雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

欧州ジャズファン必読 !! ジャズ専門誌 『 JAZZ PERSPECTIVE 』 創刊

   ↑  2010/11/08 (月)  カテゴリー: book
jazz perspective3

インターネットや電子書籍などの台頭により、紙媒体の未来は厳しいなどと言われる昨今。書籍が売れず、また次々と休刊や廃刊に追いやられる雑誌も多い中、なんと新たなるジャズ雑誌が創刊されることになりそうです。

今年6月にはジャズ専門誌の老舗 スイングジャーナルのまさかの休刊騒ぎがあった時などは、ジャズ界を取り巻く状況は僕らが想像以上に厳しくて、もしかするとジャズ批評やJazz Life も・・・と心配していただけに、新たなジャズ雑誌の創刊はまさに青天の霹靂。

雑誌名は “ Jazz Perspective ” 。ドナルド・バードとジジ・グライスの “ Jazz Lab ” を思い出すなぁ。なかなかカッコいいネーミングです。少なくとも“ JAZZ JAPAN ” よりは洒落ているかな。こうなったら JAZZ JAPAN も雑誌名を “ Jazz Retrospective ”でもしちゃえば面白いのにね。ちょっと自虐的過ぎるか(笑)。

発売はディスクユニオンさんで、執筆陣営を見てみると、ディスクユニオンの名物バイヤー、山本隆氏を筆頭に、欧州ジャズに通暁し、 『ヨーロッパのJazz レーベル』の著者でもあるジャズ評論家の杉田宏樹氏や、ヨーロッパジャズ研究の第一人者であり 『 ヨーロッパ・ジャズ黄金時代 』 ( 前項参照 )  の著者として有名な星野秋男氏など、著名な欧州系執筆者の名前が並んでいます。さらにはタワレコのバイヤー、馬場雅之氏、Vento Azul Records の早川公規氏、ジャズ専門店ミムラの三村晃夫氏、Catfish Records の深堀清次氏などなど、リアルタイムで日々の新鮮なジャズに接している信頼が置ける方々の名前も見られます。

創刊号の表紙を飾るのはデンマークの超美形歌姫、シゼル・ストーム ( 前項参照 ) 。特集はズバリ 『 北欧ジャズ 』。まあ、この執筆陣にしてこの企画、といった感じでしょうか。ワタクシ的にはストライクど真ん中の特集です。こういうのを長年待っていたんですよ、ってな感じです。本当は新生 JAZZ JAPAN にこのあたりをターゲットに頑張ってもらいたかったのですが、相変わらず旧態依然とした JAZZ JAPAN に代わって Jazz Perspective がやってくれたというわけです。

でも、 JAZZ JAPAN が悪くて、Jazz Perspective が良い、と言っているわけではなくて、どの雑誌も個性的で魅力的だと思うけど、自分のジャズ観、音楽的嗜好に今は Jazz Perspective  が一番フィットするように思うだけです。

Jazz Life はジャズ・プレーヤーに向けての唯一の情報媒体として機能しているし、ジャズ批評は同人誌的な紙面作りでコアなファンから根強い支持を得ているし、JAZZ JAPAN はジャズの歴史的視点に立脚した考察をこれからも行っていくでしょう。そういった既存のジャズ雑誌の中に割って入ってきたこの新刊ですが、ちゃんと他の雑誌と競合しないようにニッチなニーズをターゲットに制作されているわけです。

つまり、ジャズ雑誌界のエコロジカル・ニッチが重複、競合しないよう、ちゃんと配慮された商品といえるのではないでしょうか。 Jazz Perspective は決してJAZZ JAPAN やJazz Life を喰いつぶしたりしません。

版型はB5 でページ数は132ページ。ちょうど スイングジャーナルを半分の厚さに裁断した感じ。一カ月で読む分量としてはちょうどいいかな。これなら我が家の本棚に配架しても邪魔にならない。でもできれば電子書籍化してほしいなぁ。

思うに、Jazz Perspective の購買ターゲット層は、ディスクユニオンに足繁く通ったり、廃盤セールに並んだり、通販業者から頻繁に買ったり、あるいはAmazon.co.uk から大量に個人輸入したり ( ←これ私 σ(^_^;) ) するような、いわばロングテール層なんでしょうね。それだけに、どれだけのファンが買ってくれるのは、人ごとながら心配です。大好きな執筆者たちが揃っているだけに、ずっと続いて欲しいですね。


P.S. 「画期的、スタイリッシュなジャズ漫画など」も掲載されるようですが、どうせ漫画を掲載するなら、ラズウェル細木氏の漫画がまた読みたいなぁ。でも Jazz Perspective のコンセプトから完全にズレルから駄目か。



発売は11月24日予定です。amazonでも予約開始しているので、私はamazonで予約を入れました。


JAZZ PERSPECTIVE VOL.1
¥ 1,000¥ 1,000 / マーケットプレイス
カスタマーレビュー一覧
関連商品青い影 /




Clip to Evernote
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1393.html

2010/11/08 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


お久しぶりです

わたしも、この創刊号は予約しちゃった。

>通販業者から頻繁に買ったり、あるいはAmazon.co.uk から大量に個人輸入したり

って、わたしもですから。
先週かなぁ、、この話題になって、とりあえず、買ってみることに。
おまけに、山本さんって、わたし昔からファンなんですよ。
杉田さんもいるんだぁ。。早川さんはじめ、ネット通販でもおなじみの方々のおすすめ新鮮CDの情報が沢山一気に仕入れられるかなぁ、、って、期待してるんだけどなぁ。


すずっく |  2010/11/09 (火) 18:43 [ 編集 ] No.4234


ご無沙汰してます。

Amazon.co.uk はめちゃくちゃ安いですよね。まとめ買いするとなおお得感ありますしね。
思ったよりも早く到着するし。日本で国内盤買うのがばかばかしくなります。

そういえば、amaozn.co.jp でもmp3のダウンロード始まりましたね。残念なことに、けっこう高い値段設定ですが。Amazon.co.uk からはダウンロードできませんしね。歯がゆい感じです。

この Jazz Perspective によって、ネット上に散らばっていた情報が一括入手できるような利便性がありそうですね。この一冊読めば、とりあえず欧州関連は一通り押さえられる、みたいな。ずっと続いて欲しいな~。

criss to suzuck |  2010/11/09 (火) 21:53 No.4235


はじめまして

はじめまして~。どうやってたどり着いたか忘れたのですが(汗、この記事を読んで北欧ジャズというのにひかれ予約しました。情報ありがとうございます。たまーにぽつぽつ買う程度の北欧ジャズ好きなので、記事読んでいろいろべんきょーしたいと思います~。

phoebe |  2010/11/17 (水) 17:55 [ 編集 ] No.4242


phoebeさん、はじめまして。
まずはこんな辺境ジャズブログにお越しいただき、ありがとうございます。

>たまーにぽつぽつ買う程度の北欧ジャズ好きなので、記事読んでいろいろべんきょーしたいと思います~。

僕もあまり北欧ジャズには詳しくないので、一緒にこの雑誌を買って勉強しましょうね。なかなかこの種の情報って少ないので困っていたので、大変助かりますよね。これからもどうかよろしく。

criss to phoebe |  2010/11/18 (木) 23:49 No.4243

コメントを投稿する 記事: 欧州ジャズファン必読 !! ジャズ専門誌 『 JAZZ PERSPECTIVE 』 創刊

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。