雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Greg Reitan / Antibes

   ↑  2010/03/25 (木)  カテゴリー: piano
greg reitan _antibes Greg Reitan / Antibes  ( amazon )
2009  Sunnyside SSC1238


Greg Reitan (p)
Jack Dero (b)
Dean Koba (ds)




リヴァーサイドの名プロデューサー、オリン・キープニュースも絶賛するピアニスト、グレッグ・レイタン ( Greg Reitan , Seattle , 1973~ ) の第二弾。デビュー作 『 Some Other Time 』 同様 Sunnyside からのリリースで、しかも2作品間のインターバルは1年も経っておらず、同レーベルの彼に対する期待度が窺えます。はたしてこれが素晴らしい出来栄えで、早くも2010年のピアノトリオ・ベスト10に入ること間違いなしの優秀盤です。


地元シアトルではデイヴ・ペックやジェリー・グランネリーらにジャズ・ピアノを習い、バド・シャンクの夏季ワークショップに参加した際はハル・ギャルパーにピアノを、ジョン・クレイトンにアレンジを学んでいます。さらにはバークレー音楽院の奨学金も獲得し同院の留学経験もあります。1991年にはロサンゼルスに移住し、南カリフォルニア大学ソーントン音楽学校に籍を置く一方で、数々のジャズ・コンペで受賞し、キャリアアップしていきます。 そして、1995年からは映画音楽や放送局用の音楽制作にも従事しながら、現在は東西両海岸を股にかけて頻繁にレギュラートリオによるライブ活動を行っています。

彼によると、デビュー作 『 Some Other Time 』 を録音し終えたちょうどそのころ、『The Riviera: from Portofino to Marseilles』 という本を読んでいたそうです。その書はイタリア人写真家であるブルーノ・ステファニ ( Bruno Stefani ) が 1957年に出版したモノクロームの写真集だったのですが、それに触発されてレイタンはただちに本作のタイトル曲となるリリカルで夢幻的な美しさを放つ 《 Antibes 》 を作曲したのでした。彼はその作曲をしていた時、ちょうどグレン・グルードを聴いていたこともあり、作曲にはグルードの影響もあったと語っています。

残りの11曲は、このタイトル曲 《 Antibes 》 の雰囲気と精神を踏襲した楽曲を選んで演奏しています。採用された楽曲はウェイン・ショーターの 《 Fall 》 、ビル・エバンスの 《 Re: Person I Knew 》 、キー・ス・ジャレトの 《 Sympathy 》 、デニー・ザリトリンの《 Time Remembers One Time Once 》 、などなど。そして、レコーディングされた曲順がそのままCDの曲順になっています。

冒頭曲 は前述したようにブルーノ・ステファニの写真集に触発されて作曲された《 Antibes 》 。導入部からゆっくりと主旋律が浮かび上がってくる頃には、聴き手は完全に陶酔の花畑を彷徨っていることでしょう。いわゆる “ Keithy ” な旋律に満ち溢れたソロを展開するピアニストであり、まさにキース進化系譜の本流を受け続ぐスタイリストです。

正統的かつ高度な技巧が備わっていることはもちろんですが、とにかく音の響かせ方が実に美しい。粒だち良くてメロディアス。モーダルなラインなのにこれほどメロディアスに音を選択できるものなのかと驚かずにはいられません。久しぶりに惚れ惚れするほど綺麗なピアノの音を聴きました。

実はデビュー作を持っていませんでした。このセカンドを聴いて感激し、速攻でデビュー作を注文しましたが、デビュー作もセカンド同様、素晴らしい出来です。個人的にはデビュー作よりもこのセカンドの方が好きですが。
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1284.html

2010/03/25 | Comment (6) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


買ってしまった。。

この方、皆さま(ブログ仲間)わりと絶賛ですよねぇ。
どうーーも、ジャケットがピント来なかったのですが。。
選曲は、惹かれちゃいますよねぇ。

アマゾンのぞいたら、なんと、ナイスプライスがぁ!!思わず、アマゾンマーケットプレイスでお買い上げ。スゲェーーー安かったんだもん。速いモンがち。久々の衝動買いィ。

って、引き続きお大事に。
ジュルジュル、、は、「ジャズブログ界の王子様」には似合わん。(きっぱり)
わたくしは微熱になりましたヨン。

すずっく |  2010/03/26 (金) 18:47 [ 編集 ] No.3799


suzuckさん、こんばんわ。

といっても、いま、午前1時45分です。
夕食だべて、風邪も具合も悪いのでひと眠りして先ほど
起きたところです。というか、起きてしまって、寝れなくなって、
それでまたブログ更新なんかしなきゃいいのにして、
で、また風邪を悪化させて・・・・。
懲りないわたしです。

suzuckさんも風邪、回復に向かっているようでなによりです。
今、風邪っぴきの患者さん、多くて、診ているだけでこっちが悪く
なりそうです。ジュルジュル~、っぺ!

>この方、皆さま(ブログ仲間)わりと絶賛ですよねぇ。
そうですか? 中年音楽狂さんはそれほど評価していなかったような
気がしますが、記憶違いかな?


>どうーーも、ジャケットがピント来なかったのですが。。
僕は逆にジャケットにまずは惹かれてしまいましたが、趣味って、ほんと
人それぞれですね。

>アマゾンのぞいたら、なんと、ナイスプライスがぁ!!
ほんとだ。1700円で買えるんですね。タワーの店頭では2500円ぐらいしましたよ。石丸では2000円弱だったような気がします。

では、お大事に。
ぼくはこのまま朝まで起きて、勉強します。

criss to suzuck |  2010/03/27 (土) 01:55 No.3800


呼ばれて飛び出てなんとやら...

crissさん,こんにちは。

「中年音楽狂さんはそれほど評価していなかったような気がします」と書かれているので,お邪魔させて頂きました。

私はこの人のファーストを記事としてアップしていますが,星は★★★☆ですが,「これがなかなかの当たりであった」とは書いておりますので,絶賛はしていないものの,そこそこ評価しているとは思います。

まぁ,全編を通してよかったかというと,そんなこともないという考えですから,このセカンドも認知はしておりましたが,結局買っていません。でもこっちの方がいいのかぁということで,ちょっと気になってきました。

今年はそこそこ新譜も買っているのですが,最近はリッピングをしてせっせとiPodに音源を突っ込んでいるせいで,完全に「温故知新」モードということもあり,私の方は記事も以前のアルバムが結構多くなっていますね。それに比べると,crissさんの新譜のフォローぶりは凄いなぁなんて思ってしまいます。

それはさておき,お大事に。

中年音楽狂 |  2010/03/27 (土) 11:50 [ 編集 ] No.3801


まだ、、じゅるじゅるですか。。
王子さまが台無しじゃーーん。

実は、アマゾンで1041円だったんです。
で、マーケットプライスの手数料で1381円!
もちろん新品でした。
到着に一週間ほどかかるようですが、、。

あ、、閣下、、あぶら売ってないで、はやく、メルドーあげなさい。(爆)

すずっく |  2010/03/27 (土) 14:59 [ 編集 ] No.3802


中年音楽狂さん、こんにちは。

>私はこの人のファーストを記事としてアップしていますが,星は★★★☆ですが,「これがなかなかの当たりであった」とは書いておりますので,絶賛はしていないものの,そこそこ評価しているとは思います。

そうでしたか。記憶はいい加減なもので、中年音楽狂さんが三ツ星つけた、という曖昧な記憶がありましたもので。

ファーストもセカンドも質的にはいっしょですよ。僕は両方、かなり気に入っていますが、収録曲の好みで僕はセカンドの方が好きなだけです。

>今年はそこそこ新譜も買っているのですが,最近はリッピングをしてせっせとiPodに音源を突っ込んでいるせいで,完全に「温故知新」モードということもあり,私の方は記事も以前のアルバムが結構多くなっていますね。

僕も、まったく同じです。iPodへのリッピング作業ばかりやってます。
昨日、iPod Classic 内の曲数が10000曲を超えました。でも、所有のCD5000枚のうち、まだ5分の1ぐらいですから、残りはどうやってiPod にリップするか、その点が悩みです。
mp3 320kbps でリップしているので、iPod Classic 160G でも、もうすぐ満杯なんですよね。なので、もう一台 Classic を買おうと思ってます。ほんとうはClassic 320G が発売されると嬉しいんですが、まあ、無理でしょうね。

criss to 中年音楽狂さん |  2010/03/28 (日) 08:25 No.3806


suzuckさん、こんにちは。

なかなか風邪、治らないですね。
この歳になると、免疫力が完全に枯渇しているので、
治りが非常に遅いです。

>実は、アマゾンで1041円だったんです。
で、マーケットプライスの手数料で1381円!

あら、ま! それは安い。昔はCDの値段など全然気にしていなかった
けど、最近は少しでも安いところって、探し回って買ってます。
結局、HMVのマルチで買うのが一番安いことが多いのですが。

>あ、、閣下、、あぶら売ってないで、はやく、メルドーあげなさい。(爆)

同感。でも、あれ、書きにくいです。僕もこのところ、頻繁に聴いてますが、どう評価してよいのか。困りますね~。正直、好きか、嫌いか、と尋ねられれば、あまり好きではないサウンドです。丁寧に作られていて、かなりお金もかっかっているのは分かるのですが、いまひとつ、インパクトに欠けますね。難しい作品ですわ。

ということで、まだまだ寒いですね。桜は開花したというのに、これじゃ、花見をする気もおきません。

では、楽しい日曜日をお過ごしください。

criss to suzuck |  2010/03/28 (日) 08:33 No.3807

コメントを投稿する 記事: Greg Reitan / Antibes

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。