雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Diane Hubka / You Inspire Me

   ↑  2010/04/04 (日)  カテゴリー: vocal
diane hubka_ you inspire meDiane Hubka / You Inspire Me  ( amazon )
2002 Vsojaz Records


Diane Hubka (vo,g), Bucky Pizzarelli (g), Gene Bertoncini (g), Paul Bollenback (g), John Hart (g), Romero Lubambo (g), Franck Vignola (g), Jack Wilkins (g), John Hebert (b), Nilson Matta (b), Jeff Hirschfield (ds), Duduka Da Fonseca (ds)




直近のエントリーで紹介したハリー・アレンのボサノヴァ作品『 I Can See Forever 』を聴いていたら、ムショウに聴きたくなってきたダイアン・ハブカ ( Diane Hubka , Maryland MD ) の初期の作品。

このアルバムもハリー・アレンの作品同様、冒頭曲がジョビンの《 Wave 》です。冒頭に《 Wave 》を持ってくると、すごく印象に残り効果的。掴みはOK! と云ったところでしょうか。

本作は7人のギタリストを取っ換え引っ換えしながら共演した洒落た企画。バックもピアノレスのギタートリオか、あるいはギターのみというシンプルな構成で、ハブカの優しい歌声をよりいっそうひきたてています。
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1301.html

2010/04/04 | Comment (13) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


Crissさん、こんばんわ。

ダイアン・ハブカ聴かれましたか~、この作品は残念ながら持ってませんが、2枚ほど持ってます。
でもこれは、ダイアン・ハブカの声や楽曲が気に入ったからではなくて、何てたってChristian Jacobが歌伴やってるからですっ!!
え~と、『You've Changed』『ザ・ルック・オブ・ラヴ』の2枚。
Crissさんはこれは持ってますか?

ジェイコブはトリオの演奏も良いですが、歌伴でも最高の演奏しますもんね。
あっ、Tierney Suttonもジェイコブ目当てでほとんどの作品を買いあさりました。

『ザ・ルック・オブ・ラヴ』、これタイトル曲に目が無いんですが、ラストの「Invitation」が堪りません!ジェイコブのピアノがカッコいいんです・・・
『You've Changed』は冒頭の「You Don't Know What Love Is」これが最高です。ここでのソロは正にエレガント!です。
いやあChristian Jacob恐るべし!

SINTETIC |  2010/04/05 (月) 01:26 No.3846


あっ!・・・

Christian Jacobにすっかり気を取られて間違えてしまいました~。
『You've Changed』はダイアン・ハブカの作品ではなくMellonie Irvineでした。
失礼致しました。

SINTETIC |  2010/04/05 (月) 01:36 No.3847


SINTETICさん 、毎度。

>ダイアン・ハブカ聴かれましたか~、この作品は残念ながら持ってませんが、2枚ほど持ってます。

この作品、僕がもっているのは米盤ですが、ジャケットとタイトルを変えて、国内盤( SSJ )からもリイシューされていますね。危うくだぶり買いしそうでした。お気を付けください。

>え~と、『You've Changed』『ザ・ルック・オブ・ラヴ』の2枚。
Crissさんはこれは持ってますか?

Mellonie Irvineの『You've Changed』は、買おう買おうと思っているいちに忘れてしまいました。良かったですか? 今からでも買おうかな。
『ザ・ルック・オブ・ラヴ』 は持ってますよ。あともう一枚の日本でのライブ盤も。どれもイイですね。甲乙つけがたい出来です。

この人の声は押しつけがましくなくて好きです。サラっとしていて優しくて。youtube で歌っている姿を見ましたが、とっても柔らかそうな感じがイイナ~~。

criss to SINTETIC |  2010/04/05 (月) 20:52 No.3851


Mellonie Irvineの 『You've Changed』 を先ほど注文しました。
楽しみです。すっかり忘れていたので思い出させてくれてありがとうございます。

今、Halie Loren の最新作ライブ盤聞いてます。
この人、最近のヒットです。ちょっと録音がいまひとつですが、いいです。

criss to SINTETIC |  2010/04/05 (月) 22:06 No.3853


Crissさん、またまたこんばんわ!

>Halie Loren の最新作ライヴ盤聞いています。
この人、最近のヒットです。ちょっと録音がいまひとつですが、いいです。

この人、シゼル・ストームまではいかないにしても、やたらと宣伝されてますよね。
まだ、声は聴いてないんですが今度聴いてみます。


>この作品、僕が持っているのは米盤ですが、ジャケットとタイトルを変えて、国内盤(SSJ)からもリイシューされてますね。危うくダブリ買いしそうでした。お気を付けください。

ありがとうございます。
でも、こういうのどうにかして欲しいですね。同じなら同じって、もっと分かるようにして欲しいものです。
あわよくば売ってしまおう的、で不親切ですよね~。

SINTETIC |  2010/04/05 (月) 22:38 No.3854


>この人、シゼル・ストームまではいかないにしても、やたらと宣伝されてますよね。
まだ、声は聴いてないんですが今度聴いてみます。

宣伝されているんですか。それじゃ売れているのかな。
僕は完全にジャケ買いでしたけど。
過去の2枚よりもこのライブ盤の彼女のフォトが好きです。

>でも、こういうのどうにかして欲しいですね。同じなら同じって、もっと分かるようにして欲しいものです。
あわよくば売ってしまおう的、で不親切ですよね~。

ほんとそうです。このハブカの『 You Inspire Me 』 は SSJからは
『 NUAGES 』 というタイトルで再発されています。
ジャケットのデザインを変えるだけならまだわかるけど、
タイトルまで変えるなんて、ちょっと悪質じゃないかって
僕なんかは思っちゃいますが、どうしてこういうことするんでしょうね。

criss to SINTETIC |  2010/04/06 (火) 23:20 No.3855


ちょっと入れてください

Crissさん、SINTETICさん、お話が弾んでますね。

Mellonie Irvineの『You've Changed』は、初めて聴いた時にわぁ~とても丸いって感じがしました。なんだかマシュマロが溶けていくような感触でしょうか。

>今、Halie Loren の最新作ライブ盤聞いてます。

個人的には、ちょっとネチッコイような、裏声の苦手な私には頻繁に聴くことがないであろうタイプだど、曲によって重い曲を軽く歌っているのに好感がもてました。

>この人、シゼル・ストームまではいかないにしても、やたらと宣伝されてますよね。
まだ、声は聴いてないんですが今度聴いてみます。

Sidsel Storm のセルフタイトルは、バックの演奏が気に入りました。可愛い声かと思いましたが意外落ち着いていて、高感度よかったです。ジャケットであまり判断できないですね(^^;

>でもこれは、ダイアン・ハブカの声や楽曲が気に入ったからではなくて、何てたってChristian Jacobが歌伴やってるからですっ!!

ハブカさん、あまり印象はないんですけど、どういう訳かCarole Creveling を思わせるような雰囲気があるのかしら。Christian Jacob さんはいいですね、どこにいても光ってます。

まん丸クミ |  2010/04/07 (水) 01:30 [ 編集 ] No.3857


どうぞどうぞ~

って自分が言う事ではありませんね(笑)
Crissさん、そしてまん丸クミさんさん、こんにちわ。

>Mellonie Irvineの『You've Changed』は、初めて聴いたときわぁ~とても丸いって感じがしました。なんだかマシュマロが溶けていくような感触でしょうか。

ホントそうですね~。自分はこういう声大好きです。
この作品聴くといつも思うのが、ミディアム、スローな曲がほとんど、と言うこともあってか、何かちょっとリッチなクラブで演奏されてるのを聴いてる感じがして、ゴージャス感を味わえたりします。
って、そんなところ行ったことも無いんですが(笑)

でも、カナダでは、ちょっと立ち寄ったbarでこのような演奏が聴けたりするんでしょうね~いいなぁ~。

>Carole Crevelingを思わせるような雰囲気

自分は声聴いた事無いんですが、このヴォーカリスト、何年か前に復刻版が出て話題になってましたよね。タイトルは失念してしまいましたが。


>Christian Jacobさんはいいですね、どこにいても光ってます。

はいっ!
自分は指3本に入るくらい好きなピアニストです。『Styne & Mine』を聴いた時の感動ったらありゃしません。
来日したとき目の前で聴きましたが、もうジェイコブに釘付けでしたね~。この人、高速フレーズでも全くブレることなく正確な運指、しかも力強くて。どんなフレーズでも歌ってますよ。

SINTETIC |  2010/04/07 (水) 13:38 No.3859


まん丸クミ さん、今晩わ。
そちらは朝でしょうかね。

>ハブカさん、あまり印象はないんですけど、どういう訳かCarole Creveling を思わせるような雰囲気があるのかしら。

そうですかね~? Carole Creveling はもっとドスの効いた歌声のような気がしますけどね。口の中にいったん声をため込んでから吐き出すみたいな。昔の歌手ってあの手の歌唱法が流行っていたんでしょうか。今はあんな歌い方するひと、いませんね。
ハブカはもっと自然体で、聴いていて疲れません、僕は。Carole Creveling のような歌声は昔好きでしたが、いまはあまり聴きませんね。セルマ・グレーセンやヘレン・メリルなんかにむしろ似ているかな。

>Mellonie Irvineの『You've Changed』は、初めて聴いた時にわぁ~とても丸いって感じがしました。なんだかマシュマロが溶けていくような感触でしょうか。

この人、すっかり買い忘れていて、今日、やっと届きました。
一聴して、あまり印象に残らない歌声で、つまりは癖がなく澄んだ歌声なのでしょうが、悪くはないです。もう少しちゃんと聴けば印象も変わるかな。バックのジェイコブは相変わらず巧いですね。というか、ジェイコブは常に最高品質のプレイをしますよね。

それにしてもカナダでもSSJ のCarole Crevelingが手に入るんですね。そこに驚きました。

criss to まん丸クミ さん |  2010/04/08 (木) 22:53 No.3861


ジャズ仲間のおかげ

>それにしてもカナダでもSSJ のCarole Crevelingが手に入るんですね。そこに驚きました。

そこは、もうジャズ・コネクションのお蔭でございま~す!

これなくして、私のジャズ・ライフは成り立たないでしょう。

まん丸クミ |  2010/04/08 (木) 23:21 [ 編集 ] No.3863


>自分は指3本に入るくらい好きなピアニストです。『Styne & Mine』を聴いた時の感動ったらありゃしません。
来日したとき目の前で聴きましたが、もうジェイコブに釘付けでしたね~。

僕も大好きです。3本の指に入るかどうか考えたことはないですが、でも、相当好きです。。『Styne & Mine』の一曲目≪ Just in Time ≫nにやられた口です。あの一曲でもうこの人のアルバムは全部買おう、と決めたくらいです。ティアニー・サットンのアルバムも買いあさりましたが、やっぱり歌伴よりもピアノトリオでジェイコブは聴きたいですね。

横浜のプロムナードに来た時に僕も見ています。体ばかデカくてビックリしました。もうこの人はレベルが違いましよね。もうそろそろ新作が聴きたいですね。

criss to SINTETIC |  2010/04/08 (木) 23:26 No.3864


Crissさん、こちらでもこんばんわ、です。

でもあれですね、ここまで音楽に共感できる方が居らっしゃると、ホント嬉しいです。
初めてですね、こんなに共感できる方とお会いできたのは(ブログ内だけですが)。
何せ自分の周りにはジャズを聴く人間がこれっぽっちも居なくてですね(笑)
これも何かのご縁と思います。今後とも宜しくお願いいたします。

>『Stye & Mine』《Just in Time》にやられたくちです。

はいっ、これ聴いて人生変わりましたね、ホントに(笑)
これ、通しで何百回聴いたでしょうか。。。
この作品を購入した頃は、、、相当前だと思うんですが、でもまだジャズというのがいまひとつ分かってない頃で。ピアノ・トリオも何だかよく分かってなかったと思います。《Just in Time》はジュール・スタインの曲で、所謂スタンダードなんだって事も知らない頃でした。
そんな中でこの作品を聴いて、これを聴いた時の感動は忘れられません。
オリジナルも良いんですよね。
ホントそろそろ新作聴きたいですね~、なんかウズウズしてきました。

SINTETIC |  2010/04/09 (金) 02:01 No.3866


SINTETICさん、またまあこんばんわ。

『Stye & Mine』 は冒頭の《Just in Time》があまりにもインパクト大で、そのあとの曲の記憶が薄いのですが、ティアニー・サットンが歌った2曲や《 Time after Time 》 なんかも良かったと思います。ジェイコブ以外のリズム隊2人も、まったく取り上げられませんが、なかなかうまいですしね。

でも、一番聴くのはペトルチアーニ集の「contradictions 」かな。
ペト好きなので、つい手が伸びちゃう。

今日、やっとジャネット・リンドストレムの新譜が届いたので、これから聴くところです。「いままでになくキャッチー、ジャネットの新境地」らしいです。

へ~。















criss to SINTETIC |  2010/04/10 (土) 21:29 No.3869

コメントを投稿する 記事: Diane Hubka / You Inspire Me

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。