雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

この記事に含まれるタグ :
カナダ  3.5point  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Geoff Peters Trio / Quiet Night

   ↑  2010/03/22 (月)  カテゴリー: piano

geoff peters Geoff Peters Trio / Quiet Night  ( HMV )
2010 自主制作
 

Geoff Peters (p)
Mark White(b)
Greg Murray(ds)






Tilden Webb 、Tony Genge 、 Eric Harding 、そして Richard Whiteman ( bass : Jack Zorawski ) と、カナダで活躍するピアニストの話が続いたので、ついでに最近手に入れたアルバムを一枚、御紹介。


ヴァンクーヴァーを拠点に活動しているピアニスト、ジェフ・ピータース ( Geoff Peters ) の昨年録音された第二作目となる自主制作盤。

年齢は不詳ですが、見た目から判断するとかなり若そう。二十代前半ぐらいでしょうか。キース以降の現代的な雰囲気を持ってますが、決してヴァーチュオーゾではありません。それどころか随所に素人っぽさを漂わせているピアニストです。

それもそのはず、彼の本職はソフトウェア開発であり、そのほかまだ若いのにコンピューター関連のいくつかの仕事をこなしているようです。また相当のグルメらしく、ヴァンクーヴァー周辺のレストランの食べ歩きブログなども運営している多種多芸な方です。

“ I'm primarily a software developer, but I also dabble in jazz piano. ”と自身のサイトで紹介しているのがなんとも微笑ましいですね。

全13曲中半数が彼のオリジナルです。そのオリジナルが実に良いのです。年齢に見合った瑞々しく潤いのある感性がメロディーにうまく表現されています。仄かな哀愁感も漂っています。この決して巧くはないけどそこはかとなく哀愁に満ちたメロディー。この二つの条件が世のマイナー・ピアノジャズ愛好家の心を惹きつけるのですね。今盤はきっと日本人には受けますよ。

彼の Official Site で旧作 ( デビュー作 ) やアルバムに収められていない音源などがたくさんフルバージョンで試聴できます。ご興味のある方どうぞ。


ソフトウェア開発者らしい、というか、らしくない、というか、なんだか面白いプロモーションビデオです。

関連記事

この記事に含まれるタグ : カナダ 3.5point 

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1281.html

2010/03/22 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Theo Travis / Earth To Ether
この前の記事 : 3月20日 新潟へ

Comment

コメントを投稿する 記事: Geoff Peters Trio / Quiet Night

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Theo Travis / Earth To Ether
この前の記事 : 3月20日 新潟へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。