雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Moutin Reunion Quartet / Soul Dancers

   ↑  2010/03/17 (水)  カテゴリー: group
moutin reunion_soul dancers2Moutin Reunion Quartet / Soul Dancers  ( amazon )
2010  Plus Loin Music
 

Francois Moutin (b)
Louis Moutin (ds)
Pierre de Bethmann (p, key)
Rick Margitza (ts)




フランス出身の双生児ユニット Moutin Reunion Quartet による待望の最新作。1998年のユニット結成以降、『 Power Tree 』 ( 2001 )、『 Red Moon 』 ( 2003 )、『 Something Like Now 』 ( 2005 )、『 Sharp Turns 』 ( 2007 ) と、ほぼ2年ごとに新作をリリースしてきた彼らの本作は通算5作品目となる作品です。

結成当初は、新進気鋭の天才ピアニストとしてCDデビューしたばかりのバティスト・トロティニョン ( Baptiste Trotignon ) と、アンドレ・チェカレリのバンドメンバーとしても有名な人気テナリストのシルヴァン・ブフ ( Sylvan Beuf ) をサポート・メンバーとして起用してしていましたが、セカンド・アルバムの 『 Red Moon 』 ではブフに代わりリック・マーギッツァ ( Rick Margitza ) が新メンバーとして参加。サード・アルバムの『 Something Like Now 』ではトロティニョンに代わり、Prysm のピアニストとして名を馳せたピエール・ドゥ・ベスマン ( Pierre de Bethmann ) が正式メンバーとして加入、以後、現在まで不動のメンバーで活動しています。

WRの楽曲をアコースティック楽器で現代風にシュミレートしたようなカッコよさは、今作でも健在で、特に前半の楽曲はWRをかなり意識した作風で、WR の大ファンの僕としては思わず頬が緩んでしまいます。フランソワ ( 兄 ) の馬鹿テクぶりを遺憾なく発揮したベースラインが兎に角、凄いです。ベスマンがシンセやエレピを弾いているけど、フランソワがウッドベースなので、完全なエレクトリック・フュージョンにはならず、かといってジャズのビートではない。ちょうど、フュージョンとジャズの汽水領域に花咲いた、唯一無比な珍しいサウンドを生み出しています。

全9曲。前々作『 Something Like Now 』ではチャーリー・パーカーのメドレーを、前作『 Sharp Turns 』 ではコルトレーンのメドレーを、いずれもムタン兄弟のデュオで演奏していましたが、今作でも二人でモンクのメドレーを演奏しています。何処までスコア化されているのは全然わかりませんが、徹頭徹尾、二人の息が寸分の狂いもなく合致していて、思わず息を呑む素晴らし演奏です。この二人のデュオは “ Interpaly ” というよりはむしろ “ Innerplay ” と呼びたくなるような一体感が感じられます。まあ、同一の遺伝子を共有する二人ですから、まさに以心伝心、阿吽の呼吸というか、二人だけの理解不能なコミュニケーション手段があるかのようです。

このモンクのメドレー以外はすべて兄弟のオリジナルで、特に前半の3曲は WRに激似した楽曲でかなり面白いです。M-1 《 Sold Answers 》 はWR の《 Night Passage 》 を彷彿とさせる曲ですし、M-2 《 Depths Light 》 はジャコの名曲 《 Three Views of a Secret 》 に激似です。パクリと言われても反論できないくらい似ています。M-3 《 Momentum 》 にしても、WR の『 Domino Theory 』 に収録されていた 《 B♭ Waltz 》 にビートが酷似しています。

後半はベスマンもアコースティック・ピアノに持ち替えて、スタイリッシュで現代的な4ビートを演奏していて、構成的にもなかなか面白く、最後まで飽きさせません。裏拍でのキメを多用した難解な楽曲が多いにも関わらず、総体としてはとってもリラックスした雰囲気が漂う作品です。超絶技巧の集団が、弛緩しない程度の緊張感を持って、余裕綽々で演奏するとこういう凄くノリのイイ名演が生まれるんでしょうね。ホント、巧いや。

 中年音楽狂さんの記事 『 WR色濃厚な Moutin Reunion Quartet 』はこちら
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1273.html

2010/03/17 | Comment (10) | Trackback (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


これも面白かった

わたしは皆さんのように、ウェザーオタクではないのですが、1聴に感じましたねぇ。
好きなんでしょうねぇ。。

トラバさせていただきました。
では、また。

すずっく |  2010/04/14 (水) 21:53 [ 編集 ] No.3877


suzuckさん、こんばんわ。

今日は寒かったですね。新潟もめちゃくちゃ寒いでしょ。
この2、3日、風邪ひきが大量発生してます。
お気をつけください。

僕は最初に聴いたジャズがWRの「ナイトパッセージ」だったので、
すりこみ、というやつで、それ以来、ず~とWRのファンです。
もちろん、ベースをやっていたので、ジャコのファンでしたが、
今ではやっぱりザビヌルの凄さを改めて思い知って、旧作をよく聴き返しています。

外山さん、新潟ライブ、成功するといいですね。
応援、頑張ってください。

criss to suzuck |  2010/04/14 (水) 23:44 No.3879


おはようございます

もしや、、トラバくださいました?
入ってなかったので、よかったらもう一度。
最近、問題なく入ってましたので、もしかすると、パソコンかブラウザ、、あるいはドメイン?で入らないのかもしれませんね。
ニコラ、シゼールは問題なく入ってましたから。

知らない間に風邪ひいちゃって、ちょっと熱っぽかったのに、いつものことだと思いこんで動き回ってました。薬飲んで早めにねました。
ありがとうございす。

WRなんて、、知らないわ。って、言いたいけど、、そういう世代ですから。。
皆さんみたいに濃くない、って、意味です。ハイ。
しかも、、ザビヌルの訃報のこと失念してまして、、前半のWR、すごく納得しちゃいました。
いい加減だなぁ。。わたし、、だめなわたし。。

すずっく |  2010/04/15 (木) 09:17 [ 編集 ] No.3881


suzuckさん、こんばんわ。

TBはいっていませんでしたか。
なんだかsuzuckさんのところも不安的ですね。
閣下のところは最近、まったくTB受け付けなくなっちゃったし。
FC2にしてからそのあたりが不便です。ストレスたまりますね。
もういちどトライしてみます。

このところ暑かったり、寒かったり、気温差がめちゃくちゃですね。
みんな風邪ひいいてます。
一年中風邪をひいてる僕は、今回にかぎり元気です。
ちょっと不思議。こんなに体弱いのに。

あ、そう、借りたいリスト、待ってます。
ご遠慮なく。

criss to suzuck |  2010/04/15 (木) 23:19 No.3883


これもカッコよかったですねぇ。

crissさん,またまたこんばんは。

このアルバム,冒頭からまるでWeather Reportでおぉっとなってしまいましたが,どうせなら全部WR路線でアルバムを作ってもよかったのではなんて思ってしまいます。Monkメドレーは残してもいいかもしれませんが。

いずれにしても,この人たち,うまいですねぇ。ということで,TBは試みても無駄だと思いますので,諦めます。

中年音楽狂 |  2010/04/16 (金) 23:23 [ 編集 ] No.3886


じゃ~~ん

買い損なったもの、迷ったもの、、諦めたもの、、、
とりあえず、インスト10枚送りました。(欲張り♪)

でもって、、つい、、ヴォーカルも二枚。(あれれ。。)

着払いでかまいませんので♪

すずっく |  2010/04/17 (土) 10:41 [ 編集 ] No.3887


中年閣下さま、おはようございます。

>冒頭からまるでWeather Reportでおぉっとなってしまいましたが,どうせなら全部WR路線でアルバムを作ってもよかったのではなんて思ってしまいます。

同感です。僕としては前半部しか、実は、愛聴していません。LPならA面しか聴かないなんてよくありますが、それですね。

ベチョマンはリーダーさくでローズ弾いているよりも、サイドで生ピ弾いていたほうが、かっこいいと思いますが、いかがでしょうかね。

criss to 中年音楽狂さん |  2010/04/18 (日) 06:19 No.3890


suzuckさん、おはようございます。

この数日の気候変動と、10日で3日当直という激務のため、昨日は体調を崩し、またダウン。早々に床につきました。今日はだいぶイイのですが、歳のせいか、疲れがいくら寝てもとれません。肩も凝ってるし、ふくらはぎはツルし、もうがたがたです。

メールしておきましたが、現物、手許にないのが多くて、すみません。
とにかく、今年はモノを減らすことを目標に立てているので、CDは手許に置かないことにしてます。

今日は朝から、お薦めのSinne Eeg を聴いています。数週間前に届いていたのですが、
ちゃんと聴くのは今日が初めて。ヤンソン節炸裂し、しかもボーカルを邪魔しない程度に弾きまくりで、
かなりイイ感じです。どうもありがとうございました。

criss to suzuck |  2010/04/18 (日) 06:29 No.3891


上手い、美味い、巧い

crissさん、こんにちは、monakaです。
このアルバム、出だしからとにかく驚きました。
大好きなサウンドを、実に巧く演ってくれます。
私強い思いいれがこのグループにないので、こんどにはちょっと驚きました。
5曲目はきっとこのグループの最上の魅力なのでしょう。そこを知りました。
実力あるプレーヤーなのでどんどん新しいセットとを作っていくといいでしょうね。

monaka |  2010/04/19 (月) 22:31 No.3895


monakaさん、こんばんわ。

>私強い思いいれがこのグループにないので、こんどにはちょっと驚きました。

そうでしたか。意外ですね。
このユニットはだいぶ以前にブログ仲間の間で話題になったんですよ。まだmonakaさんがブログ始める前かもしれません。今ではムタン兄弟と普通に読んでいますが、当時は発音させ分からなかったですよ。我が家には彼らが書いたマンガ本もあります。お宝です。

「海辺で気まま日記」のドラム小僧さんの記事を参照してみてください。ムタン兄弟でググってもすぐ見つかるはずです。

criss to monaka |  2010/04/20 (火) 19:58 No.3898

コメントを投稿する 記事: Moutin Reunion Quartet / Soul Dancers

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback


この記事にトラックバックする

SoulDancers/MoutinReunionQuartet

夜中には風が吹き荒れたかと思うと、暖かかった空気がいきなり冷たくなったり。。なんだか、ネコの目のようにくるくるとお天気がが変わります。ぼんやりしてたくても、風邪ひいて鼻水でちゃったら、、ぼんやりもできないッス。あぁ。。寒っ。ジャズの世界に兄弟で演奏して...

MySecretRoom 2010/04/14

 自在に作る Soul Dancer / MOUTIN REUNION

このアルバムについてはかなりのblogのお仲間が記事にしていて、Noutin Reunionをずっっと聞いてきた方ばかりなので、内容認めるけど、でもこれまでのインパクトを覆すかとという感じなのでしょうか。 ムタンのリユニオンってアルバムは持っているものの、特に入れ込んで

JAZZ最中 2010/04/19
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。