雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

この記事に含まれるタグ :
イギリス  3.5point  プログレ  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Theo Travis / Earth To Ether

   ↑  2010/03/23 (火)  カテゴリー: tenor
theo travis_earthtoether2Theo Travis / Earth To Ether  ( amazon )
2004 33JAZZ
 


Theo Travis (ts,fl), Simon Colam (p), Andy Hamill (b),
Marc Paranell (ds,perc), Richard Sinclair (vo,g)




英国のテナーサックス兼フルート奏者テオ・トラヴィス ( Theo Travis , Birmingham , 1964~ ) の単独リーダー作としては通算8作品目となる作品。90年代から英国ジャズ・シーンとプログレッシブ・ロック・シーンをシームレスに行き来しながら活躍していきたアーティストです。とりわけプログレッシブ・ロックのフィールドにおいては、1999年からの現在に至る GONG への参加と、急逝したエルトン・ディーンの後を引き継いだ形での Soft Machine Legacy への参加が印象深く、彼の人気を決定つけた活動と云えるでしょう。

2007年にはロバート・フィリップとの共同名義による作品 『 Thread 』 でその尖鋭的、実験的なサウンドへの傾倒ぶりを披露していますが、彼は元来は純然たるジャズ・ミュージシャンなんですよ。1993年のデビュー作 『 2 am 』 などはサックス・カルテットによる純ジャズですし、その後の作品でもジャズのスタンダードなどを演奏したり、タビー・ヘイズへのオマージュとしての選曲もなされていたりと、ジャズ・アーティストとしての側面が強調されていました。ただまあ、日ごろからクリス・ポッターやエリック・アレクサンダーなどの超絶技巧のテナーに慣れ親しんでいる我らジャズ・ファンからすると、トラヴィスのサックスはかなり凡庸な印象を受けるものですが、それでもやはりキング・クリムゾンやカンタベリー系の洗礼を受けた彼ならでの表現力はなかなか侮れないもので、聴いていて常に新たな発見があるものです。

僕個人的にはファーストの 『 2 am 』 が一番好きですし、ジャズ・ファンがまず最初に口をつけるならこのファーストからが良いと思いますが、この 『 Earth to Ether 』 もなかなか面白い作品でお薦めです。本作は何と云ってもワイルド・フラワーズ~キャラヴァン~ハットフィールド&ザ・ノーズというカンタベリー系の中心で活躍してきた重要人物 リチャード・シンクレア ( Richard Sinclair , Canterbury , 1948~ ) が3曲でヴォーカリストとして客演しているのがウリでしょう。そのため、彼が参加した楽曲ではかなりカンタベリー入ってます。当然その場合はトラヴィスはフルートに持ち替え、夢幻的でファンタジックな音色を奏でているので、そのあたりはジャズ・ファンには敬遠されちゃうかもしれません。でも、それ以外の曲ではノリのよいファンク・ジャズ調の曲もあったりしてジャズ・ファンにも受け入れられそうな構成なんですけどね。特に、キング・クリムゾンの名曲《 21世紀のスキッツォイド・マン 》 をサックス・カルテットでカヴァしていたりして、大変面白いですよ。

関連記事

この記事に含まれるタグ : イギリス 3.5point プログレ 

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1282.html

2010/03/23 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Francesco Maccianti / Crystals
この前の記事 : Geoff Peters Trio / Quiet Night

Comment

コメントを投稿する 記事: Theo Travis / Earth To Ether

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Francesco Maccianti / Crystals
この前の記事 : Geoff Peters Trio / Quiet Night
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。