雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

この記事に含まれるタグ :
北欧  3.0point  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Agnar Mar Magnusson Trio / Kvika

   ↑  2010/05/24 (月)  カテゴリー: piano
agnar mar magnusson
Agnar Mar Magnusson Trio / Kvika ( amazon )
2010 Dimma


Agnar Magnusson (p)
Ben Street (b)
Bill Stewart (ds)







先月、火山の噴火で大騒ぎしたアイスランド出身のアグナー・マー・マグヌッソン ( Agnar Mar Magnusson ) の最新作。マグヌッソンはアムステルダム音楽院で学んだのちに、ラリー・ゴールディングスの勧めでニューヨークに渡り、現在は米国で活躍しているピアニスト兼オルガニスト。

本作は 『01 』 ( 2001, FSNT )、 『 Lao 』 ( 2007, Dimma ) に続くトリオ作品としては三作目となる作品。サポート・メンバーにはデビュー作 『01 』 にも参加していたベン・ストリートとビル・スチュアートというニューヨークきっての辣腕リズム隊を擁しており、これで駄作だったら言い逃れできないある意味、究極のプレッシャーを自らに課した人選と言えるだろう。

全9曲すべてがマグヌッソンのオリジナル。本作は2008年にアイスランドの首都レイキャヴィークで開催されたフェスティバルでの実況録音だが、収録曲はそのフェスティバルのためにに書き下ろした楽曲だ。そのため、前2作品には収録されていなかったような4 ビートのノリの良い曲も含まれてたライブ用の選曲となっている。

全編を通して非常に透徹な響きをもったジャズである。喩えるならECM的であり、中世王宮神殿の大理石の廊下を裸足で歩いているかのような肌触りだ。アイスランド出身だからといって「氷のようなピアノ・トリオ」と揶揄するのはあまりにも芸がないが、でもやっぱりこの冷徹で静謐な響きは氷の世界、アイスランドを否応なしに想起させる。

ところで、この種の徹底的に自己抑制を効かせたジャズを楽しむためにはそのリスニング環境にも配慮しなければならない。台所からは妻が夕食の支度をする音が聞こえ、リビングからは子供が仮面ライダーWを見ながら飛び跳ねる音が聞こえるような劣悪な環境では、マグヌッソンの音楽をきちんと享楽することはできない。やはり深夜、家族の寝静まった頃にあらゆるノイズを排除して彼の音楽に対峙しないといけない。そのようなリスニング環境され手に入れられるのなら、陶酔感とトリップ感を体感することは比較的容易なことだろう。

関連記事

この記事に含まれるタグ : 北欧 3.0point 

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1331.html

2010/05/24 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Armen Donelian / Secrets
この前の記事 : Stephen Anderson Trio / Nation Degeneration

Comment

コメントを投稿する 記事: Agnar Mar Magnusson Trio / Kvika

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Armen Donelian / Secrets
この前の記事 : Stephen Anderson Trio / Nation Degeneration
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。