シーンエッグって、僕知りませんでした。でもシーンエッグで検索しても全然ヒットしませんね~。どういうスペルなんだろ。

criss to suzuck |  2010/02/28 (日) 07:50 No.3702


sinne eeg

すみません。
全然、読み方違いました。

http://plaza.rakuten.co.jp/mysecretroom/diary/200712060000/

デビュー作は、肩に力が入った優等生な感じでしたが、、
これは、私は愛聴盤です。
シーネ エイだって。

すずっく |  2010/02/28 (日) 11:21 [ 編集 ] No.3703


Crissさん、こんばんわ。

出ました~ヴォーカルで満点!
前作と比べるとトータル的にはやはりこちらに軍配ですね。
声質が目茶苦茶好き、という訳では無いですが、好きな方です。
ラーシュの曲がまた良いんですよね。ピアノにも聴き惚れてます。

Sinne Egg良いですよ~自分もヴォーカルでは愛聴盤です。ラーシュ・ファンは必聴なんじゃないか、と思ってます。
スズックさんのところでも書かせて頂きましたが、『Waiting For Down』の1曲目、これヤバイです。聴く度にゾクゾクきます。
最近オリンピックを見てますが、フィギュアスケートのエキシヴィジョンで使われたら素晴らしいだろうな~なんて思ってしまいました。
スケーターの皆さん、お願いします!(笑)

SINTETIC |  2010/02/28 (日) 20:28 No.3705


suzuckさん、おはようございます。

>デビュー作は、肩に力が入った優等生な感じでしたが、、
これは、私は愛聴盤です。
シーネ エイだって。

そうでしたね。suzuckさんの記事、思い出しました。
そのときは買おうと思ってたのに、もう最近は
記憶力がめっきり衰えちゃって、すっかり忘れちゃてました。

シーネ・エイね、もう忘れません。INTETICさんも
『Waiting For Down』 を推薦してましたので、
先ほど、amaoznで調べたら、中古で一枚あったので即注文して
しまいました。とっても楽しみ。

ということで、また。

criss to suzuck |  2010/03/01 (月) 08:09 No.3706


SINTETICさん、おjはようございます。

お勧めの『Waiting For Down』ですが、
先ほど、早朝、amazon で探したら、中古で一枚あったので
即注文してみました。楽しみです。
それにしても、いつもながら詳しいですよね。
ここまでちゃんとフォローしているとは。
SINTETICさんもブログ始めたらどうですか?

criss to SINTETIC |  2010/03/01 (月) 08:23 No.3708


blog?ですか、、、?
しかるべきものが有れば始めてるかもしれませんね~
と言うことで、すみません!この大情報化時代にPC所有してないのです、、、(汗)
欲しい、欲しいと思いつつ現在に至ってます。

ところでJesper BodilsenのSTUNTから出た新譜は買われましたか?
Peter AsplundやUlf Wakeniusが参加してる作品で、ペット、ヴァイブ、アコギ、ベースの変則トリオ・カルテット。
これ最高ですよ~!正に北欧の優雅さを味わえる逸品、と感じました。
で、これを聴いていて思ったことがあってですね。
もちろん、Peter AsplundやJesper Bodilsenは素晴らしいプレイしてるんですが、ヴァイブとアコギの織り成すハーモニーが何とも良いんです!
それで、何年か前にabeat for JAZZから出たエヴァンス集、ヴァイブ、アコギ、ベースのこれも変則トリオ。え~と、、、確かベースのRiccardo Fiolavantiがリーダーでアコギの魔術師Bebo Ferraが参加の作品。思わずこれを思い出しました~。
これ聴いた時もヴァイブとアコギの絡みが最高だ~って思いましたね。
この作品、二、三年前ですがDUで未開封状態の中古を見掛けたこともあります。やはりこの手の変則トリオは嫌われるんでしょうかね~
自分はエヴァンス集というだけで買った記憶があります。この時からですかねBebo Ferraに注目するようになったのは。
是非一度耳にしてみてください。

SINTETIC |  2010/03/02 (火) 15:21 No.3712


>この大情報化時代にPC所有してないのです、、、(汗)
欲しい、欲しいと思いつつ現在に至ってます。

え、ええ、?本当ですか?
信じられません。僕のブログをどうやってみているんですか?
CD買う前に、PC買った方が良いのでは?

>ところでJesper BodilsenのSTUNTから出た新譜は買われましたか?

これ、編成が好きじゃないので、欲しいものリストに入れていません。

>これ最高ですよ~!正に北欧の優雅さを味わえる逸品、と感じました。

最高ですか~。う~ん、悩むな~。ワケニウスといい、アスプルンドといい、メンバーは最高なんだけど、やっぱり買うかな。
何処かで試聴してみて決めます。
最近、なんでもかんでも買うのはやめようと思って、厳選して買っているんですよ。お金の問題よりも、置き場所がほんと、大変なんです。
子供もだんだん大きくなって場所をとるようになり、僕の自由スペースが減りつつあるので、CDは出来るだけ買わず、ダウンロード音源で済ませることも増えてます。

>確かベースのRiccardo Fiolavantiがリーダーでアコギの魔術師Bebo Ferraが参加の作品。思わずこれを思い出しました~。

ベロね~。巧いんですけどね。なんだか、個人的には好きになれないな~。ぬるい感じがしちゃってだめですね。


criss to SINTETIC |  2010/03/04 (木) 00:22 No.3716


Sidsel Storm 購入しました!

このHPを見て、Sidsel Storm 購入しました!
これはかなり良いですね。
愛聴盤になりそうです。

kenny |  2010/03/04 (木) 20:58 [ 編集 ] No.3722


kennyさん、はじめまして(でしょうか?)

>このHPを見て、Sidsel Storm 購入しました!

それは僕としてはとても嬉しいことです。
僕のブログ記事が、全く知らない方の消費行動を左右するなんて、
ちょっと怖いけど、凄く嬉しいです。ありがとうございました。
しかも気に入っていただけたようで、ほっとしてます。

これからもできるだけ、よい作品を紹介していこうと思っていますので、どうかお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

criss to kenny |  2010/03/04 (木) 23:41 No.3725


おひさしぶりです

お久しぶりです。
僕もユニオンでちょっと聴いて、一発でお買い上げでした。
Larsの参加もあって素晴らしい一枚ですね。
TBさせて頂きました。

JAZZの方は更新のペースは遅くなってますが、細々とやっていってますので、今後ともお付き合い頂ければと思ういます。
別館の趣味(写真etc)の方が頻繁に更新されてますが・・・(笑)

なおき |  2010/03/07 (日) 12:48 [ 編集 ] No.3736


なおきさん、お久しぶりです。

ちょくちょくお邪魔はさせてもらってましたが、
コメントは久しぶりですね。

やっぱりラーシュファンには、たまらなく美味しい作品ですよね。

>別館の趣味(写真etc)の方が頻繁に更新されてますが・・・(笑)

僕も別館「my wish, my life」を開設したのですが、
僕の場合は、別館のほうがおろそかになってしまっています。
僕もなおきさんのように、日常のメモがわりにはじめたのですが、
ちょこっとした空いた時間に書けるのに、書いていません。

なおきさんも写真、好きなんですね。
僕も昨年、kiss3 を買って以来、はまってますが、
なかなか風景などを撮る目的で外出する時間がつくれず、
もっぱら子供の日常を撮ることに使われています。

なおきさんは夕暮れ時の写真が多いですね。
僕もどうしてもフォトジェニックな写真を撮りたいと思うと、
夕暮れ時の写真になってしまいます。
自分の予期しない光の効果が出たりして、
お~、なかなかいいじゃん、みたいな感じで、
一人で悦に浸っています。


ということで、こちらからもTBさせていただきますね。
では、また。

criss to なおきさん |  2010/03/08 (月) 08:11 No.3737


おぉ。。賑やかだ

>これ、編成が好きじゃないので、欲しいものリストに入れていません。

そうですよね。
確か、以前にもドラムレスがあまり好きでない、って、いってましたよね。

私は、、今日は、思わず、Pocket WiFiの記事から渡り歩いてしまいました。
ネットブック買って、これあると、何処でもネット閲覧できるんでしょ?
でも、致命的に、、パソコン関係なにもわかんないのです。。
iPodタッチも持ってるし。。

すずっく |  2010/03/08 (月) 18:14 [ 編集 ] No.3738


suzuckさん、こんばんわ。

>確か、以前にもドラムレスがあまり好きでない、って、いってましたよね。

よく覚えてますね。そうなんですよね。

ドラムレス嫌い!
デュオ嫌い!
ピアノソロ嫌い!

です。

>ネットブック買って、これあると、何処でもネット閲覧できるんでしょ?

そうですよ。便利ですよ。でも、あまり出先でネットまでやろうという状況って、ないですよね。東京だと、なんだかんだでちょっとした空き時間ができるし、基本的に電車での移動が多いので、重宝してます。
特に、僕は当直でいくつかの病院に行くことが多いので、そんな時は必需品です。

でも、地方だとまだまだイモバは通信できる範囲が限られているようで、そのあたりはちゃんと調べておかないと買っても損しちゃいますよ。

>でも、致命的に、、パソコン関係なにもわかんないのです。。

女性って、概してそういう方、多いですよね。うちの愚妻や職場のナースなども、僕がiPod Touchを撫ぜていると、不思議そうに観てますよ。
pocket WIFIも、いくらその機能を説明しても理解できないみたいです。

ということで、これから美味しいアルバムがぞくぞくでますね。

バティスタ、ルカ、ムタン兄弟などなど、楽しみです。

criss to suzuck |  2010/03/08 (月) 22:21 No.3739


はじめまして。

はじめまして。
僕はジャズピアノをやっているのですが、Lars Jansson、Jacob Karlzon、Esbjorn Svenssonなどの北欧のピアニストが好きで、検索でこちらのブログを見つけ、それからいつも拝見させていただいております。

Sidsel StormのCD良いですね。ピアニストで雰囲気変わりますね。 Karlzonの爆発?してる感じも好きですが、この幸せな感じも素敵ですね。

またブログ楽しみにしています!

yuichi |  2010/03/14 (日) 03:41 [ 編集 ] No.3746


林祐市さま、はじめまして。

プロのミュージシャンの方からコメントいただけるなんて光栄です。

マイスペで林さまの音源を聴かせていただきました。
北欧系がお好きなだけあって、奏でる音もとっても透明感があり、気持ちが良いサウンドですね。たいへん気に入りました。
以前は国産ジャズはほとんど聴かなかったのですが、最近の若い日本のミュージシャンはレベルが高く、驚くことが多いです。
今年中にはアルバムをリリースされる予定だそうで、発売されたときは、僕も一枚、買わせていただきます。

林祐市トリオの今後の御活躍を応援しています。
がんばってください。

criss to yuichi |  2010/03/15 (月) 19:20 No.3752


ありがとうございました

トラバだけ、、先に飛ばしてごめんなさい。
あとから、コメント、って思っていたのでしたが、、、今日になってしまいました。

ナオキさまのところにも書いてきたのですが、BGMとしても良いのです。
部屋の空気が明るく、軽くなる。
そして、ヤンソンのピアノを追っかけても、、これまた、、いいのです。

これ、売れるだろうなぁ。。
やっぱり、山○さんって商売上手だなぁ。。って、思いました。
結構、その商売上手に、、「のせられちゃった!」、って思うことが多いのだけど、不思議とこの人の時は次ものせられちゃいます。(爆)

ぼちぼちとお返しいたしますね。

すずっく |  2010/03/23 (火) 09:51 [ 編集 ] No.3779


>やっぱり、山○さんって商売上手だなぁ。。って、思いました。
結構、その商売上手に、、「のせられちゃった!」、って思うことが多いのだけど、不思議とこの人の時は次ものせられちゃいます。(爆)

でも、あれですよ、商売上手は悪いことじゃないですよ。彼が商売が下手でDUが潰れちゃ、大変困ります。ほんとに。

彼の感性も理解できるし、共感する部分も多いですし。


>ぼちぼちとお返しいたしますね。

いつでもいいです。どうせiPod に入れてしまっているので、CDは全然聴きませんから。いやほんと。

criss to まん丸クミ さん |  2010/03/23 (火) 20:16 No.3785

コメントを投稿する 記事: Sidsel Storm / Swedish Lullaby

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback


この記事にトラックバックする

Swedish lullaby / Sidsel Storm (vo)

「あれっ?この曲は・・・」 店内で流れていたメロディーに思わず反応する。聴こえてきたのはLars Janssonの"Marionette"。しかもヴォーカル付き。伸びやかで表現力豊かな歌声が、Larsの美しい旋律を見事に歌い上げていた。 声の主はデンマークのヴォーカリスト、Sidsel...

Peopletime 2010/03/07

SwedishLullaby/SidselStorm

昨日は、黄砂で不思議なクリーム色の空を眺めてました。もやっとした色と不透明度でなんだかあやしいかったな。黄砂だと気がついたのは、少ししてからでした。ぼんやりしてるのにもほどがある。ぼんやり&ボケは天然であるけど、、春だから拍車がかかってるのねー。春。北...

MySecretRoom 2010/03/22
この次の記事 : Magnus Hjorth Trio / Old New Borrowed Blue
この前の記事 : Peter Beets / New York Trio
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。