雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

CDはもう買わない?

   ↑  2010/04/01 (木)  カテゴリー: 未分類
週刊アスキー 2010年4月13日・20日合併号
山崎浩一 「 今週のデジゴト 」より引用

ふと気がつくと私は最近タワレコやHMVどころか渋谷や下北沢の中古CDショップにも足を運ばなくなった。じゃiTunes からダウンロードしているかといえば、今やそれすらめっきり減った。ダウンロードしてiPod やiPhoneに同期して音楽を持ち歩く、というプロセスすら省略し始めているのだ。なぜか?そう、もはや音楽は手持ちのコレクションだけでお腹いっぱいだからだ。クラシックもジャズもロックもJポップもワールドミュージックも、とりあえず一生聴き続けられる分は購入し終えてしまっている。(中略)高齢リスナーはもはや貪欲に新しい音楽を漁ったりしない。自分の記憶やコレクションの中の音楽こそが最高だと信じている。



昨年のちょうど今日、4月1日に ONKYO のハードディスク・オーディオ・コンピューター HDC-2.0A を購入し、それ以来、暇を見つけては所有するCDをiTunes にリッピングしてきた。現在、iTunes 内の楽曲数は11,200曲。相当な数だがまだまだリッピングしいないCDが4000枚ほどあるので、このペースで作業していっても5年ぐらいはかかりそうだ。

そんなわけで昨日、iTunes の Cover Flow でジャケットをスクロールしながら、「たぶん僕は、このiTunes の中の楽曲だけで残りの人生、生きていけそうだなぁ」なんて思っていたが、その矢先に上掲の山崎浩一氏のコラムを読み、思わず膝を打ち鳴らしてしまった。「 そうだよなぁ、手持ちの音源だけでお腹いっぱいでゲップが出そうなのに、これ以上、新譜なんか買う必要なんかないよなぁ。もう新譜買うのや~めよう。」 と一瞬思ったけど、その次の瞬間には iTunes Store でOlivia Trummer の最新作『 Nobody Knows 』をポッチとしてしまっているわけで、これからも新譜買いしばらく続きそうだ。

ただし最近は、新譜買いとは言っても、その内容が以前と比べだいぶ違ってきた。何が違うかというと、新譜を買う店がリアル店舗からネット配信の店舗にかなりの部分で移行してきているのだ。


今年も早いもので3ヶ月が過ぎ、今日から4月だが、この3ヶ月間で購入したアルバム数は計55枚。そのうち47枚が iTunes ストアからの購入だ。さらには最近は楽曲単位での購入も増え、購入した単体楽曲数は全部で49曲にのぼる。まるでJ-Pop好きの女子高生みたいな買い方で自分で笑ってしまうが、意外に曲買いは楽しいのだ。

以前にも書いたことがあるが、都内の狭小マンションに住む我が身としては、これ以上CDに居住空間を侵食されるのはごめんだし、大体において、購入したCDはすぐにiTunes にリップしてしまえば、その後はトレイに乗せることはまずないので、僕にとってはダウンロードで十分なのだ。しかも意外に iTunes のAAC128kbps エンコードは音がいいし、我が家の陳腐な装置で聴く限り、CDと比べても遜色ない。

しかもアルバム1枚1,500円はとっても安い。なかには1,000円以下で買えるアルバムもあり、クリックするだけという手軽さも手伝い、一度利用しだしたら病み付きになってしまった。DRM で制限が付加されているとはいえ、アップルが採用している FairPlay は非常に緩い DRMなので、実質上、ほとんど問題となることはない。これじゃ売れるわけだ。いまやiTunesストアは音楽配信市場のデファクト・スタンダードとなったが、使ってみて改めてその必然性を納得した。

韓国の音楽市場では、すでに2003年にはインターネットでの音楽配信の売り上げがパッケージの売り上げを上回ったらしいが、近い将来、日本も韓国同様の道を歩むことになるのは必至だろう。

しかし、そんな iTunes ストアにも不満がないわけでもない。先ほどアルバム1枚1,500円は安いと言ったが、よく考えると、この購入したアルバムは中古商品として買取業者に転売することはできないのだ。CDなら2,500円で購入しても気に入らなければ500円とか800円で売り飛ばせるが、ダウンロードしたデジタル・コンテンツはそうはいかない。そう考えると1,500円は割高のような気がしてくる。

パッケージ商品と違ってデジタル・コンテンツは、製造(プレス)コストや流通コストなどを限りなくゼロに近づけることができるのだから、もう少し販売価格を下げられるのではないだろうか。これからの柔軟な価格設定に期待したい。

アップルの音楽ビジネスの主目的はハード( iPod/iPhone ) を売ることだと言われている。itunes ストアはそのハードを売るためのプロモーションという位置づけをしているので、アップルとしては音楽配信事業そのものでの収益をあまり当てにしていない。音楽コンテンツを iTunes ストアで販売することで顧客を呼び込み、そこでハードを売り上げる、というビジネスモデルであるなら、コンテンツの販売価格はせめて1曲 0.49 ドル、アルバム 4.99 ドルまで下げていただけないだろうか。そうすれば僕は「新譜買いはもうや~めた。」なんて、決して言わない。



関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1298.html

2010/04/01 | Comment (4) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


crissさん、こんにちは。

早朝の番組、録画OKです。今、オーバーザ・レインボーを聞いています。やはり、知っている曲がかかると、初心者には嬉しいです(笑)。crissさんは、このグループでは、歌い手とピアニストが好きなんですよね?

Rigmor Gustafsson – Gesang
Karl-Martin Almqvist – Saxofon
Jacob Karlzon – Piano
Hans Andersson – Bass
Johan Löfcrantz - Schlagzeug

今日は、キリストの受難日で、国民の祝日でお休みです。

それから、以下の番組も録画できるので、御希望でしたら、お知らせ下さい。

Brian Blade "Fellowship"
JazzBaltica 2005

Brian Blade - Schlagzeug
Jon Cowherd - Piano
Melvin Butler - Tenorsaxofon, Sopransaxofon
Myron Walden - Altsaxofon, Bassklarinette
Doug Weiss - Bass

それから、頂いたイタリア人のCDですが、ジャケットの中にある写真と全体的な曲がマッチしている印象を受けました。2曲目なんか、特に嵐のような感じのイメージが、気に入りました。頂いたCD,調度耳に馴染んできたところです。有難う御座いました。

東京は、桜がもう満開だと聞いています。実家の方は、まだ、寒くて、満開までではないようですが。6日から帰省しますが、久久のお花見を楽しみにしているところです。

そうだ、主人が、あのCD気に入ってくれたかなぁ~。。と気にしていました。

Laie |  2010/04/02 (金) 16:56 No.3830


大きな声では言えないけれど

クリスさん、こんにちはmonakaです。
音源の入手方法が多様になって、というよりより便利な方向に転移しているのだとはおもうのですが、その便利さについていけずに、依然ショップが中心にケースとジャケットを手に取る日々です。
自分でも少しおかしいとは思おうのですが、この3ヶ月で手にしたアルバム、頂き物を合わせて63枚でした。
クリスさんより多いことは決してうれしくありません。
4月に入ってすでに3枚、今日も花見がてら渋谷をふらつくことにしています。
これ止めるお薬、処方お願いします。

monaka |  2010/04/03 (土) 09:58 No.3831


Laie さん、今晩わ。

>今、オーバーザ・レインボーを聞いています。やはり、知っている曲がかかると、初心者には嬉しいです(笑)。crissさんは、このグループでは、歌い手とピアニストが好きなんですよね?

ええ、大好きです。二人とも。サックスの人もけっこう聴きます。
ボーカルのリグモアがカーペンターズの<close to you >を
歌っている映像がyoutube にあります。いいですよ。

http://www.youtube.com/watch?v=eMuCc7vUc8g

あと、ブライアン・ブレイドの映像は録画しなくてもいいです。
好きですが、映像まではいいかなって感じ。

>東京は、桜がもう満開だと聞いています。実家の方は、まだ、寒くて、満開までではないようですが。

今日、家族で茨城の筑波の先まで行ってきましたが、桜はまだ開花していませんでしたよ。東京は満開です。東京と茨城など緯度ではそれほど変わらないのに、けっこう違うものです。

>そうだ、主人が、あのCD気に入ってくれたかなぁ~。。と気にしていました。

ええ、大変気に入りましたが、彼の情報って日本じゃ皆無なんですよ。で、記事にもできないんです。すごく巧い若手ですが、これから日本にも情報が入ってくると思います。ただ、ジャケットがなんというか、ジャズっぽくないし、ちょっと変ですよね。あのイラストのシリーズって他にもあって、有名な人のCDは日本でも手に入ります。

ということで、いつもいつもすみません。

あと、以前に御主人からすすめられたレンズ、今月あたりやっと買えそうです。というか、やっと妻から購入許可がおりましたので。

criss to Laie |  2010/04/04 (日) 02:45 No.3835


monakaさん、こんばんわ。

>依然ショップが中心にケースとジャケットを手に取る日々です。

やっぱりショップで品定めして買うのが一番楽しいですよね。
でも、最近、仕事帰りにお茶の水に寄るのも面倒になっちゃて。
仕事も遊びもすべて効率を基準に考えるような傾向にあります。
人生、それほど残りないので、効率よく楽しまなきゃと。
茶水に時間をかけて行くより、家でamazonでサクッと買うほうが、
時間の節約になりますし。大体、同じCDをDUショップと
amazonで買うのでは、時間にして2時間ぐらい違います。
この2時間はかなり大きいです。

ということで、もっぱら通販&配信で音源を仕入れる毎日です。


>これ止めるお薬、処方お願いします。

残念ながら、治療薬はございません。手遅れです。

criss to monaka |  2010/04/04 (日) 02:53 No.3836

コメントを投稿する 記事: CDはもう買わない?

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback


この記事にトラックバックする

ipod touch??å?å????

ipod touch??å?å?????Ĥ?ξ?

ipod touch??å?å???? 2010/04/11
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。