雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

この記事に含まれるタグ :
フランス  4.5point  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Nicolas Folmer meets Bob Mintzer / Off The Beaten Tracks Vol.1_ Live au Duc des Lombards

   ↑  2010/04/08 (木)  カテゴリー: trumpet

nicolasa folmer bob mintzerNicolas Folmer meets Bob Mintzer / Off The Beaten Tracks Vol.1 (HMV)
2010 Cristal Records


NicolasFolmer (tp), Bob Mintzer (ts), Antonio Farao (p), Jerome Regard (b), Benjamin Henocq (ds), Phil Markowitz (p M4,7), Jay Anderson (b M4,7), John Riley(ds M4,7)




Paris Jazz Big Band のリーダーも務めるフランス人トランペッター、ニコラ・フォルメル ( Nicolas Folmer ) の通算4作品目となる最新作。

今作はボブ・ミュンツァー ( Bob Mintzer , 1953~ ) を招いての実況録音盤。ニコラ・フォルメルとボブ・ミンツァーの顔合わせは意外に感じるが、ニコラにとっては同じビッグバンドを運営する身としてボブは憧れの存在なのではないだろうか。

会場となったのはパリの中心街にある Duc des Lombards ( デュック・デ・ロンバール ) というクラブ。このDuc des Lombards があるロンバール通りにはこのクラブの他にもBaiser sale (ベゼ・サレ)や、アンドレ・チェカレリの『 Live Sunside Session 』( 2008 , Cristal Records ) が録音された Sunside などもある、喩えるなら “ パリのニューヨーク52番通り ” みたいなところだ。

今回のGig はニコラ・フォルメルをリーダーとするフランス人からなるカルテットに単にボブ・ミンツァーがゲスト出演したのではなく、ボブ・ミンツァー自身も自己のレギュラー・バンドを引き連れて訪仏している点が面白い。Gig が行われたのは2009年6月の4日間で、前半2日がニコラのレギュラー・カルテットにボブが参加した編成で、後半2日がボブのカルテットにニコラが客演した編成で行われた。収録曲は全8曲で、うち6曲がフランス人のリズム隊によるもので、残り2曲がアメリカ人のリズム隊によるものだ。8曲中6曲がニコラの筆によるもので、あくまでニコラ主導の作品といえる。この企画自体がニコラがこのDuc des Lombards 側に持ちかけたものだったようだ。


まずは誰しもその豪華なメンバーに鼻息も荒くなることだろう。特にフランスチームのリズム隊は最強だ。ベースのジェローム・ルギャーは PJBB の同僚でニコラ・カルテットのレギュラーメンバーとして近年一緒に活動している。90年代にあの Prysm で大活躍したドラマー、ベンジャミン・エノクも最近、各方面で耳にするが、現ニコラ・カルテットのレギュラーとしても活動している。そしてピアノは意表をついてアントニオ・ファラオだ。本来ならティエリー・エリス ( Thierry Eliez ) が座るところだが、どのような事情があったのだろうか。兎に角、フロントの二人の顔合わせだけでも興奮モノなのに、バックがこれだから鼻息に交じって鼻血も吹き出してきそうだ。

ノリのよいハードバップから哀愁感いっぱいのスロー・チューンまでバラエティーに富んだ楽曲が並ぶが、中でも聴きモノなのが冒頭に配された爽快なタイトル曲 ≪ Off The Beaten Tracks ≫ と末尾に配されたアントニオ・ファラオのオリジナル曲 ≪ Black Inside ≫だろう。

前者は16ビートの痛快ハードバップ。何処となくブレッカー・ブラザーズを彷彿とさせる楽曲だ。この曲に限らずニコラの曲作りは相変わらずうまい。フロントの二人ともアグレッシブ&ダイナミックなソロを展開する。特にボブ・ミンツァーのソロは圧巻。やっぱり巧い。最近は自己のビッグバンドの運営に軸足を置いた活動が目立つだけに、こんな気持ちの良い吹きっぷりを見るのは久しぶりのような気がする。

後者はファラオの98年の作品 『 Black Inside 』 に収められていたタイトル曲。Cm の高速ブルースだが、ファラオはモーダルなラインでソロを構築していくので、ブルース臭さはない。ファラオだって最近は Cam Jazz から甘口な作品ばかり出しているので、こんな激しいソロは久しぶりだ。やっぱりファラオはこうじゃなくちゃ。

一方で、M-7 ≪ Le chateau de Guillaumes ≫ のような哀愁ラテン・バラードでのソロでは情感豊かな美メロを惜しげもなく披露。まったくニコラは緩急自由自在でテクニックは完璧だし、日の打ちどころがない。それこそイタリアのファブリツィオ・ボッソと比較してもまったく遜色ない技術力だ。

そう云えば、フランス人トランペッターって、巧い人少ないような気がする。思い浮かぶのは中堅のエリック・ルラン ( Eric Le Lann )と若手の フェビアン・マリー( Febien Mary ) ぐらいだろうか。エリック・トラファズ ( Erik Truffaz ) だってフランス系スイス人だし、フランスで活躍しているから一瞬勘違いしてしまうがパオロ・フレズ ( Paolo Fresu ) やフラビオ・ボルトロ ( Flavio Boltro ) はイタリア人だ。そう云った意味でもニコラ・フォルメルにはいっそう頑張ってもらいたいものだ。

関連記事

この記事に含まれるタグ : フランス 4.5point 

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1303.html

2010/04/08 | Comment (9) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


こんにちは。
これ、よかったって、わたしも思います。

確かに、ミンツァー上手いけど、ニコラももの凄く上手いですよねぇ。。
ニコラはアーティさまやクリスさまに教えていただきましたが、今回のアルバムも発見したとき、届くのが楽しみでした。

イタリアって、確かにトランペット王国な気がいたします。
ラヴァだって、居るもの。
トラバ、ありがとうございました。

すずっく |  2010/04/09 (金) 11:25 [ 編集 ] No.3867


suzuckさん、こんばんわ。

すみません、コメントいれずにトラバだけしちゃって。
とりあえずトラバだけでも、と思って。
昨日は学会で名古屋に行ってきました。
お昼休みに名古屋市内にある66年創業のジャズ喫茶ユリによってきました。
とっても懐かしい感じのするイイ店だったのですが、
タバコのにおいがきつくて、すぐ出てきてしまったのが残念ですが。

へとへとになって帰ってきて、今日はもう当直です。
最近、とっても忙しいです。ブログなんか更新できません。
新譜は聴いていますけど。

これ、ほんと良かったです。あの時は会話に夢中で
あまり真剣に聞けなかったけど、よく聞くとすごくいいですね。
こうなるとCDほしいけど、もうなかなか手に入らないみたいです。

criss to suzuck |  2010/04/10 (土) 21:41 No.3870


Crissさん、こんばんは。
当直お疲れ様です。
お忙しいところ恐縮です。お返事いつでも結構ですので。


えっ、これ入手困難なんですか~?
じゃあ、いつ入ってくるか分かりませんね。VENTO AZULさんに注文はしてるんですが、、、
これ今一番聴きたいんですよね、特に Farao が!

こんな真夜中ですがリスニング続行中です。
ここ数時間ずっとPeter Asplundの新作聴いてます。オケ入りのやつ。
これ初めは微妙だったんですが、聴き込んでるうちに、結構イケるなぁって思ってきました。Jacob Karlzonがやっぱりいいですよ、ソロにバッキングに。存在感大有りです。Karlzonらしからぬ、と言いますか、、、今まで以上に洗練されてる感があります。

SINTETIC |  2010/04/11 (日) 03:52 No.3871


SINTETICさん、こんにちは。


>えっ、これ入手困難なんですか~?
じゃあ、いつ入ってくるか分かりませんね。VENTO AZULさんに注文はしてるんですが、、、
これ今一番聴きたいんですよね、特に Farao が!

HMVでだいぶ前に注文入れていたのですが、長く待たされた果てに「入手困難」のメールが届き、キャンセルしました。でも今、HMVのサイト見ると「14~20日でお取り寄せ」になってますね。もう一度注文しようか、迷ってます。すでにすずっくさんからお借りしているのですが、これは現物、手元においておきたいくらいイイです。
ファラオは要所要所でイイ仕事してますが、あくまで脇役ですね。あまり期待しないようがよいかも。でも一度弾きだすとやっぱりすごいですが。


アスプルンドの新譜は、昨日、アイデン・エセンの復刻盤などといっしょにHMVに注文したところです。エセンも楽しみです。
昨日、帰宅したら角松のGRPコンピが届いていました。まだ聞いていませんが、今日、帰ったら聞こうと思ってます。

SINTETICさんはorrin evansなんかは聞きませんか?
posi-tone からの最新作がすごく良かったです。
数日中にアップしようと思ってます。
トリオ編成ですが、ナシートのドラムも最高でした。

では、また。

criss to SINTETIC |  2010/04/12 (月) 13:23 No.3873


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  2010/04/12 (月) 18:57 No.3874


とりあえず。。。

Crissさん、こんばんわ。

本作品がまだ手に入らないので、Paris Jazz Big Bandのライヴ盤(3枚組)買って聴いてます(笑)
これ今けっこう嵌まってます。
どうでもいいんですけど、このCDケース、昔の2枚組ケースと同じタイプ。これゴッツくて嫌ですね~

それはさておき、Nicolas Folmerをはじめ、ピアノがトリオ作が良かったAlfio Olegrio、、、そうそうたるメンバー。ソロイストのアドリブ・ソロも楽しめ聴き応え十分、3枚組でも一気に聴き通せました。
CD#3 Tr.1等でのPierre De Bethmanのピアノがスタイリッシュかつクールでなかなか良かったです。
それにしてもNicolas Folmerは良い曲書きますね~

SINTETIC |  2010/04/19 (月) 21:24 No.3894


SINTETICさん、こんにちは。

>どうでもいいんですけど、このCDケース、昔の2枚組ケースと同じタイプ。これゴッツくて嫌ですね~

ほんと、そうですね。いまどきあんまりみませんね。ときどき見かけるけど決まって欧州盤ですから、欧州ではまだ普通なのかも。でも値段が安いから我慢しましょう。

このライブ盤、アップしようと思いながらどうも書けずにします。3枚組を総括するのってけっこう難しいです。

>CD#3 Tr.1等でのPierre De Bethmanのピアノがスタイリッシュかつクールでなかなか良かったです。

≪Pra Baden≫ですね。僕はもっとスピード感のあるPJBBの曲が好きですが、この3枚組にはけっこうミディアムからスローの曲が多いので、ちょっと残念です。

ところで、youtube でPJBBの洒落た映像があるのですが、お暇な時にちょっと見てください。すでに御存知かもしれませんが。

http://www.youtube.com/watch?v=dnhBD-XHJn0&feature=related

criss to SINTETIC |  2010/04/20 (火) 19:45 No.3897


Crissさん、こんばんわ。

いやあ~Crissさん、youtube見ました。
もう一言、生で観たい!です。
来日しないですかね~、しないですよね、、、
イタリアのCivica Jazz Bandも観たいですし、、、


Nicolas Folmerが書いた「Iona」、これ『I Comme I Care』でも演奏してましたよね。アレンジが違うとは言え、ビッグバンドで聴くとまた格別の味わいがあります。エレピがまたいい雰囲気なんですよね~。
久々に今日『I Comme I Care』も引っ張り出して聴いてました。

SINTETIC |  2010/04/21 (水) 22:20 No.3899


SINTETICさん、こんにちは。

>いやあ~Crissさん、youtube見ました。
もう一言、生で観たい!です。

PJBBの演奏もかっこいいけど、その曲にぴったり合わせてくる司会者もかなり音楽を分かっている人だと思いませんか?素人にはなかなか合わせられませんよね。階段を駆け上がるスピードだって計算しなきゃいけないし。

来日はあるかもしれませんよ。ヨーロッパのたとえばコンセルトヘボウだって来日したし、ちょっと前の話ですが、Italian Instabile Orchestra が横浜プロムナードにきたり、そうボヒュスレンだって横浜に来ているし。

日本には根強いビッグバンド・ファンがいますからね。普通のジャズファンとはちょっと違うファンですけどね。

ニコラ。フォルメルだって、昨年の東京ジャズに来てますし、意外にこういうマイナーなアーティストって、ほっと、来日したりしますから、ちょっと期待して、見逃さないようアンテナ張っていようと思います。

>久々に今日『I Comme I Care』も引っ張り出して聴いてました。

僕の大の愛聴盤です。いいですよね~~。

criss to SINTETIC |  2010/04/22 (木) 11:46 No.3901

コメントを投稿する 記事: Nicolas Folmer meets Bob Mintzer / Off The Beaten Tracks Vol.1_ Live au Duc des Lombards

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback


この記事にトラックバックする

OffthebeatentracksVol.1/NicolasFolmermeetsBobMintzer

欧州ジャズのイメージは何でしょう?哀愁、内省、静寂、クラシカル、、「哀愁漂う」なんていうのがキーワードだったりしますよね?実際にわたしもそこにも惹かれているわけなのですが、当然全部がそんなわけなくて、ホット&ホットな演奏もあるんじジャイ。ニコラフォメル...

MySecretRoom 2010/04/09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。