雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

iPad がやってきた! __ とりあえず、Scan Snap でPDF化して、Dropbox に突っ込んで、i文庫HDでペラペラめくって遊ぶかなぁ~

   ↑  2010/06/10 (木)  カテゴリー: iPad
iPad 003_1   iPad 004_1


iPad ( Wi-Fi 64GB ) が我が家にやっきてちょうど一週間になるので、とりあえず第一印象みたいなものを書き記しておこうと思う。


1) 意外に重い

実際に手にしてみたら意外に重かった。片手で持つとズシリと重量を感じ、ウェブ閲覧に夢中になっているとあとで前腕筋の筋肉痛に悩まされることになる。700gぐらいで筋肉痛を起こしてしまう非力な自分が悪いとはいえ、たぶん、日本人女性には相当きついと思う。所詮、米国人仕様なんだね。


2) やっぱり仕事では使えない

タッチパネル上のキーボードは思ったよりも使いやすいので、テキスト入力にはそれほどストレスを感じない。がしかし、如何せんマルチタスキングができないから、ウェブを参照しながらEvernote で文章を書くなんてことはできない。これでは仕事用ツールとしては役に立たない。今月24日に発売される iPhone 4 に搭載 されている最新OS 『 iOS 4 』はマルチタスク対応で、iPad用新OS のアップデートも今秋には実現しそうなので、それまで我慢するしかないようだ。


3) フラッシュに対応していないとねぇ

iPod Touch のときは、小さな端末だから Flashに対応していなくてもある程度仕方ないというか、対応していなくても別段困ることがなかったが、 iPod Touch の4倍もの大きさでウェブが表示できるとなると、やっぱりマルチメディア的ものへの希求も当然高まるわけで、やはりFlash に対応していないというのは少し悲しい。拙ブログでも DivShare のプレーヤーをフラッシュで表示しているが、iPad で見ると完全に空白表示になってしまい作動しない。アップルはアドビに対抗してオープンな HTML5 + SCC3 をiPad に実装しているし、先ほど公開されたSafari 5 でも HTML5 を強化しているので、Flash は不要と主張しているが、HTML5 が Flash に代わってデファクト・スタンダードになるのはまだまだ先のことだろうから、それまでは辛抱しないといけない。


4) 読む機能は流石に凄い!

「 日常生活の中でiPad の使い道が思い浮かばない 」という意見が多いという。たぶんそういう人は電子書籍を体験していないからだと思う。僕も今までは iPod Touch + Acer ASPIRE1410 + Pocket Wi-Fi でほぼ満足のいくモバイル環境は整っていたので、 iPad はあくまで娯楽用端末として考えていた。がしかし、いったん電子書籍を iPad で読み出すともうリアル書物には戻りたくなくなった。特に iPad 用電子書籍アプリ i文庫HD を使って読む読書は快適この上ない。

とは云っても、アップルが提供する iBookstore はまだまだ日本では利用できないし、日本国内に目を向けても電子書籍の配信・販売はDRMの問題などで躓き、まだまだ実用段階には至っていないのが現状だ。個人的には、今月はじめにソフトバンクがローンチした配信型の電子書籍事業 ビューン ( Viewn ) に期待していたが、アクセス殺到でローンチ早々に配信一時中止に追い込まれてしまったので、現在は利用できない。

それなら自分で電子書籍を作っちゃえ! という訳で、自分の好きな本を裁断し、スキャナーで読み込み、PDF やZIP ファイルにして iPad 用ビューアで閲覧する、俗に言う“ 自炊 ” を試してみた。

FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500


富士通
売り上げランキング : 44
おすすめ平均 : 5つ星のうち4.5

Amazonで詳しく見る


iPad を買えば自炊が必須になることをあらかじめ知っていたので、この日のために5月はじめに富士通のドキュメント・スキャナ ScanSnap S1500M を買い込んで、せっせと本をばらしてはスキャンしていた。手始めに部屋に溢れかえる薄手の雑誌類を電子化しようと思い、定期購読している週刊ダイヤモンドやプレジデント、それから週刊アスキーなど、ジャズ関連では古いスイング・ジャーナルやジャズライフ、Jazz Today 、Disk Union の新譜情報誌、ギターマガジン、ベースマガジンなどなどを片っ端からスキャンしまくった。毎分20枚のスピードでスキャンしてくれる Scan Snap はまさに神器。ここ数年で買ったデジモノの中では最高に買ってよかったと思える逸品だ。

Scan Snap で取り込んだPDFは付属のScan Snap Organizer でOCRをかけることができるが、OCRは時間がかかるので夜間などにバッチ処理しておくことができる。

さて、このPDFファイルを iPad ビューアで閲覧する方法としては、1) iTunes を使ってUSBでiPad に送る。2) i文庫HD に実装されている FTPサーバを利用し、Wi-Fi 経由で転送する。などがあり、どちらも簡単にPDFファイルを 文庫HD などに転送できる。しかしもしDropboxにPDFファイルを保存しているのなら、もっと簡単に転送できる方法がある。iPad用の Dropbox アプリを立ち上げ、閲覧したいPDFファイルを表示。画面右上の[ Open in... ] をタップし[ i文庫HD ] を選択するだけでダイレクトに i文庫HDで閲覧することが可能となる。

というわけで、Scan Snap → Dropbox → i 文庫HD で意外に簡単に書籍を電子化し閲覧できるようになったが、実際にやってみてちょっと気になることがあった。それは作成したPDFファイルのサイズの問題。PDFファイルはファイルサイズの割りには高品位だが、それでもページ数が多くなるとけっこう重たい。今までのようにPDFファイルをPCで閲覧するぶんにはそれほど気にならなかったが、 iPad は所詮中身は iPhone。PDFの閲覧には少々ストレスを感じることもあった。印刷はせず単に画面閲覧するだけならもう少しファイルサイズを小さくしてもよいはず。 Acrobat ならそれができる。iPad に最適化されたPDFの作成法をこれから勉強する必要がありそうだ。

ついでにもうひとつ。多くの自炊家が口をそろえて言っているように、やはり大量の書籍を電子化するためには裁断機が必需品ということ。


プラス 断裁機 裁断幅A4 PK-513L 26-106プラス 断裁機 裁断幅A4 PK-513L 26-106


プラス
売り上げランキング : 2
おすすめ平均 : 5つ星のうち4.5

Amazonで詳しく見る
関連記事

FC2スレッドテーマ : iPad (ジャンル : コンピュータ

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1342.html

2010/06/10 | Comment (8) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


自炊でいこう!

crissさん、こんばんは。

やっていますね!自炊。オイラもやっていま~す。
意外と簡単ですよね。ビュワーの「 i文庫HD 」も問題なく使えるし。
富士通のドキュメント・スキャナ ScanSnap S1500Mを購入していたとは(笑)。
これがないと、自炊は大変です。
今後、紙の厚さの情報、微妙なスキャンズレなどの情報が頂けると嬉しい。
オイラ、ScanSnap S1500Mかエプソン ES-D200か悩んでいるところです(笑)。

断裁機は欲しいところですが、本の構造を知っていればいらない場合も多い。
中とじの雑誌は、カッターで十分だし、平綴じはキンコーズで105円で断裁してくれるので
400冊以上、自炊するななら元が取れますがね。ちょっと考え中(笑)。

ファイルサイズ、解像度も研究しないと重くなるばかりです。要研究!!
OCRもどうしたものか?レイアウト仕直してしまいそうです(笑)。

まぁ、面白いホビーだとは思いますが、データが軽くなると危険ですね(笑)。
すぐにスタンダードになると思われる自炊ですが、

「自炊」ってカッコ悪いし、恥ずかしいので、新しい名前考えます。
英語では何って言っているんだろう?


tommy |  2010/06/12 (土) 02:09 [ 編集 ] No.4050


tommyさん、こんにちは。

>やっていますね!自炊。オイラもやっていま~す。
ブログ、拝見しました。やっぱりフラットベッド・スキャナだと億劫になりませんか?
僕も今まではフラットベッド使ってましたが、電子化するのが億劫で全然はかどらなかったのですが、
このドキュメントスキャナを買ってからはスキャンするのがむしろ楽しみです。

>ビュワーの「 i文庫HD 」も問題なく使えるし。
Goodreader も負けず劣らず素晴らしいビューアですよ。ぺらぺらめくれませんが。
バージョンがアップしてdropbox のサーバに直接アクセスできるようになったし。

>オイラ、ScanSnap S1500Mかエプソン ES-D200か悩んでいるところです(笑)。
そうですね、エプソンからも出ましたね。僕が買ったときはまだエプソンの情報がなかったので
迷いませんでしたが、これからは富士通とエプソンとどちらを買うか迷いますね。
でも、いまのところScapsnap関連の情報はネット上にたくさんあるので、その点は
エプソンよりも安心感があります。スピードはエプソンのほうがあるけど、
付属ソフトの使い勝手が問題のような気がします。
Scansnapの付属ソフトはよくできてます。OCRもまずまずだし。

>ファイルサイズ、解像度も研究しないと重くなるばかりです。要研究!!

僕もその点が悩みのたねだったのですが、やはり達人はネット上にたくさんいるようで、
この方の記事は大変参考になりました。というか、僕の疑問にドンピシャの回答です。
ご参考にしてください。
http://d.hatena.ne.jp/inouetakuya/20100530/1275186244

>
「自炊」ってカッコ悪いし、恥ずかしいので、新しい名前考えます。
英語では何って言っているんだろう?

英語でね~、なんでしょうね。少し検索したけどそれらしい単語はないですね。
もしかして米国人も 《 jisui 》 って言ってやしないかと検索かけても、
やっぱりありませんしね。わかったらご連絡させていたさきます。


criss to tommy |  2010/06/12 (土) 18:16 No.4053


スキャン解像度

crissさん、こんばんは。

はい、フラットヘッドスキャナーでの自炊は無謀です(笑)。

記載のブログを見ましたが、ちょっと現実的ではないように思います。
というのは、オイラたちデザイナーが本を作る時は350dpiが基本だからです。
それはカラー印刷の線数が175線の2倍というところからきています。
デジカメ画像も原寸で300~350dpiで入稿しているので、
画像最低圧縮600dpiは過剰クオリティーのように思います。

でもこれはScanSnap S1500でのルール、実際の見え方なので仕方がないですね。
オイラは最終的にPhotoshopでのパッチ処理でシャープネス、コントラストなどを
調整していますので、100~150dpiの解像度くらいで落ち着かせたいところです。

ん~、新書版(モノクロ本)で20MBを越えるのは・・・ちょっとなぁ~
10MB以内に納めたいところです。過剰クオリティにしないのが大変ですね。
新書版くらいメール添付出来るくらいの容量にしたい。
まぁ、ここは使い慣れたエプソンのスキャンドライバーで冒険してみますかね?

新書版はOCRでテキストを拾って、InDesignで流し込み直した方が軽くなりそう(笑)。
作り手側のルールとデーターも知っているので、悩みますよね。
研究して、もうすこし進化させます。
デバイスはiPadだけしか考えていないので、どうにかなると思います。

tommy |  2010/06/12 (土) 22:49 [ 編集 ] No.4054


tommyさん、こんにちは。

>画像最低圧縮600dpiは過剰クオリティーのように思います。

Acrobat のダウンサンプリングの表がありますよね。それを見ると、
見本が倍率200%で表示されていますね。これをモニター上で100%戻して
あらためて見ると、「低圧縮(300dpi)」でもほとんど粗が見られないように
思います、ぼくには。

なので、難しいことは僕にはわかりませんが、ScanSnapでスーパーファイン600dpiでスキャンし、
Acrobat でOCRと同時に低圧縮でダウンサンプリングしてみようかと思ってます。

なにしろ、今週は2日も当直で家に帰ってないし、今日、日曜日も病院にいるので
なかなか実践できません。もう、ぜんぜん時間が足りないです。

>デバイスはiPadだけしか考えていないので、どうにかなると思います。

将来、どんな新しいデバイスが登場するかわからない、という不安もあるので、
できたら600dpiでスキャンした原本は我が家の3T NASに保存しておいて、
圧縮したiPad用のファイルをDropbox(50GB) にアップしておこうかと、
考えています。一冊を10Mに抑えられたら、単純に本だけをDropboxに
アップしたとして、5000冊収納できますね。

>新書版はOCRでテキストを拾って、InDesignで流し込み直した方が軽くなりそう(笑)。

確かに。でもその場合、OCRの読みとり精度が完璧じゃないとだめですね。

criss to tommy |  2010/06/13 (日) 09:09 No.4056


>「自炊」ってカッコ悪いし、恥ずかしいので、新しい名前考えます。
英語では何って言っているんだろう?

"homebrew"とか?ちょっと違うか

Wise Dog |  2010/06/15 (火) 22:02 No.4062


Wise Dog さん、はじめあして。

>"homebrew"とか?ちょっと違うか
なるほどね~、雰囲気はわかりますね。電子書籍版ホームビュー、ですね。
どちらかというと、個人が書いた書籍を電子書籍の流通にもぐりこませる、
といったニュアンスがホームビューにはあるような、ないような。

いずれにしても、ちょっとアングラな匂いが漂うタームですよね。

criss to Wise Dog |  2010/06/16 (水) 08:44 No.4063


自炊=Bookin’(ブッキン)

crissさん、こんばんは。

「自炊」は恥ずかしいので、新造語提案!
「ブッキン」で、どうでしょうか?
Book+Cooking+Hacking=Bookin’

只今、世の中の反応を観察しています(笑)。

tommy |  2010/06/16 (水) 18:46 [ 編集 ] No.4064


tommyさん、こんにちは。

>「ブッキン」で、どうでしょうか?
Book+Cooking+Hacking=Bookin’

どうせなら、Hacking の “ cking ” を組み込んで、
Bockin'  「ボッキン」 とかはどうでしょう。

>只今、世の中の反応を観察しています(笑)。

すでに Bookin' でググるとtommyさんのブログが10番目にインデックスされていますよ、すごい!

criss to tomyy |  2010/06/16 (水) 19:24 No.4065

コメントを投稿する 記事: iPad がやってきた! __ とりあえず、Scan Snap でPDF化して、Dropbox に突っ込んで、i文庫HDでペラペラめくって遊ぶかなぁ~

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。