雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

物欲生活: Bose Computer MusicMonitor M2

   ↑  2010/04/24 (土)  カテゴリー: audio
bose M2_2 

ずっと欲しいと思いながらも、値段が微妙に高くて買えずにいるデジモノ。

まずひとつは、富士通のドキュメントスキャナ SnapScan S1500  ( 実売価格 40,000円前後 ) 。一度に50枚の原稿をシートフィーダーにセットでき、それらを一分間に20枚のスピードで両面スキャンが可能で、そのままPDF化してくれるスグレ物です。ネット上で大変評判がよく、スタパ斎藤さんの「スタパビジョン」 でも絶賛されていたのを見て以来、欲しくてたまらなかったデジモノなのですが、なにせ値段が高い。フラットベッド・スキャナが1万以下で買える時代に4万ですからねぇ。

でも4万でこの部屋の日々増殖し続ける雑誌類 - 週刊ダイヤモンド、デジモノステーション、AERA、スイングジャーナル、ストレンジデイズ、週刊アスキー、などなど - がこれ一台で簡単に電子化できると思うと、やっぱり欲しいなぁ。

で、もうひとつが Bose のPC用アクティブ・スピーカー Computer MusicMonitor M2 ( 実売価格 35,000円前後 ) 。「こんな小さいのになんでこんなバカ高いんだ !? 」 と誰しも不思議に思うあのスピーカーです。でも高いんだからそれなりにイイ音なんだろうなぁ~。でも Bose だから荒利率も相当高いんだろうなぁ~、と疑心暗鬼のまま買わずにいたのですが、先日ついに買ってしまいました。

Kakaku.com で買えば33,000円ぐらいで買えたものを、ヨドバシ店頭で発作的に定価買いしてしまったのがちょっと後悔ですが、でも、その音を聴いて、まあいいか、と納得できるモノでした。

本当はこのM2 ではなくて、前モデルのM3 が欲しかったですが、2008年に惜しまれつつも生産中止になってしまい手に入らない状態なのです。ネットなどでも評判はM3の方が圧倒的に良くて、ヤフオクなんかではプレミアついちゃって、一時期は10万くらいの値で取引されていました。昨年、そんな状況を察してか、人気のM3 を600台限定で販売しましたが、即日完売するという超人気ぶりでした。 ただ、49,800円での定価販売で、しかも色はシルバーのみ、ということもあり、再販時も僕は買いそびれてしまいました。 再販されたこともあり、現在はヤフオクなどで6万前後で取引されているみたいです。

僕は月に一回、土曜日夕方から日曜日の夕方まで知人病院の当直のバイトをやらせてもらっているのですが、こう言っちゃ悪いが、けっこう暇な病院なので音楽を聴いたり読書したりする時間がたくさんあるのです。で、どうせ聴くならイイ音で聴きたいと、このBose M2 を買ったという訳です。bose side

詳しくは書けませんが、その病院の当直室はかなり大きな音を出しても周囲に迷惑がかからない構造になっているので、さっそく M2 を持参して聴いてみましたが、これがぶっ飛びの迫力ある低音を聴かせてくれて、ホント、ビックリしました。

僕は自宅のPCにBose 101 イタリアーノ というコンパクトスピーカーをつないでいます。このイタリアーノは同シリーズの101 MM に比べて驚くほど低音が出るスピーカーですが、 M2はそのイタリアーノに迫る迫力があります。これぞ Bose magic 。

何処からこんな迫力ある低音がでているのだろう ?  と、一見バスレフポートのような側面のスリットを覗いてみると、そこにはブルブルと激しく振動する一対の振動板が見えます。ウーハーかと間違えるこの金属の振動盤はボーズ独自開発のハイパーレゾネーターと呼ばれるパッシヴ型振動装置。磁気回路はもっていません。これがM2 の豊かな低音を作っているようです。

設置する場所や音源のタイプによっては低音が出過ぎることがあります。PCに接続している場合はイコライザー処理できますが、 iPod などにつないで聴く場合は調整できず困りものです。

高音も思ったよりも出るし、デスクトップで使用するには十分すぎるほどの音質だと思います。

唯一残念なことは、M3では電池駆動ができたのに、M2では省略されていることです。デスクトップPCで使用するのなら全く問題ありませんが、僕のように持ち運びしたい場合は不便です。こうなると、音の優劣は別にしても、やっぱりバッテリー駆動できるM3 が欲しくなってきます。

前述したように、昨年 M3が600台限定で再販されました。しかし、色はシルバーだけです。人気のブラックの再販はありませんでした。おそらく、今度はブラックのM3再販があるのではないか、と僕は睨んでいるのですが・・・。

同封のアンケート用紙を送ると今なら専用のキャリングケース(バッグ)がもれなくもらえるキャンペーン中ですが、そのアンケート用紙にもM3ブラック・バージョンの再販希望の旨を書いておきました。

<参考記事>

1)   箱庭的ピュアオーディオシステムの勧め AUDIO STYLE 「 BOSE MUSIC MONITOR M2 vs M3 」
2)   スタパ斎藤の週刊スタパトロニクスmobile 「 買って良かった~! Bose Music Monitor M3 」
関連記事

FC2スレッドテーマ : PC周辺機器 (ジャンル : コンピュータ

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1314.html

2010/04/24 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Aaron Goldberg / Home
この前の記事 : Ehud Asherie / Swing Set

Comment

コメントを投稿する 記事: 物欲生活: Bose Computer MusicMonitor M2

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Aaron Goldberg / Home
この前の記事 : Ehud Asherie / Swing Set
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。