雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Keith Jarrett / The Melody at Night, With You

   ↑  2010/05/16 (日)  カテゴリー: piano
keith jarrett_The Melody At Night, With You
Keith Jarrett / The Melody at Night, With You ( amazon )
1999 ECM


Keith Jarrett (p)








キース・ジャレットが慢性疲労症候群という冗談のような奇病に罹患し自宅療養していた1998年に、自宅スタジオで一人籠って録音した極めて私的なピアノソロ作品。

キースの作品群の中では決して名盤の範疇に入る作品ではないが、なぜかこの繊細にして温かみのある孤独な世界観に共感を覚える。キースも孤独の中に身を置き生きているのだろうか。

この作品のなかでは、あの彼独特の唸り声は聴かれない。唸ることもできないくらい疲弊していたのだろうか。

以前に鈴木琢二という方が《 キースの演奏中のうなり声は非音楽的で,まるで絞め殺される寸前の猿みたいだ 》と書いていたが、それ以来、キースの唸り声を聴くたびに猿の苦しそうな顔がフラッシュバックのように目に浮かび曲に集中できず興冷めしてしまう僕には、本作はとてもありがたい作品なのだが。

早いものでこのアルバムが発売されて10年経つが、思えばキースの作品のなかで一番の愛聴盤になってしまった。

関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1325.html

2010/05/16 | Comment (14) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Keith Jarrett & Charlie Haden / Jasmine
この前の記事 : Salvatore Bonafede / Sicilian Opening

Comment


違和感

crissさん、お久しぶりです。

今日のトピックはcrissさんにしてはちょっと意外な古い盤の選択でした、この盤は私も好きです。
キースの唸りは何故か違和感をずっと感じていました、オスカーとかあまり気にならないのに何故だろうと思いましたがきっとそれは高音の金切り声だったからだと思えます。ちょっと神経質すぎる感じというか。

それをひっくるめてのキースという事でしょうが、やはり気になるものは気になるんですね。

昨日、彼の新譜 ”Jasmine ” が手にはいったので今から聴く事にします。話題になっているようなのでどんなものに仕上がっているか楽しみです。

まん丸クミ |  2010/05/16 (日) 00:56 No.3953


まん丸クミさん、こんにちは。

>今日のトピックはcrissさんにしてはちょっと意外な古い盤の選択でした、この盤は私も好きです。

キースの新作『 Jasmine 』 のことを書く前の伏線として書いてみました。以前にもこの盤を取り上げたことがありますが、キースの根っからのファンからしたら駄作なのかもしれませんね。『 Jasmine 』 もこの『 The Molody ~』 の延長線上の作品のような気がしますが、個人的には『 The Molody ~』のほうが好きかな。『 Jasmine 』はあまりにも穏やか過ぎて、だめです。録音もローファイで残念です。もともとチャーリー・ヘイデン嫌いという個人的な好みもありますし、『 Jasmine 』に関してはどう取り扱ってよいのやら、今日も悩んでいます。なかなか書けないですね~。

criss to まん丸クミさん |  2010/05/17 (月) 08:10 No.3955


キース&ヘイデンの『ジャスミン』

crissさん、こんにちは。

オイラも、キース&ヘイデンの新作『ジャスミン』にはガッカリしたひとりです(笑)。
全然、エモーショナルなところが無いアルバム。やる気なし、枯れ過ぎです。
ヘイデンのナイロンガット、E弦Dチューニング好きなので、期待したのですがね。
まぁ、ジャズ商人ヘイデンに騙されて出したというところでしょう(デュオシリーズ)。
ヘイデンのデュオシリーズのオファー・ギャランティは、かなり高いそうです(笑)。
録音もECM録音ではなくプライベート録音、3年間お蔵入りだったのですから・・・。
まぁ、センチメンタルな老人ジャズだと思います・・・売れそうな気はしますが(笑)。

それよりも来月発売のハービーの新譜『The Imagine Project』に期待しましょう!

tommy |  2010/05/17 (月) 15:57 [ 編集 ] No.3956


tommyさん、こんばんわ。

tommyさんはチャーリー・ヘイデン、確か好きでしたよね。E弦Dチューニングはよいとても、ナイロンガットは
僕は駄目です。緩んだパンツのゴム紐みたくて、グニョグニョしていて、気持ちが悪いです。
ワン・フィンガーで弾くのも嫌で、観ていて気持ち悪いですわ。でも選択する音使いは流石と思います。
完全に好き嫌いの世界ですので、ご勘弁を。

>ヘイデンのデュオシリーズのオファー・ギャランティは、かなり高いそうです(笑)。
ホントですね。意外に顔に似合わずシタタカモノのようですね。

でも、この盤、きらいではないですよ。期待はずれではありましたが、最高のBGMを期せずして手に入れたみたいな、喜びはあります。こんなのが今後続くと流石につらいですけど。

>それよりも来月発売のハービーの新譜『The Imagine Project』に期待しましょう!

ハービーは最近どうも、肌に合わなくなってきています。グラミー取った前作もいまひとつ好きになれなかったし。
ハービーこそ、もうちょっと力抜いて、楽しいアルバム作ってほしいな~、昔の「ライト・ミー・アップ」みたいな。

criss to tommy |  2010/05/17 (月) 22:37 No.3958


ジャスミンの薫り

crissさん、こんにちは。

はぁははっ、たしかに緩んだパンツのゴムですね。ナイロンガットの再生は難しい。
一度、『ジタンの薫り』ヘイデン&エスクーデの日本盤CDを聴いてみてください。
時々、中古でみかけるイラストがジャケットのアルバムです。エッジ立っています(笑)。
この音がアナログ盤に一番近い音がしていて、全然違うナイロンガットが聴けます。

『ジャスミン』は、全く同じ感想です。もう少しアバンギャルドなことをしてくれそうな
期待感が聴く側にあったので、ガクッ!って感じなんですが・・・。
予備知識のない人にはOK!だと思うし、BGMとしては良質なアルバムですよね。

>ハービーは最近どうも、肌に合わなくなってきています。

んじゃ、ハービーはどんどん嫌いになって行きますね。
オイラは、ハービー研究をはじめてしまったので、今さら止められない(笑)。
もう、今後のハービーはグラミー狙いだと思います。ジャズポップス路線。
これからはクインシーみたいになって行くのでは?
ただ、今度のアルバムはワールド・ミュージックを取入れてジョー・ザヴィヌルの
影響も感じられるので、前作よりは少しは楽しめると思います。

キース、ヘイデン、ハービーとも、「売れるアルバム」を意識しているので、
クセのあるジャズなアルバムのリリースは難しくなっていますね。
大御所たちもアルバムセールスでは、厳しい現実を突きつけられているのでしょう。

tommy |  2010/05/18 (火) 12:19 [ 編集 ] No.3961


tommyさん、こんばんわ。

そうでしたね、tommyさんはハンコック研究家でしたものね。僕も何か研究してみたいですね。僕がディグできそうなのは、そうだな~、アート・ブレイキーとかフィル・ウッズとかかな。
tommyさんに言われるまで、ハンコックの新譜のことは知らなかったですが、出たら買ってみます。でも多分レビューは書けないかな。僕の中ではハンコックは終わっているんですよね~。

『ジタンの薫り』はもってません。中古で見た記憶もないのですが、イイですか? 探してみますね。
まあ、エッジの立ったチャーリーは、その時点でチャーリーとは別物の何かになっているような気もしますが。

今、久しぶりにケニー・バロンとチャーリーのデュオ「 Night and The city 」を聴いています。これはけっこう好きです。
あと、ジョン・テイラーとのデュオ「 nightfall 」とかも好き。今回のキースとのジャスミンもデュオですが、チャーリーって、
デュオでイイ味出しますね。昔は毛嫌いしていた音ですが、最近は昔ほど嫌いじゃありません。ほんと、音の趣味って、歳と
ともに変化しますよね。


criss to tommy |  2010/05/18 (火) 21:13 No.3966


 このアルバムは、今日も車の中で聴いていました。
元々、ビル・エバンスを知ることになった愛するポーギー、この曲は、私の中では特別です。
音の数が少ないから、さらに、響いてきます。
作曲したガーシュイン、そして、ビル・エバンス、キース・ジャレット、、、上質な音楽をありがとう。
 キース・ジャレットは元々は、ザ・ケルンコンサートの印象しかありませんでした。
ショット社から出たキース自身が監修した楽譜を見ながら、魔法使いの手引書のように、
大切に見ながら練習したこともあります。
昨日、たまたま、ケルンの大聖堂の話を友人達としていたのも、何かのつながりかな?
このアルバムは、同じ人とは思えない作品ですが、私は、人は時間と共に変化していく部分もあると思うので、今、このアルバムを聴いて、心に響きます。
大丈夫、と小さな声で誰かが応援してくれているような、温かい気持ちになります。
 学際時代の仲間の一人が、糖尿病で入院していて、来られなかった、と聞き、みんなで病気の話。
昨年は、いきなりお腹に注射を打ち出し、みんなびっくり、でしたが、今年は、来られなかったことが、引っかかり、20代は健康について、考えることはなかったのに、と考えました。
私自身、記憶力には自信があったのに、最近は、飛んでいることが多く、記憶がどんどん薄れてます。

 

ひまわり |  2010/05/24 (月) 00:01 No.3993


ひまわりさん、こんばんわ。

キースの譜面を見ながら、真似ごととはいえ、キースの音楽が自らの手で弾けるなんてうらやましいです。
僕は鍵盤が全くだめなので、すごく後悔してます。子供のころ、ちゃんとピアノを続けていれば
今、全く違った音楽の世界が開けていたはずなのに、って。
そんなわけで、5歳の子供にはピアノを習わしはじめたところです。
今、色々な先生に体験入学させてもらい、一番合う先生を見つけているところです。

お友達が糖尿病ですか。まだお若いのでしょうね。1型でしょうかね。インスリン注射は大変ですよね。
僕も記憶力はめっきり悪くなりました。そりゃ、40代後半にもなりゃ、当たり前なのですが、
もう怖いくらいにすぐ忘れるので、将来が心配です。
あんまりなんでもかんでもはっきり記憶しているのもつらいですが、ここまで忘れっぽいのも、
困りものです。
先日は、妻の旧姓を忘れてしまいました。
子供と愛犬の名前を間違えることなど日常茶飯事です。

criss to ひまわりさん |  2010/05/24 (月) 23:18 No.3995


譜面が読めるようになろう!

crissさん、大笑いしてしまいました。

>先日は、妻の旧姓を忘れてしまいました。

これ、ナイス!です。

>僕は鍵盤が全くだめなので、すごく後悔してます。子供のころ、ちゃんとピアノを続けていれば
>今、全く違った音楽の世界が開けていたはずなのに、って。
>そんなわけで、5歳の子供にはピアノを習わしはじめたところです。

その気持ちよく分かります。楽譜、ピアノコンプレックス!(笑)
オイラもそれがあって、二人の子供は3歳からピアノ教室に入れました。
おかげで、娘は完全音感があることが判明・・・初見でスラスラ。
でも、音楽よりも興味があることが多くて、20歳を過ぎたら音楽に興味なし!(泣)
息子はブラスバンドからサッカーへ、
んで、音楽に戻って来たと思ったらジャズピアノからトランペットへ
譜面がちゃんと読めないオイラを鼻で笑っています。
ジャズはオイラのエリアなのに、バンドまで作ってクヤシイ~ィ!!(笑)。

いやいや、ホントに悔しいです。同じDNAなのに!!
仕方がないので、ギターとベースでミュージシャンを夢見るオイラ。トホホッ!
それでも現在、譜面が読めるように特訓中!!頑張るぞ!

tommy |  2010/05/25 (火) 23:06 [ 編集 ] No.3998


tommyさん、こんばんわ。

そうですか~、お子さんは3歳からピアノですか。凄いな~。
僕も子供にピアノ弾かせて、僕のギターorベースとデュオ、なんていうのが夢です。
多分、僕もそのうち子供に笑われるでしょうけど。

五線譜って、基本的にギターなどには不向きですよね。ピアノにとっては合理的な
構造になっていますが、ギターにはいったん頭で指盤に置き換えないといけないから
難かしいんじゃないでしょうかね。
ギターはやっぱりタブ譜でしょ。世の中の譜面が全部タブ譜になれば、僕らにとっては
楽ですよね。

そうそう、僕も先日、ハンクジョーンズの「speak in music 」でやったBNのライブを見てました。
あの映像は綺麗です。いい番組だったのですが、やっぱりパイオニアの製品、売れないのでしょうね。
すぐに終わっいました。

criss to tommy |  2010/05/25 (火) 23:56 No.4001


ユーストリーム

crissさん、こんばんは。

オイラは、ベースの池ちゃん先生(池田芳夫さん)に、
「譜面が読めるように努力してください」と云われました。
「単独の楽器ならタブ譜いいけど、ジャズはアンサンブルが基本だから、
どの音の時に、何を弾けばいいのかが理解できなくなる」と・・・トホホッ。
ゴモットモでゴザイマス。それからタブ譜とは決別(笑)。
決別したら、少しは読めるようになりましたよ。

3歳からピアノを習わせても、クラシックのプロを目指した分けではないし、
音大に入れようと思った分けでもないので、実際大したことないです(笑)。
やはり、継続は力なりってことでは正解。とにかく続けることですね。
でも演奏はできても、「ジャズの秘密」は彼らには分かりません。
音楽教育にはブルースがない(笑)。でもなぁ~、「聴くより演る」が楽しい。

「speak in music 」のハンク・ジョーンズはいい番組でしたね。
是非、DVDで出して欲しいけど、ムリだろうなぁ~(笑)。
パイオニアも厳しいですよね。
「ホームシアターでジャズを楽しむ」っていいと思うんだけど、
アルバム、ディスク派の人たちって、意外と映像付きに否定的な人が多いですね(笑)。
これからはジャズもライブ映像で楽しむ時代だと思うけどなぁ~。
オーディオ評論家の菅野沖彦さんは、
「今さら、オーディオファンの夢を壊す分けにはいかない」と、云っていたそうです(笑)。

今、娘が実験しているのですが、
"ユーストリーム"で世界のジャズクラブのライブがリアルタイムに観れる日は近いと思いますよ。
簡単に個人テレビ放送局が持てる仕組みですから、
音楽著作権の問題だけ解決できれば、すぐにでも配信可能です。
ソフトバンクが包括契約を結ぶようなので、かなり近いですね。

tommy |  2010/05/26 (水) 02:38 [ 編集 ] No.4003


tommyさん、こんにちは。

池田先生に譜面を読めるようにしなさい、といわれるのはそりゃ当然ですが、
僕なんかも中学の時にコードを覚えてロックをはじめ、
ソロのパートは耳コピして曲を仕上げていく、みたいな感じだったから、
五線譜ってほとんど読めずに大人になっちゃったので、ほんと苦労してます。
というか、諦めてます。

ピアノの場合、五線譜に書かれた音符ひとつが、ピアノの鍵盤ひとつに対応する
一対一対応ですけど、弦楽器て一対多対応ですよね。
ドの音がは弦の3フレットにあるけど、6弦の8フレットにもあり、みたいな、
なんだかややこしい構造ですよね。

昨日、子供のピアノの先生がやっと決まりました。4件ほど体験入学させてもらい、
子供が一番気に入った先生に教えてもらうことにしたのですが、
微妙に親の意見と食い違い、ちょっともめましたが、やっと決まってほっとしてます。
僕はジュリアードで学んだ綺麗で若い女性の先生を推したのですが、妻に却下されました。

「speak in music 」は映像も綺麗だし、カメラアングルも凝っていましたね。
クレーンのカメラも使っていましたからね。あの会場にクレーンを搬入して撮っていたわけですから、
けっこう金かかっていたんじゃないかな。
でも、僕が見に行くアーティストと放映されるアーティストってことごとく違っていたので、
実際に実況録音している場面に遭遇することはありませんでしたが。

僕は映像もどちらかというと好きなほうですが、映像ってなんども繰り返し見ることがないので、
あまり執着はありません。
ホームシアターには昔から興味があって、平成3年ごろからけっこおう投資してます。
そのころ発売されたシャープのS1-Z という85万もする液晶プロジェクターを買っちゃったりして、
まあ、独身だったからできたことですが、給料の大半をAV関係につぎ込んでいました。
今はサンヨーの安い液晶プロジェクターで70インチで観てます。寝室にセットして、
寝なががら観てます。この液晶プロジェクターのランプが切れたら、もうプロジェクタは終わりに
するつもりですどね。

>今、娘が実験しているのですが、
"ユーストリーム"で世界のジャズクラブのライブがリアルタイムに観れる日は近いと思いますよ。

実験というと、娘さんの演奏をライブ配信しているということでしょうか。そりゃすごいですね。
Ustream 対応の機材を導入しているお店がだんだん増えてきてるようなので、
今後のライブハウスにも導入されるようになれば、世界中のジャズのライブが
家にいながらみれるようになりますね。

おととい、仕事帰りに「Ustream 世界を変えるネット生中継」(ソフトバンク新書)を買って読みました。
やっぱり観たい番組をちゃんと見るためには、twitter のアカウントをとらないとだめみたいですね。
まだ僕はtwitter をやっていないのですが、Ustream を使いこなすためにtwitterはじめようかなって
思ってます。

criss to tommy |  2010/05/28 (金) 08:22 No.4007


Ustream & twitter

crissさん、こんばんは。

本日のcrissさんは、かなり正直で面白い!!(笑)

>五線譜ってほとんど読めずに大人になっちゃったので、ほんと苦労してます。
>というか、諦めてます。

これは、ダメです。子供といっしょに学びましょう。"人は変われる"を実践しましょう。
10年後、譜面を見ながら息子とアレンジを議論している自分を妄想してみてください(笑)。

>僕はジュリアードで学んだ綺麗で若い女性の先生を推したのですが、妻に却下されました。

それはオイラも推すと思う。奥さんの感は、動物的な危険察知能力だと思います。
音楽教室への送り迎えが楽しみだったのに~、残念!(笑)

>ホームシアターには昔から興味があって、平成3年ごろからけっこおう投資してます。

オイラもそうなんですよ。シャープのXV-Z11000、パナソニックのTH-AE900に
キクチのスクリーン、マリブMSN-100を、今でも持っています。かなり投資してしまいました(笑)。
まぁ、オイラは店があるので、XV-Z11000はランプを交換して、
現在、120インチスクリーンでお店で楽しんで貰っています。
手元にあるTH-AE900は、液晶大型テレビが来てからは殆ど出番なし!店行きですね。
もうプロジェクターは買いません(笑)。
オイラのお馬鹿なとこは、ラインダブラー(プログレッシブ・スキャンコンバーター)も、
何台か持っていること、PRINCETON PSC-1000、MITSUBISHI VC2001M、EIZO GS-4000
この型番だけでも楽しめるのがホームシアターマニア。現在、使っていません(笑)。

>実験というと、娘さんの演奏をライブ配信しているということでしょうか。そりゃすごいですね。

娘は、最近音楽に興味がないので、演奏をライブはしていません。
ユーストリーマーです・・・トーク・キャスター?一人放送局(笑)。
「Ustream 世界を変えるネット生中継」の著者の川井さんたちと仲良く遊んでオンエアしています。
最近、息子もUstream局を開設しました。息子は自分のライブを配信したいらしい。
Ustreamはtwitter連動で、双方向の放送になるので、twitterは必要ですね。
昨晩は、オイラも人気のユーストリーマーのiPad発売に並んでいるソフトバンク
表参道店の深夜のオンエアに顔出ししてしまった。2000人も観ているのでビックリ!

んで、ホントはUstreamもtwitterも全然興味がなかったのですが(笑)。
子供たちが勝手にアカウントは登録するし、設定もしてしまうのでやるしかないのです。トホホッ。
まぁ、子供たちが興味のあることが分からないということはないので、親子の会話は楽しいですよ。
でも、やっていると自分なりの方向性、有効利用が閃いてくるのです。仕事柄。
まだまだ遊びの段階なので、どう転ぶか分かりませんが、個人放送局を手に入れるのは有りですね。
そのうち、オイラもUstream局を開設すると思います。

crissさんもUstream開設するといいですよ。ハイビジョンビデオカメラとパソコンをFireWireで接続して
どこからでも、高画質な動画画像、音声配信ができます。嫌いじゃないでしょう?(笑)。
特に医学には特に使えるのでは?オイラよりも有効利用ができると思います。
Ustreamに閃いたら、連絡ください。Ustreamノウハウの塊のような娘を紹介します(笑)。
ジャズは音楽著作権の問題があるので、ソフトバンクが包括契約を済ませるまで待ちですね。

話題が全然ジャズじゃなかった。失礼しました。

tommy |  2010/05/29 (土) 02:41 [ 編集 ] No.4012


tommyさん、こんにしは。

>これは、ダメです。子供といっしょに学びましょう。"人は変われる"を実践しましょう。

ほんと、おっしゃる通りです。僕も3日に一回ぐらいずつは 「よし、人生を変えるぞ!新たな自分に
生まれ変わるぞ~。」と思うのですが、結局、日々の諸事に追われ、何ら変わらずこの歳に
なっていまいました。でも残りの人生、ひとつや二つは新しいことにチャレンジしてみたいです。
15年以上前に一時期チェロを習っていたことがあって、でも勤務地が点々とするうちに習えなく
なっちゃって、楽器はず~と押入れにしまったままになっているのですが、子供ピアノ初めに
合わせて僕もチェロを再開しようかと思い、いま、先生を探しているところです。
希望は音大の女子学生。妻に却下されないことを願うばかりです。


>シャープのXV-Z11000、パナソニックのTH-AE900に
キクチのスクリーン、マリブMSN-100を、今でも持っています。かなり投資してしまいました(笑)。

XV-Z11000は高かったでしょ。今でも十分耐えられる画質ですよね。スコットラファロに導入されている
んですね。120インチあれば迫力ありますよね。いいな~。
それにラインダブラーまで噛ませていたなんて、うすうす感じてましたが、相当、本業で
儲かっていらっしゃるようですね。羨ましいです。


昔はいまのような大型テレビが普及していなかったから液晶やら三管プロジェクタやら大金を
つぎ込んでホームシアターを構築していましたが、いまは液晶テレビが安いからプロジェクタを
買う人は少なくなりましたよね。部屋を暗くしてスクリーンに投影された映像を見る、という
あの雰囲気も捨てがたいですが、ランプがキレると数万つづ飛ぶし、維持するにも
けっこうお金かかりますからね。僕も今後はプロジェクタを買うことはないと思います。


>「Ustream 世界を変えるネット生中継」の著者の川井さんたちと仲良く遊んでオンエアしています。

げっ!! tommyさんもタダものだじゃいと思ったけど、娘さんもタダものじゃなさそうですね。

>最近、息子もUstream局を開設しました。息子は自分のライブを配信したいらしい。

えっ! 息子さんもですか。ついでに奥様もUstream 出演しちゃっていたり・・・なんて、ないでしよね。

>昨晩は、オイラも人気のユーストリーマーのiPad発売に並んでいるソフトバンク
表参道店の深夜のオンエアに顔出ししてしまった。2000人も観ているのでビックリ!

若いですね~。なんだかすごい体力ですね。見たかったな~。

>crissさんもUstream開設するといいですよ。ハイビジョンビデオカメラとパソコンをFireWireで接続して
どこからでも、高画質な動画画像、音声配信ができます。嫌いじゃないでしょう?(笑)。

いやいや、苦手ですよ。私は人前で何かをするのが苦手なんですよ。しかもしゃべり下手で、
その上、活舌が悪いし。
患者さんに「20番の診察室にお入りください~」とマイクに向かって云うと、
5人中2人は10番の診察室に入って行きましからね。

ということで、全然キースと関係ないただのBBSになっちゃいましたね。
では、失礼します。

criss to tommy |  2010/05/29 (土) 18:00 No.4014

コメントを投稿する 記事: Keith Jarrett / The Melody at Night, With You

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Keith Jarrett & Charlie Haden / Jasmine
この前の記事 : Salvatore Bonafede / Sicilian Opening
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。